ホーム>工房日誌>アート・文化>寒い数日
アート・文化

寒い数日

今日も寒かったですぅ~。

イヤですねえ、こういうのも。。。。^^;

s-IMG_5666.jpg今日も午前中はキツネさまです。

キツネを見た皆さんに結構大きいと言われます。ほぼ30センチあります。

片手では持てまへん。

そのうち持てるようになります。

s-IMG_5667.jpg足もと。

ネコと違うので足は少し開いてても大丈夫です。

ネコはピッタリと合わせてる方がネコらしいです。

s-IMG_5662.jpg変に置物になって静かにしてるルルちゃん。

ずっとこうしてたのでどうしたのか心配になりました。

s-IMG_5664.jpgこういうところでガサゴソと音を立ててる方が安心な感じがします^^

s-IMG_5671.jpgお稽古でっす。

Yさんのハシビロコウ。

お肌の具合が難しく、気に入ったようにならないので苦心してますが、

羽が生えてるように見えるガサガサした肌。。を作るようにしています。

綺麗に作ることばかり考えていて、、、汚く作ることはかなり難しいらしいですが

こういうのは汚い方が良い感じになります。

頭のところの短い毛や、クチバシの年季が入ったような汚さ、、後頭部の羽の流れを感じる彫り方、、と

色々組み合わせて良い味を出したところに更に汚く彩色するわけです^^

s-IMG_5674.jpgIさんの般若。

今日は金を塗りました。純金をベットリです^^;(りっち~^^)

現在純金泥1グラムは8000円代でした。すごく高い。。。

墨も入れました。

口紅も入れました。

後はお肌を調整して、、、(これはやたら時間かかりますが。。)

金を磨いて、、

キズを付けて、、、、段々汚してしっとりと良いものにできる予定です^^

s-IMG_5669.jpgあっ、、手の平仏さまもほぼ出来上がってしまった^^

ありゃま~。

意外に速かったです。

 

 

 

この間新聞の投書に

給食完食教育をやめてほしい。。というのがありました。

給食を残さず食べよう。。ということに反対してるということです。

食が細い人にとっては残さず食べることは辛いことで

毎日完食するまでは許さないという教師の方針でつらい日々を過ごしたということでした。

私も人が食べる量がそれぞれの人で違うということをあまり考えたことがありませんでした。

しかし、考えてみると大食いの人もいれば小食の人もいるのは当たり前で

それを一律に同じ量食べろというのも酷な話なのかもしれない。

 

そういえば、私は当時の給食で食パン2枚を食べられなくていつも1枚は残してましたが、

残したというと母が怒るので教室の机の中に入れっぱなしにしちゃって^^;

段々溜まってくるとしょうがなく持って帰るんですが、怒られるのを想像すると怖いので

途中、道のわきの田んぼに一枚づつ捨てて帰ったのでした^^

(少し話が違うかな^^;)

 

人にとって丁度良い量ってのがあって、頭や体が一番良く動くことができる。。というのがあるようですねえ。

大食いであまり働かないという効率の悪い人はイヤだけど、、

少なく食べて良く働く人はいいすよね。

食べりゃあ良いってものじゃないんだなあ。。。

どちらにしても無理強いするのは可哀そう、、そういうところにも苦しみってあるんですね。

 

と言っても、一般的には食べ過ぎの方が多そうだけど^^;

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2275

コメントする