ホーム>工房日誌>アート・文化>5月30日
アート・文化

5月30日

Img_6892

今日は風が強かったです。

大雨と風で一掃されたか

空はとっても綺麗でした。

もっと雲が多かったのですが

楽してベランダから撮ったので

雲の多い所は電線が入っちゃうので

雲のないところです^^;

Img_6887

こんなのを彫ってみようかな~?と思ってたところに

別のが入ったので

そちらをやることにしました。

Img_6889

部屋の中に6センチ×30センチの部分だけ

隠したいところがあるそうで

その寸法の飾りものを作ることになりました。

おもしれ~。

で柄は何でも良いということなので

この前見に行った長谷川潔展の鳥と花の図案が気に入って

そのうち彫ってみたいな~と思ってたので早速彫ることにしました。

哀しいかな、、

こんな絵だった、と思って描いて見ても全然違う絵になってるので

著作権には触れまいで^^。

Img_6890

寸法がやたら細長いので

真ん中に鳥を無理やり入れて

両サイドは花にしてみようと思います。

厚みですが、

立てれば良いと言う程度だそうですが、

丁度ピッタリサイズの木が無く、少し厚すぎるかなと思うくらいの木だったので

彫りも深くても良いんですが、レリーフということであまり深いと威圧感もあるから

彫り面は7mmくらいにしてみました。

Img_6888

いつもお願いしてる材木屋さんに

頭をひねってもらって

手ごろなサイズの木を作ってもらい

ついでに値段も入れて貰って

とても楽に買えるようにしてもらいました~^^

と思ったら自分が便利で使っちゃってます^^

適当な大きさに切ってもらってあると

そのサイズを見ながら何を作ろうか考えが広がるので

私は大きな木を切るよりも切ってある木から作る方が好きです^^

Img_6891

小鳥ってのも可愛いものですね。

昔やってた仕事の時も

結構鳥を彫りましたが、

それでも良いと思うようなものは無かったです。

なぜ無いのかな、、と考えると

鳥に人格(?)を与えないからだなあ。。。

やはり鳥一羽であっても個性と生を与えれば良いものになるし、存在感はぐっと出てきます。

Img_6893

嘴が少し長いかな^^

Img_6895

あれ、鳥だ^^

鳥には柄を入れてみようと

思います。

鳥以外の平らな所に

花の絵を入れてタダ彫るか、はたまた浮かせて彫るか、、

両方を合わせて彫るか、、などと考えながら彫ります^^

面白いです。

飽きないうちに出来上がるので良いすね。

もう5月も終わりですねえ。。。

速いなーー。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1692

コメントする