ホーム>工房日誌>アート・文化>お墓参り
アート・文化

お墓参り

今日明日は大降りだそうですが、

昨日は良い天気でした。

天気と関係なく母の命日だったのでお墓参りをしよう。。と思い立って行ってきました^^

(思い立って行くようなものではないですが^^;)

Img_3051

うちのお墓は

大船って駅の裏側にある

大船観音ってところにあります。

父が亡くなった時に買いました。

近いのでしょっちゅうお参りできるだろうと

買ったのですが

坂がすごくて夏は暑すぎる

冬は寒すぎる。。と言っては

行かないです^^;

ついでにお寺さんでキチンとやってないので

とうとう命日まで忘れてしまって、行ってみたら前の日だったです。(親不孝~)

ともあれ行ったので良しとして頂いてっと。

この観音さまの裏側に一戸建ての家がありまして、

それがロッカー式のお墓になっています。

これが気持ち悪くてね~。

特に当時は好きなところを選んで買っても良かったので二階の奥まったところを買ったんですが、

これがいけなかった。

というのも事務所で鍵もらって自分で開けて入らないといけなくて

なんとなく怖いんですよぉ~。

気持ちだって良くないですよ。

電気も自分でつけて行くんですよ^^;

全部の電気を思いっきりつけてしまいます。

鍵くらい開けておいてくれよ~~ってな感じです。

やっとこ二階の奥まったお墓につきまして、

戸をあけてみると、、おや?

見慣れない折り紙やお菓子などがお供えしてあるではないですか。

普段私たち姉妹以外は誰も行かないと思ってましたが、どなたかお参りしてくれたようでした。

ちょっと嬉しい気持ちになりました。

それにしても命日なのに手ぶらで行く私もなんですが~~~。

というのもロッカーのお墓は線香も花も食べ物も禁止なので

持って行くものがないんよね~。

やっぱりお墓は水と線香とお花を持ってタワシで墓石洗ったりして、、、が良いです。

折り紙って手があったんですね。

なんとなく温もりがありました。

そういうことを感じる年になったんだなあ^^

今度お地蔵さんでも作って持って行こうかな^^

なにしろお墓がそういう感じで気味悪いので

せめて可愛いものでも置いて開けた時に気分良くなることが大事かと思ったのでした。

やっぱりお墓は外がいいです。

そして土にかえるようになりたいものです。

Img_3054

ま、天気も良いことだし

墓参りだけだと

なんとなくもったいなので

ちょいと江の島まで

漕いでいきました。

(舟じゃないです自転車^^;)

まあ~、海に出る季節ですねえ。

ヨットも綺麗に出払って。

江の島は大学のヨット部が多いらしく

若い人たちが学校の名前の入ってる小さなヨットで熱心にやってます^^

もっと大きなヨットとかクルーザーになるとおじさんたちが酒飲んでるんですけどね。

若い人はまだ舟に乗りながら酒を飲んだりはしません^^。

若い頃に海にハマる若者ってのも良いですね~^^

カリカリに焼けるような1日でした^^

今日とは雲泥の差でした~。

口蹄疫で殺処分されてしまったという種牛「忠富士」は立派な姿でしたね。

当然こういう牛を見る機会などないですが、

なんという均整のとれたお姿か。

牛が美しいなどと思ったりはしませんが、

この牛は美しい~。

そしてもったいない・・・・

生き物は難しいですね。。

当然家畜にワクチンをうってるんですが、

野生のイノシシなんかも伝染するんですよね、そういう場合はどうするの???

Img_3057

今日は仕事日和でした^^

ロバくんの片目が良かったので

こちらを保存して

もう片方は消しました^^

同じに描けるかな^^;

Img_3058 消えないように小刀で目の枠に線を入れます。

Img_3059

瞳の部分は

後で違う木を入れるつもりなのですが、

穴を慎重にあけないと

外回りの線も崩れるので

取りあえず軽く丸刀を入れましたが、

どうやって穴あけるかなあ^^;

Img_3060

Img_3062

これは口です^^

あまり見えないところです。

Img_3063

シッポです。お尻も可愛い。

お尻とシッポの間の空間が綺麗になるかどうか

細いところなので苦労しています。

今日は漆も塗ったんですが、

まあ~乾きの良いこと^^

二度でも三度でも塗れますが、

あまり乾きが良いのも悪すぎるのも良くないって聞いたことがありまする。

ま、私の塗ってるものなどはそういう影響を受けるようなものではないので

問題ないですが、一度しか塗りませんでした^^

気楽に毎日塗れます。この時期は。。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1406

コメントする