ホーム>工房日誌>アート・文化>木肌の味わい
アート・文化

木肌の味わい

s-IMG_5584.jpg今日は暖かい日だったと思うけど、自分としてはちょっと寒っ、、と思いました。私だけかな^^

まだキツネとは分からないものを午前中叩いて、、お腹が減って力尽きた^^;

タタキの日は朝ごはんを食べないと出来ない。。と思いました^^

s-IMG_5585.jpg今の所わんちゃん、、みたいな雰囲気ですが、尻尾と胴体を離すのは至難の業^^;かと思うくらい大変そうなので

薄くしてから離そう。。。と思ふ。。

 

最近花壇に水やりを欠かせなくなりましたが、

今日もジョウロで水をやってると花壇の中にトラちゃんがうずくまっている。。。(いつものことだが。)

ジョウロの水を気にしないだろうとは思ってたけど、とりあえずそのままシッポに水をかけてみたら

気にしてなかったので、体全体にかけてみたのに全然気にしてないのでこちらが焦った。

で、しょうがないので抱き上げてどけたが、、、バカなことをやる飼い主には天罰が、、、、、

そのまま家に入ったトラちゃんは家の中で思いっきりブルブルをやって水浸しに^^;

ボケなネコとアホな飼い主^^

s-DSCN2908.jpgミロちゃんは私が思うに、少しシッポが短い。後10センチ長く欲しいのだ。

そういうこともあって小さい頃から少しづつシッポを引っ張って骨の節と節の間を少しでも長くしてやろうしたが

伸びなんだ。

けど、シッポを引っ張られたり、こうやって持ってもらうのが大好きになった^^

他の動物はシッポを触られるのは嫌いです。

ミロちゃんだけは手を繋ぐようにシッポを繋ぎます^^

s-IMG_5588.jpgWさんの仏像。

Wさんは最近ずっと悩んでおられるようだ。

彫り物を苦労して綺麗に彫ったら案外良くなかった。。。ということでした。

私もそういうことはあると思う。。。

これは決して汚いのが良いと言ってるわけではありません。

今日は長くそれらモロモロについて話をして、なんとなく吹っ切れたようでした。

この仏像さんも、顔は仏像の顔ではないんだけど、なんとなく不思議な魅力があって面白いのです。

そういう味わいは出そうと思って出るものではなく、本来持ってるものなのですが

意識すると消えますね。

意識しないで淡々と進めるのが良いですが、あほ~でもない限りそういうことは出来ません。

山あり谷ありで、結局最初の路線に戻る。。なんてのが良いコースなのかもしれません。。

というようなお話でした。

 

変える努力は必要だけど元々そんなには変わらないものなのだ。

しかし、先に結果を想像して何もしないヤツはどうかというと、ダメなのだ。

ということは、普通を維持する為に毎日努力してる。。ということなのか^^;(禅問答かね^^)

 

s-IMG_5590.jpgHさんのお盆。

このHさんは、最初からずっと木のお肌が静かに美しく安定してる。

目立った特徴は無いのに一目でHさんの肌だと分かる。。。

お盆でもわかるくらいで、像を彫るともっと分かるし、ついでに静かな味がある。。という珍しい人です。

お盆の面を見て、、いつまで見てても見飽きないというものを彫る人は本当に珍しい人なんです。

 

s-IMG_5592.jpg午後はこの虚空蔵菩薩をやりました。

小さな小刀を研いで彫ったので切れましたっ^^(成果は見えないけど)

小さいものを彫る時は研がないと無理ね。

これくらい切れるんなら小刀一本で彫ろうかな。。とちょっと思ったくらいです。

 

桜の蕾が大きくなる頃は少し嬉しいんだけど

咲き始めると次は散る。。と思うせいか、すでに面白くなく、、、

どこかへ見に行こうなどとも思わず、、、、

明日はキツネを彫って

明後日は買い物にでも行くべかーーと思ってるところです。

そのうち散っちゃうね。。。

 

というのも昔見たような見事な花付きの桜が無くなってきてるからです。

空が見えないような桜はいずこへ。。。。

皆カスカスと空が見えて元気無し。

哀しいなあ~。

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2270

コメントする