ホーム>工房日誌>2010年6月

2010年6月

極楽寺

昨日は朝方曇りだったけど

降らないという予報を信じて自転車で極楽寺に行ったです^^

極楽寺って名前はなんとなく好きだなあ~。

なんか別世界みたい。

でも通ったことはあったけど改めて行ったことはなかったのです。

極楽寺にあるお寺が最近あじさいで有名になって

そこはあじさいが咲いてる坂を登ると海が見えて、、、って話だったので

一度見てみたいな。。と思ったんでした。

結果的に普通行くなら江ノ電で極楽寺で降りて長谷へ歩く形が良いと思いました。

私は長谷から登って行ったので海はどこかえ~?とキョロキョロしたら後ろだったわね。

真っ直ぐ登って正面に海みたいもん~。

なんでも成就院という名前のお寺で

お寺自体は小さいけど、少し高いところにあってそこに登る階段にあじさいが沢山植えてあるって

わけです。

Img_3204

先週もそうですが、

まだあじさいにはちと早いっす^^;

しかしあじさい真っ盛りであるならば

黒山の人でございます。

両サイドがあじさいが咲く予定で

色とりどりで美しそう~ですよ。

ヨン様もおいでになったと

お寺の宣伝ポスターに書いてありました。

ご苦労さまです^^

坂をヒーヒーと登って

頂上で一息つく時に

ちょっとでも海が見える景色ってのは

ものすごい嬉しいものですね。

ほんの1センチくらい海が見えても感動しちゃいます。

高く登れば思いがけないところからでも海が見えたりするものですが、

ここはそれほど高くないです^^;

海すごく近いですから。

けどあじさいと海かあ~、と似合わないながらも良い景色そうで

色鮮やかになった頃を想像して楽しめるのでありました。

Img_3203

この小さな成就院で気に入ったのは

この雨どいを利用した

スイレン鉢^^(真ん中の棒が雨どいです。)

素晴らしい^^

うちでも作ろうかな??と

思うほどでありますが、

そんな敷地はないですわね^^;

雨水を大切に利用するのは

それ用のタンクもあったりするけど

こちらの方が風雅ですがな^^

Img_3206

これが極楽寺。

目の前に江ノ電極楽寺駅が

ありまする。

こちらも小さなお寺で

中は写真も写生も

いけないと書いてありますが、

いけないと言われるほど

すごいお寺ではないっす^^;

しかし、

サルスベリの見事な木がありました~。夏は良いかも~~。

そのままドヒャ~と下っていって稲村ケ崎へ出ました。

Img_3207

Img_3208 上の松の辺りに

座って江の島を見た

画像です。

江の島はうすらボンヤリとしてましたが、

涼しいあずまやに座って

おにぎりをたんまり^^

ついでに周りの人に

遠慮しながら

センベイをポリポリ^^;いただきましたっ。

朝早くに出ればもっと遠くまで行けるのに

昼までグダグダしてるもんだから、どうも近場ですぐに帰ってしまうんすけど

近くでも知らない良い所はいっぱいですね^^

そうそう、鎌倉駅の裏を通って

そこに御成小学校って公立の学校がありますが、

久しぶりに見ると改めて立派な学校なので写真を撮ってまいりやした。Img_3200

Img_3199

なにせ鎌倉なので

ここの卒業生には

著名人などが沢山いて

この校舎の保存に

尽力した。などということを

聞いたことがありますが、

ずっと残してもらいたいような

小学校とは思えない

立派な建物でございます。

木も立派です。

中の方は新築の建物になってますが、こちらも豪勢^^です。

我が地域の小学校とは雲泥すぎる差^^;

ということで気持ち良いサイクリングと言いましても

あちィ、ですわ、もう。。。

着ると冷たく感じるシャツなどを買わないといけないか、、

日焼けを避ける為にも長袖じゃないといけないか、、などということを考え考え

走るのでありました。

もう手の甲がシミだらけのポチやん^^;

でも気持ち良かったです。

本来ならあじさいの盛りに見たいんですけどね~~^^諦めましょ。

次は菖蒲でも探そうかな~~。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

毎度ありがとうございます。

6月7日

宮崎の種牛が5頭残ったそうで

わたしゃ、影ながら嬉しかったすね^^

なんでそんなことが気になるか。。という感じですけど

牛もああなると芸術だ^^シミジミ

残って良かったよかった。。。とひっそり思ってます。

Img_3198

みろちゃんは

ベランダに出るのが好きです。

しかし、どこにいるのかが

狭いながら分かりません。

よーく探すとこんな奥深くに潜んで

外を見てる。。

どうやって入っていくのか

謎です。

目いっぱい植物植えてあるので

どこから入るのかなあ~?

Img_3214

セコセコと部品を作ってたクリスマスツリーですが、

くっつけていかないので

どうも自分的に盛り上がらず

今日は違うもの作ろうかな~?などと

考えてましたが、

やはりもうちょっと作っとこ!ということでキャンドルの下がってくるロウなどを

彫っとりました。

Img_3215

炎ですっ。

Img_3217

二つ揃ってなくても

問題ないす^^

Img_3218

ベルでっす。

Img_3219

Img_3220 ホホ、下に丸をつけてベルの出来あがり。

Img_3221

大体のものは出来あがったので

とりあえず木につけてみることにしま~す。

まず後ろに棒付けます。

Img_3222

木にも穴あけます^^

一つ一つあわせて穴開けないと

それぞれ大きさが違うので

見た目重視して場所決めまする。

Img_3223

大きなものを下の方につけて

上の方には小さいものをつけてっと。

空間が出来たら

もう少し小さなものを作って埋めます^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございますっ。

6月4日

今日は新しい首相が決まり^^

常のことながらちょっと期待したりして~。

いやいやここで期待しちゃうからいけない。。なんて思ったりしてー。

菅さん、頑張って欲しいです。

今日まではやたら天気が良くてどこかへ行きてーーーーって思いましたが

明日明後日は曇りっぽいんですねえ。がっかりねえ。

Img_3193

あれ、ねこどんが

ルルちゃんを狙ってるヮ。

ガラス越しってのは

気が付かないらしい^^;

というルルちゃんも気が付かないらしい。

Img_3194

ガラスがあったことに

気付いて失敗して諦めた

ミロちゃんに初めて気づく

ルルちゃん^^遅っ。

Img_3187

今日はプレゼントです^^

Img_3188

これは上につけるリボンです。

小さい^^;

Img_3189

ちょっとリボンが厚いというか

プレゼントの方も厚みがありますが、、

あまり薄くすると折れるので小さい分だけ厚くなるのはしょーがないです。

Img_3195

それでもこんな感じに出来あがりました。

可愛い^^

Img_3196 次はキャンドルです。

炎の部分は別付けします。

Img_3197

一応受け皿付きの

ロウソクです^^

根元をどんどん細くして

ロウソクの燃えた

タラ~ってのを彫ると出来ます^^

今日はここまででプール行きます。

明日明後日天気良くないの、恨めしい。うらめしや~~~。(表何屋?と母がいつも言ってた^^;)

 

 

 

ポチンと押してくださいませ。lovely

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ファン

最近、ミロちゃんにファンが出来まして^^

ミロちゃんがベランダに出てそ~っと外を見てると

ファンのおばさんが通るんです。

そして、高らかな声で

ミロちゃん、みろちゃ~ん、おはようございます~^^

お元気ですか~?って腰を低くしてすごく丁寧な言葉で立て続けに話しかけるんですヮ。

ミロちゃんは嬉しいのか嬉しくないのか分からないんですが、

とりあえずはじーっと見てるのでそれも気に入って貰えてるみたいです^^;

なんでもおばさんが通ると次々と追いかけて違う部屋の窓から見てるんだそうで

やたら感激してもらってます^^。恐れ入ります^^;

先日も私だけがベランダに出てたらそのおばさんが通って

ミロちゃんにいつも出てきて頂いて嬉しいんですよ~、今日はいらっしゃいますか?

と言うことでした^^;

ミロちゃーんと家の中に声かけたら返事が無く(あるわけもないですが。。)

見るとトイレの最中でしたので

今ミロちゃんはトイレの最中です。と言っておきましたが

いえいえ、いいんですのよ、、いつも行き帰りとても楽しみで仕事に行くのが嬉しくなりました。

とのことで、ミロちゃんも多少人の為になってるんだな。。と思った次第でした^^

そういえば以前飼ってた犬はとても可愛い顔をしてたので

毎日わざわざ車でご自分のところの犬を連れて熱心に見に来てた人がいました。

フーーン、というのとへ~~~というのが混ざったような感覚で驚きましたね。

世の中色々な人がいて面白いっすね。

お稽古ではミロちゃんがやたらサービスが良いので閉口され気味です。

なにせ生徒さんが来てしばらくはごろにゃんゴロニャんとなんだか顔に顔を近づけて

匂いを嗅いだり、バックに入ろうとしたりと目の前を占領して困ります。

しかし、困るからと言ってネコの場合は怒ってどうなるものでもないので

そのままにしてますが^^;

私の場合、それぞれの生徒さんの反応が面白くて楽しみです。

ウルサイ、どけっ!ってのが一番面白いですね^^

アハハ、度胸あるよね^^;

好きですよ、こういうの^^ネコもどうやらこういうのが刺激があって楽しいらし。

わたしゃ、この前鎌倉に行ってからなんとなく調子が悪くてやる気しない毎日です。

なんとなく分かってるんです。

鎌倉の50年もお稽古を続けてるご婦人方にお会いするといつも緊張して暫くは病気みたいな症状になるんです。

なのでいつも避けていたのですが、

暫くぶりでも同じ症状になるので我ながら驚きました。

齢80歳を超えてもきらびやかな服、笑い、おしゃべり、、お化粧、、と

ものすごーくお元気に(野村監督の奥方みたいな感じ?)

ワイワイとやってる中に入るといけないんです。

何かがとっついちゃうのか、はたまたか細いところを吸い取られてるのか^^;

どちらにしても回復まで数日かかるような気ィします。

ので仕事もけだるくやってますが、

今日はそんなお陰で生徒さんのお手伝いを目いっぱいしました^^

Img_3183_2

これはIさんの不動明王の

光背っす。

見事ですね~。

光背は普通の板状でも構わないんですが、

こうやって少し体を囲うような形にすると

更にぴったりとなじむのですが、

その分お手間がかかって大変ざましょ?

で穴を開けて透かし彫りにするので

薄くしないと大変なことになっちゃいますから

ある程度の薄さにします。

こうなってから絵をつけます。

Img_3184 ということで赤く塗ったところが

向こうが見えるようになるわけです。

真ん中のもぞっとしたものは

明王さまがお立ちになるところなので

柄は要らないんす。

いやあ、、こりゃ大変ですよ。

鎌倉のおばさま方のお陰で

今日熱心に絵をかけましたが、

熱心なお陰で手抜きをしなかったので

かなり複雑な絵になっちまってすみません^^;

もっと空白が多くても良かったんだと

後で気がつきましてん。

いえ、絵を付けるたって私が考えてつけるわけじゃなく

見本の仏像を見て絵をつけてるんですけど

それでも大変だから自分で考えたらもっと大変ですよね。きっと。

Img_3181

で、私の仕事ったら

こんな青虫みたいのを二つ彫っただけですヮ。

Img_3182

Img_3185 次はプレゼントの包みです。これ可愛くなります^^

お手間もかなりかかりますが。。

というわけで大して働きもせずに

夜は夜で同窓会などというおもしろくねードラマなどを見てて

黒木瞳は(の役の女という意味^^;)嫌な女だなーーとか

こういうグニグニした女はやらし~な!とかプンプンしながら

そうだ!やはりロバの色は気に入らん。ということで

またもや剥がし始めたのでありました。

今死んだら、ロバの色は悪かったと後悔するだろう。。。とドラマと重ね合わせて思ったのでありました。

ということで良い色が出るまで画像載せまへんわ。へこたれてますわ。(グニグニ^^;)↓

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

毎度ありがとうございますっ。

鳩山さん、お疲れでした。

今日は鳩山さんの話題でもちきりでした。

今の時代誰がやっても大満足なんてことはないでしょうけど

それでも総理大臣になりたいですかね。。^^;

でも鳩山さんは神経を病むこともなく、多少目が虚ろにはなりましたけど

正常のまま終わられましたね。

辞任だと聞くと、もっと頑張って欲しかったとか、期待してたのにィ~なんて意見が出たりして

ままなりません。

任期中にそういう声が聞こえてたなら随分違ったでしょうけど。

次の人もその次の人も大変だろうなあ・・・・・

Img_3171

キョロ~ン。

目が昇天してます^^;

みろちゃんの目は

爬虫類にそっくり^^

怖ェ~目ですけど

性格は優しいす。

Img_3176 Sさんの仏像はもう少しで完成です。

もう次は何を作ろうか目がキョロキョロ^^

この仏像は顔がガンダム顔ですよ。

(見本の本物はもっとです。)

珍しいです。

少し真似して、ある程度は優しい風にして

作りました。

ヘルメットみたいな頭部も面白いんですが、

幽霊の頭に付く三角の布みたいに

後ろ側は無いんです。

鎧と衣の間くらいの着衣です。

ま、意味も分からずに真似して彫るわけですが、

勿論それぞれ理由があるんでしょうねえ。。。

Img_3164

漆を2回塗ったところで

大した変化がないので

先に目を作ることにしました。

目玉の枠を白く塗ります^^

Img_3165_2

白を数回塗ってムラが無くなってから

棒を入れます。グリグリ入れると

白い部分が崩れるのを気ィつけてと。

Img_3166

で、短く切ります。

もう接着剤も入ってます。

Img_3172 先端を丸く削りました。

目玉はどんな色にするか考え中です。

この木の色でも似合うんならそのままにしたかったですけど、似合わないみたい^^;

Img_3173 更に瞳をポチっと穴開けたら失敗や~ん。。。

Img_3174

ということで

黒く塗って磨いたら

あれ、普通のロバじゃんけ^^

ま、これが似合うかな。

鼻のところというか口元というかも白く塗ったり、多少黄土で汚したりして

こういうところは真っ白ではありえないな、、ということでうすら汚くしたらやはり良いみたいです。

Img_3179 Img_3180

喉の下とか

お尻の奥の辺りに

漆が入ってないので

明日また漆を塗るかな~と

思っとります。

ということでクリスマスツリーをやります。

Img_3175

雪だるまです。

同じじゃ知恵ないかなと思って

片方は手を付けましたっ^^

しかし枝みたいに二股に分ける元気は無いです^^

Img_3177 杖作ります。

クリスマスツリーには何を飾るだろう。。と

考えるわけですが、

彫って見栄えするものでないといけないですし、

リンゴみたいなものはあまり意味ないような気もしますし、

最近は色々あるので何を飾っても良いような気もしますが、

杖は本来ツリーの飾りにあるものですよね。。

私は形が可愛いので雪だるまとプレゼントを入れますけど

これは本来ないものですね^^;

キャンドルも入れます。

ベルも作ります。

と言ってる間に満員だと思います^^

ツリーは正直言ってものすごーく手間かかりますが、

あまり高値では売れないものなので悩みです^^;

ご自分の為に作られるなら楽しいものだと思います~^^

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございますー!

6月1日

今日も良いお天気でしたが、

朝晩は結構寒いですね。

布団もう一枚増やそうかと思っちゃうんですが、

いや、もう少し我慢すれば暑くなるはず。。。と我慢して寝ています^^。

昨日は以前の職場のお稽古の生徒さんの遺作展を見に来ないかと誘われて夕方鎌倉まで行きました。

前にもそういう方がいらしたんですけど、、

お子さんがいなかったりして沢山の作品をご自分で持っていらっしゃる方が亡くなると

結構大変なんですよねーー。

昨日の方も沢山の作品を残されて孤独死されてたのをお気の毒に思ったお友達が

作品展を開いてくださった。というお話でした。

しかし、作品が高額なものになると意外に処分が難しい。

欲で貰いたい人とか、タダでは貰えないと思う人とかが色々出てきて

ゴタゴタするんですヮ。

お子さんがいらっしゃる場合はそれでも工芸品などが好きな子とかそうでない子とかで

内輪の問題もあるとは思いますが、取りあえずはなんとなく処分出来るんですけど

お子さんがいらっしゃらないと大変です。

こういうのを見てて思うのは

生前にキチンと欲しい人に譲っておくのが良い。と思うわけです。

とにかくため込んであると大変なんです^^;

遺作展などはよほど親切な方がいらっしゃらないと中々出来るものではないです。

人が亡くなると回りの人はシビアですからねえ~。

ある程度年を取ったら作る前にこれは誰々にプレゼントしよう。。と一つづつ考えて

作るってのはどうでしょう~?

名案だわ。。。。^^

Img_3155

ギラッとした画像になりましたが^^;

本物はそれほどギラってません^^

これはお茶葉のスプーンです。

生漆を4、5回摺り込んだ状態です。

こんなのプレゼントされたら

嬉しいですよね^^

Img_3156

こちらも一緒に塗った

ペンダントです。

やはりこっちの方が

色々な服に似合いそう~。

良い感じになりましたっ。

Img_3162

これはWさんの小さなフクロウなんですが、

トイレのペーパーホルダーを

換えられたんだそうですが、

以前の穴が壁にあいてしまって

それを隠す、釘隠しみたいなものです^^;

結構可愛いアイディアです。

フクロウの色々なポーズがあれば

穴も楽し^^

これからちょっと漆で色付けます。

Img_3163

Sさんの赤ちゃん像です。

見るからに赤ちゃん^^ホホ。

Img_3153_2

漆2回目です^^

更に地味~。

けど木目は出てきました。

Img_3154

丸っこい星出来あがりっす。

Img_3157 次、雪だるまです^^

二つ作ります。

けど付ける場所がそれほどあるかなあ?

Img_3158 Img_3159

ボタンの位置に

木を差し込みます。

Img_3160 Img_3161

3センチくらいの小ささなので

ボタンのところは彫りにくいっすね。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

毎度ありがとうございますっ