ホーム>工房日誌>アート・文化>スイカ
アート・文化

スイカ

今日のお外はなんというかムワッと温室みたいな蒸した感じで

梅雨も近いかえ?というような天気です。

こういうので植物は思いっきり育つんですよね^^。

今日は姪の友達からスイカっつーものを頂きまして

私はスイカが大好きなんですけど、暑くないと食べたくはないんです。

瀕死の人が冬に病床でスイカが食べたい。。などと言うことがよくあるようですが、

わたしゃ夏じゃないと食べたくないんです。

この時期まだスイカが食べたい気温じゃないです。

が、しかし頂いたものはしょうがない。ということで切ってみると

まあ~皮が2mmかと思うほど薄く、更に皮近辺まで真っ赤。

食べてみると、ああ驚き、全部が甘くて美味す。

私の母は食べ物でスイカが一番嫌いで

小さい頃からスイカを食べるのは庭か、はたまた風下と決まってました。

母は風上にいて扇風機をかけて自分では桃を食べるんです。

クサイ臭いと言いっぱなしでした。

そんな母が川でスイカの匂いがする。ということがよくありました。

なるほど川はスイカ臭い時がありますね。

今日のスイカは川の匂いと似てました^^;

美味くなさそーじゃん。。という言い方ですが、かなり美味しいので驚きました。

けど、やはり20度くらいじゃ自分ではスイカ買わないですね。

30度越さないと食べたくねーの。

ついでに小玉と大きなスイカの切り身とではどっちを買うかというと、つい大きなスイカの切り身を

買うんですが、これは正解か?。。。

多分不正解かと思うんですけど、小玉には手を出したくないんだなあ~(スイカ好きの心理^^;)

Img_3003

こりゃ可笑しい^^

この間緑だったカニですが、、

今日は赤ですよぉ^^

これも良いですよ。

目つきが特にすばらし^^

夢に出てきそう~~^^;

このHさんは

釣りをなさるんですが、

釣り道具も結構作られるそうで

他の人の話で漆?なんて聞いて釣りの道具を作る時の材料にもあったなあ、、と

色々な色漆を出してきて使ったんだそうです。

そう。釣り道具には漆を使いますね。

ですからHさんの作品はややギラリと光ってるものもあるんですが、

水には強いですよ^^;(意味ないか^^)

Img_3004

こちらは違うHさんのチューリップです。

これで完成です。

色つけても良いな~と思うけど

つけないんだそうです^^

それも良いな~。

なんとなく子供が頬づえついてるような

雰囲気なんですよね。

なにせ数が多いので

ナンですが、

一つに絞ってすごく丁寧に

作っても良いな~と思いました。

とっても可愛い^^

何を作ろうか行き詰ることがある。。という話になったんですが、

それは初心者というか素人だからそうなると思ってるようなお話でしたが、

みんな行き詰るでしょーーー?

自分だけ、、と思ったら間違いじゃないですかねえ。

そこにちょっとヒントを与えてくれるときっかけが出来て良いということでしたが、

オラもそうして欲しいよ^^

ま、世の中色々な情報が動いてるんですから

独自路線なんてのがどこまで通用するか分かりませんが、

大体が物真似ですよね。

なにかしら人のやったことの影響を受けて自分もやってるわけですから

あまり硬く考えずに

隣の人がやってたら自分も同じもの作ったっていいじゃない?

って思って私もロバ作ってますが^^;

(ロバがどうこうじゃなくてピッカピカに磨いて漆仕上げにしよう~ということを真似しとります。)

Img_3002

少しづつ肉を取ってるんですが、

デブですね。。まだ。

Img_3005_2

足はどうしようかなと

考えています。

前向きな足にすべきか

はたまた内股か、

短い中でも色々選択できます^^

 

 

Img_3007_2

クリスマスツリーの幹にする材料です。

Img_3008_2

あれ、幹が長い^^;

上の葉の部分と

下の植木鉢を

少し彫って埋め込み、

更に棒を入れて留めますので

このくらい長さあっても良いかな~。

木が出来れば後はオーナメントですね^^楽しいですよね。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ポチっとよろしくお願いしますcat

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1408

コメントする