ホーム>工房日誌>アート・文化>桃太郎の絵。
アート・文化

桃太郎の絵。

s-DSCN3504.jpgルルちゃんの足の爪が伸びに伸びて、、自分の指も長い爪のお陰で横倒しになるような状態で

切らなくちゃいけないと思ってはいたんですけど、とうとう布に絡まるほどになったので

これは危険と思って早速切りました^^

明るいところで強いメガネでよーく見定めて、切りました。

間違って血管切ると大騒ぎするからネ^^

久しぶりに爪を切ると先が平らで刺さらなくなるので落ちやすいんですが、まだ落ちてません^^

用心してるらしいです。

何と言ってもトリは目を隠すとすごく大人しくなるのが便利です。ネコもそうなって欲しい^^;

s-DSCN3503.jpg今日も梅雨空だったのでどちら様もだら~っとしたやる気の無さがこっちまで伝染りそうなお姿^^

s-IMG_6667.jpgもうアクリル絵の具なのでニカワを前夜から浸けておくようなお手間が無いので気楽に塗れます。

陣羽織の下の鎧部分を金塗ってみました^^下品^^;

アクリル絵の具の金は何種類か持ってるのでピッタリの色になるまで塗り重ねるつもりです。

普段日本画絵の具の時は純金の粉を使ってるので、このように途中で塗ることはなく、最後に塗りますが、

アクリルはいつ塗ってもどうってことないので周りとのバランスを見る為に塗ってみました。(単なる値段の差です^^;)

s-IMG_6669.jpg深く考えずに今日は後ろを塗ることになりました。

裾の怒涛の部分が全然やってなかったので、そろそろやろうかと。。

桃太郎がなぜに漁師みたいな怒涛の陣羽織なのか、、?とは思いますが、先輩の柄と一緒にしてます。

先輩も特別理由があってそうしたかどうかは分かりませんが、無いのかもしれない。

まっ、勢いがあって良いかも。。。s-IMG_6670.jpg先輩を横目でちらちら見ながら適当にマネしてるだけなので、全然違う絵ですけど、出来上がれば似たような感じになると思う。

面倒な下描きとか他の紙に描いてからうつす、、なんてのはしないので本当にてきとーです^^

s-IMG_6671.jpgs-IMG_6672.jpgあは、、まあいいじゃん^^

s-IMG_6673.jpgお尻真ん中に見える鎧はまだなのでこちらも糸縅にするので賑やかになると思います^^

袖なんかも柄が入ります。

柄は楽し~^^ィ。

s-DSCN3511.jpg昼に外に出たら、鵜がいた^^

近くで色々ポーズを取ってくれたので沢山写しました。

鵜って悪いヤツらしいけど、絵になるなあ~。

飛んでも潜っても水面を泳いでも速いし、恰好良い。大食いじゃなければ良いんだけど^^大食いなのだ。

シミジミ良い姿だねえ~^^

鵜は黒い鳥だけど、カラスの黒とまた色が違うように思う。。

黒ってのも色々あるんですね^^

s-DSCN3512.jpgセキレイが何か熱心に獲って食べてると思ったら、それはアメンボウでしたっ。

それなら沢山いるから大いに食べて欲しい^^

へえ、、そういうものを食べるんだあ~。

s-DSCN3513.jpgカメを撮ったんじゃなくて、葦を撮りましたっ^^

昔の川みたい。。。。(そういう風に作ってます^^;市が)

s-DSCN3515.jpgハンゲショウ。

白が今は綺麗だけど、ちょっとすると普通の緑に戻ります。ガックリします^^

 

 

明日は晴れるらしい、、えへへ。。良いパターンです^^

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2349

コメント(2)

わきた様、こんばんは。
桃太郎の陣羽織の波の模様は、
荒れ狂う波頭を乗り越えて、鬼ケ島まで渡った時の思い出では、ないでせうか。
或は、赤子の時に桃に包まれて、激流を下った遠い記憶の印でしょうか。
もっとも最近は桃太郎のほうが、侵略者、略奪者扱いもされてますから、
昔話の世界の登場人物も、肩身の狭いご時世です。
猿蟹合戦もいずれ逆転して、法廷では集団暴行で訴えた猿の勝ち、になるかもしれません。
くれぐれも慎重に生きたいものです。

えっ、私に言ってるんですか?^^と思うような、、くれぐれも慎重に生きなければいけませんね^^


波はそういうことなんでしょうね。、、
岩などが入ればもっと雰囲気が出たかもしれません。

ちょっと大漁旗の雰囲気と勘違いしてしまいました^^;

まったく何で逆転するか分からない時代ですから、あぶないあぶない。。。

昔は桃の中のタネの部分には必ず芋虫が入ってたりしたものですが、
今はそういうことはありませんね。

桃から生まれる。。というのも奇抜なアイディアに思える時代になりました。
以前は桃を割るのは怖いくらいでした^^

コメントする