ホーム>工房日誌>アート・文化>木彫り展 ご紹介、ケンポナシのテーブル
アート・文化

木彫り展 ご紹介、ケンポナシのテーブル

涼しいの通り越して寒いくらいです。

私は早速着込みました^^;

足もちめた~い。

まさか暖房には早すぎる。。ですよね^^

Img_8235

前に作ってもらって

家の中では大ヒンシュクだった

ケンポナシって木の

座卓みたいなテーブルなんですが、

当時、家の人たちは

こういうのはホームセンターで1万円くらいで

売っている。。などと言いまして

ガックシきたものです。

しかし、さすが天然木。最近になったら木目がキッチリと段差が出て来て

良い味わいに^^

ついでにネコの爪痕も沢山になりましたが、案外そういうのも目立たないのが天然の良い所です^^

材木屋さんがどんどん自慢してくれ、、っていうもんですから自慢します^^

やっぱいいなあ~、ケンポナシ。

ちなみにケンポナシは大きな木はないので3枚剥ぎです。

3枚は同じ木をスライスしています^^

触って楽しむんです~。

Img_8241

私はプルーンの生が好きで、売ってるのを見るとすぐに買います。

しかし美味しいのには中々当たりません。

これが獲れる地方に親戚があって

そこからいつも送ってきて困る。

というプルーン嫌いの友達がいて

お菓子と物々交換をします^^

これは美味しい^^

面倒なので箱を開けた状態でテーブルの上に置いておいて

各自食べたいものが食べたい数だけ洗って食べる。ということにしておいたら

他にも約1名黄色っぽいのが食べたいそうで

下で段ボールをせっせと壊しては喉が渇いて上に行ってプルーンを食べるという生意気な暮らしをしております。

動物の常として同じものを食べないで次々に突つきやがるもんですから

わたくしめがかじったたところをえぐり捨てて食べてる次第です。

方々のを突くのは毒に当たらない為だとか、、、

毒にあたりやがれ^^;などと思ってはいけません^^ホホ

昨日兵庫県に住むIさんからわざわざ木彫りの展示会のメールをいただきました。

遠いので行くのは難しいですが、参加も出来るそうです^^

どちらかというとちょっと楽しい系の彫りものが多いんですが

皆さんかなりお上手なので驚いてしまいます。

ご覧ください。→木彫フォークアートおおや

Img_8242_2

なんとなく美味しそうな可愛い蕾になってきました。

そろそろ茎も必要だ。

Img_8243

都合の良い木端があったので

早速切って合わせてみます。

Img_8244

細くしてから穴を開けるのは難しいので

今のうちに決めたところに穴をあけます。

けど、あまり早く開けると

今度はその穴を削ってしまうこともあるのでどこにどういう深さで角度はどうか、、って把握しながら

開けます。

Img_8245

どちらかというと茎が勝負です。

どういう形にくねらすかで気持ち悪くもなるわけで

穴も気にしながら彫り進みます。

Img_8238

今日は静かな雨で

ヒマやの^^

 

Img_8233

ネコが2匹になってから

お互いに悪いことをよく見習って

相乗効果でどんどん悪くなる。

良いことは見習わない。

どうしてか。。。

良いことはあまりないから^^;

二人で流し近辺にたむろしてもううるせーったらない。

食事もおちおち出来ない。

困ったものだけど、来年には直るだろう。

ネコは2年もすれば寝るだけだから^^(甘いか^^;)

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

わきたけいこの木彫の世界

       bud

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1797

コメントする