ホーム>工房日誌>アート・文化>2寸の叩きノミ。
アート・文化

2寸の叩きノミ。

s-DSCN2260.jpgホワイトクリスマスになるかも、、、、なんて予報が出て^^;

いらね~~なあ、、ってネコたちと話をして。。。。

寒いのはいやじゃ~~。

s-IMG_4551.jpg自分が使うとは思わなかった2寸の叩きノミ。

昨日注文してすぐにきましたっ^^

2寸というと6センチくらいで、魅力的なノミではあるけど、何に使うの?って思うほど大きいです。

深さは浅丸を頼んだら、中浅丸しかないということで、ノミを作るとなるとほぼ一月近くかかるそうなのでこちらにしてみました。

いやあ、、、、使いたい人はどうぞ使ってください^^指なんてポロリですよん。気をつけて。

s-IMG_4552.jpg今日は地味な気持ちになってセコセコと雛人形のお顔を綺麗にしました。

こちらはペーパーをかけるのでこの程度でも問題ないす。

s-IMG_4553.jpgこちらはもう少し綺麗にした方がよいようです。

s-IMG_4554.jpgぎりぎり落ちそうなところにいて落ちない仏さん^^;

s-DSCN2267.jpgこういうのを作ってもらいました。

前から欲しかったんです。

キッチンで簡単に食事したい時に軽く座る椅子、、、兼飾り台、、、兼踏み台^^;なのだ。

で、横幅が20センチと細身なんですが、高さは60センチもあって一応邪魔にならないように脚は真っ直ぐです。

こういうデザインだと危険なので踏み台にはしないでください。と言われたけど

そう言われると踏み台にしてみたくなる^^;

カーテンを洗う為に取り外しをこの椅子に乗ってやってみたが怖いこわい。。。。

すげー怖いのだ。ここから落ちたら骨折だな~という不安感いっぱいで又使ってみたくなるのでした。

60センチの椅子というと立ってても座っててもほとんど変わりません。

とりあえず、立って食べるな!。。。というばーちゃんの教えを辛うじて守る。。という程度で普通に邪魔ではありますが

便利なんじゃないかと期待してます。

s-DSCN2270.jpgなにか、悪い企みを考えてるルルちゃん。

目が悪そうだ。

私が反対を向いてる間にそこらのものを皆流しに投げ込む考えなのだ。

すでにゴミ箱と洗剤が消えている^^;

s-IMG_4555.jpg大分出来ました。

s-IMG_4556.jpgs-IMG_4557.jpg今日はマリア様も始まりました。

と言っても肉体労働なので筋肉が無さそうな姪にやってもらいました^^

結構気持ち良くいくらしいです。

派手に木端が飛び交ってました。

とりあえずは円柱を目指します^^

どういうわけか、姪は穴掘りとノコギリが上手い。

不思議なものです。穴掘りは真っ直ぐにブラジルまで掘れます。見事です。

うちの父はあまり取り柄がない人でしたが、たき火だけは上手いのでした。

真っ直ぐに細い一本の煙を出して何時間でも同じ状態を維持できてました。

たき火が一番好きだと言ってました。

へえ~^^;ってなものですが、渡哲也もたき火が好きだそうで、同じようなことを言ってましたので

そのお陰でちょっと鼻高々だったのでした。(いみねー)

s-IMG_4558.jpg男もまあまあ出来てきました。

s-IMG_4559.jpg横顔はまだ色気がないなあ~。

彫るということは、色々な角度から作って全体が元々そうだったみたいに見せかけるんですが、

手抜きした角度があるとその角度からは良くなかったりします。

そういうところが本物と違うねえ^^;

四方からよーく彫っても案外上から見るとダメだったりすることもあるので

グルリ全部から見て油断しちゃーいけません^^;

そういうところが面白いです。

自然のものってここ裏だから簡単に出来てるんじゃないの?と思ってみても手抜きはしてないんだなあ。。

そういうところはすごいなあ^^

 

明日から3連休だそうですが、明日は雨。(または雪?)

その次はクリスマス寒波ということで出かけるにも掃除するにもイマイチです。

ガラス窓を拭きたいけど天気が悪いんじゃ無理だにゃあ。。。

ここ一発で大掃除を完璧にやったー!っぽくしたいものだけど。。。。^^

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2193

コメント(2)

わきた様、こんばんは。
私もたき火が好きなので、今晩は鼻を高くして寝ようと思います。
寝るときは、寝間着の前後ろに気をつけて、寝たいと思います。
先日は母が、「忘れたらいかんけん、書いておこう!」と張り切って、
自分の用事をボードに書いてましたが、さっそく相手の名前を間違えて書いてましたので、
「書くのなら、忘れる前に書かないと、意味ないじゃん。」って云ってあげましたら、
随分嬉しそうに、笑い続けていました。
ブラジルまで掘れたら、トリが喜びそうですね。

ヤマドリさん、こんにちは。

鼻高くして寝れましたか^^。

たき火は良いですね。
姿も匂いもあたたかさも幸せです。

忘れやすくなってくると必然的にメモをとります。
私も最近はメモ魔です。
気に入ったメモを見つけてからはせっせと買い込んでそこらに置いて
閃いた時にすぐに書きます。
一瞬で忘れますから^^;
で、何回も色々なところで書きます。
とすると、同じ内容でも勘違いしてる時と正常な時がありますので
総合して正しそうな方を取ります^^;

私の場合は金額などがでたらめです。
結局は書いたメモを持って正しい領収書なりを見て確認するという何重の手間をかけてます^^。


穴は真っ直ぐに掘るというのは結構難しいもので大抵は漏斗状になります。
しかし、姪が掘った穴はブラジルまではいけませんでしたが、1mくらいで底辺も同じサイズだったのです。
これは特技と言っても良いかもしれません。
やまどりさんのお宅の神童と違ってうちのは凡なので
あまり良いことが無いのですが、この点はキラリとしました。

大工さんや表具やさんなどのお子さんは実際にノコギリなどを使ってた経験のある人はあまりいませんがなぜかお上手です。

ということは耳からリズムで覚えてるのかな??と思うのです。
まあ、目で見てるということもあるでしょうが。

リズムの良いノコギリを使う人は必ず上手いですね。

親のやることを見て子は育つんですよねえ。
ヤマドリさんは器用なので良い手本になってると思います。

寝間着の後ろ前は気を付けて寝てください。

コメントする