ホーム>工房日誌>2011年1月

2011年1月

モグちゃん完成。

Img_5553 最近のルルちゃんの

マイブームですが、

それは冷蔵庫の中に入ることです^^

冷蔵庫を開けると一気に

入りこんでしまいます。

なので閉めます。

中で遊んでる途中で開けると

怒ります^^;

怒って威嚇して噛みつきます。

だからまた閉めます。

寒くて怒れないくらいの時間、約3分^^

ほど経ってから

開けると

殊勝な顔をしてシンミリと出てきます。

助けてくれてありがとう~っぽい態度になります^^;

これを一日に何回も繰り返すんだからアホよね。

それにしてもうちの冷蔵庫は薬ばかりだにゃあ^^;

急遽お雛様の仕事が入ったのでウサギを中断してお雛様を作ることにしましたっ。

Img_5591

雛人形の時は顔とか着物に脂シミが出るといけないので

白くて美しい木を使います。雛人形専用木。(と勝手に決めてる^^)

Img_5592 Img_5593

大体売れ筋は決まっていて、90%くらいの人がこの雛人形、、と名指しされるんですが、

型があるわけではないので同じに出来るかどうか自信は全然ありません。

とりあえず自分の作ったものの写真を大きく伸ばしてそれ見て彫ります^^;

しかし、ほとんど文句は言われたことがないです。

大抵の場合、うちのが一番可愛い。。とおっしゃってくれるので助かっています^^;

Img_5594 Img_5595

今回の初節句のお客ちゃまは

桃花ちゃんとおっしゃるので

久々の名前の花をばっちり

図案に入れられる良いお名前です^^

他に桜の付く名前とか、以前にはかりんちゃんという名前がありまして

花梨の実などを入れた覚えがあります。

他にも葉が付く名前で葉っぱを散らしたこともあったように思います^^

Img_5618

ということで首無し作業は数日続きます^^;

モグちゃん他、3名出来上がりまして写真を撮りましたので

まずはモグちゃんからご紹介します。

多少無理すればなんとかなるかな~?と思われる3万円から4万円くらいの小品を

作ってみようかな。などと考えている今日この頃です。

Img_5576

モグちゃんのお肌がね~。

なんとも言えないんです。

ザラザラしておりますが、

触り心地が抜群です。

Img_5596

このような日向で

写しますと一層良い感じが

分かるんですが、

多少ハゲっぽいところもあります。

ハゲっぽいところは黒っぽく

出ています。

この微妙なムラムラが良いんですが

本来ならムラが無いのが

上手いということになります^^;

Img_5577

目はすっごく小さいですので

出っ張らしています。

じゃないと気がつかないくらい

小さいです。マッチ棒よりは小さいです。

目だけイチイの木で白木ですが、

赤っぽいです。

段々黒っぽくなっていきます。

Img_5578

手が可愛いです。

トリの足の握り返す感じにも

似てます。

実際は動かないですが

触るとなんとなく握り返したんじゃないかと思うような感触なんです。

Img_5580

お肌は漆の上から

砥の粉を蒔くというのを

数回繰り返してます。

少しづつ粉が落ちていくと

思いますが、

それでも漆を塗っただけの

肌とは全然違って

鹿の裏革みたいな

感じです。

Img_5581

裏は

足と胸の3点で

着地しております。

Img_5579

めったに見れないシッポも

可愛い^^

長さが12,5センチ、

横幅が6,5センチ

高さが6センチになっています。

手の平サイズで

コロコロしたいモグちゃんです。

金額は34,000円です。

他のカエルとカメはなんとなく予約~っぽくなってますので

もしかしたら販売に至らない場合もあるやもしれません。

よろしくお願いします~^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

飛鳥、、、、

今日は雪降りました^^

短い時間ですが吹雪でしたっ^^;

ずっと風邪引いててお外^^に出ると咳がひどくなる。と思ってたのですが

やっとこ良くなってきたので

懸案の自転車修理へ行ってきやした。

部品を置いててすぐに直してくれそうな店は山下町だったので

行ってみると山下公園の道一本手前のところで

時間潰しにももってこいで大満足でした。^^

Img_5533

なんだかやたらおしゃれな

自転車やさんでした。

自転車の色々なところに付ける

革のバックなども

沢山あったんですが、

折りたたみには邪魔だから

お勧めしない。ということで

有り難いことか、そうでもないことか

良く分からないながら

何も買わなかったし、

ついでに修理も大分待されるかと思ったらあっという間に直してくれて驚きの千円でした。

他の店に聞いたらひと月のお預かりって言ってたんだわよ~^^;

Img_5536

それですぐに海に出ました。

カモメは沢山飛んでるし、

とっても寒いし、

人も多いし、

みなとみらいの建物は

盛り沢山に見えるしで

久しぶりに面白かったです。

Img_5538

上を見ると

こんなのが飛んでいて

うるさいエンジン音で

上から見下ろしてましたっ^^

人の上ばかりに

いないで

もっと大海に出てこいっ^^;てな感じでした。

海には出ないんだわあ~。やはり海の上だと怖いし寂しいのかな。^^;ついでに寒かっぺなー。

Img_5539

桟橋の方を見てみると

かなり大きめの客船が

入ってるようだったので

早速見に行くことにしましたっ^^

Img_5541

他の桟橋ってのを見たことが

無いので分かりませんが

こちらの大桟橋は

すっごくおしゃれな造りになってます。

全体が流線型になってて

すべて木で出来てますっ。

勿論土台は木ではありませんっ^^

すごい量の木を使ってるだろうな~という広さでっす。

何年か前、新品の時に来た時はピッカピカの真新しい木の色だったけど

今は灰色ぽくなってますが、それでも傷んでないです。

塗装もあまりしてあるようには見えないんだけどどうやって潮風などに耐えられるのかなあ。。。

Img_5542

ありょーーーー、

とんでもなくでけーぇ客船は

飛鳥Ⅱでしたっ。

とにかく大きくて

デジカメだと全体がおさまりません。

車の小ささで

船の大きさが分かるっていうかあ。。

Img_5545

髪の毛の根元も凍るような

寒さの中

桟橋の一番奥まで

行って先端を見てきました^^

先端はとんがってるーぅ。。

こんなので何カ月も

世界中に旅行に行く人が

沢山いるんですねえ。。。

すげーな~~。退屈じゃないのかなあ。。。。。^^;

前に生徒さんで一年置きに飛鳥で世界中を旅行してる方がいて

この大きさでスエズ運河を通る時は圧巻だという話でした。

ここでも思ったんですが、

どういう風にするのか分からないけど、なんでこの巨体をぶつけないで車庫入れ?出来るんですかねえ^^;

下見ると桟橋とほぼピッタリに碇泊してますがな。。

Img_5549

これは海上保安庁の

船らしいっす。

ヘリコプターが船の上に

とまったざました。

おー、テレビで見るみたい。。

という景色でした。

いやァ~、面白かったです~。

鼻もつららになりそうに思いっきり寒かったけど

とっても気分が爽快になりました。

あはは~~。

帰りは本牧埠頭の方を通って帰ってきたんですが、

Img_5551

本牧はシカゴでしたっ^^;

(シカゴに行ったことはない^^)

埠頭って埋立地が

多いですが、

埋立地って

なぜにゴーストタウンみたいなんでしょうかねえ。。。

広くて人がいなくて道も建物も真っ直ぐで、、、、

なんとなく怖いですー。

日産自動車専用埠頭なんてのもあったりして、

そうかあ、、、車専門の埠頭まで持ってるんだあ、、、、とひどくビックリしましたっ。

専用の船持ってるのとは訳ちゃうョね。

いや、面白かったです。

寒くても外に出ないとアカン^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

ミロちゃん腰抜かす。

朝ドスンという大きな音がしまして

見るとミロちゃんがカーテンとスピーカーの間に嵌って腰抜かしてるのでありました。

大きな奇声もあげたのでルルちゃんまで天井旋回数回^^;

Img_5498

腰抜けたまま

シャーとかウーとか

唸り声をあげていますが

外には

見慣れないお友達が^^。

 

カメラを取りに行く時間も

じっと待っててくれました^^

ホホ、、、ちょっとおもろい顔、、友好的^^

Img_5524

今日はコツコツと

ウサギを彫りました。

毎度のことながら多少太めになってるので

かなり減量しないといけないと思います。

Img_5527

Img_5529

毎年この時期に頂く

小田原の椿と梅と桜です。

もうこんなに咲いてるんですねえ。。

春だなあ~~^^

Img_5530

結構面白い姿で

面白くなりそうですねえ^^

良く出来てるなあ、、、、、(原画^^;)

Img_5499

私は仕事をする時に

作品に傷が付かないように

センベイ座布団を敷いてるんですが、

このセンベイは

30年くらい前に貰った時から

すでにセンベイでありました。

センベイじゃないと作ってるものが沈んで使いにくいんす。

そこに母がジーンズの生地でカバーを作ってくれて

それを3回くらいは作り直してもらったかな。。。?

刀が当たって切れちゃうんですよね。

切れると中から綿が出るのと中に木屑が入るので使いにくくなるので

四方にまわして裏表使った後に次のカバーになるというわけです。

で、ここのところそういう状態になってきたんですが、

母は死んじゃったし、私は裁縫が苦手な上にミシンを持ってないので

どうしようか悩んでたんですが、

生徒さんがユザワヤで布を買って縫ってくれました~^^

良かったーーーー^^。

これで死ぬまで安泰じゃ。。。

これが最後の一枚だな~~って思うけど

とにかく仕事やりやすくなって助かりました。ありがとう^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

 

生徒さん作品ご紹介、花の額

Img_5511 Img_5512

今日は月末最後のお稽古日なので

人数が多いもんですから

自分の仕事は午前中に少しだけ^^(前から見た図と後ろから見た図でっす。)

私は鳥獣戯画についてはとんと興味も無かったんですけど

こうやって彫ってみると良く出来てる絵で感心します。

そのままそっくりに彫れば良いというか、あまりに似てても面白くないので

似せることには気を使わないつもりなんですが、

かなり面白いものが出来そうで先に笑っちゃう^^

Img_5520

Iさんは一昨日いらしたのですが、

一日置いてまた来てくれました。

2県をまたいで来てくれて

嬉しい限りです^^。

多分、これを仕上げて

次の作品に行きたいということだと

思いまして、完成に至ったのでありましたっ。

色をつけるとやはり深さが物を言う~。。というか立体感がね~~、すごいです。

白い部分だけ油絵の具で他はアクリル絵の具です。

油絵の具の白は印象的で木の肌にはぴったりですが、すぐには乾いてくれないので

慣れないとイライラしちまいます。

アクリルは早めに乾いてくれるので次々の行動が取りやすい。。ということでそういうことになりました。

というか、一回ぽっきりの為に一々油絵の具を買うのももったいないですしィ。。。

何回も書きますが、これって大きいんです。横幅が50センチはたっぷりあるもんですから

塗りは大胆に。。と言っても中々大胆とか汚くとかは難しい。

大抵の場合は綺麗に塗っちゃう。。日本人のキチンとした性格って言いますか。

とにかく汚く塗って。。と注文出して苦労して貰いました^^

良い感じじゃないですか^^

このまま掛けても良いですが、額に入れたりしたらものすごーく立派になっちゃって

そこらのお宅だと逆に浮いちゃうかも。。ってくらいです。

Img_5513_2

今日はなぜか仏像が林立してまして

その中に大胆にもネコが寝ています。

お邪魔しております^^;

Img_5516

Iさんの小さな仏さまです。

頭がぐらりとするほど大きいですが、

可愛いっすね^^

手の中でコロコロさせたい

可愛さです。

Img_5517

箒が邪魔してますが^^;

段々良い感じに仕上がってきた

KUさんの仏像です。

多分思ってるよりもずっと立派になっちゃうと

思います^^

Img_5518

奥さんのKさんの角皿です。

形も縁のサイズも中々良い感じで

使いやすくて

ずっと愛用できるような

お皿が出来ると思います。

こういう平たいものを彫る方が深いものを彫るよりもなだらかさを出すのが難しいかもしれません。

途中で嫌になっちゃうかも。。と思ってたらちゃんと別のものもすでに制作中でありました。

心配にはおよびまへんな。

Img_5519

KIさんの犬箱ですが

いよいよ上下の境目の

切り込みが入りました。

緊張します。

この切り込みが^^

こちらのKさんはせっかちな方ですので

前へ前へと進んでいかないといられないので忙しいです^^;

のんびーりはしてられないっ。ってところですねっ。

本当はこういう工芸品の場合は丁寧に進めた方が良いのですが、

せっかちな方は美術品の方が向いてるように思います。

爆発だ!みたいな勢いで芸術品を作ると良いですよお^^

てなことで

今日はやたら忙しい一日でありましたっ。

明日はのんびりとウサギでも彫るべえよ。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

1月26日

ここのところニャーちゃんが具合悪いんじゃないか??って思ってみてたんですが

家の人たちもそれぞれにニャーちゃん具合悪そう~って言うんです。

さて、多少体が弱そうで長生きしそうにないニャーちゃんですので

病気にしてはいかん。。と思ったんですが、(まだ病状は何も出てない^^;)

もしかしたら寒いんかも^^って。

寒ければ普通布団に潜りこむとか色々工夫するはずですが、そういうことが無いんですねえ。。

どうして無いのか分からない。。まだ寒く感じてない?のかもしれないけど

とにかく自分の布団=枕の上で夏と同じように寝てるんです。

ということで急遽、ネコの大好きな段ボール箱で寝床を作ってあげることにしましたっ^^

Img_5497

おーー、良いじゃんけ^^

クロネコボックス新品ですヮ。

入るかなー?と考える必要も

ないくらいすんなりと入りまして

死んだかと思うほど

ずっと動かずに寝てました。

暖かかったんですねえ、きっと。

いやあ、そしたら今日の元気度ったら、

皆さんに今日は元気だね^^と言われるくらいでしたっ。

やはり寝てる時に寒くしちゃうと体にいけないのね。

これを重ねてると本物の病気になっちゃうんだね。

まずは目出度し^^ずっと愛用するぞ~^^

Img_5496

ちなみにルルちゃんはピクサスです^^

もう何年も使ってま。

前面は毛布をかけて

中はヒーター付きですヮ。。

もう常夏でしょ^^

完璧です。

わがねぐらは段ボールだらけやの^^;

Img_5500

今日から新しい仕事ですが、

どの木にしようかな~?と

考えてる間に地蔵どんを

仕上げることにしました。

Img_5501_2 Img_5505

鳥獣戯画のウサギが

相撲とって負けて転がってる

姿を彫って欲しいと

いうことでしたので

早速彫ります。

カエルは要らないんだそうですから

ウサギは転がってるようでもあり、笑い転げてる風でもあり、

好きに見立てて頂いて良いです。

Img_5502

必要なさそうな部分をノコギリで落とします。

Img_5503

てなところで

地蔵どんの眉間の丸も

接着剤が乾いたので

丸めます。

口とか鼻は合掌した手に隠れて

見えないということで省略っす。出来上がり^^可愛い

Img_5504

何がなんだかわからない状態になってきました。

Img_5507

Img_5506

Hさんの女の人の彫りものです。

Hさんは普段はチョコチョコと

細やかに彫っていますが、

アラ彫りの時は人が変わったように

大胆にノコギリを使い、ノミを振るいます。

二重人格かの。。。と思ってみてたら

そうそう、お父さんがノコとかノミを使ってる

お仕事だったそうで

小さい頃にそれらで遊んだ記憶がある。ということでした。

だから巧いんだなあ~。

門前の小僧習わぬ経を読む。。ってところなんですかねえ。感心^^

Img_5508

Uさんの少女ですが、

前回家に帰って見せたら

服が年寄り臭い。。という評判だったそうで

早速服の色を変えてみました。

と言っても単純に変えたんじゃなくて

色々工夫して色を乗せてみました。

なんとか春らしい雰囲気の色合いになりましたが、

服一つで随分と変わるもんです。

ボタンとか襟とかの色だけでもすごく変わります。

とりあえずは服の色はこの色で

すすめていくことにしました。

Img_5509

Sさんの仏像です。

今日は頭の髷の部分をやりました。

家では台座の部分も進めてます。

完成も近いですねえ。。。

裸足が可愛い仏さまです。

ついでに小顔^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

1月25日

Img_5481 

 

 

 

久しぶりに地蔵どんなどを彫ってると

結構愛らしい雰囲気で気持ちもホコッとしたりします。

Img_5482

とうとうモグラの

目を接着しました。

目は小さいので多少飛び出た形にするつもりです。

イチイの木で白木のままですが、とっても古い木になったので赤黒くなってます^^;

接着剤がはみ出したところを綺麗に拭いてっと。

Img_5483

イラっとするほど色が決まらないカエルですが、

またもや緑色に近づけているところです。

Img_5484

ちゃうなあ~。

おかしなもので

本物そっくりの色にしたとしてもイメージ的に違うと思うことってあります。

要はイメージにそっくりな色の方が良いようなんです。

Img_5485

暗すぎる^^;

Img_5487

Iさんの花の額ですが

とうとう色塗りのところまで

到達しました~^^

さて、色でまた一苦労。です。

花は明るいめの色にしたいですが

妙~におちゃらけた

浮いた色にしても台無しです。

さて、、どんな色に仕上がるか。。。楽しみっすね^^

Img_5488

Mさんのわんちゃんです。

可笑しいことに

土台の部分になんとなく丸いものが出来ました^^

ボールが地面にバウンドして

跳ねた場所なんだそうです^^

芸が細かい^^

Img_5489

お、こんな色はどうでしょか。

カエルだけが明るい感じになったように

思いますが。

Img_5490

カメを正面から

見たところです。

顔が面白い。

Img_5491

山がこげ茶色の濃い色なので

カメを少し明るくしようかと思って

甲羅に黄土を入れてみました。

Img_5492

モグラの目を

削って丸くしたところです。

中々面白いものが

出来たように

思いますぅ。

渋いっすけど^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

1月24日

昨日の夜中にこっそりとゴミを出しに行ったんですけど

その時、雨が降ってました。

なのに月も出てまして、かなり面白いというか

めったに見れない景色になっておりました。

私の彫ったお地蔵さんのケータイストラップが無くなっちゃったとおっしゃる方がいて

それならすぐに作っちゃえばなんとなく気持ちもホッとするんじゃないかと思って

昨日彫ってたんです。

少し堅い木にしてみてネジの所が抜けないようにしようと思い

ホジホジやって休憩してたんです。

隣にいる犬が何やら楽しげにカリカリと音を出して噛んでるので

何がそんなに面白いものがあったん??などと見てみると

あっ、、、、、、おらの彫ってるお地蔵ではないかいな!

Img_5471

というわけで牙の穴だらけになった

お地蔵は

やはりボツということで

次作りますっ^^

毎度やられても油断しちまう私。。^^;

Img_5477

この前は犬がこっち向きに

座ってたけど

今日はネコがあっち向きに

座ってます。

狭いのに座りたくなるような

所なのかねえ^^

Img_5472

今日はもう出来上がり目前なので

あまり進化もなく

さりとてあと一歩というところで

どこをどうやったものか

考え込んじゃう一日でした。

ついでに小さいので写真も巧く撮れないしい。

Img_5473

アマガエルなので基本的には緑色を

考えてはいるんですが、

緑にするとやたら気持ち悪いものになり、、

だからと言って

こういう土色にすると

これはもうツチガエルじゃんねえ。。。

アマガエルとは違う種類ざましょ。。。って悩みは多いすねえ。

Img_5478 Img_5479

じゃあ私はどうしたら良いんでしょ。。ということで

明日はまた

緑色に挑戦したいと思います^^;

悪い循環^^

良い感じだけどあまりに暗いっすよねえ。。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

 

雛人形の季節、、、

そろそろ雛人形の季節です。

これからの方はあちこち探し歩いておられると思います。

楽しい時期ですねっ^^

一般的には布を着てる雛人形が多いですが、

木でもありますんです^^(と一応宣伝させて頂きます^^)

木の雛人形も良いですよ。

出してー、しまってー、がすごく楽です。

これが大変だと億劫になって出さなくなったりするんですが、

楽だとそろそろだね、ホイっ、って出せるわけです。

片付けないでそのままにしてる人も多いですが、

場所も取らないし、部屋の片隅に春。。みたいな感じで楽しいものです。

私のホームページにも雛人形のページがありますので見たことがないという方は是非ご覧くださいませ^^

雛人形のページ

昔からずっと雛人形を作り続けています。

こんな雛人形が欲しい、、という写真などからでも作っています。

着物の色とか柄なんかもお好みに合わせてお作りしていますので

木の人形が良いな~と思われる方はお気軽にメールしてください^^

大体10万円から100万円くらいまでお作りしています。

雛人形の宣伝でしたっ^^

Img_5465

今日は定盤(じょうばん、こういう字かな?)を

出してきて

漆塗りを明るいところでやってみましたっ。

定盤は漆を塗る時のパレット兼机です^^

便利な発想だと思います。

漆はこの上に直に出して使うのでこの上がピターっと平でないといけないですが、

皆さん自分でコツコツと平になるように常に直していますね。

私のこれは塗り教室の生徒さん用のを貰ったので大したものではないですが、

年期の入ったものは重厚な感じがして立派です。

Img_5466

明るいところでやると

犬ネコの毛が多いことが分かりますが^^;

漆に動物の毛は禁物ですけど

今時は漆を扱ってる人もペット飼ってますね^^

漆ってそういう毛埃が吸いつくので

たまりません。

カメの山も明るい所だと良い色であることが分かりますが、

私のパジャマのボロの方が派手なので見劣りしますがな^^;

Img_5467

もぐちゃんは手のところを必死に持って塗ると

なんとか一周塗ることができるんです。

古くなった米ナスみたいな感じですねえ。。

とにかく塗り面に触らなくて良いのは

助かります。

触りたくないです^^;

Img_5468

塗った上から砥の粉をフワフワと

蒔きます。

揚げものに卵をつけてから片栗粉か小麦粉を

付けるような感じです。

Img_5470

で、黄粉餅みたいになるんです。

すでに可愛い^^

で余分な粉を落とします。

Img_5469

こちらさまもコツコツと

やってます。

一遍にやるにはちょっと面積が広いので

部分的にやってます。

お陰で顔がふんわりとした雰囲気になって

きました。

気長にやろうと思ってます。

今日は丁寧に漆を塗ることが出来まして

良かったです。

夕日に見えますが、朝日なもんですから

朝っぱらから良い仕事をしたな~という一日でしたっ^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

1月22日

昨日はブログを書こうと思ったらすでに12時を回ってたので

これでは土曜日(今日)になってしまうので

それなら昼間の写真も撮って改めて書こう、、、なんて思ってたら

昼間も冬真っ盛りで良い写真になるようなものは近くには無いすねェ^^;;

ここのところ湿度がすごーく低くて20%台になって久しいんですが、

だからどうなの?って思ってたけど

風邪なんかは治りにくいらしいですね。

咳が中々治まらないのでいよいよ湿度をあげることにしてみるか。。。と

やっとその気になって

加湿器などを探してみるんだけど

うーーーん。。

帯に短し、、、と言う感じかなあ。。

加湿をする。というと私はつい火鉢に鉄瓶でも置いてチンチンと湯気が出てるってのを

想像してしまって

これなら菌などとは無縁だし、とっても体に良さそうな気がするんだけど

炭も高いしなあ~。

と、

濡れたタオルなどを上の方からズロ~ッと下げて置くのも良い。と書いてあったので

ああ、そんなでも良いわけよね。。ということで

取りあえず部屋に水を置いてみようじゃん。。というところからやってみようと思うところに辿り着きました。

しかし、動物が倒したり、遊んだりしないで尚且つ面積広く蒸発してくれるにはどういう

入れ物が良いか。。。ということになると行き詰る。

外のスイレン鉢を洗って家の中に入れたらどうだろう。。。。と考えたが

洗うと底の方から頑張って生き残ってるメダカが出てきて、

変に起しちゃったので死んじゃった。というのも申し訳ない。

あれこれ思案しながら巧い案が出ないうちに湿度が段々上がって行く。。。という状況になりそうだけど

取りあえずはお風呂に入った後に当然のように換気扇を回して外に湿気を出すんだけど

それをしないで部屋の方に湿気が来るようにすれば良くはないか。。。ということに気がついたので

早速やってみようと思う。

カビだらけにならなきゃ良いんだけんど^^;

Img_5464_2

これは今日撮った写真ですが

護岸された土手の隙間から生えてる草なんですけど

よーく見ると

まあ~元気に花がいっぱい咲いてるんです^^

逞しさと春を感じさせるなあ^^

まる

私は自転車にベルを付けてないんですが、、

それはベルをリリンと鳴らして「そこどけよ」みたいな感じが自分にやられると不愉快なので

自分でもベルを付けないことにしたんです。

ベルが無いので当然前に人がいても気付いてくれないことも多い。

そういう時は根気よく待ちます^^

どいてもらうのは悪いでございましょ。

歩道ですから。

でもこれは可愛いな^^と思ったので写真撮ったのがこれっす↓

Img_5244

使わなくても付いててもいいな~^^って。

生意気にも

お母さんの後ろについてる

子供用のお座席に付いてたものです。

後ろに座りながら

こんなものを鳴らして

人をどけってやっちゃダメすよ^^

Img_5456

これは昨日の午前10時の

おやつタイム^^

前に頂いたおやつをチビチビと

与えているんですが、

トリだって食べたいそうで

呉越同舟でそういう時は仲良く食べてます^^

ネコの目線はトリも食いてー^^って感じですが^^;

Img_5453

昨日の仕事です^^

カメの下の山の漆は2回目ですが、

お、良い色になってる^^

良い感じになるのかも。

Img_5454

これはカエルの葉っぱの裏側なんですけど

カメの山と一緒に塗って

こちらは砥の粉を蒔いて磨いたところです。

平刀の痕が綺麗に出てきたにゃ~^^

Img_5455 これが表側で

同じような色じゃん、、、ってことになっちゃってますが

これをペーパーかけて

その上から指で熱心に磨くんです。

と指の熱でなんとなく磨かれていくんですねえ。。。

多少の熱で磨かれると

ペーパーかけたものとはなんとなく違うんです、、、手ってすごいなー。

工房で重箱の中を手で磨かされたことを思い出すぅ。。

これは磨くってこともあるんですけど、剥げさせて下の色を出したいという気持ちが大です。

Img_5459

とりあえず目に黒を入れて

どんな顔か様子を見る^^

Img_5461

結構良い感じになってきたけど

渋すぎか。。。。。

やはりカエルは緑だと

難しいぃ~。

足の粒々を白っぽくしたら妙に印象的で可愛いす^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

大寒

我が家では汚いものの点検はニャンコがやってくれます。

丁寧に匂いを嗅いで、汚いと感じたら前足で土をかける仕草をするので

これはボツです^^

掃除をしろ。とおっしゃってるようなものです。

今日もアホ犬が2回もおシッコを床に漏らしたので洗剤で洗った上に漂白剤で洗って

掃除したらニャンコの点検がありました。

よーく匂いを嗅いでからその場でゴロンゴロンを始めたので

どうやらOKらしかったです。

というのはその仕草は初めてみたのでどういう意味か分かりません^^;

でも土をかける仕草じゃなければOKです。

Img_5448

その後また、生徒さんのコートに

ゴロンゴロンを激しくやってるでは

ないですか^^;

これは生徒さんのお宅の

ワンちゃんの匂いを

自分の匂いで上乗せしよう。。って

考えだと思いました。

生徒さんは帰ってから

またワンちゃんがこの上にゴロンゴロンをやって匂いの上乗せをやるんじゃないかと思います^^(やらないか^^;)

とにかくニャンコは面倒みが良いというか

ワンコのトイレの管理をキチンとしています。

うちではトイレシートをトイレの枠に挟まないで上にペラリと置くだけなんですが、

それが使用済だとちゃんと4つに畳んであるんですねえ。。

24時間体制で見守ってるのかいつでもキチンと畳まれています。

もしも畳まれてる上に犬がトイレを使ったとしたら悲劇です。

その前に片付けないといけないので私だって24時間体制で畳まれてないか見ています^^

ニャンコの場合は匂いで判断するようなので

シートの8割がまだ使用できるとしてもボツなもんですから経済的ではありません^^;

ま、その反動でニャンコのトイレの場合はおシッコはスノコを通して下に落ちる、二階建になってますので

誰も片付けることは出来ませんから、思いっきり吸わせてもうシートが吸えないところまで

頑張って貰ってます^^

(ネコも犬のシートを使ってるゥ^^)

Img_5451

あれれえ

ネコ化してしまった犬^^;

Img_5445

Hさんのニケですが、

そろそろいいんじゃないか。。という話もチラホラなんですが、

少しづつ気になるところが出てきます。

ご本尊と同じ位置から写真を撮るという

おこがましいことをやってみると

結構ちゃう~んだわね^^

右に傾いてるのは下が仮止めなのでそうなってますが、

羽の方向とか長さとかも違うから

全体に違って見えるんでしょうね。

とか言ってるうちに毎度肝心のバラの写真を撮るのを忘れてしまった^^;(二度目)

今日は久しぶりに違うHさんがいらっしゃいましたが、

難しい作品を作り始めて悩んで行き詰まってるとのことでした。

簡単なものだと物足りないし、飽きちゃうし、

難しいとすぐに詰まっちゃって身動きが取れない。ということで

出来る人はそれなりに悩みも大きいものですね。

ピアノをあんなに弾けたらどんなに楽しいだろう、、、などと良く言いますけど

それだけ弾ければそれなりの苦しみも多いんですよね。

弾けないうちが花よ^^

というのと同じだなあ、、と思ったんですけど^^

Img_5449

こちらはKさんのオサガメです。

良いじゃあないですか^^

どこから見ても立派なカメですし、

オサガメらしい特徴も良く備えています。

確実な進み具合です^^

Img_5450

こちらはIさんの阿弥陀様です。

久しぶりにみましたが

手が可愛い^^

すごく小さいものですが、

飄々としてていいですね。

黙って金くれェ。。みたいな感じで^^

Img_5443

こんなに綺麗でも

こうじゃないんですよねえ。。。

でも

こうやって枯れ葉だけを

彫って綺麗に塗って、、というのも良いですね。

別にブローチとかペンダントにしなくても箱の中に入れてタマに見て楽しむなんてのも

良いんじゃないか、、と思います。

Img_5452

って、、

上から塗ってしまいました~。

これから磨きだすと

どれくらいの色合いになるのかな。。ってところです。

カエルの緑が綺麗だけど気持ち悪いので

こちらも色変えるつもりです。

その後、漆塗りして終わりっす^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。