ホーム>工房日誌>アート・文化>スミレ
アート・文化

スミレ

昨日久しぶりに目覚めたスミレ、、

s-IMG_1991.jpg今日もホコホコと写真など撮ってきて、、

調べてみるとスミレって中々種類が多くて難しいらしい。

ところが段々絞っていくと、、、これは帰化植物のアメリカスミレサイシンというものらしい。

なんだかやたらガッカリした^^;

紫色もちょっと気に入らない。

私が欲しいのはスミレ(種類じゃなくてこういう名前のスミレがある。)なのだ。

もっと和風の紫で、葉が細長いんだわ。。。

昔我が家の庭にもあったけど、母がせっせと雑草と思って抜いていたっけ^^;

抜いちゃダメだよ、、と言うと更に抜くんだよねえ^^;記憶に留まっちゃっうんだろうと思う^^

ま、しょうがない。。

で、アメリカスミレサイシンという名前もいただけない感じがするけど、とりあえず広いスミレの種類の中から

探すことが出来て良かった^^帰化植物だと分かって更に良かった^^;

帰化植物はやたら増えるのよね^^;;

s-DSCN0639.jpg今日は金曜日でお稽古無しなので熱心に?仕事しました。

朝ごはんも先にルルちゃんが食べてました^^;

中に入ってる胡桃が気に入ったようです。

s-DSCN0636.jpg昼ごはんの時はネコのご飯にお邪魔してました。

鶏肉が気に入ったようです。

トリがトリを食べて共食いかな。

ま、なんでも食べて好きなように暮らしてくれ^^;(すてばち、、、)

s-IMG_1988.jpgいざ仕事をしようと思ったらドカンと大きなお尻が座っちゃって押しても引いてもどいてくれなかったので

このまま仕事しました^^

s-IMG_1989.jpg前側が寂しかったので、ちょっと松などを入れて賑やかにしました。けど、後ろの方が更に賑やかです。

s-IMG_1990.jpgね^^

首の紐の赤とか尻尾の黒などはどうしても剥げやすいので何回も塗っています。

剥げても下から同じ色が出れば剥げてないも同然じゃ。

s-IMG_1998.jpg目を入れました。

生意気にも眉毛もあったので慌てて入れました。

鼻は動物の鼻なんです。。口と目は人間ですね。

口は少し太い富士山にしました。

左右で多少違うのはお許しを^^。ってあまり気にしてない。

絵は同じ、松竹梅と鶴亀ですが、構図はまったく違います。前に鶴がいて後ろに亀がいるのは同じだけど

散らせ方は全然違いますです。

s-IMG_1999.jpg菱餅を塗りました。

ピンクのお餅の部分がやたら小さかったので地味に見えるから

器をもっと赤い、、というか朱にしようかと考え中です。

一応、絵の具ですけど、漆風に、朱、弁柄、黒、、という使わけをして

漆みたいに少しこってりめに塗ってます^^

s-IMG_2000.jpg裏側もこんな感じで塗ってみましたが、

出来上がりは変わるかもしれません。

 

福島の方で桜が咲いたらしいです。

人に見られない桜も寂しい。。。

誰にも見られないで色々な花が咲くんでしょうね。

 

東京近辺だけの番組ですけど、地井武男さんがやってた「ちい散歩」って番組がちいさんの病気で終わるんですが、

そこら近所を巧いこと、さりげなく紹介してくれて良い番組でした。

あれを見て、今度はどこへ行こう、、などと考えたものです。

年がほぼ70才ということでしたが、

昭和の味わいの懐かしさとか、人柄の優しさとかちょっと茶目っ気とか、

図々しくないところなどが良かったです。。

最近は若者みたいな下品さを持った年配者も多くなって、、、ちょっと見習いたい雰囲気です。

年配は若者と同じにすることで若さを自慢するんじゃなくて、経験に基づいた長老みたいな雰囲気が

欲しいものです。

聞けば何でも知ってて教えてくれる。。。なんてのが嬉しいです。

 

どんどんそういうお年寄りが出てきて欲しいなあ。。。。

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1985

コメント(2)

わきたさま今晩は~菫綺麗な紫色ですね。
私も今日、散歩道で葉が長い菫の群生を見つけました。
春らしくて良いですね。

たくどうさん、こんばんは。

スミレは綺麗ですね。。
長い葉のスミレの群生をみつけたんですか。
羨ましいです。

大事にしてもらいたいですね。。

コメントする