ホーム>工房日誌>2011年2月

2011年2月

2月16日

今日はそこそこ暖かくて助かった。というような日でした。

やはり寒いのはイヤですねえ、、、絵の具も固まっちゃうしィ。。。

それでも自分の中では少し春なんじゃないのか?という暖かさを感じています。

家の中で着てるダウンが妙に暑く感じるんです。

家の中でダウン着るな~^^;

Img_5801

今日はお稽古中に

ミロちゃんの聞いたこともないような

ギャオーみたいな

すっごい声がしたので

窓の方を見てみると

なんと窓一面にお外のネコが

張り付いてたので仰天しました。

網戸じゃなくて良かった^^;

この前のお友達でしたが、

(別にお友達でもなんでもないけど、、)

お友達のお顔立ちが多少悪くてガラスに張り付くと更に不気味でした。

その後ミロちゃんは暫く固まっていました。

ミロちゃんはフカフカの毛布(アクリルに限る^^;)の上だと母を思い出してモミモミをやるんですが

動画じゃなくて残念です^^。とっても可愛いです。我を忘れて両手を交互に押しています^^

Img_5803

最近おばさんはすっかり目が疲れてきまして

お休みの日を指折り数えています。

しかし、頑張らなければなるめえよ。

桃の花の絵ということで桜とどう違う?と考えるわけですが、

桃の方がどちらかというときつい色合いです。

ついでに枝が直立して先端に多少葉が出ます。

てなところですが、桃と桜だと実際の花もそうですが、描いても桜の方が綺麗です^^;

Img_5804 男の方は色を変えてるので

ちょっと見た目には桃には見えませんが、

じーっと見ても桃には見えません。

けど、二つ揃うと同じ絵になるので

桃だろう。。くらいなものです。

塗り方は違うんです。

Img_5805

膝の所にも柄を入れます。

Img_5806

手隙の時に

雪洞と菱餅の下地をします。

Img_5807

襟のところに桃の実を描いてみようと思うんですが、

桃の実はどうもバーミアンみたいになっちゃうんですよね。(なんでバーミアンという名前なんだろ^^;)

そうならないように努力しましたが、なりました。

Img_5810_2 Img_5811_2

かなり面白い柄で微笑ましい感じです。

悪くないかも。。。

ま、扇で隠れちゃうんですが。

Img_5809_2

というところでお稽古タイムです。

Hさんの女の人の像です。

まだまだ太っていますが

手で彫りたいんだそうで

叩きノミは前回で終わりらしいです。

この状態から手で彫るのは大変だと思いますが、

やったー感はありますね。

向うに見えるUさんのお人形は

今日完成予定でしたが、

部品の花とポニーテールを忘れてきちゃったそうで

完成は次回になります^^;

Img_5812

ということで遊んでいてもしょうがないので

次の作品を彫り始めます。

出来上がり予定のお人形は春のイメージなので

こちらは冬に飾れるように

雪やクリスマスのイメージで作られるそうです。

マントやミトンを彫ります^^

ふむふむ。

Img_5814

下地塗り2回目です。

下地の時は綺麗に出来てる中心部よりも

区切りのところを集中的に綺麗にします。

こういう部分が汚く見えるんですよね~^^;

Img_5815

とかく塗り過ぎになりやすい私なので

今度は消すことも考えながら進めます。

シツコいと中華服みたいになっちゃいます。

どこかすっきりしてないといけません^^

襟元がまだなので明日はその辺りもやります。

おんなの桃の花が今一だなあ・・・・・くど過ぎ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

またもや雪

Img_5781 昨日はこんな雪になるとは思わなかったですが、

夜遅くにみたらかなりの積雪でありましたので

今日の朝はいかに?と思ってたらすでに朝日がガンガンに出て

溶けかかってました。

けど、この前よりはちょっと多めでした。

駅前には雪だるまがあった。とツイッターで見ました^^

Img_5779

これは大変ブレた写真ですので

目を凝らすと疲れますですが、

とうとうルルちゃんはワンチのトイレまで占領してしまったので

ワンチが焦ってるところでっす。

そんなもの占拠してもしょーがないと思うよー。

Img_5782

今日は着物の紺から始めます。

私は日本画の絵の具の中の

水干絵の具ってのを使ってます。

普通日本画を描く時にはバックなどを塗る時に使うらしいです。

一度溶いた絵の具の上澄みを干したもののようです。

これを絵の具やさんで選んできてますが、

岩絵の具などと比べるとずっと色数が少なくなってます。

けど、私はコツコツ揃えて^^;100色くらい持っています。(自慢かよ^^;)

木彫りだと凹凸が出来るのでこの絵の具が塗り易いように思います。

岩絵の具は顆粒みたいにザラザラしたものなので凹面は良いのですが、

凸面はどうも落ちやすくて使いにくいです。

その絵の具の中でも色によって使いやすいものとそうでないものがあるように思うんです。

赤とこの紺が使いにくいものです。

この紺はばっちりくっつくんですが、他にもくっつくんです。

手など真っ青になりまする。

Img_5783 大昔に見せてもらった雛人形が

包んである白い紙にしっかりと色が移っていて

高い人形なのに驚いたことがありましたが、

私はそういう塗り方は好きではないので

ここで必要無い部分は落ちてもらうことにしています。

ペーパーをかけて余分を落として

ボロで拭きとります。(他の色の時は拭きとりは要らないです。。)

タオルも真っ青、他に塗った所もやや青くなります。

Img_5784

こんな風です。

ですので

青をしっかり落としてから

白い部分をまた塗り足します。

Img_5785

こちらは大丈夫です^^

胡粉が沢山入ってるので

落ちません。

膝の辺りの赤を

塗ります。

赤も色々あるので同じ色を使わないように塗ります。

Img_5786 そろそろ柄を入れても良い頃かな、、ということで

金茶でざっと花を入れてみました。

 

Img_5787

というところで

お稽古タイムです^^

久しぶりのTさんの

新作、5月人形代わりの

桃太郎御一行様です。

見るからに桃太郎ですね^^

期待しちゃいます。

Img_5788

こちらはSさんの犬箱です。

左の絵が気に入らなかったそうで

消してしまったとのことでした^^

気に入るまで頑張るのが

良いですね^^

Img_5789

Tさんのお母さんのお具合が悪いとのことで、

住居が変わったので

お片づけをしてたら

こんなのが出てきたので

持って来て見せてくれましたっ。

お母様がお好きな

仏さまを彫る彫刻家の方の

年賀状ですが、

素敵です^^

なんの印刷でしょうか、、良い仏さまがいっぱいでした^^

Img_5790

ついでにその先生の

作品の写真の中からお一つ。

これって指輪なんだそうですー!

白檀で彫ったものらしいです。

優しいお顔で

なんとも言えません。

マリア様ですかね。

Img_5792 持って来て見せてくれて

ありがと~~^^。とても良かったです。

 

こちらはそろそろ出来上がりのTさんの

バレリーナです。

台が付いて彩色して終わりになります。

 

良い感じです。

腕などは素晴らしい~^^

ここまでくると彩色も難しいですね。

おいおい、、って色にしないでくださいね。。

などと言いたくなります^^;責任重大^^

Img_5797

にゃんこも匂いを嗅いでしまう~

恐竜一家です。

こちらもそろそろ彫り上がって

彩色になります。

Img_5794

こちらは台なんですが、

恐竜は台にくっつかないのですが、

軽くはまる足の穴があいてるんです^^

だから場所を間違えたりしません。細かい配慮ですぅ。

片足を軽く上げてる所は半月の穴があいていて更に細かい配慮~^^ホホ。

Img_5791_2

夜になってから続きの仕事をしました。

男の方にも花をざっと描きます。

こちらは線を入れてもみえないので

ぶっつけ本番で色を入れていきます。

Img_5799

今回は桃の花なので

うっすらと桃色の花びらを描きます。

桃の花ってちょっと濃い目のピンクですが、

濃淡をつけようかと思ってるので最初はごく薄いピンクにしてみました。

Img_5800

シベの辺りを臙脂で色付けします。

多分着物の色と区別がつきにくいので

縁取りすると思います。

そうこうするうちに目が見えにくくなってきたので無事終了。(何が無事なのか^^;)

続きはまた明日。でございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

 

バレンタインデー

 

Img_5738

これは何でしょう~^^

ホホ、、、

外から見ると

画面にネコがいます。みたいな

景色になっております。

夜暗くなってから帰ってくると

暗い窓にネコがじっとこちらを見てて

怖いですよぉ~^^;

今日はバレンタインデーなんですね。。と言っても全然関係ありませんがー。

が、多少はチョコレートも食べたいです。

最近はやっと女の人にもチョコレートをプレゼントしてもおかしくなくなったので

良い傾向です^^

そのせいか、我が家にも少しチョコレートが増えました^^

Img_5778

それを一掃する力自慢のトリ。

これらのカンを纏めてテーブルから

下に落として遊びます。

ショベルカーみたいなやっちゃ。

ヒマワリばかり食べてるので力が余ってしょーがないらしい。。もっと素朴な穀物も食べないといけないらしい。。(ヒエとかアワとか、、)

Img_5765

 

今日はまたもや仕事日和でした^^、、、

張り切って塗りをいたしましたっ。

雛人形だけが色々な色を使えて、どの色にしようかな~?と絵の具を見ながら

あれこれ考える楽しみってのがあります。

他の仕事の時は地味~な色合いが多いのでこういう楽しみとは違う楽しみになっとります。

Img_5766

この色も悪くないな、と思ったんですが、

指定の見本とは違う色なので

上から重ねます。

Img_5767

カスカスのペーパーをかけます。

するとテカテカとしてきて

良い塩梅す。

ロウケツ染めみたいな

感じですか。

Img_5768

段々こってりと塗れてきました。

Img_5769

襟とか膝のところを

塗りました。

Img_5770 また、濃い紺を塗ります。

Img_5771

更に黒を重ねました。

これでかなりしっとりとした色になったと思います~。

黒を出したついでに黒のもの、、髪の毛とか雪洞の下の部分などを塗っちゃいます。

黒はかなり重ねて塗らないと剥げた時にみっともないので

絵の具の黒を数回重ねてから墨で塗ることにしています。

やはり墨の黒が一番綺麗です。

Img_5772

Img_5773

で、最後に

道具の裏側に

2回目の漆塗りをしました。

これで明日の朝までに

乾かせば

明日も支障無し^^っと。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

 

少し暖かい連休最後の日

三連休の一昨日昨日と寒くて重苦しい日でしたが、

今日はすっきりと晴れてとても気持ち良かったです。

Img_5740 これは昨日の朝の写真ですが、

間違って雪の中に出ちゃった灰色の子がいるようです^^;

丸い足跡に迷いが~。

すぐに取って返してその後は雪を踏んじゃうことは

無いらしいです^^。

Img_5744_2

今日のような天気なら

外に出たいな~と思っても

今日は仕事ですっ。

仕事する前に爪を切ろうかと

思ったところに

ルルちゃんがいたので

ついでにルルちゃんの爪も

切ってあげました^^;

ネコは切ってもすぐに周りから

ポロリと爪が剥がれて尖るから良いですが、

ルルちゃんのこの爪はどうでしょ。切ったまま伸びてるので

先が役に立ちそうにもありません。

ま、私にとっては痛くないので助かるんですが、木にとまったりする時に滑りやすくはないですかねえ。。

と言ってるそばから久しぶりに深爪しまして血を出しました~^^;

Img_5747

そして暫くは距離を置いて

こちらには来てくれませんでしたが、

足を痛そうに

畳んでる図^^;

ですけど

どう考えても血が出た足は

反対の足だったように思ふよ^^。

Img_5745

今日は明るい所で顔の塗りの仕上げをしてっと。

400番のペーパーがけです。

Img_5746

こちらは仕上げ塗りです。

この人たちは

鼻が高いねえ~^^

Img_5752 鼻は途中からペーパーかけないようにします。

最初の時に思いっきりかけて小さくします。

いつまでもかけると必ず木地が出ますので

後の方ではそうっとそうっとして鼻を大切にします^^

Img_5753

とりあえず、顔を乗せてこんな感じです。

顔を塗ってる時は他の絵の具は使わないことにしています。

白いので他の色が混ざりやすいですから。。

Img_5754

でも仕上がったので他の色解禁^^

さあ塗るぞ~。

 

Img_5756

というところで

鍼の予約時間なので

外へ出て

空~~^^

綺麗~~~^^。

Img_5757

こぶしの蕾も

膨らんできてます~^^

気のせいか、

ここ数日で

枯れすすきの間から

青い草が目立つようになったにゃ。と思いました。

そんなに急には変わらないはずなので気のせいかな^^;

Img_5758

鍼から帰って仕事再開^^

絵の具を塗ると木に水分が付いて

なんとなく汚い所が毛羽立ってくるので

そこを小刀で削ります。

木の時に削るよりもずっと堅くなってるので削りやすいです。

他に筆の毛とかネコの毛とか色々くっつきますが、これらも削ります。

この掃除をコマメにするととっても綺麗な肌になりますの^^

Img_5761_2

これは珍しい^^

にゃー、ぴー、わんと

全員揃ったショットっす。

あはは、私の足元に群れるな^^;

(ちなみに右端のはお灸セットです。

マジ暗っ^^;)

ついでにナベなどがありますが

特別ここで煮炊きしてるわけではなく

絵の具用のお湯であります。悪しからず、、、貧乏くさい写真やのーー^^;

 

Img_5762

最初に一通り色を付けていきます。

全体に同じ回数塗っていかないと

どうも絵の具の厚みの具合が良くないので(部分的に木地が出やすかったりして)

万遍なく、何色であっても良いので着色します。

女の方は淡い色合いになるので胡粉で下地してみました。

Img_5763

袖がムラ雲に見えるのは

絵の具を叩き込んでいるからで

私はどうも筆で塗るよりは叩き込む方が

絵の具が安定するし、

ハケ目が出ないので次の作業に移り易いので

好きです。

Img_5764

残った絵の具は差し支えない程度に

他の部品にも塗ります。

あまり違った色を塗ると後に影響するので

いけませんけど

赤だったら朱色くらいは塗っても問題ないす。

男のハゲやすい部分も胡粉で補強しました。

ということで今日は終わり~です。

彩色の時は絵柄に気持ちがいきやすいですが、

下地作りが大切だと思います。

下地がばっちり出来てると上に描く絵は描き易いですが、

お肌が乱れてるところに上手い絵を描こうとしても中々難しいすね。

下地は絵の具を何回重ねても良いので

ある程度の厚みは必要だと思いますけど

ボテボテに塗ると後で剥離することがあるから

薄めを回数多くの方が良いように思いまする。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

大雪^^

本当に雪降る一日でした。大雪でしたね^^

Img_5735

カーテンを閉めずに

通る度雪の様子を見ながら

仕事しました。

今日は祭日ではないかいな。。

どうでしょ、この祭日らしからぬ

お天気はァ、、、、

仕事するしかないでしょ。

みたいな日ですが、

明日も同じですよね^^;

ああ、三連休~。かなし~。

Img_5729

てなことで

晴れてりゃ仕事するのも辛いですが、

今日はケッパリと仕事に専念出来る日だったので

早速顔にペーパーかけました。

おまんじゅうみたいですが、

良い具合にペーパーかかったと思います。

Img_5730

というところに立派な桐箱も出来上がってきましたっ。

なんでこんな小さい人形がこんな大きな箱に

入るか、と思うほどだけど

ちゃんとピッタリなんすねえ。。

Img_5732

鼻も作って

胡粉塗りです。

今日は気温も低いこととて

ニカワが固まりがちですが、

なんとかストーブを近くに持ってきて頑張ってもらいました。

お陰でかどうか、ニカワの乾いた感じはバッチリです。

ガチンガチンに効いてます。

Img_5733

5回塗ってペーパーがけ、240番。

とにかくがっちりきてますので

ペーパーがかからない^^;

Img_5734

次の塗り5回の途中です。

Img_5737 とやってるところに

胡粉の皿めがけてトリが突撃したんですが、

なんと胡粉の中に嘴が折れて入ってましたァ。。。

嘴の無くなったトリか、、、、と想像しましたが、

まだありました^^。1センチ以上欠けたけど見た感じは普通です。が、

ザキザキになっとります^^お大事に。。

Img_5736

最後に小物の裏側に漆塗って

今日は終わりにしました。

祭日にもかかわらず

良く働いてごくろーさまでした^^

ここまでくれば、安泰楽勝、、、

やや落ち着いて寝れます^^

ありがとうございましたっ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

生徒さん作品ご紹介、バラの額

今晩から雪だそうで

夜外に出たら重~い暗い空になっておりました。

明日は祭日ですけど、一日雪でございますかねえ。。。

私がむか~し弟子入りしてた頃、京都とは名ばかり?裏日本の兵庫県との県境におりました。

運悪くその年は大雪でありまして、

私は車の免許を取ってすぐに後部座席に長靴とスコップを乗せて走る羽目に^^;

交差点などではクルリと一周したり、動きだせなかったりと色々な試練もありましたけど

そういう時はお互い様で他の車の人がさっさと出てきて後ろを押してくれてそのままお礼を言わないで

発車する。。というのが普通でした。お礼をいうとまた車が止まっちゃいますから・・・

特に怖かったのは京都府と兵庫県の境の峠でございました。

ここらになると除雪車は適当にやって帰って行くので境目だけ除雪されてないような状態で

ガードレールははるか下の方にあり、、

微妙に除雪された雪が凍って道に変な流れが出来てそれに誘導されてあわや谷底に、、、

というスリルとサスペンスでした。

家の屋根の雪下ろしも大変で、家自体が怪しくギギギとしなる音も恐ろしく、

捨てる場所のない雪をどうしたものか、、、と悩んだものでしたァ。

こんな一冬の経験でわたしゃ雪が嫌いになったすねえ。。

雪だるまなんて作りたくもないです。

雪だと聞くと、ぞぞーーーって思うようになりました。

明日は雪か。。。。げっそり^^;

Img_5718

Hさんのバラの額が出来上がりました。

バラというとコテコテになりやすいですが、

この3輪のバラと蕾が2つ、

すっきりとまとまって良いじゃないですかあ。。。

適当に抜いてあるところも良く

外側の枝の感じも中々でっす。

葉っぱも抽象化して嫌味が無いので

すばらしい~^^。

素敵な仕上がりだと思います~。

と言いながらも

もう次へ、、、、

Img_5724

次は籠に入った

チューリップだそうですっ。

それぞれ連鎖反応で

どなたかが額を作れば

額が流行る。

籠を作れば籠も流行る。

と面白い循環ができてアイディアは膨らむばかりなり^^

Img_5722

こちらは違うHさんの作品です。

面白いものです。

難解です。

周りの囲いから

中に仏さまがいるのを

覗くんだそうです^^

外の囲いには細かく花の柄が

描いてあります。

下の土台のところも一つの花になるんだそうです。

こういう場合中の仏さまは別に彫って置けばどうってこともないんですが、

それじゃあ面白くないとのことでわざわざ苦労して囲い共々一緒に彫ってるそうですが

すっごく大変だって。いかにも大変そ~~。

一応、こうやった方が楽ですよと言いますが、

解ってる。。ということで難解なことをしたい場合はご本人の自由ですので

どうなるか楽しみにしましょーー。ってなことでご苦労されることと思います^^

Img_5725

こちら、久しぶりのGさんの

アザラシ箱の

中の彫りです。

電動を使ったり、曲がり刀を

使ったり、とにかく厚みを薄くして

軽くしないといけませんし、

小さなアザラシが入らないと

いけないので頑張ってる最中です。

こういうのって結構大変ですが、蓋が巧く閉まった時とか、小さなアザラシがちゃんと収まった時などは

感激です^^

Img_5715

私の仕事です。

漆2回目です。

暢気にやってるわけではないのですが、

皆さんに今頃雛人形で3月までに出来上がるんですか~?と

聞かれるので心配になってきましたっ。

Img_5716

今日はとにかく菱餅を作って

出来上がるまでは終わらないぞ。。っと。

Img_5717

適当に作ると

やたら大きなものになるので

人形と合わせて

小さめに切って、こんな小さくていいの?と言うくらいにすると丁度よいようです。

Img_5720

取りあえず一番下の大きな菱餅サイズに

します。

Img_5727

それを上を細く斜めにしてから

3段に分けます。

入れ物の下に脚を

一本出しました。

Img_5728

てなことで、なんとか出来たーーっ。

明日は顔にペーパーかけて塗りだあ。。。

とその前に鼻が無かったことを思い出す~^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

雪が、、

雪が降ったそうですが、私は寝てて知らなかった^^;

色々な方面のどなた様も雪が降ったとおっしゃってました。

うちの方だけ降ってないと私は思いましたが、斜め前のOさんのツイッターにも

雪降ったと書いてあったのでさすがに認めざるを得ないですぅ。

Img_5702

雛人形は時間勝負なので

日にちを見ながらセカセカとしてる毎日ですが、

昨日、菱餅を追加されました。

お、、、今月中に出来るのか・・・・?

昨日は夜になってから裏側に漆を塗っておきました。

なんとか加減みいみい乾かして今日も塗ります。

Img_5701

雪洞の棒の部分を作りました。

棒はあまり太いとおかしいですが、

細すぎると折れちゃうといけませんので

真ん中を細くする形にするのが一番良いかと思います。

で、細いものに穴を開けるのは大変なので先に開けておきます。

そして組み立ててから細くしようかと思います。

Img_5703

とりあえず、こんな形で行く予定ですが、

バラバラのうちにやっておくことをやっておかないと

接着してからだと部分が邪魔になって出来ないこともあるので

先にやります。

Img_5704

雪洞部分に線を入れます。

これが黒く塗られると

いやあ、、雪洞やのお。。。

ってな感じになります。

Img_5706

すこーし細くなってきました。

塗ると太ってみえるのでもう少し細い方が良いかと思います。

頭は無垢なので重いですから

下も安定した形にしてみました。

Img_5707

久しぶりに口の中を手術された

Tさんがいらっしゃいまして

エンジンかかり始めましたっ。

やはり楽しいことをやるに

限りますね。

見る見る元気になられました^^

これは壁に飾る板ですが、周りと真ん中を深々と彫りまして、真ん中にチベットかどこかの

宝石が入るんですっ^^

Img_5709

Uさんのお人形ですが、

前回の色だとお宅に飾ると

暗い感じになったそうなので

ちょっと明るいめにすることにしました。

麦わら帽子と籠の黄色を強くして

服は白を沢山入れてみました。

そろそろ花も付け始めてます。

籠の花は3輪入りますが、

本当に入るだろうか。。難しい状態です。

只今1輪を植えて接着しました。

乾いた後で次の一輪、また一輪と言う風に

植えないと全部入りきれないようです。どうなりますか。

Img_5710

Mさんのワンちゃんの

足元のこだわりです^^。

直径2センチくらいですが、

草にボールが当たって

潰れた部分と草が立ってる部分だそうです。

中々面白い発想ですが、

そういう風には見えませんでした^^;が

なにやら不思議で綺麗なものでしたっ。

Img_5714

今日から来られた

平均年齢をぐぐっと下げてくれる

若者、Kさんです。女の子です。

22歳だそうです~。

龍を専門に彫るそうです。

小さな体で

叩きノミで頑張っています。

どんな風に出来上がるでしょうか。楽しみです。

Img_5713

雪洞もなんとか形になりましたが、

機械じゃないのでいびつです。

いびつな部分を少しづつ直していきます。

明日は菱餅作らねば~よ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

額を飾る、、

うちの壁はすべて白いまま何も飾ってないんですが、

仕事場の壁にもほとんど何も飾ってません。トカゲとか小さなサルくらいかな^^;

しかしこの数日、額を飾ってみると案外良いもので通る度に気持ちがホワッとします。

今日も以前から放置してあった額を壁に掛けてみました。

生きるんですね、、額もちゃんと壁に掛けてもらうと。

私は元々絵をやりたかったので額というものに魅力を感じます。

丁度、額屋さんに知り合いがいるのでワガママを聞いてもらってああでもないこうでもないと

言って作ってもらっています。

ですが、額ってあまり売れないので作ってもしょうがないかな~と思ってたんですが、

自分の好みとして作って飾ってもいいじゃん。。てな気持ちになっています。

壁一面に大小さまざまな額が飾ってあるのも良いね^^って思うんです~^^

絵じゃない分、立体的に楽しめるのでそういう作り方を色々工夫するのも面白そうだっ。

Img_5691

後ろにファーがいますが

どいてくれないので

そのまま写しています^^

提灯みたいな雪洞かなあ。。。

ちょっと大きすぎて値段よりも倍は立派になってしまった^^;

Img_5692

先週生徒さんが少なかったせいか

妙に久しぶり~な感じがする

お稽古でしたが

Kさんの仏像の台座です。

ハスの花びらが

あまり見たことがない形ですけど

なんとなくすっきりしてて

悪くないな。。って思いました。

どちらかというと

コテコテした感じの方が

嫌みになりますねえ。。

Img_5697

で、こちらが仏さまが乗った状態です。

全体に表情が無いというか

つらーっとした感じがしますが、

これからギリギリと責め立てて

完成に至りますよお^^;

ホホ、、期待しててください~。

Img_5693

久しぶりに日本に帰ってこられた

Iさんの蔵王権現です。

Iさんも久しぶりなので

どう彫るか忘れてしまったそうですが、私もそうです^^。

数日彫らなくても忘れるくらいですから4か月ほど彫らないとどこをどう彫ったら良いか分からなくなるでしょうね。

Iさんんはどちらかというとデザイン科的な方なので

彫刻の重量感とか気迫みたいなものは向いてないように思います。

この仏像を彫ること自体、え?って感じでしたが、

皆さんが仏像を彫られてるので自分も一個挑戦してみようか、、と思ったという程度なので

納得しました^^

ですが、精密にばっちり彫れる方なのでどんな雰囲気の仏像になるのか楽しみです。

私が何も言わなくてもせっせとご自分で進められていくタイプでご自分一人で彫れるんですけど。

来てくれてありがとう・・・・・^^

Img_5695 Img_5696_2

こちらは奥さんのKさんのお皿です。

お皿をご希望でしたが、お盆に近いですね^^;

これはかなり良いと思います。

使いやすそう~~。

裏も良い感じになってます。

このままの肌でも大丈夫そうな感じです。

ずっと使えます。これ。。。

Img_5694

雪洞の組み合わせ予想図です。

Img_5698

雪洞の下の台です。

コロンと倒れない程度の

大きさにしないとっ。

明日は雪洞を仕上げて顔にペーパーかけたいですが、

お稽古の人数が多いのであまり出来そうもありませぬ。。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

うれしょん

うちのあまり良いところの無い犬は(犬好きの私がそう思う、、、)うれしょんします^^;

いつでもするわけではなくて妹がたま~に帰ってくるとします。

一緒に住んでた時にはしませんでしたのですっごく嬉しいという表現かとは思います^^

数日前に妹が帰ってきて

うれしょんされると困るので近くに来てからメールで知らせて貰って

犬をぶる下げて外で待つことにしました。

外だったら幾ら漏らしても良いですから~。

ですが、妹に会ってもシッポを振り振りするばかりで出ませんでした。

暫く寒い中頑張ったのですが、出ませんでしたので安心しました。

家に入って、、

うちの犬の場合唯一の表現が裏返しになって体をクネクネさせる。。ってもので

外では出来なかったので家の中で改めて裏返って、、、、

その瞬間噴水のようにおシッコが出たっす。泣く。。。アホ犬。。。。

遠路はるばる帰ってきた妹の玄関入って最初の仕事は犬を抱っこしてお風呂で洗うことでした^^;

私は床掃除をしましたっ^^

私が思うに、嬉しくなると漏らす犬ってのは結構います。

過去にも数匹知ってます。

が、昔は外で飼ってたので臭い以外は特別問題なかったですが、

家の中ではそういうわけにはいきません。洗剤と漂白剤が必要です。

そういえば、前に漏らす犬はその名も「ちびり」という名前でまったくそのものでしたっけよ^^

Img_5687

人相も悪く睨んでますが、

実はひっそりと小規模に

段ボールに入って

楽しんでるところなんでした^^

小さすぎ?^^;

Img_5675

この額を前にも作り変えてもらっているんですが、

どうも気に入らなくて

今度も違うものと取り変えてもらおう。。と

思い、外してみましたら

おかしなもので

飾る壁が違うとそんなに悪くもないようなんです。

今まで掛ってた場所では

前にも書きましたが、母が30代の頃

鬼のように怒ってる顔とそっくりだったので

半分は懐かしい、半分は恐ろしい、、という意味で見るのもイヤだったんですけど

この方角に持ってくるとそれほど悪くない。。作り変えなくても良いかも。。と思ってるところです。

Img_5678

今日は小物や諸々を作りました。

扇を胸にくっつけて。。と

Img_5679 Img_5680

髪の毛の束ねたところをくっつけてと。

Img_5681

 

笏を持たせてっと。

Img_5682Img_5683

最後に裏側を削ります。

裏側は何もしない人も

多いんですけど

そういうわけにはいきませぬ。

裏は大事っすよ。

特に裏側は傷が付き易いので最後に綺麗にすることにしています。

サインが入りますし~^^

サインを重視しない人もいるんですが、

ほんの30年もするとどこの誰が作ったか誰も知らないという状態になりますから

サインはしておいた方が良いですョ^^

ご自宅の場合はくれぐれも名字じゃない方が良いですね。皆同じやん^^;

かといってたま~に住所まで彫り込む人もいます、好き好きですが、私は好きくないです^^

Img_5684

忘れちゃいそうになりましたが

めびなの冠の上三本を植えました^^

ちっこいです。

これは小さすぎる為にこの場で接着してしまいました。

Img_5685

ということでお雛様は

彫り上がり。

次は雪洞です。

Img_5686

雪洞はお雛様と合わせないとどうも高さとか太さがぴったりこないような気がします。

それ自体は難しくはないですが、後で雪洞だけ追加注文されると

さて、、、、、とどんなサイズに作ったもんだか迷ってしまいます。

Img_5689 Img_5690

ちょっと大きすぎたか。。。

頭と同じサイズの

雪洞が~^^;

そのうち小さくなるかな。。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

2月6日

昨日とうとうこの前亡くなった先生にお香典やらお供物を持って行ってきました。

何やらホッとした気分になったのでありました。

お嫁さんが言うには、両親4人の中で一番早死にだった。。ということでしたが、93歳だそうです^^;

うーーむ。。。。すごいなあ・・・・・

Img_5667

行く前にデパートなどに

行って色々物色してたんですが、

関係ないものも

買ってきてしまいました^^;

変に可愛い

ケータイ置き。

おばさんもとうとう

こういう趣味になったか。。^^

うちの父の姉で今年84歳くらいになる叔母から電話がありまして

今年は年賀状もらわなへんだなァ。。。(三重弁)と言うんですわ。

あら~~、もれなく漏れました。。と言っておきましたが、よー覚えてるんすねえ。。^^

大体が返事がない人には次の年は書かないことにしてるんですけど、

もう年だから返事がかけないけど貰うのは楽しみにしてる。。って頭の方はしっかりしてる。

そんじゃあ、今頃からナンですが、、

ハガキを書いてハガキ立ても付けて送りましょうよ。。ってことになって

慌てて描いたんですわ。

私は年賀状を完全手描きにしてるもんですから大した枚数描けないので

適当に間引いて出してるんですけど、、

それでも是非欲しいけど返事は字が下手なので書かないと言う人が何人かいるんです。

そりゃフェアーじゃないじゃんけ。。。って思うんですよねーー。

それで取りあえず梅を描いたわけです。Img_5669_2

描いてから鎌倉へ行ったらもう白梅も終わりかけじゃないですかあ。。

ありゃよ、もう遅いんだあ。。。

ということで来年でも使ってよ。。てな気分ですけど

今年の年賀状には兎が着物来てお座りしてるところを描いたので

それをもっと大きくして描いたんです。

Img_5668

しかし、今更年賀状でもないわけで、これを少し変えて

ジュサブロー風兎雛ってことにしてみました。

これで3月までは安泰じゃ。。。

その後はどうする。。ってことにもなるんですが、催促の電話をくれれば描いて送る。という程度にして

こちらからせっせとご機嫌伺いにハガキを出す。って気もしないので

そのまま放置することにしました。

親戚はめんどくさいにゃ~~へへ^^

そんなこんなもトイレの額から始まったんでした。

マメを使おうと思った額のマメはここまで出来てるんですぅ。

Img_5658

作り始めは面白かったんですが、

マメを5個作って収めて

さあ、蓋が今一閉まらないんだなあ^^;

Img_5659

この位開いちゃうんです^^

さあ、ここからが大変じゃ~~。

ところが

鞘が大きすぎて

ちょっと長ナスみたいになっちゃって可愛くない。と言われ^^;

額に付けるにしても裏側が丸いのでくっつけるのが厄介そうだし、、

くっつけるなら裏側は無い方が良いのでもったいない気もするしィ。。。

鞘に収まる。。という話も出たのでマメを顔にしてみるか。。ってのも考えたんですけど

そりゃめんどくさいよお。。。ってことでまたもや休眠に入ります^^;

不思議とこのマメを出してくるとネコが出てきて

マメの一個づつを口にくわえて持って行くんですね。

そういうところはマメな性格だわね^^;(丸を作るのは中々大変なの。。)

Img_5671

で、今日は日曜なのでウサギの続きを彫ることにしましたっ。

大分出来上がってきましたが、

この位になると

なんとなくここ変じゃない?って所が出てきます。

Img_5672

どんな角度から見てもおかしくないように

作らないといけないんですけど

それは難しいですねえ^^;

これは逆さにした状態です。

うんと猫背にしてその部分に台座を付ける予定です。

Img_5673_2

ついでにそろそろどこかがポキッと折れそうな気分がしてきました。

木目の具合で耳が一番弱そうなので

厚めにしていますが、それでも折れる時は一気だわ。

Img_5674

てなことで

似てると言えば似てる。

似てないと言えば似てない。

という程度のものが出来上がってきました。

舌を出して笑ってるんですが、

舌は彫るのが難しそうだな。。と

思いますが

無くすわけにもいかないので頑張ります^^

えらの所とシッポの毛がフサフサしてるけど

これは勘弁よーーー。ってことで排除しましたっ^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。