ホーム>工房日誌>アート・文化>顔彫り
アート・文化

顔彫り

顔彫り

Img_7105

この花がずっと好きで

花が咲いてるのを見ると

いいなあ、、と

思ってみてましたが

葉だけの時も大変爽やかな感じで

樹形も良い木です。

しかし、去年まで名前を知らなかった。

けど偶然にニワナナカマドって木だということが分かって

案外色気のない名前だな。。と思いましたけんど、まあいいじゃん^^

それで本当にニワナナカマドなのか何回も確かめてみるんですが、やはりそうなんです^^。

どうも木とか花の雰囲気と名前がちゃう~。まあいいか。。

私は大体がアワみたいな花が好きらしくて、今の時期だとシモツケとかちょっと前だとアスチルベみたいな

花を見ると欲しくなる。

雪柳やコデマリみたいによーく見ると梅型の2mmくらいの花が咲いてて

房になるので全体がアワアワした感じに見えるわけです。

自分の家に欲しい。というのじゃなくて、タマに咲いてる家を見つけるといいなあ。。と思って

チラ見して満足します^^。

ネットのニュースに

空腹の男が包丁を突き付けてピザを奪う。。ってのがありまして

空腹の人が包丁かざさないと食べ物にありつけない時代なんだなあ。。なんて思いました。

哀しいね。

昔だと食べ物をめぐんでくれる(妙~に懐かしい言葉^^)人くらいいたものですが、

今の時代は難しいですね。

托鉢だって食べ物は受け取らないそうですから^^;(話が逆だ。)

昔、北鎌倉に住んでた時に托鉢がしょっちゅう来るんですが、

自分の感覚だとオニギリとかお米とかで良いと思ってたんですけど

当時500円以上の現金じゃないと立ち去ってくれない。。と聞いて金持ちじゃないと北鎌倉には

住めないね。と思ったのでした。

本当にしょっちゅう来ますから。。^^;

前に知り合いに聞いた話ですが、アメリカに住んでた時にホームレスの人にハンバーガーをあげたんだそうです。

そしたら温かくないからと返された^^;ということでした。

食べ物を人に差し上げるのは中々難しい時代になったんす。

食中毒などおこされてもいけませんし。

うちなんていつ誰がきても食べ物なんて無いです。逆に欲しいくらいじゃ^^。ひもじーー

話がセコイ方向へずれてしまった^^

Img_7123

これもご多分に洩れず、、

迷路にはまってしまった。。。

こうなると辛いなあ。。

Img_7124

なんと顔の半分が良い色だったりすると

反対側の半分はあまり良くなかったりと

バランスよく良い色になってくれないのだ。

こういうことは結構あって

同じ色を塗ってる時はそういうことはあまり無いけど

違う色を重ね始めると多々あるんです。これはギリ~っと悔しいことが多いです。(歯ぎしり)

Img_7125

ストレスと乾き待ちなので

鷲の嘴を思いっきり黄色で塗って

発散しました。

普通黄色なんてすっきりと塗れるチャンスはないですから。

Img_7126

なんとなく小汚い顔になってきた。

しかし胸の辺りはなんとなく面白い。。

だからと言って顔だけ直すと

色が合わなくなるしィ。

Img_7128

アハハ、奇っ怪な写真で

失礼します^^;

Wさんのお孫ちゃんです。

(そのうちそっくりになりますからね~^^)

今日はキャンセルありで

Wさんお一人でした。

話はしないで

マンツーマンで

顔を彫りましたっ^^

顔は難しいですね。

そうそう簡単に彫れてなるものか。

お孫ちゃんは面長な方で痩せてるというほどではないですが、

顎が細長ーくなっていて子供としては珍しいかも。。です。

そういう特徴があるので逆に作り易いんですが、

始めてだとそういうことも中々上手くはいかないのは当然でございます。

で、目ですが、

これはまだ目を作ってなくて眼球だけを膨らませてる状態です。だから気持ち悪いの。

目はくれぐれも最後まで彫らないようにしないとマズイっす。

大抵の場合、目をグルリとアーモンド型に彫ってその中に黒目をグリグリと彫ったりするんですが、

これだと中学生の美術の時間に自分の顔を彫る。。という感じです。

目の線は瞼の切れ目なんですけど瞼は眼球の上にうっすらとあるだけなので

深く彫ると眼球が無くなってしまうんですが、上手くいかないということで更に深く彫ってしまったりするわけです。

と眼球は完全に無くなります。

ということで目がほら穴みたいにゴボッと彫れて失敗した。。ということになり

ついでに眉毛を一本づつ彫って毛虫みたいになるわけです。

これは普通のコースかと思います。

それをしない為に眼球をまず彫ります。

その上で目を調整しながらうっすらと彫り始めます。

うっすら彫ると失敗してもまだ立ち直れる^^

とにかくうっすら彫って左右それなりにバランスが良いかな?と考えたり

ご本人と似てる目をしてるか?などと考えながら段々深くしていきます。

くれぐれも最後に一発目を入れて完成だ。というような考えは持たない方が良いかと思います^^。

Img_7122

Img_7129 後ろはそこそこ良い感じなんだけど。。。。(と一人つぶやく。。)

明日はこれを保留にして

お地蔵を始めるかなあ。。。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1724

コメントする