ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、チューリップたち。
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、チューリップたち。

寒い雨ですねェ。。。。。

26日位まで寒さは続くとか。

GWが近いとは思えませんし、寒いと盛り上がらないですね、気持ちが。

Img_2678

今日はにゃーちゃんが珍しくモデルとして引っ張りだこでしたっ^^

ネコを彫ってる方がお二人いて、その横顔や足などを見せて貰いたいと思いましたが、

思うようには見せてくれませんね^^;

ネコを飼ってないから分からないということでしたが、

飼ってても分からないです。

彫って初めて、あれ?ここはどうなってるんだろう~?なんて思うので

いつも全部見てるわけではないですねえ。

Img_2708

ちょっと巧く写ってなくて申し訳ないんですが、

玄関に飾る用のHさん作のチューリップたち^^です。

中々アイディアが効いてる作品で

まずはチューリップですが、刳り抜いて彫ってあるんです。

Img_2709

こちら植木鉢仕様のチューリップですが、(こちらはまだ制作途中です。)

そう、全員で6個あります。違うサイズに見えますが、全部同じ大きさです^^

3個は植木鉢に一個づつ植わっていて、

ちょっと植木鉢が大変だったので他の3個は板に埋め込んであります。

そこに100円ショップで買ってきた柵を短く切って手前に取りつけたというものです。

このチューリップは大きさが10センチちょっとあるのかな?

茎のところを穴あけて刳り抜いてあるので

なんとなく味わいがあって可愛いです。

薄っぺらなものじゃなくて奥行きも同じ寸法あるんです。

だから小さいけどしっかりとしたもので愛着がわきます。

私は個人的にこれ好きですヮ^^

色塗っても良いだろうなと思いますが、

ご本人は彩色が苦手ということで白木のままで仕上げになりますが、

白木だって根気よく彫って綺麗にしあげればすっごく良いものになりますでーー。

Img_2706

こちらも制作途中だそうですが、こちらは違うHさん作です。

なにかしら、心魅かれる馬。

今日お集まりの皆さんで、ほーーー、とかおーーーとかいう感じでした。

独特の面白さがなんとも言えません。

後ろ髪ひかれる。。みたいに前髪ひかれるような

気持ちがこの馬に引っ張られるような感じがしましたねえ。。

完成時にはどうなるのかな??

途中で止めても全然問題ないすが。

今日の仕事です。

あ、先日作ってた仏ちゃんですが、

ご注文主さまからご丁寧なメールを頂きました。

愛息さまの納骨までに間に合うようにお作りしましたが、

ご遺骨と一緒の写真を撮って送ってくださいました。

傷心のお母様が仏ちゃんの小さな姿で少しでも癒されてる雰囲気が伝わってきて

しみじみと良かったなあ。。と思ったのでした。

人間は見るだけじゃなく、触って、匂いを嗅いで、、重さも感じて、、という

五感で感じるものなので

触れる仏さまというのは案外と存在感があって嬉しいものなんですよね。

すぐに完全に癒されるということは無いのですけど

毎日少しづつでも気持ちが穏やかに、お元気になっていかれると良いなと思いました。

Img_2702_2

Img_2703 段々色がついてきました。

小さいので明るめの色に

しようと思っています。

普段暗い色が多いっすから^^;

Img_2710

Img_2704

おとぼけさまの方は

お着物のヒダのところを

コネコネと

塗ったり消したりしております。

Img_2711

衣類だけ見ると立派どすなあ^^

Img_2712 Img_2713

光背を

どんな色にしたもんだか

迷っておりまする。

ちょっと美味しげなものに

出来あがってきてますが、

後ろに付けた時に仏さまを引き立てるようなものじゃないといけないですね。

引き立てるか引き下げるか、、天秤みたいに塗るたびに変わります^^;

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1380

コメントする