ホーム>工房日誌>アート・文化>鳥獣戯画彫り上がり
アート・文化

鳥獣戯画彫り上がり

Img_5908

お見合い中。。。(ちゃう~^^;)

Img_5909

家の中のパンジーなんですが、

パンジー自体は問題では無くて

真ん中の棒が問題です。

お土産に貰った棒なんですが、

プルメリアの挿し木用の枝だそうです。

調べてみると

夾竹桃科だそうで、それならやたら丈夫だろう。。とは思うんですが、

ルルちゃんみたいなものでやたら丈夫でも寒さには弱い。。ってことで

我が家ではどうかなあ、、、と。

で植木鉢にボインと挿し木するのも色気がないので要らないパンジーの鉢などを

買ってきてその中に差し込んでみたんです。

ところが、カビカビではありますが、どうやら先端に春の兆しが~~。ちょっとアスパラの先みたいな

感じになってきて、ひょっとして着いてるかも?と淡い期待を感じる昨今です^^。

プルメリアの伝説のお宅になるだろか。。。。^^

Img_5910

鳥獣戯画の台をなんとなく整えて

あら、彫り上がりだわ。。

Img_5911_2

一応、これが正面ですが、

どこが正面でも問題ないみたいです。

お好きな位置で見れます。

Img_5913

こちら裏側ですが

これも良いです。

体の線が綺麗^^(ってなもんでもないですが。)

ま、こんな感じで

台は漆塗りにして

ウサギは絵の具を使う予定っす。

Img_5915

お稽古の時間です^^

Tさんのトイレ専用額^^;です。

チベットで買われたアクセサリーが

中に入るとこんなに豪華に^^

Img_5917

こちらは龍がデザインされたものですが、目にビーズを入れるんだそうです。

他は漆塗りにして

出土品みたいにするそうですので

鮮明に写るのは今だけです^^。

Img_5916

こちら、Gさんのアザラシくんです。

とうとう、蓋が閉まりかけてきました。

やっとこ入るという感じです。

こういう時にぎっちりと

嵌めておきながら上下境目を一緒に

削るのが便利です。

ピッタリと閉まる頃には少しパクパクになりますから^^;

Img_5920

若い星、Kさんの龍です。

叩きノミで彫っていますが、

結構繊細な彫り方なので

このまま叩きノミで仕上げても

良さそうです。

さすが若いので筋肉痛になっても一日で治ったそうです。

年取ると1週間では治らない場合もあります^^;

というわけで今日はウサギがすぐに彫り上がってしまったので午後暇でしたっ。

贋作ついでに明日から彫刻家ジャコメッティの「ネコの給仕頭」ってのを彫ってみてと

言われたので彫ってみようかなーとは思ってるんですが、

元々はブロンズなので細いところもあり、ついでにネコが器を持ってるんですが、

そういう辺りは木だと弱いかな~(木にもよるけど)と思ったりして

中々考えはまとまりません。

ちょっと寸を短くするなり多少雰囲気を変えないと無理かも。。と思うし、

どうしようかな。。。。。他のものを作ろうかな?贋作を作ろうかな??悩むな^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1620

コメントする