ホーム>工房日誌>アート・文化>華仏さま、完成
アート・文化

華仏さま、完成

しっかり降っておりますが、明後日雪なんですか!へ??

私は着るものをクリーニングなどに出さないタイプの人間ですが、

年に1枚くらいは出すんです。

それが今日でした^^

ダウンジャケットを出しました^^

なぜか近くのクリーニング屋さんから母の誕生日3割引き券が来るのです。

ええ、勿論母が亡くなったことは一々言っておりません。

お陰でこのクリーニングに出すのに良い季節に出せるわけで

良い時期に生まれてくれてありがとう^^などと言いたい^^;

それでもほんの近くでございますのに、私は着てるものとかトリとか犬とかが

厄介で中々出かけられません。

朝思い切って行ったらまだ早すぎて開いてませんでした^^;

お昼、お稽古の30分くらい前にまた決心して行ったのでございますが、

今度は開いておりました。

ほんの3分ぐらいの出来事でございます。

と、前になんとなく見たことがあるような後ろ姿が。。。。。

声を3度ほどかけてみましたら、やはり今日お見えになる予定の生徒さんでした。

ああ、うちに誰も居なかったのでお帰りになっちゃうところだったのね??

運が良かったと思ってうちに帰ってきますと

なんともう一人玄関に来てらっしゃるではありませんか^^;

どちらの方も埼玉からお見えなので留守だったらかなり申し訳ないです。

というわけでお稽古前に出かけることは99%無い私なのに

今日は1%の確率でお二人が時間よりもず~っと早くいらっしゃった。。という珍しい日でした。

あぶねかったよぉ。。

Img_2773 Img_2774

Img_2775

後ろ姿も可愛い、華仏さまです。

前に作ったのよりハスの花が小さくて背が多少高めになっています。

ハスの花の大きさは好き勝手なサイズに作ってみようと思っています。

何が丁度良いか分かりませんからねえ。

個人的には一番最初に作ったハスの葉に乗ってるのが元々作りたかった形なんですが、

こちらの方が華やかということか人気があるようです。

花びら一枚に乗ってるのも作ってみたいとは思っています。

作ってみたくないのは同じものです^^;

何回も言うけんど、同じものを作るのは苦手だよお~^^。

今日は月末ということであわててやりくりしてお稽古に滑りこんでくださった方々で

満員でしたが、

それでも更にネコの為にお座席を作って頂いてありがとう^^;

Img_2786

図々しいやっちゃで。先に座布団取って知らん顔して寝た振りするんですヮ。

誰も蹴ってどけとは言わないことをいいことにやりたい放題ですわいな。

誰か蹴ってどけ!と言ってみて欲しい^^;

Img_2784

Tさんの例の花ですが、、なにやら複雑な色で彩色されてるではないですか。

ぼかしのきいた玄人風の微妙な色合いですねえ。。段々期待大になってきます^^

Img_2787

上に乗っかるこちらの方も大分出来あがって次回には色が付いて乗っかってくるんだそうです^^

考えてみるとうちでは何も教えてないなあ~。

皆さんこうやって勝手に才能を伸ばしてどんどん考えて自力で上達されていってるんです。

すげ~な~~。

Img_2788

こちらはSさんのいぬ箱です。正しくは犬筥と書きます。

本物は張り子ですから紙ですね。。けど木で彫っても良い感じになります。

現在は頭部が丸く出るように苦心しているところです。

簡単で可愛くみえますが、中々どうして、、そうは簡単にはいかねーのよ。

書道で永と言う字に書く基本がすべて入ってるなどといいますが、

こちらのいぬ箱もそういうことが言えます。

かなりの技術を駆使しないと出来あがりませーん。

今日の仕事です。

Img_2781

真ん中の縦の線はノコギリです^^;

手と頭を離してるところです。

Img_2782 今日は電動彫刻刀の刃を研ぎました。

電動といえども刃が切れないと

切れないね。

息は切れるんだわ。

電動を使うとトリがものすごく怒って飛びかかってくるので油断できません。

お陰で気持ち良く電動を使えなくて手作業しています。

これは鯛のところです。まだ分かりにくいです。

Img_2783

鼻の辺りが真っ赤になっていますが^^;

ちょっと顔を右上に(こちらから見て)曲げてみようと

思ってどんな位置がいいかなと考えて赤くなりました。

緑も入れたかったけど立っていかないと届かない所にあったのでやめました。

とすると鈴の位置も少し右にしたいなあ。。と少しづつずらしております。

Img_2790 Img_2791

意外と難しいのは

綿の入った首巻のような

気がしますね。

(と書きましたか。。)

グルリを綺麗な線で滑らかに途中障害物があってもそれを感じさせないように

彫るのは結構調整が大変ね。

今、確定しても他がまだ動くのでまだまだ油断できないんす。

後ろの結び目にシッポがぶつかってしまったので

最後にきてシッポを左に迂回させました^^アハハ・・・

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ぽちっとよろしくお願いしますっ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1376

コメントする