ホーム>工房日誌>アート・文化>春分の日
アート・文化

春分の日

s-IMG_0344.jpgドイツの天使さん。

顔がしっかり上を向いて首も出来たのでまあ良かったです^^

s-IMG_0345.jpgおもろい顔をしてますが、口に見えるところはアゴの線です^^;

そろそろ腕も長くしてみないと分からないかなあ~。

s-IMG_0346.jpg苦手な衣のヒダ。

最近苦手が多くていけないです^^

ヒダは面倒なので省略することが多いのですが、そっくりに彫る場合はそういうわけにも

いきませんので頑張って彫ります。

s-DSCN5621.jpg今日は祭日だ^^

天気も良いのでまずは買い物に行って、、、、

ローズマリーが綺麗に咲いてたので1枚^^

s-DSCN5622.jpg夕方お墓参りにでも行こうかと思ってましたが、気持ち良いので昼に行くことにしました。

西を見ると丹沢がやたら鮮明に見えてました。

丹沢の上の方も晴れらしい^^

s-DSCN5623.jpgお寺に着きました。

s-DSCN5624.jpgミツマタが綺麗でした。

s-DSCN5626.jpg観音さん。

s-DSCN5628.jpg観音さんの背中と遠くは鎌倉の山崎あたりの景色。

納骨堂はいつもは自分で鍵を開けて入るのですが、

今日はお彼岸ということで開いてました。

けど、誰もいなくてほとんどいつもと同じでした。

入口に仏像があってその前に線香が立てられるのですが、

ライターがどれも着かず、、、ろうそくもなく、、、おいおい状態でした^^;おいおい。。

自分のところのロッカー式墓に行っても、お供えもお花も線香もダメなので

手持無沙汰ですぐに帰ります^^;

妹がよろしく伝えておいてくれというメールがきたのでよろしく言っておきました^^

お墓は地面にあって草を抜いたり墓石を洗ったりする方が

雰囲気があって良いかと思いますが、

それが面倒って人も多くなってるのでどちらが良いのかわかりません。

s-DSCN5629.jpgヘビイチゴみたいな花。

ちょっと大きい。

s-DSCN5631.jpgラッパスイセンが綺麗やの。

(活けてあるんじゃないです。地面から咲いてました^^)

s-DSCN5632.jpgキブシ。

いいような悪いような。。。。。

茶花なんかには良く似合います。

s-DSCN5633.jpgこの前新聞にデカデカした記事が出てた鯵寿司の大船軒のサンドウイッチ。

明治時代にこちらの社長が考案して売り出してからそのままの姿だそうです。

こういう存在を知ってはいましたが、食べたことが無かったので買ってみました。

中身は食べちゃったので写真無しョ^^;

野菜が0でしたが、チーズのとハムのサンドでした。

すごく丁寧な造りで、最初はなんだか寂しい感じがしましたが

食べてみると、あら良いじゃない??という気持ちに変わりました。

ハムは質が良いように思いました。

社長は富岡という苗字らしいですが、富岡ハムというのが一般的には鎌倉ハムと言って

売ってます。兄弟か近い親戚なんでしょう。。

s-DSCN5634.jpg太巻きってのもありまして、買ってみました。

とても綺麗に作ってあって、周りのご飯の薄いこと^^

技術だわあ~^^

私にはちょっとお酢が足りない感じがしましたがそれぞれが丁寧に出来ていました。

 

s-IMG_0348.jpg帰ってきてからちょいとやりましたが、

暫くはヒダと格闘だなと思いました。

 

夜もやろうかやるまいか。。。^^

一応気分は3連休です~。

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2584

コメントする