ホーム>工房日誌>2011年3月

2011年3月

3月も終わり

長かった3月も終わり、明日から4月です。

途中までは普通にきたけど、それからは何か夢の中みたいでした。

すごく長い時間が経ったような気がします。

Img_6281 Img_6282

仏像も大分出来てきたので

目に見える変化はありません^^;

顔をコネコネと触っています。

少しづつ変化してるんですけど

ほとんど分からないすねえ。

眉毛が丸くなりすぎてて気になるんですけど

もう少し優しげじゃなくて凛とした雰囲気になってほし。

眉ってのもほんの一筋でも違うと印象がガラリと変わるので難しいです。

実際の顔でも眉毛が上手く描いてあると知的に見えたりしますねえ。。

Img_6283

久しぶり~のKさんの

いぬ箱です。

丸っこくて可愛いです。

同じものを作っても

それぞれの個性が出て面白いものです。

ところがどっこい

Kさんはすごくせっかちな方で

順を追って彫らないので

中の蓋と身の閉まるところを

作らないで穴だけ彫っちゃって^^;

さあてさあ、、、あれれえ、、、ってなもので

どうしようか考えたんですけど、やはりもったいないので私がその辺りを調整して作ることにしました。

とすると、もう次のを作ってるではないですかあ^^;オイオイ^^

Img_6286 Img_6284

こういうものが出来るそうです。

ネズミらしいです。

外国の作家のものだそうで

人気あるらしいです。

これは木で彫るには

良さそうなものです^^

 

なんとこちらも蓋物になるそうで、、あれれえ。。。。無事に出来あがりますかねえ。。。

Img_6285_2

こちらは安心

全然せっかちじゃないGさんの

アザラシです。

中も外もバランス良く彫っていって

薄くなっちゃう箇所も無くて

無事です。

蓋物はこの位の時には

ぎちーっと入る程度の固さにしておいて

後で軽く緩みをつけると自分の好きな蓋の緩みの入れ物になります。

最初からゆるくすると出来上がりの時はブカブカになったりします^^;

体がちょっと太いと思いますけど、これでも前のアザラシがきっちり入るサイズなのでこれ以上は痩せさせられない^^

Img_6287

ちょっとボケた画像ですが、

台座も灰色みたいな色になりました。

ペーパーをかけてみたら彫り目が出て来て中々良い感じ。

もう少し手で擦ってみようかと思っています。

Img_6288

薄い墨で少しづつ影を作ります。

彫ったままでも立体なんだから

陰影はあるはずですが、

一色で塗るとほとんど感じられません。

ので

私は影をつけます。

そうするとどの角度から見てもより立体的に見えるようになります。

これは能面の作り方で

なんとなくそのやり方が抜けなくてずっとそういう風にやっています。

陰影がはっきりするとあまり色を入れなくてもおかしくないです。

色を入れたい時はすごく細い線で色を入れたりします。見た目にはその色が入ってるようには

見えなくても実際入れてあると入れてないのとは全然ちゃう~。

Img_6289

まだ瞼が腫れぼったい感じがするので

もう少し窪ませるように彩色します^^;

後々まで心に残る3月でしたが、

もうこの月ともお別れですね。

4月からちょっとテンション上げて頑張ろう。。。っと。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

電話

昼に今作ってる仏像の注文主の方から電話があった。

福島県相馬という住所しか知らなかったので

被災してから一度メールを頂いた時には

家はなんとか無事で福島の方に移ってるという内容だったけど

その後のニュースで、ひょっとして原発の方にかかるんじゃないのか・・・・?と思ったりして

毎日仏像を作ってるので頭の中はそのことがグルグルと出口が無い状態で渦巻いていた。

電話で、実は始めて話をするのに、もう遠い昔からの知り合いのような気がしてしまって

お元気な声を聞いて感極まってしまった。

家はちょっと高台だったので津波は免れたものの

原発の20キロ範囲に入ってるのでその後家には戻れてない。

福島に親戚と一緒に家を借りた。ということで当分の間、、何年になるか分からないけどそこで頑張る。

見通しはつかない状態だという。当然のことだけど。。

ということで仏像は必ずや貰うのでそれまで預かっていてほしい。という話だった。

これもまったくその通りのことなんだけど

そう言われるまではこっちで勝手なことをするわけにはいかない。

ご本人の考えを聞いて、そのようにするしかないし当然の話なので変にすっきりと納得してしまった。

というわけで仏像さんは気長ーに待ってもらうこととなりました^^

良かったです。

うちと同じ名前のルルちゃんというダックスがいる。と以前のメールに書いてあったのだけど

ルルちゃんは地震の時に頭にガラスが落ちて刺さって死んでしまった。。ということで

見たことないルルちゃんにも思わず涙がどーっと出てしまってしゃべれなくなってしまった。

ともかく、様子が少し分かったので

私は仏像を完成させて他の仕事に移ろうと思う元気が出た^^

なにか、分からないままで他の仕事に手を出す気になれなかった。

ま、チンタラ仕事をしてるからそういうのんびりしたことも言えるんだけど^^;(もっとせっせと働け~^^)

Img_6271

仏像の顔は微笑み、、が良いか

多少厳しさがあった方が良いか、

とその場その場で考えながら彫るんですけど

大抵の場合、私は慈愛みたいな顔にする。(というか自然になっちゃう。)

そういう顔が好きなのかもしれない。

タマには厳しい顔のものも作ろうと思うんだけど口をへの字にした時点で

こりゃおかしいや、、と止めちゃうんですよね^^

Img_6272 Img_6273

台座も少し変えてみました。

ちょい渋にしてる最中です。

Img_6274

20センチくらいの小ささなので

もっと細い仏像にすれば良かったかなと思うんだけど

細いと更に顔などが彫りづらくなるのでやはりもう少し大きい仏像の方が彫り易いなあ。。。

と思いまする。

Img_6276

漆ついでにこちらも完成させようと思います。

光背はやたら平安時代になってしまって

良い感じだけど恥ずかしい位です^^;(あまりに平安時代なので贋作作りの気分です。)

絵の具の時と漆の時では多少目のサイズを変えないと

印象が違うので今、目を少しづつ修正してるところっす。

Img_6277

置きっぱなしだったヒルネキツネも

やっとこ金箔を貼ることにしましたっ。

Img_6278

きんつばみたいだけど

生漆を二回摺っちゃったので

3回目に砥の粉を蒔いたら

こんな風に馴染まない状態になりました。

もう一回やったろ。

Img_6279

久々の金箔。

すごーく上手くなってるので自分ながら感動した。

どう上手くなってるかというと

金だ金だと焦らなくなった^^;

そのお陰でゆったりと肩が凝らずに貼ることが出来てすんごく余裕だ^^

あはは~。である。

Img_6280

ついでにゲテーっと貼りゃあ良いってものではないのを発見した。

隙間が大事だ^^。

それは生徒さんにも教えて貰ったんだけど、

まったくその通りで、キンキンギラギラはやはり下品だわ。

隙間から漆が見えてる程度が良い。

ま、上からも漆を塗ってしまいますが、、、、

しかし、こんなにも金箔が楽だったなんて。。。

以前に友達が金箔なんて楽だよ。とフンって顔をして言ってたのを思い出すが、

これだと私もフンって顔をして楽だよ。と言えるようになってめでたい^^

仏像とか動物とか、制作しますのでお気軽にお問い合わせください。→お問い合わせ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

生徒さん作品完成、いぬ筥

津波によって壊されたがれきが普段の1年分にすると23年分もあるという。

これをなんとか再利用出来ないだろうか。

色々な素材が入り混じっていて無理だろうか。

捨てると思うと大変だけど利用するとなると気持ちが大分違うかと思うんだけど。

今日明日は停電の心配の無い見送り日になったそうで

ちょっと嬉しい。

今日は久しぶりに4人生徒さんが来てくれて

停電談義になりましたが

やはり全然停電にはならない地区やらやたら停電になる地区やらあって

停電する地区を田舎~とバカにする人もいたりするらしく、、(分かるけど。。^^)

そうなると不公平を訴える気分にもなってくる~。

停電が無い地区にいる人はとっても軽い気持ちで生活してて

くっそー、、、みたいな気分になるもんね~。(狭い心の持ち主^^;それは私です^^)

Img_6260

ちょいと色を入れてペーパーかけて、、、

を繰り返しております。

Img_6262

意外なところが意外に美しい^^

Img_6264

ついに完成

Sさんのいぬ筥です。

ちょっと気が強そうな子と

穏やかそうな子といて

こういう少しの差ってのは

楽しいですね。

皆同じ顔じゃつまらん。。。

左が男で右が女なんでしょう。

顔はちょっと右が大きくて今時風の女が強い。。という感じですね^^

画像で見るとカメが多少簡単に描けてるように見えますが、

これは見本にしたカメがこういう絵だったからだと思いますゥ。

これはとっても手間のかかる代物で

見た目の可愛さからはほどとーいものなんですが、

とっても良く出来ていて生涯の宝物でございましょ^^

外はアクリル絵の具、中は漆塗りです。

Img_6266_2

Iさんの矜羯羅童子(こんがらどうじ)です。

童子って15歳くらいらしいですが

ジーさんになってましたので

顔を少し修正しました^^;

けどまだ目の上のむくみなどは

若者じゃないなあ^^

顔が多少斜め上向きで

目が垂れ目で哀願みたいな

可愛いみたいな目をしてるんですけど

そりゃ難しいわ。

顔だけに何日かかければどうにかなるんですけどハァ。

Img_6267

これはいぬ筥を完成した

Sさんの今日から始めた

トトロのハコです。

トトロが入れ物になっていて

中にドングリなどが入ってるんですって。

そりゃ面白い。

トトロは単純な形なので箱には

向いてます。無駄肉が多いので中を刳り抜いて入れ物にするのは良いアイディアです^^

Img_6268

こちらはIさんのお地蔵さま。

とっても小さいです。

木目を生かして

頭の頂上から丸が段々に広がってきて

体の方は合掌した手から年輪が広がっています。

こういう場合は単純な形にしないと

木目が生きないです。

大分出来てきたのになぜに目鼻が無いのかな?

と思ってたら

私が描かないから無いのでした^^;すんまへん。

Img_6269

こちらはIさん(今日はIさんが多い^^;)の

蔵王権現で

あ、大分変わった・・・

震災後、頑張った形跡が、、、、

ついでに木が色が変わってる~。

ああでもないこうでもないと触ったり、鉛筆で

描いたりしてて色が変わったんでしょう。。

ちょっと押し絵みたいではありますが、

最後までどうなるか分かりませんョ。

期待してます。

Img_6270

なんか、おでこが間抜けてるなーと思ったら

白毫(びゃくごう)を作るのを忘れていました^^;

大分こっくりしたお肌になってきました。

明日はどんな色を入れようか、、

(と昨日も思ったんだったかな^^)

110329_124920_03

このケーキの箱みたいのは便利です。

当分使う予定です。

怖いことがあるとすぐにここに逃げ込んでいます。

秘密基地っすな。

ついでにトイレシートも敷いてくれてあるので

安心やの。(ネコは犬ほどはお漏らししないので安心ですけんど。。)

外的が多いので珍しくケージを使っています。

ネコのケージは天井もついてないと逃げちゃうですよ^^

Img_6253

おお、夜寝る頃の景色ですが、

アフリカの平原のアリ塚みたいに

籠の上に毛布がかかったものがあちこちに^^;

毛布かけると皆大人しくなるので良いです。

震災からこっち湯たんぽが大活躍しています。

ルルちゃんはヒーターだけにしてネコに湯たんぽ置いてやったら

朝までホクホクで寝てます^^

(ま、ネコはそれほど暖かくしなくても大丈夫ですけどね^^毛が多いから~)

作品のオーダーできます^^お気軽にお問い合わせくださいっお問い合わせ

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

生徒さん作品ご紹介、額Ⅰ

震災の影響で気持ちが停滞、落ち込み気味だけど

そういうのはいけない。と言う。

そう言われてもはしゃぐ気にはなれないものだけど

こういう時こそ頑張って経済効果を上げないといけない。。ってかあ、、

特に関西から上がるのが良いらしい^^

関西の人は気持ちを上げるのが上手だと思うので頑張ってほしいです。

私は赤ちゃん類が苦手で

仔猫が可愛いにもかかわらず、あまり見ないようにしてる。

それでも小さい方が可愛いので大人になっちゃったものだと買う気はしない。

なのに、、、見ない。

怖くて見れない。。というのが正しいかなあ。。。

今は保証期間があるからまだ良いのだけど

昔最初の犬を買った次の日の朝に生きてるかどうか見るのが怖かったものだ。

恐る恐る見てみると小屋の上に登って誰かが来てくれるのを待ってた姿を見てホッとしたなあ。

一度買ってきた鳥が弱っていて

犬が鼻先でツンとやったらそのまま前のめりにコケちゃってすごーく焦った。

その後すぐに死んでしまって、、、

元々病気だったのだろうけど、あのショック度は忘れられない。

あまりのショックに鳥やさんに言いに行ったら替わりに丈夫なのをくれたので

良かったんだけど^^。

鳥が丈夫だとまたやたら強気で扱いにくくて困るんすけど、

体が弱いよりはいいかね。。と思って我慢することが度々ありますね。(大汗)ガマンガマン^^

Img_6243

本物はこんなには土色じゃないですが、

どうも本物の色を巧く写せないので

すみません^^

Img_6244

隅々をガキガキとやったり

平面はペーパーをかけたりして

お肌をならします。

昔の師匠も言ってましたが

隅々さえ綺麗ならそれで良いってさ。

大抵の場合はペーパーかけやすいところが綺麗で

かけにくい所は汚い、という具合なのですなわちこれは汚いってことです。

Img_6246

今日はミロちゃんが新しいネコを警戒して

私の仕事の目の前に陣取っちゃってるので

私は隅っこをお借りして仕事しています。

ちょっと白っぽい感じになりました。

Img_6247

ので少し黒っぽい感じに

修正します^^

というのを交互に繰り返します。

そのうち良いこともあるさ、、

という感じでその時を淡々と待つのであります。

Img_6248_2

少し黒っぽくなってきました。

どちらかというと砂の色が好きらしくて

全体が砂とか土とかの色になりがちです。

砂の絵の具は砂で出来てるらしくて

その上から刀で削ると刀がすぐに切れなくなります。

Img_6249_2

黄土系で塗ってるので

やはり単一の色彩だと

味気なし。

そろそろ違う色を入れるかなあ。。

というところです。

Img_6251

こちらも中々良い色に

写ってくれないので

何回も写し直したんですが、、、

Tさんの額Ⅰです。

目にトラ目石みたいな

ビーズが入りましたの^^

その接着剤がブニューと出ちまったものですから

固まってから刀で切り落としまして

漆を塗り直しました^^;

よーく見ると龍の図案なんですよ、目が入ったから分かり易いですよね^^

誰も知らないで彫ってたんですけど^^;

なんとなく、いつ頃出来たのか分からないみたいな仕上がりで

面白いです。

何年か後に、何時代の発掘品だ。。と専門の学者がもっともらしく言って

隅でほくそ笑む。というのが私の理想であります。

勿論もっとピカピカの新品ぽくも出来るんですョ^^。

わざとそうしてないの。。。

深い拘りなんですっ^^ヘヘッ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

経済効果の為に

宣伝入れます^^。

注文で作品お作りしてます。お問い合わせはこちらへお気軽にどうぞ^^→お問い合わせ

お友達紹介、

野菜はほとんどが茨城県産が多いと思ってたので

食べるものが無いか、、、と心配してましたが

充分に他の土地のものでスーパーはいっぱいでした。

ふーむ、、、そういうものなんだあ。。。

それとは全然関係無く、

4月から町内会の役員が回ってきまして、

今度は副会長になったのでありました。(ガクッ!)

あーーあ、もう町内会の役員なんてのも時代錯誤みたいな感じですけんどさあ。。

早速総会に出て喧々諤々、来週も新年度の役員会でモロモロなんですよお。。

せっかくの休みにストレスだな~~~。

Img_6225

昨日ルルちゃんに

もっと小さな鳥籠を買おうかと

いうことになり

ホームセンターへ物色しに

行ってきました。

ホームセンターに行けば

当然のこととして犬ネコを見ますが、

この耳の折れたネコちゃんたちの

足の裏が可笑しい。

おお、こんな風に色分けになってるかね。。という見本であります。

Img_6227

ペットショップの話はまだ続きますです。

今日は仏像の塗りです。

木肌に近い色を作って塗ってみました。

Img_6228_2

うちの鳥は

ほとんど籠から外に出て暮らしてるので

もっと小さな鳥籠でも

問題ないんじゃないかと

思って小さいのを

買ってきましたが、

小さすぎかな^^;

餌食べに入るとギッチリですヮ。

今までのは60センチ角くらいの大きさなので

持ち運ぶのにとっても重かったです。

一日に何度も持って移動するので大変でした。

停電になるようになって湯たんぽで暖房してましたが、大きいとあまり暖まらないので

小さい方が良いかと思ったのでした。

Img_6230

2回目の塗りです。

今日は塗りだけですので

あまり変化はありません。

台座も漆を塗って乾かしています。

Img_6232

なんか~、イヤ~な予感がして

そわそわ落ち着かない犬。

Img_6234

3回目の

塗りです。

なんら

変化なしです^^;

Img_6236

さて、久々に見るこの箱はなんでしょう。。。

ケーキではありませんです^^;

Img_6237

そうでした。

犬の嫌な予感が的中しました。

ネコでした^^;

毎度のことながら

皆シャーシャー、フーフー

大変な騒ぎですが、鳥はいつもと同じ様子で気にしてません。

Img_6241

てなわけで

虎之助です。

よろしゅうお見知りおきを

お願いいたします。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

 

小さな仏像、完成

また寒い雨や雪になるそうで

被災地では辛い数日になりそうです。

切ないです。

もうすぐ桜の季節ですけど、ウキウキした気分にはなりません。

桜というものを楽しみに見れることは自分が幸せである証拠のようなもので

憂いごとがあると桜は目に入らないとか、かえって空しいものに見えることがあります。

花見に行こうか。。と思う年は幸せなんですね。

Img_6215

これは何かというと

うちのバラなんですが、

毎日グイグイと新芽が成長して

くる姿はパワーを感じます。

どんなことがあっても

新芽が出てきたりすると

刻々と力強く前に進んでるんだ。

と感ぜずにはいられません。

ありがたいものです。

Img_6207

いつも持って歩く仏さまの

完成です。

干支の守り本尊というのかな?

勢至菩薩だそうです。

小さいから目鼻までは

中々巧く彫れなかったですが、

それはそれなりの雰囲気で

お許しを、、^^

Img_6208 Img_6209

裏側から見ると栗ですねえ。。。

ツルリとしてるので落としそうではありますが、こういうものは裸では持たないで

ハンカチなどに包むと希望的に思うので落とさないでね^^;

八方に光を放ってるような線を入れたのに

肝心の一番上のところがどうも違っちゃって葉っぱみたいになっちゃっただ。

あらよ。

直すに直せないのでそのまま秘密にしてみます^^;

Img_6206

最後の難題、指を彫ります。

Img_6211

Img_6214 テレビにうつる人が実際はもっと痩せている。って言いますけど

私が作るものもどうやら全体に太いようで

本物はもっと痩せてるんですよと言いたいけど太ってます。

元々の見本となった仏像はこんなに細くて猫背だ。

Img_6217

あはは~、

すげ細いでしょう?

それにすごく首が前に出てる^^;

それでもシンプルで良い仏さまのような気がします。

Img_6222

台座を整えて

焼印を押します。

うちでは焼印をカセットコンロで焼いてるんですが、

今、ボンベを売ってなくて

こんな時期に焼印の為に使っていいのか?と

思ったんですが、焼きを甘くすればいいっか^^;と思って

あっさり焼いてから懇親の力で押してやったです。

そしたら案外良い深さに焼けた^^

Img_6223

で、仏像の裏に普段は何も入れませんが

この度は平成二十三年三月と入れました。

やはりそうするべきだ。

と堂々と入れてしまったので

棒が横にずれました^^;

ま、どうってことない^^。

Img_6218 Img_6219 Img_6221

ということで

彫り完成です。

このままでも良いくらいですが、

塗ります。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

3月24日

今日は川崎の火力発電所が動き始めたそうで

停電も少なくなり、ついでに夕方になって少し暖かくなったのかな?と思うような日になったので

良かったです。

日本の電気が何割くらいが何の発電で賄われてるかなんて全然知りません。

原子力だけかと思ってたら火力もあるんですね。

水力もあるわけでしょ?

考えてみると何も知らないで当たり前のように使っています。

水だって昨日の放射性ヨウ素のことで浄水場の画像がでましたが

まあ、見事な施設ですね。

こんなに大きいとは知りませんでした。

何も知らないで暮らしてるわけです私は。

Img_6192

後ろのケモノをバックに

満丸なで肩の顔を正面からやや下から。

これはもう仏像の顔ではないですが、

仏師じゃないのでそれはそれで良いかなと

思っております^^

ガソリンが入ったということで早速Hさんがお稽古に来てくれましたっ^^

Img_6194

Hさんは沢山お持ちなので

楽しみです。

まずはチューリップの壁掛けから。

それぞれの花と葉の間を

透かしていくと

良い感じになっていきます。

チューリップって

彫り易い花ですし、立体感が出やすいので

私は木彫りには向いてるんじゃないかと密かに思っています。

今度私も彫ってみたい。

葉も大きいので色々と表現しやすいですし、茎は単純な太さで

曲線でも直線でもいけますが、節々みたいのが無いので楽です。

Img_6196

こちらはカラーです。

これも彫り易いです。

なんたって花びら?は一枚ですから^^;

葉を入れても良いですが、

入れなくてもなんら問題ありませんので

手間が楽な割には豪華なものとなります。

そしてなんとなく都会的な雰囲気もあります。

これを切った残りの木が同じような形の逆が残ってますのでそれも逆向きのカラーを描きました^^

臨機応変。

Img_6197 同じくHさんのハスの花です。

これも楽しい。

回りの小枝が

どこを上にしたら良いか分からないのですが、

どこを上にしても大丈夫みたいで

好きなところを上にしたら良いと

いうことになります。

それぞれの位置で多少雰囲気が変わります。

花びらの一つ一つを

こっぽりとスプーンのように彫り込むと面白い味わいが出るんじゃないかと思っています。

結構好きだなあ、私、これ。

てなことでせっせとお手伝いをしてお稽古無事終了いたしました^^

色々彫れて楽しい。(←個人的な楽しみ^^;)

Img_6203

自分の仕事はチマチマとしてますので

生徒さんの仕事をお手伝いすると気持ちがすっきりとします^^

私は足の指ですわ。

遠目にも可愛いです。

足の指の間隔は難しいです。なんたって5本に分けないといけないですから

親指が一番大きいですよ^^

当たり前じゃんと思われると思いますが、

彫るとそうでもないです。簡単には指のサイズは揃わないもんです^^;

Img_6205

明日で彫り上げよう。

白木のままでも良さそうだけど

一応塗ることになっとります。

どんな色にするべかな^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

生徒さん作品ご紹介、額

いろいろ聞くとあまり停電してないところが多いみたいです。

ところが私のところでは今日で5回目くらいの停電っす~。大当たり~^^

ついでに今日は夜でした。

夜の停電はやることないです。

これからもずっとあるはずなのでこの無駄な時間がどうにかならないか。と思うんですが、

真っ暗で何も出来ない^^;

今日はお稽古もあって停電までに買い物に行く時間が無かったので

姪に頼んだんですが、

ホウレンソウはいけない。と言ったら

高菜を買ってきました。

はて、高菜は漬物でしょ。。。って私は思うのですが、姪はチンゲンサイだと思ったというので

それならと肉と炒めて食べてみたら、、案外美味しかったです。

漬物じゃなきゃいけない。という固定観念はいけない^^;かな?

いつもコメントを書いてくれるヤマドリさんは元自衛隊の人らしいですが、今は普通の人です。

今回、復帰届を出して4月から現地入りするらしいです。

何かあると自衛隊員として戻れる立場も捨てて普通の人になってたようですが

とうとう我慢できずに自衛隊員として働きに行くらしいです。

こういう人がいるって心強いですし、嬉しいです。さすがルルちゃんの弟子^^(ご本人曰くです。)

体に気をつけて頑張ってきてほしいです。

Img_6179_2

小さなスプーンとか小物を

作る材料が入りましたっ。

それぞれ数百円から

数千円くらいの値段ですので

お気軽に何か作ってみてください^^

Img_6180

真っ黒で分かりにくいですが、

漆を4回ほど塗ったキツネです。

そのうちキツネを彩色するとはっきりしてくる予定です^^

Img_6184

大分出来上がってきたので

そこここを綺麗にし始めました。

Img_6185

余分なヒダなどが

全然ないシンプルな

仏像ですので

彫ってて面白いです。

人によって違いますが、

ヒダが沢山ある方が彫ってて面白い人もいますね^^

Img_6186

Tさんの額Ⅱです。

額Ⅰは目玉をつけたら接着剤が

はみ出したので

今修正中です^^;

黄粉にくるまってるみたいで

面白い。

色が正しく写らないんですが、

もうぢょっと黒っぽいかな。本物は。。

Tさんは変わった国へ一人旅するのがお好きな方で

こういう小物を沢山買ってきてあるそうですが、それを使うことはなく

引き出しの中に入ってるそうです。

そこでこうやって額に嵌めて日の目をみることになりました。

回りが砂漠みたいな雰囲気があって砂が飛ばされるとこんな宝石が出てきた。。

という感じになりました。

周りの黄粉(本当は黄粉じゃない、とのこです。)は

もう少し取れて下から茶色が出てきます。

深さが1,3センチほど彫り込んでありますから

さすが迫力ばっちりです。

Img_6190

上から仏像の後ろの裾を見たところです。

Img_6191

そろそろ顔に気合い入れるぞーっと。

自分にとっては

ちょっと顔が小さいサイズなので

特に口元などは彫るのが大変です。

刀がぴったりのが無い^^;

明日はもうお稽古無しなので

じっくりとチビチビ彫り込むかな~。

私のところでは生徒さんが皆さん遠くの方なので

大抵1時間半とか2時間かかって来られることが多いのです。

しばらくは電車と停電が安定しないのでいけませんね。

寂しいな~~。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

久々のお稽古

うちの斜め前のOさんのツイッターが毎日入るんですが、

Oさんはギターの先生でこのところ生徒さんが随分上達されてるんだそうです。

なんで?と聞いたら停電だからギターやるしかないんだって^^;

なるほど。

以前の停電の時もOさん宅からはいつもと変わらぬギターの演奏が聞こえてきてましたっけ。

停電にも強いものって中々無いですが、

良いもんですね。

その点、彫りものはいけません。

暗いと何もできません。

ギターでもやるかね^^;(Oさん、冗談ですョ^^)

Img_6165

昨日は憂鬱なお天気の上連日の自転車疲れで

ボケっとしてましたが、

夕方になってから元気を出して

これを彫ろう。。と始めてみました。

覚えてられるか疑問ではありますが、

白洲正子展で見たものの印象とか、自分がどう変わるべきかなどを少しは形にしたり、応用したり

してみたいものです。

なのに頭がポーなのですぐに風化しちゃってねェ。。。

哀しいですけど、哀しいことさえも忘れっちまうんですよね。。^^笑うしかないね。

Img_6166

今日の停電は朝6時台からだったので

5時に起きて色々な用事を済ませて

停電を待ちましたが、空振りでしたっ^^

ところが追加停電ということで午後にはまた予定が入ってるんです。

参ったね。。

今度は1時台から5時台なのでお稽古の最中ときたもんですから

多分今日の生徒さんは来られると思うけど

もしもこの天気で停電だとこちらから電話をして中止にしてもらわないといけないかも。。と

思いまして、考えてましたら

お昼になってから追加停電も無しになった。とネットで分かりました。

ひえ~、大変よお。

せめて暖かかったり、明るかったりしてくれれば仕事場でもお稽古出来るんですが、

北側なので南側の部屋とは3度ほど違うのでゾロゾロと移動しないといけませぬ。

Img_6167

そうこうしてる間に仏像も大分出来てきて

後ろ姿も可愛いおねえちゃんみたいになってきました。

(仏像ではないにゃ^^)

Img_6168

台は単純に四角い台で

良いとのことなので

そろそろ四角い台を調達して

きました。

Img_6169

四角い台がつくとこちらも欲しくなる。

こちらのバオバブは高窓のところにポイッと置いてあったんですが、

やはり小さな台をくっつけたろ。と思って

調達しました。

ああ、昨日包丁で手を切りましてん。珍し。

そしたら今日は彫刻刀でも手を切りました。更に珍し。

というのも停電で寝不足だから手元が狂うんですヮ。デリケートやの私は。

Img_6170

台も大分綺麗になってきました。

 

Img_6171

久しぶりの生徒さんは

Mさんでした^^

無口な方なので

お互いに最初に地震の話をしたきり

お通夜のように

終わりまで話しませんでした^^;

Mさんちは3グループだそうですが、

今まで一度も停電は無かったそうです。

え、、、ほんまかいな。。。不公平やん。。

うちは先週3回か4回ありましたョ。

で、Mさんのワンちゃんの毛はどんどん勢いを増してすごく上手になってしまって

自分でも驚きのようでした。

またもや一周やり直さないといけない。終わり無し。

最初はラーメンみたいのが下がってただけでしたが、

今じゃ下から上へと躍動感ばっちりの毛になってきました。

Img_6174

そんなこんなでお稽古中に眠くなってきちゃって

どうにもガクンときちゃってヤバかったです。

見られてないかな。。と思いながらも止まらない。

やはり早起きはダメだ。。

とそこにオーダーの電話が、、、、、

ところが寝ぼけてるもんだからしどろもどろに答えちゃって

しどろもどろの腕なんだな。。という印象を与えてしまいました。

きっとボツだろうな、このオーダーは。。。。(がっくし。。)

ついでに今日は一番若い生徒さんからメールで 私的には合わないので辞める。

ときまして、これまたがっくりのご発言^^;でした。

あらあ、、悲しいねえ。。。。

Img_6176

こんな風にするのは下品だろか。。

と考えながら丸刀で光背もどきを入れてみました。

Img_6177

こちらの台は

この前よりは似合ってる。

しかし、

とっても苦労して可愛く出来てるのに

野菜にしか見えないのでこのままうちの子になりそうな予感がするので

高窓のところに置くしかないか。。と思ってるところです。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

帰ってきました。

21日は雨という予報なので雨には弱い自転車のこととて

早めに切り上げて帰ってきやした^^。

どこもここもガラガラと空いていて良かったんですが、

20日はもう大分人が出てました。

元々この連休でいつもお願いしてる銀座の額屋さんに額を見に行ってこようと思ったんですが、

銀座は遠い~。

またの機会にしよう。挫折。

遊び歩いてる時期じゃないですけど

家にいて停電と向き合ってるとクサクサするので

ここは一発気持ちを切り替える方が良いかなと思って行きました。

切り替えたくてもそうできない方々も多いのにごめんなさい。

銀座をめげても良いように途中にある東京タワーに行ってみました。

今まで行ったことがない^^;

 

Img_6156

震災で先が曲がったということでしたが

あまりに上の方なので良く分からなかったです。

こういうタワー類は夜の方が綺麗らしい。

ペンキがこってりと良く塗られていて

塗料代もかなりかかるんだろうなあ。。という変な感想です。

隣に増上寺という有名なお寺がありますので

それも見たことが無かったので早速見てみました。

Img_6158

大きなお寺でしたが、

私としては見なければ良かった。というお寺でした。

浅草の浅草寺と同じくらい良い気持ちにさせてくれないお寺です。

なんというかなあ、、、

後頭部にたっぷり肉がついて3段になってる僧正がピッタリのお寺っすね。

すっかり具合悪くなってしまいましたョ^^;

その点、こちらは良かった。

Img_6151

祐天寺。目黒にあるそうです。

偶然通りかかったので写真撮りました。

古いものを古いままにお手入れされていて良いです。

なんでもかんでも新しくすりゃ良いってもんじゃないよねっ。

けど、こちらのお寺の駐車場はマリーアントワネット風なのでちょっとね^^;似合わない^^

そろそろ都知事選なのでポスターを貼る板が登場してますが、

Img_6150

うちの方のと違ってすごい量の候補者が出るらしく

こんなに大きい^^;

こんなの始めて見たす。

世田谷区議選に至っては

Img_6163

こんなです~。

うちの方では2段しかないす。

あれ~、すげ~と言って喜んでる田舎者^^;

86人分ありますがな。

というそこそこ面白い見物でしたが、見たものは不毛でしたねえ。。

けど途中の道々にも色々あるので捨てがたいっす。

20日はこれも目的の世田谷美術館の白洲正子展。

これは素晴らしかったです。行って良かった^^

Img_6161

世田谷美術館ってレストランが人気らしくて

そちらが目いっぱいの人出なんですが、

今回は自粛中で食べ物目当てのお客さんが無しなので

その目的で来た人しかいない^^

これがバッチリ良かったと思います。ゆっくり見れたです。

しかし、個人の蔵としてこんなに持ってられるの?という数ですよお。(120点)

もっとも亡くなった今では違う所有者になってるようですが、

それでも元は白洲正子氏の所有だったんですねえ。。

どちらかと言うと素朴な良さがあるものが多いように思ったのですが、

国宝の平等院の飛天、雲中供養菩薩がありまして

ガラスケースにへばりついて3方から見てしまいましたっ。

本で見る限り、こんなに綺麗に修理してあるの??と思ってましたが

本物はやはりちゃう~。

これなら。と思う本物度。

当時作ったならこういう感じよね。とやたら納得したのでありました。

顔や手の表情も当時だったらこういう感じだろう。と思うのでした。(北1、、雲中菩薩は数が多いので

数字がついている~^^)

長い年月で風化した木の肌のものが多くて

細工のどうこうじゃなくて木自体の存在感を感じられるものが多かったです。

昔、高校生の時彫刻家の先生にデッサンを習ってて、

いつも先生が重さを描けるように・・・なんて言ってたのが思い出されました。

存在感とか重量感って木で彫るには大切なことじゃないかなあ。。

このことに重きを置かないのはもったいない。

タダの塊であっても良い味わいのものはあるんだから

視覚的な技術面だけじゃなくて木そのものの存在感を出せるようにしないといけないんだなあ。。

などと思ったのでした。

原点なんてないすけど、

原点に戻るような精神を教えてもらったような気がしました。

行って良かった~^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました。