ホーム>工房日誌>アート・文化>ダックス彫り上がり
アート・文化

ダックス彫り上がり

今日はスーちゃんの告別式でした。

今まで知らなかったですが、私と同じ年だ^^;

スーちゃんは若くて綺麗なので55歳と言っても信じられないですが

ファンの皆さんを見ると確実に年取ってるんだなと思ったりしました。

55歳だとまだ早すぎます。

もっと良い仕事を沢山したかったでしょう。

しかし、ご本人も周りの方々も幸せな暮らしをしてたんじゃないかと思われる良い雰囲気があって

良かったな。。と思った次第です。

Img_6543

今日は引き続きワンちゃんを彫りました。

こうやってみるとラブ・レトリバーみたいです。

犬って本来は同じような顔をしてるんだけど

耳が立ってたり、色が違ってたりで

違う顔に見えるんですね。

毛を刈っちゃったら皆同じ顔やん。。

Img_6544

ストラップのちょっと大きいサイズなので

気楽な造りですが、

小さい分可愛く見える^^

Img_6545

足のお陰でダックスです^^

Img_6547

アクリル絵の具で色をつけます。

まずは服から^^

同じ緑が無かったんですが、

混色して塗りましたっ。

Img_6548

左が画像です。ちょっと黒いので見にくいですが

そっくりです^^

緑の服は体に合うように工夫されてるみたいに見えますが

取りあえず画像では良く分からないので背中もペロリと緑に塗ってしまいました。

多分これだと着ることが出来ない^^;

背中はボタンとか紐で結ぶようになってるのかも。

Img_6549

アハハ、可愛いじゃん。

目がビー玉みたいに、、って書いてありまして

うちのもそうですがまったくビー玉みたいな目なんです。

しかし、うちではハエの目みたいだと言ってるんですが、

こちらのるるちゃんはビー玉ということです。

がーー、毛も黒だし目も黒なので区別がつかん。

Img_6550

今日はお稽古無し日なので

座布団を重ねた上に

少し仲良くなってきた2ネコが

寝ております。

自分が選ぶものとは言え、

ほとんど色違いの同じようなケモノで最近区別がつかなくなってきた^^;

Img_6551

で、目を目立たせるにはどうしたらよいか、、と

考えて

目と鼻に透明のマニュキアを借りて塗ることにしました。

お陰でビー玉みたいに光ってめでたし。

少し目が小さいんじゃないか、、と思います。

Img_6562 Img_6563

出来上がりっす。

目も少し大きく修正しました。

アクリル絵の具は3回塗りくらいかな。

ちょっと大人しい子に

なってしまったかも。

でも目でものを訴えてて可愛いです^^

(自分で可愛い可愛いと言うな^^;)

緑の服も似合ってるし^^

Img_6564

ということで

鷲の続きをします。

鷲は嘴と目までをやたら丁寧に彫って

羽は省略化した雰囲気にしたいと思ってます。

Img_6565

嘴の先端が折れそうなので

まだあまり薄くしないでおこう。

それにしても嘴をじ~っと見てると

それぞれの使い勝手が良いように出来てるようなので

思いっきり感心してしまいます。

ああいう構造などを見てナイフなんかを作ったりするんだろうなあ。。。

てなところで終わりです。

早々にワンちゃんと仏像を梱包して宅急便に出しに行ったら

福島にはまだコンビニからは出せないんですと。

集荷なら大丈夫かなということで明日また挑戦してみよう~。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

仏像、動物、人形など制作しています。お問い合わせはお気軽にどうぞ^^→

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1670

コメントする