ホーム>工房日誌>アート・文化>招き猫 蓮の蕾彫り上がり
アート・文化

招き猫 蓮の蕾彫り上がり

すっかり朝晩寒くなっちゃって

私の体はついていけまへん・・・・・

足腰がギシギシして、頭は痛く、眩暈もして^^

ところが昼間暖かくなってくるとウソのように元気になって、、

そして夕方になるとまたシナシナと元気が無くなるのでありました~。^^;

Img_8260

彫り上がり。です。

色々な人から聞かれましたが

これは仏壇とか仏さまの隣に置くものではなく、

ただの飾りものです。

蓮であることにあまり意味はありませんが、

ほっこりした花と茎に葉が無いところが選ばれた理由でっす^^

Img_8262

ということで今まで彫ったもの数点と一緒に

焼印を押しました。

夜になって静かになったら漆を塗ろうと思います。

ということで急にヒマになったので

生徒さんのお預かりのものを手を入れてっと。

201109201508000

アザラシのGさんは

アザラシの他に招き猫のコレクションもあるそうです^^

先日、豪徳寺へ行った時の写真を

送ってくれましたっ。

賑やかですね~。

これは豪徳寺でいただいた招き猫を

念願成就した暁にこちらへ収めるんだそうです。

Gさんは一番でっかい招き猫を

買ったそうです^^;

ちなみに普通は一番小さな500円くらいのを

買うかと思います^^。

Img_8263

そしてこちらは

鷲神社(おおとりじんじゃ)

の招き猫だそうで

表裏が面白いことになっています。

違う形に見えるけど

同じネコとおかめさんです。

どちらが表か裏か分かりません。

Img_8264

招き猫が好きな方は

多いですねェ。

可愛いだけじゃなく

お願いもかなえてくれるから

更に良いものですけど^^

若い皆さんが

招き猫などを

買うというところが面白い^^

Img_8266

そういうGさんのアザラシです。

蓋と身の合わせ具合を調節して、

(これは結構時間がかかる。。)

中を綺麗にしてるところです。

こういうところは

やや辛い仕事です^^;

思いっきり綺麗にして仕上げたいものですっ。

Img_8265

こちらはいつも幾何学柄のTさんです。

今回は右丸の部分に

ビールが入るトレイです。

他の部分はおつまみなどが

入るそうです^^。

ご自分専用の夜のお友達。って

ところでしょうか。

パンで朝食の方とか、

こういうおつまみ系は木の皿が良いですよ~。

とても使いやすいです。

Tさんは金沢ご出身で台風の日に金沢のお墓参りからの帰りで新幹線にカンヅメになったそうです^^;

昨日いらしたIさんも金沢の方に旅行に行かれて台風が過ぎたところでセーフだったんだそうです。

色々ですねっ^^

Img_8259

ここ一週間

犬の飼い主が留守なので

なんとなくポツネンとしてる

ワンチ。

ついでに熱い視線で

いつも見てるので

ちょっと閉口です^^;

いつも見られてるって辛いすよね。

経験ないけど^^;;

モテる人は大変だと思う。

色々な人の視線を受けて暮らすのって気づまりですよ。

経験ないけど。。。へへ(何回も言うな^^)

あら、9月ももう終わりすね。

速いもんだよお~。

来年のカレンダーをとっくに買ってしまって、はや~い!と言われたけど

もう買ってもおかしくない時期になってしまった。。。

ちょっと涼しいなと思うとすぐに手が荒れてきて

さも年寄り臭い手になってしまう~。

指先のガサガサとか甲のシワシワとか。

年齢は隠せないです。

しかし、私は嫌いじゃないです。

手は使いやすいのが一番なのです。シワは関係ないんだわ。

20才頃私は爪をながーくして綺麗にしてましたが、その頃は何も出来なくて

爪は割れるし、指先に力は無いしであまり役に立たなかったです。

けど、今汚い手はかなり色々なことが出来るようになったので汚くて充分です。

少しは綺麗にしても良いんだろうけど、手入れをするのを忘れてしまいます。

ただ、指先の皮がむけて血が出たりするのは不便です。

そのためには手入れしないといけないんだろうけど。。。

痛い季節になるんですよね。。。指先と闘う私^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

わきたけいこの木彫の世界

      bud

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1795

コメントする