ホーム>工房日誌>アート・文化>ケヤキのお椀 雛人形塗り
アート・文化

ケヤキのお椀 雛人形塗り

今日は先日作ってた五月人形をご一家でワイワイと取りにきてくださって

初節句ご本人のおぼっちゃまは一月見ない間にすっかり大きくなったので驚きました^^

そちらではトラちゃんが大きくなったので驚いたということでしたが^^

赤ちゃんが人形を見てニマ~と笑ってくれたので良かった^^気に入ってくれたみたい。。^^?

Img_8905

うちの中でお椀を持ってないのは

私だけで、、、

ご飯茶碗で味噌汁を飲む始末^^;

自分のものって中々作れないです。

で、このお椀は以前に

見本として買ってきたもので

これを土台にして50個ほど作ってもらったんですが、それもすべて無くなって、、、

次を注文してもいつ出来てくるやら、、、遠い先の話なのでしばらくはお椀はお預けか。。と思ってるので

思いきって見本のお椀を自分用に漆でも塗るか。。ってことにしたわけです。

ところが、中にマジックで見本とでかく書いてしまってある^^;

ついでに一緒に頼んだ塗師の人が自分の名前を鉛筆で筆圧も強く入れやがって^^;

さあどうすべかな、、ということで中側にまず墨を塗ってみたんですが。。

その上から漆を塗ってみました。ケヤキだから漆塗ると墨が滑って動くんだけど

乾いてくれれば次から大丈夫かな。。と思ってるところです。

お陰でマジックの見本という字は消えたけど、志知という変わった名前の鉛筆は彫れてるので消えまへん。

人のお椀に自分の名前を入れるなーーー^^;

Img_8906

今日は着物の塗りです。

なんのことはない、とりあえず白く塗ったりして^^;

Img_8907

胡粉はパテみたいな効果があるので

隅々を綺麗にヤスリで整えるとスッキリいたします^^

Img_8909

ピンクを塗ったように見えますが

茶色の系統の色を白に少し入れました。

ピンクだとどうしても浮いた感じになるので

あまり使ってません。

襟に柄を細かく入れて、本体には絵を肩から入れてみようかと思ってるので

今は地色だけ良い色にすれば良いかなと思ってます。

Img_8910

で、やたら考える時間が長いんですが、

考えても失敗するこの色^^

Img_8911

こちらも襟とズボンのところに

細かく柄を入れてみようかと

思ってるんです。

まだ未知数だにゃーー。

ブータンの国王ご夫婦は綺麗なカップルですけど、、、

わたしゃどうも国王のもみあげが気になってしょうがない。。。。。。。。。^^

茶のしずくって石鹸でアレルギーが問題になってますけど、、

あれって、女優さんを見てあんなに綺麗になりたいって思って買う人って多いんじゃないですか。

当初、あの女優さんはあの石鹸を使ってるだろうか、なんて話をしてて

絶対に使ってないと思う。。と言ってたんですけど^^;

いかにも使ってて綺麗になったように演技するのは女優さんの力量だけど

そこに責任は無いのかな?って思うんですよね~。

使ってみて良いと判断したらコマーシャルを受ける。。というくらいの気持ちは大切なんじゃないかと思うんだけど。

影響力を考えれば責任は持つべきだと思うな~。^^

といいながら、マルちゃんは美味しいのか?とか乳酸菌は朝本当にスッキリか?なんて

考えちゃうもんね~^^;

Img_8912

まあ、なんという寝方。。。

お恥ずかし。。。。と

言いますか^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました^^

わきたけいこの木彫の世界

      maple

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1854

コメントする