ホーム>工房日誌>アート・文化>木彫りのお稽古。
アート・文化

木彫りのお稽古。

今日もまた風が強かったです。

昨日今日と電車が止まったりしていて、風のせいかなと思ったら

人身事故だそうで、

年末になるとそういうことが多くなるんですねえ。。。。

s-IMG_8699.jpg最近、逆行して、、夜仕事をするようになってきました。

お陰で朝はぼーっ^^;です。

もったいないながら、朝はどうも寒くてエンジンがかからない^^。

s-IMG_8700.jpgで、これらは昨晩の11時ごろにやった仕事でっす。

落ち着いてはかどる^^

s-IMG_8701.jpg扇の接続は棒が突き抜けましたが、

突き抜けた方が良いくらい。。と思っています。

薄いので突き抜けないくらいだと取れやすい^^

s-IMG_8702.jpg女の子の髪の毛の先の束を忘れていました^^;

ちょっと短いので作り直し。

s-IMG_8704.jpgこちらは今日です^^

髪の毛を束ねました。

s-IMG_8706.jpg久しぶりにお尻にあらぬものが付いてたのでお風呂へ直行してお尻だけ洗われて落ち込み気味のトラちゃん^^;

おばちゃんも寒いのにお風呂に裸足で入って落ち込み気味だぜい^^。ほほ。

s-IMG_8709.jpgお稽古でっす。

Sさんのイルカ。

かなり細くなっちゃいましたが、これからペーパーがけだそうです。

色は付けないでペーパー仕上げだそうです。

中々良く出来ているのでビックリです~。

s-IMG_8710.jpg同じくSさんの、なんとも微笑ましいマンタ。

と言っても本物にそっくりです^^。

口の辺りがなんとも特徴があって可笑しいです。

中のあばらみたいなところをどうやって彫るか悩んでいらっしゃいます。

s-IMG_8711.jpgTさんのルーブル美術館の本の中から、獅子の蛇口。

体に細かく絵が入ってきて、、なんとなく良い感じ^^です。

s-IMG_8715.jpgウサギとカメとヘビのタイル。(ルーブル美術館の本から)

バックの色がなんとも美しい瑠璃色?なのでなんとなくそれに似せる為に色々苦心しています。

ウサギたちはクリーム色でいいんじゃないでしょうか。

s-IMG_8716.jpg同じくTさんのうさちゃん。

色を塗り直して、顔の造作を少し大きくしました。

今度のは良いみたいです。

まだ見えないけど口が多少への字になっててとても可愛いです。

s-IMG_8719.jpgこれはもう大笑い。。。すばらしい^^

こちらもルーブル美術館の本からの作品ですが、

顔面を付けたシカみたいなものに角が付きます^^

耳を忘れてるぅ^^;

耳が付いて、羽も付きますので、耳近辺が込み合います。

ということで順を追って、角のガラを彫る→角を接着→接着部分のガラを彫る→耳→羽。

という形にしないとどうも全部面倒見きれないし、順番間違うと彫れません^^。

しかし、本物とは少し味わいが違う、愛嬌がある動物でかなり楽しくて可笑しい。

s-IMG_8724.jpgMさんのワンちゃん。

今日は下あごを彫ったそうです。

小さいながら犬歯も見えてきました。

舌も少し丸く膨らむらしいです。

辛うじて下あごがボールにくっついてますが、離れても問題ありません。

 

アゴに少し反りを入れてもいいんじゃないかなあ~。

 

s-IMG_8713.jpg雛人形の裏を彫りました。

裏は最後に彫らないと結構押しキズが付きます。

今晩は焼印押して漆を塗っておこう~。

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2479

コメントする