ホーム>工房日誌>アート・文化>菱餅
アート・文化

菱餅

ブログを書いてもうそろそろ終わりってところで久々に誤って全部消えてしまった^^;

このショック度はなんと説明したら良いであろう~~。

本当にショックです。いろんなところを探すけど無いんだなあ。。。。

しかし、今日は短かったのですぐに同じのが書けるぞ。と思い直してまた書いてます。

こんなことでへこたれてはいけない^^;

 

今日は冬並みに寒いと聞いてたので心の準備が出来てましたっ。

けどやはり冬とはちゃう~。

寒いけど問題ないす^^

灯油も後一回買っておこうかと思う。

今までだと空にしておきたかったけど、今年は満タンにして非常時に備えようと思う。。。

s-IMG_1727.jpg今日は菱餅を作りました。

横幅が5センチ弱なので小さいです。

脚だって一本だけどついてるんだよ^^とミロちゃんにも見せてあげました。

s-IMG_1729.jpg人によって並べ方が違うのでなんとも言えないんだけど

私は菱餅を中央に寄せて二つ並べる。と思ってるのでやや小さめでも良いかと思っています。

お雛さまの両サイドに並べるならもっと大きい方がいいかもです。

しかし、こうやってみると右の方が餅がデカい^^;

ついでに器も背が高い^^;;;;やばし。

s-IMG_1730.jpg明らかに右の餅がデカい^^;

s-IMG_1731.jpgというところで他のメンバーにも出てきて頂いて、様子を確かめます。

今年お内裏様たちを発送してしまうと、その他の人たちはもう何を基準に合わせればいいのか、、

って心配になってしまうし、全員が出来てもそれを見ることはできない悲しさよ^^;

男の子は頭の上をネコにでも折られるといけないので専用のチョコレートボックスに収めました^^

というところに例の口下手の箱屋さんから電話があって、

これは、、(雛人形が入る箱)外寸じゃないか、、って今頃何を言う~~!

内法に決まってるじゃん、いつもそうじゃんけ~~~。。ってことで今日辺り着くのかと思ってたら

作ってんのかよ~~~^^;

と言っても明日には出来て送ってくれると思ふ。

速い速いと褒めるから今回は遅い^^;

 

で、今回は小さなお雛様なので台の畳も作ってしまおうということで

材木屋さんにもお願いしておいたのに、多少間違った寸法できたので

作り直して貰ってるのでこちらもまだ手元に来ない。今晩には着くらしい。。。。

中々以心伝心は難しい。。。

s-IMG_1732.jpgで手の平仏さまも少し進めました。

刀を研がないのによくここまで彫れた。。と変に褒めてもしょうがない。

小さな小刀を研げばもっと彫りやすいんだ。

なぜに研がないのか自分でも分からんち。

s-DSCN0554.jpgなにかと機会をみつけてはねーちゃんに難癖つけたがる少年T。

こうやってシミジミみつめてポコンと一発おみまいするのだ。

少年T は今後毛が伸びてふっさふさのものになると私は予定している。

今は普通のキジネコだもんねえ^^;

夏には皆に暑苦しい。。と言われて疎まれるのを楽しみにしているのだ。

 

後一週間で終わる町内会のパソコンの仕事をUSBに落として時期の人に使ってもらおうなどという

話になったので私としても別段大変なわけではないので捨てるものをそのまま入れて次の人にお渡ししたのだけど、

その次の人ってのが運悪くウルサイめのおばさまで、

今町内会の為にパソコン教室にも通ってるという熱心な人。

苦手なんだなあ~~~~。

で、この前鉢合わせしたのでそのことを言ったら、

「あら~、助かるわーーー」と言われてその後に

お宅はお稽古をやってらっしゃるそうだけど、私もちょっと習ってるんですけど

先生が大いに展覧会に出品して腕を磨くのが良いとおっしゃってたから

お宅でもそうしたら良いわよ。。と言われた。

何年に一度会うくらいで、このような経営方針にまで口をはさむババアは許しがたい。

とムカムカしましたが、

私は前にそういうところに勤めていて、その結果、展覧会は要らないな~と判断したので

そういう趣旨でやってます。と言ってみたけど、まあ無駄ね。

展覧会はそれぞれお金や体の負担が大きく、展覧会に出品するようなものは自宅ではやや不釣り合いで

展覧会用としてじゃないと使えないのだ。

当番制の展覧会会場に詰める役もあったりして、年に一度とか二度とかやると結構大変なんですよ。

だから要らないかな。。と思ってるわけで、

必要なら外部の展覧会に出品すれば良いので全然問題無し。

ということで気楽に済ませています。

ウルサイおばさんのお陰でこういうことを改めて考えました。

出品したからと言って別に腕は上がりませんよ^^;

 

しかし、この後も町内会のパソコンについて聞かれるのかもしれないという危惧を感じて

蒼い気持ちになるのでありました^^

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1963

コメントする