ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、少女像
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、少女像

Img_5149_2

昨日生徒さんが作られた(と言っても彫ったわけではないです^^;)大根を頂きましたが、

その大きさたるや、、、

画像だと分かりにくいですが、

このたった二本を持って歩けないほどだったんです。

だから長さも葉を入れて1m以上あるし、

太さも腿くらいです。

すっげーーー!です。

驚きました。

巧い人は何を作っても巧い^^

姪が留守になって10日になるんですが、

もう動物たちも限界です^^;

それぞれが喧嘩を始めてイライラしとります。

私もついでにイライラしちゃいます。

みんな静かにしろ~!と言う感じで

私がイライラするからみんながイライラするのかもしれません。。

犬がウルサイ~~っ。たまりません。

どうにかしてくれ~~。

今日は思いがけず生徒さん作品が出来上がりました。

というのももうそろそろ良いんじゃないですか?と言ったら

ずっとその言葉を待ってた?というか

もう気持ちは次のに行ってて、、モジモジしてたそうです。

そう言ってくれたらもっと早くそろそろ良いんじゃないですか?と言ったのに^^

もっと彫りたいんだと思ってましたっ^^;

Img_5157

Hさん作、少女像です。

時計がお邪魔ですが、、、

なんというか全体から醸し出される雰囲気が

良いんですぅ。

こういう雰囲気ってのは

習ってどうとか真似してどうってものじゃなくて

持って生まれたものなんじゃないですかねえ。。

全体がふんわりと優しくて

木とは思えないです。

そして作ってる最中もずっと

完成度が高くて

どこで止めても問題ないような出来だったので

ご自分からや~めた。。と言ってくれればそれで

良かったわけです。

Img_5156 目鼻もあっても無くても良いくらいで

無くても問題ないし、あっても邪魔にはなってないですねえ。

肩も胸も腕も腿も手も

すべてが統一した雰囲気があって

つつましく控えめで優しく品良い。。

塗る必要もなく

このまま黒くなっても問題ない。という

感じで

2作目の作品としてお見事でした。

蛇足ですが、

私は足元が好きなので

また画像載せます^^

Img_5154

あはは、、

真ん中の穴といい、スカートの中の

刳りといい、

裸足のような指があるような

靴を履いてるような、、、雰囲気の足も

なめちゃいたいような感じっす~^^(ペロペロ^^;)

Img_5160

こちらは変わって

Kさんのいぬ箱です。

この犬箱は

首輪?のところが意外と

難しいです。

ついでに土佐犬みたいな

前が太くなってる綱だと

もっと難しくなるので

ご希望は前が太くなってるものですが、細くなっちゃうかもしれません。

とにかくつら~っと綺麗な線が

出るのが大変なんですぅ^^

Img_5152

こちらもKさんの

ひょっこりひょうたん島ですが^^

縞模様が面白いです。

これを生かしたいです。

この前はヤスリでガリガリやった

肌になってましたが、

今回は浅丸で全体を

彫ってありました。

上に植える木と動物を

作るそうです。

面白そう~。

Img_5150

今日のモグちゃんです^^

後ろ足を付けないつもりでしたが、

やはり後ろ足の腿の辺りの彫り込みをしてたら

偶然?にも後ろ足が付くことになりました。

Img_5161 まだ、やったら太いです。

細くしたいんだけど堅い^^;

なんとなく感触のよいものになるんじゃないかと思います。

目はどうするかなあ。。。。

やはり小さな目があるそうですので

小さいのをつけてみるかなあ。。。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1576

コメントする