ホーム>工房日誌>アート・文化>なまず。
アート・文化

なまず。

長いこと写真だけでも欲しい・・・・と思ってた

私の好きな田中麟水さんのなまずの写真を送って頂いたのでご紹介します^^

s-IMG_8797.jpgs-IMG_8818.jpg素晴らしいですよね~~~~、木ですよ。。^^;

ケヤキだそうです。

これは京都水族館の貴賓室に飾られてるものなので

貴賓でもない限り誰の目にもとまることがないというもったいな~い作品です。

ついでに麟水さんのHPなんかでも見れないので本当にお蔵入りみたいな存在で、更にもったいな~い^^;

私がせっせと写真宣伝しなければ。。。と思っちゃうくらいの作品です。

 

麟水さんは堅い木目が美しい木からそのイメージにあった魚を彫ってます。

逆かも。。。魚のイメージにあった木を探して彫ってるのかもしれない。

そして魚が水の中で泳いでるままなのでびっくり。

死んだ魚じゃない。

そこが、素晴らしいところなんです。

私は魚を部屋に飾りたいという気持ちはあまりないので、(この辺りは好き嫌いになるんだけど)

魚の好きな方はたまらないんじゃないかなあ~と思います。

とにかく素晴らしいんです!

 

s-DSCN3378.jpg急に現実に戻ります^^;

今日も悪戦苦闘のマリア様です。

腕にかけたロザリオのところで苦労しております。

s-IMG_6349.jpg足は大分落ち着いてきた。。という感じです。爪が無くてもあるように彫るのが好きです^^

グルリと爪の形には彫りたくない。

s-DSCN3357.jpg耳が変。のワンチ^^;

s-IMG_6355.jpgこのみぞおち辺りがなんとも言えず、彫りにくくて困ったものだ。

ああ、こまったこまった^^です。

s-IMG_6351.jpgま、毎日写してもあまり変化なし^^ですが。

s-IMG_6357.jpg

こういうシルエットは綺麗です。

段々綺麗になっていくと思いますが、毎日彫ってもほっても、、、あまり変化無しです^^

明日は桃太郎さんじゃ。

s-DSCN3371.jpgこれは早いほうだとは思うけど

そろそろアジサイの季節ですね^^

植木鉢だと随分早くから売ってる昨今ですが。

梅雨の時期のものじゃなくなったみたいです。

s-DSCN3372.jpgタチアオイ。

昔流行ったというか、今は人気ありませんが、

昔の日本画を見るとこれが良く描いてあります。

絵になる花なのかも。

夏の花というイメージですけど、完全に咲いちゃってます。初夏の花だったのかなあ~。

 

最近、CMでも年配の方が若く見える・・・というのが多くなってます。

私いくつに見えます?こう見えて60歳過ぎてるんですよ~^^みたいな^^。

年とって見えるよりは若く見える方が良いには違いないが、

やたら若くなってもしょうがないんじゃないか。。と私は思うんですけどね~。

年相応ってのがあるので、

60歳を30歳にみせる必要があるのかどうか疑問です。

その年にはその年の良さがあるじゃん。。って思うなあ~。

もし母親が若く見えるようになることに時間をかけてるとしたら(私だったら)ムッとします^^

シワのどこがいけないのか、、、って思うんですよねっ。

臭いとか、汚いというと困るけど、、小奇麗にしてて年相応のオシャレをしてて、、、

その年代に見える重さ(体重じゃないす。。)があるのが良いな~。

みんなで頭に部分カツラを乗せてなくてもいいじゃん?って思うんですけどね。。。

アイラインが上手くひけなかったら、ひかなくてもいいんじゃない?^^;

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2327

コメント(2)

ナマズが美味しそう~♪
焼いて食べたい^^

あらら~、そうですかあ。

代金1000万円なり^^なんちて。。

コメントする