ホーム>工房日誌>アート・文化>ネコの肖像彫り。
アート・文化

ネコの肖像彫り。

昨日までとは打って変わってドンヨリとした重い雲が垂れこめています。

明日は雪か??

s-DSCN2621.jpgトコトコと足音も高く遠くの薬ビンを取りに行くルルちゃん。

床にあるものは飛んで行かないで歩いていくのが礼儀だそうな。。。。へへ^^;

戸も10センチくらいしか開いてないとルルちゃんは飛んでは入れないので遠くから歩いて入ります^^律儀。

s-IMG_5030.jpgちょこっと触りました。黒柿のねこちゃん。

少し丸みが出てくるから不思議。少しでも進歩があるらしい。

s-IMG_5031.jpg今日はこれを頑張ろうと思ってはいる、普賢菩薩と虚空蔵菩薩。

s-IMG_5032.jpgと、舌の根も乾かぬうちに、こちらをやります^^;

生徒さんちのひろし君が1月の末に急逝したので、肖像彫りすることになりました。

ひろし君は名前と違って見事なにゃんちゃんで、思わず彫って残しておきたい。。と思うネコちゃんです。

可笑しなことに、生徒さんのお母様が衝動買いをしてテーブルの上に、「ひろしです。よろしく」と

置手紙があったそうな^^;それはビックリでしょう~。

なのにお母様はその後2年ほどで亡くなり、その後は生徒さんが14年間世話をされたそうです。

お母さんの身代わり?みたいな感じでお母様に出来なかった分、なんとなくひろし君に手をかけたそうで

ここ2年くらいは病院通いで大変だったそうです。

とにかく手を尽くしたという満足感もあり、寂しさはあるけど悔いは無いそうです。

s-IMG_5033.jpgで、生徒さんも等身大のひろし君を彫るので、私はその見本みたいなものですが、

こちらのポーズが気に入ったので生徒さんとは違う形になります。

s-IMG_5035.jpg次回いらっしゃるまでになんとかまとめたいと思います。

s-IMG_5045.jpgお稽古の間は、こちらも彫りました。

一応大分出来てきた^^

s-IMG_5036.jpgTさんの顔やクマなど色々。。。。

何と言っても捨てたヒビの入った木端に顔の練習をした。というものなので

こんなに豪華になるとは思わなかったもんですから、名前もなんと付けたらよいか、、、分かりませんです。

花が増えました。

花上手いんだなあ~^^直径が1センチちょっとなのにいつも上手いこと彫ってあります。

s-IMG_5039.jpg見ても素晴らしいんだけど触った感じもまた良いんです。

なんだか楽しくて、目いっぱい色々なものが入ってて素晴らしい。

色を付けるかどうか迷ってるということでしたが、さあ、どっちが良いでしょう。。。?

私も迷います。このままでも充分に良いし、色が入っても案外良いのかもしれないし、無くても良いかもしれないし、、、

s-IMG_5041.jpgSさんのコウモリ。

コウモリの骨を彫るとなんとなく安っぽい感じになるような気がしますが、無いと寂しい。。

ということでとりあえず、細く骨を入れてみることにしました。

s-IMG_5044.jpgネコの三人官女。

手が可笑しくて可愛い。

高さが3センチくらいです。

これが持ち物を持たせるとかなり良くなるんじゃないでしょうか。

 

今日は久しぶりに冬らしく寒くなってきたから、ナベかな^^

昨日までは生野菜のサラダもいいなあ~と思ってたのですが^^;

 

明日の天気はどうなのか、、、、^^;

雪は降るのか積もるのか。。。。。重要な問題です^^

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2232

コメントする