ホーム>工房日誌>2010年4月

2010年4月

仏ちゃま、完成。

日本創新党というのが出来たそうで

杉並区長だった山田宏党首の様子を拝見して

あれ、、、なんとなく期待しちゃうな~という気分になったのですが。

杉並区民の方はどういう評価だったのかなあ・・・・

お、隣に元横浜市長だった中田宏氏がいるではないですか。

ああ、あっさりと横浜を見捨てていって何するのかなあ。。と思ってましたが

やっとこ顔を出してきたのですか。

うーーん、なんとなく面白そう。

珍しく興味を持ちました。

今日の仕事です。

Img_2653 Img_2654

Img_2655

蕾が唯一色気のあるものなので

丁寧に塗りますっ^^

おズボンに金をチラチラと入れます。

あまり入れるとくどくなるので

本当にチラホラです^^

Img_2656 線を墨で入れます。

Img_2657 てなとこで出来あがりです^^

持った感じがとても良いです。

コロコロっとした存在感が結構良いですよぉ。。

Img_2671 Img_2672

次行きますっ^^

続けて塗ります。

ハスの仏さま^^;

あちょ~^^

Img_2669 Img_2661

Img_2665

出来あがった仏さまです。

この仏さまは下にある台座がメインだったんですが^^;

今回は上の仏さまだけご所望だったので

作ってみましたが、

案外悪くないです^^

ま、あまりに小さいので飾ると言っても

チョコ~ン!です^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございますっ。

アルバム

久しぶりにボケ~ッとした土日を過ごしてしまった^^

寒くて外に出る気持ちは低下し、

寒さがすぐに去るんじゃないか、、と思う気持ちが痩せ我慢の薄着になって

お陰でお腹が痛くなった^^;ゴロピー

ヘコヘコ^^

なんと丹沢が雪で白くなってるではないかいな。。。

これから冬になるのかと思うような景色でした。

Img_2647

丹沢を見た後にライチョウかと思ってしまう、ただのドバト^^;

ハハハ、、、そっくりです。^^

いつもデジカメを持って歩いてはいるものの

人物を写すってことはなく、

当然のことながら自分が写るということはもっとなく、、、

アルバムなんてものももう作らなくなってから久しい。

そう、幼稚園だとか小学校までですよね。こういうのが可愛く楽しい時期は。。。

久しぶりにアルバムを見ようなんてことになって

引っ張り出してきましたが、、、

引っ越しの時から紐をかけっぱなしだから少なくても3年は見てないんだわ。

お葬式などがあれば写真が必要になるので

取りあえずは全部見て良い写真がないか。。なんて探したけど

それ以外ではもう見ませんねえ。。。。

以前に見せていただいたお宅では

子供の一人ひとりにアルバムを作ってあげて

その子の写真はすべてその一冊に収まるというもの。

これはダラダラしてなくてとても見やすいし、探す必要もなくて良いものでした。

しかし、我が家では私が生まれた時から妹も生まれてその後大きくなって

そのうちに学校のくれるアルバムに貼るようになって、、と

もう脈絡がなく、どれがどれやらよー分からん^^;

それでも久しぶりに見る私が赤ちゃんの頃は当然もう50年以上前で

色がね~~~~、セピアになってしもて。。。。

今住んでる家にいたんですけど、

それでも入居した当時のこととて植木は無いし、垣根も簡単な竹だけだし、

隣の家も小さい^^。(勿論うちも小さい^^)

それにマジマジと見たことが無かったことに気がつきましてん。

自分の写真って見るのが嫌じゃないですかあ。

ちょいと目をそらしてしまうような感じがあるのです。

けど、さすが50年経つとじっくりと見れるんだな~と思いました。

もう自分じゃなくて別もんですもんねえ。赤ちゃんは。。

というわけで人気があった一枚を写真立てに入れることになりました。恥ずかしい~^^;

貧民の子^^

↓見たい人だけ見てください^^アハハハハハハッハハ・・・・・

Img_2649

昔~~~~。って思うだけでしょうねえ^^;

結局、若いころの化粧の濃い時期のは今一つ人気がなく

ギャハ~っと笑ってる今も昔も変わらぬ笑い顔が人気があって

それが嫌だったんですけど、

自分と人とは好みが違いますね^^;

今後、更にアルバムなんて見る機会は無くなると思うのですよ。

これが最後かも。。なんて思っちゃいましたっ。

Img_2638

●●

これ、面白いエイのピアスですっ^^

面白い動物のが好きなんですけど、中々ないな~~。

可愛い動物は苦手で、ちょっと変なのが好き~~^^

Img_2642_2

ツタは面白いです。

血管や木みたいな図形になって

ついでに新芽の時も夏も紅葉も美しい。

けど、家に這わすと大変ね。

Img_2640

私がやったのではありませんが、

この袋の中にネコがギッチリと入っております^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

いつもありがとうございますkissmark

箱根に雪

箱根に雪が降ったそうで

桜に雪が積もっているという写真がありましたが、

めったに見られない景色ですよね^^

寒いので今日はナベです^^;

サラダとか酢の物とかを食べ始めていたのにすっかり冬バージョンに戻ってしまいましたョ。

Img_2614

これは水曜日の画像です^^、、、

Sさんの仏像です。

法隆寺の金銅製の小さな仏像を真似してますが、(模写ではない^^;)

台座の蓮華と光背が可愛いのです。

ハスの花のシベの部分はとても小さくて

周りが布団みたいに花びらが広がっているんです。

その花びらをシベの根元の方に深く彫り込んでいけばグワ~ッと咲いたような感じがでて

良くなるんじゃないかと思いますが、

結構彫りにくそう^^;

今の所失敗したところが無いので

良いものが出来るんじゃないかと期待してます~^^

Img_2596

ねじれ~^^

今日の仕事っす。

Img_2627

塗りです。

Img_2630

Img_2631

足は黄色に見えますが黄土色です。

好きです、、この色^^

Img_2632

顔を5回ほど塗ったので

もういいかな~ということで

頬紅を入れます。

頬を赤くすると急にイキイキとしてきて面白いものですねえ。

指先とか膝、肘などにも入れます。

Img_2633 ちょっとひ弱な白っぽい感じかなあ。

やたら黒っぽいといけないし

丁度良いのは難しいですね^^;

多少化粧直しします。

Img_2634 Img_2635

こんな風になるのね。

ま、ふっくらと穏やかなお顔。

ですかね^^

これからちょっと古色をつけてしっとりとさせます。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

ありがとうございますっ

冬のような、、

冬のような寒さじゃないですか。

またもや石油ストーブに火を入れてしまいました^^;

嫌だねえ、、4月というのによぉ。。。

Img_2623

Gさんのアザラシ君ですが、、

木目が可愛いですねえ^^(勿論全体も可愛いんですが)

ただいま磨き込んでいます。

ピカピカに磨いて生漆仕上げにするそうです。

色々方法を考えたのですが、

なにせ、三段入り子になってますので

それぞれが違う塗り方で楽しめるわけです。

これは中間のアザラシ君です。

中側は喧々諤々、、金箔にすることになりました~^^

私は金箔は数回しかやったことがないので自信ありませんが、

なんとかなるでしょう~。

漆で貼ることにしました。

Gさんはまだお若いので漆かぶれが心配ですから

おばさんが漆を塗っておきます。

しかし、金箔を必死に貼るとどうしても漆に顔が近づくので危ないんじゃないか。。と

今から心配しております。

Img_2624

香合になってるいぬ箱からヒントを得たアザラシ箱ですが、

三段入り子と言っても

中に小さなソフトクリームを持ってるアザラシ君が入って(これは入れ物じゃなく普通の人形です。)

外には大きめのこちらと同じポーズのアザラシ君の中に入るという三段です。

ピッタリとしたサイズが大きくなってるのではありません^^

ガバガバサイズです。(ここのところを皆さん間違えます^^;)

とにかくバッチリと磨いて頂いて次の段階に入るところですっ^^

Img_2581

仲良く鼻突き合わせて、何をしてるか。。。

にゃんちゃんがハエを捕まえてワンコがそれを奪ったところですっ^^;

ワンコの鼻にハエがくっついてる~^^。

きたにゃい話ですなあ。。

にゃんこはまだ取られたことを知らないで探してるところです^^ハハ^^

今日の仕事です。

Img_2618 Img_2619

蕾作りました。

柄のところは直径は2mmに

しています。

Img_2620 こんな感じです。

高さが7センチほどになってしまいました。

持った感じは多少存在感があって良いです。

今日は塗ります。

Img_2621 頭を撫で撫でするそうですので

しっかり塗っておこうと思いますが、

剥げてもどうってことないです。

元々白木でも問題ないものですから。

Img_2622 胡粉に多少黄土色を入れて

塗っています。

あまり厚塗りになると雰囲気を損なうので

厚からず薄からず。。

濡れた状態で木地が透けて見えなければ

良しとする~。という感じです。

Img_2625 足も多少違う色で塗ったんですが、

全然違って見えませんので

明日はもっと違う感じにはっきり塗ろう^^

Img_2626 ツリーも大分綺麗になってきました。

もう少し反りを入れてから

それぞれ出っ張った部分を抑えていこうと

思います。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございますheart04

 

 

トラプー

Img_2607

このトラプーはとても可愛い。

ミロちゃんはこのトラプーが大好きらしくて

夜中にいつもロフトから降ろしてきて一階に転がってる。

犬に縫いぐるみをやるとただ中綿を出すだけだけど

ネコはなんで縫いぐるみを持ち歩くのだろう。。

特別何をするわけではないけど、夜中にそっと持ち出して来てそこらに転がってるだけなのだ。

しかし、クマプーは赤い服と思ってたけど

トラ皮の服も持ってるんだなぁ。。こっちの方が似合ってると思う^^

Img_2617

カフェインはトリの体に悪いだろうと思って残さず飲んじゃったコーヒーを

さも未練たらしく逆さになって更に飲もうとするルルちゃん。

逆さになるとシッポで舵を取るので中々おもろい姿になる。

腹筋が二つに割れてるのと、足の腿が可愛カッコ良い^^

昨日の夕刊に

手元供養協会。。という記事が出ていた。

亡くなった人の遺骨の一部を石、焼き物、ペンダントなどに入れ手元に持ち続ける。という

弔いの方法を広げようというものだそうな。

私はこれは意外と良いんじゃないかと思う。

最近では少ない数の家族が多くなってるし、

お墓もお参りする人がいなければ別にあってもしょうがない。

ほんの少しでも遺骨を残していれば何かしら繋がりを感じるような気がする。

位牌みたいに親しみのない名前を書いてもらって拝むよりも

本人の遺骨があった方が良いんじゃないのって。

家族の亡くなった人全部の遺骨が欲しいわけじゃないけど

中には欲しい場合だってあるんじゃないのかなあ。

石、焼き物、ペンダントの中に木も入れてほしいよ^^

仏像の中には色々なものが入ってるじゃないですか。

経本だとか布で作った臓物だとか、更に仏像が入ってたり、、と

木は内刳りが出来るんだから何でも入れられるじゃないですかあ。

仏像でもペンダントでも置物でもなんでも出来ますよ。

私などは子供がいないので将来墓に入っても参ってくれる人はいないわけで

散骨などが理想的だけど、

ほんの耳かき一杯くらいの遺骨をうんと小さな仏像やペンダントにそっと入れて

それで良いんじゃないかな~って思ったんですよね。

名案だわ。

以前飼ってた犬のメグちゃんだって

遺骨をどうしようかと思って一年経ってから庭の木の下に埋めちゃったけど

小さな犬の置物作ってその中に穴あけて遺骨を少し入れておいたらよかったんだ。

と今更(もう30年も経ったけど^^;)思った次第です。

これからはこうしよう!と思っても

自分の遺骨は自分では出来ないところが難ですわね。ホホホ。。。

Img_2611

前にも画像載せました、Sさんのペンダントです。

綺麗になったでしょう~?

ピカピカですョ。

ピカピカになるまでペーパーかけると木と木が触れ合う音が変わってきます。

象牙が当たるみたいな音になりまする。

とても良い音です。

これに漆を塗る予定です。

ここまで綺麗に磨くと漆があまり吸いこまれないので

淡い色合いに仕上がります。

冬のセーターの胸元なんかにこんなのが揺れてたらおしゃれ~です^^

漆塗り上がったらまたご紹介します。

今日の仕事です。

Img_2608

Img_2609 体彫りました。

足指彫ったけど

ちょっと大きかったかな^^;

 

Img_2612 顔を綺麗にします。

Img_2613 普通は顔を綺麗にしてから

目鼻を作るということはないんですが、

あまりに薄い造作なので

綺麗にしてからでも

充分に間に合うんです^^

Img_2615 鼻と額に穴あけて棒を入れます。

一応小さな鼻ですが、

鼻筋も作っております^^;

顔の凹凸を作るかどうかは

サイズによって違うんですけど、、

3センチあれば作った方が間が持ちます。

1センチだったらどーよ、、とかあるんですが、

彫って汚くなるようだったら彫らない方が良いかも^^;

彫っても綺麗というのは2、5センチとか3センチ、以上って感じかなあ。。。

Img_2616 珍しく首の角度は一発で決まりましたっ^^

良い具合にちょっと下を向いてくれました。

後は花だけです。

この形の他のものよりも

少し太いんですけど、、(手足が)

触った感じは良いんじゃないかと思います。

(彫りものは感触も大事です^^)

台座が付いた場合は仏さまは頭しか触れないので

背中とかお尻とか足とかを触れるのはこの仏さまだけです^^。

明日は塗りじゃい^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

生徒さんの進み具合も

今日は気持ちの良いお天気で

ネコが喜ぶ網戸にしてみましたっ。

爪でガリガリしないように~。

Img_2532

雨戸の戸袋みたいに網戸が収まるところがあるんですが、

その奥にネコが入って誰も気付いてないということに喜びを感じてるようなんです。

しかし、家からベランダの顔を出してネコは出てないかな~?とクルッと見渡して

わたしゃ鍵を閉めてしまいます。

外に締め出されるとものすごーく焦るんですね、ねこにゃんは^^;

もう必死です。

だからこういうところに自慢げーに隠れない方がいいと思うよ。

最近生徒さん作品の完成が無く^^;

寂しい限りですが、

考えてみると途中も面白いんだということに気が付きましたので

途中作品を掲載しますゥ~。

Img_2600

これすごいですよー。(Tさん)

薄くカーブさせて彫った花びらを

シベに重ねていくんですが

見事な花になりました。

色を塗ってからキチンと植え付けるんだそうです。

いやはやはや、、毎度のことながらすごい^^です。

この花の上にこういう方が乗られます^^

Img_2601

蝶々の妖精ですかね。

羽の彫りを見ても

分かりますが、

これが裏表入るという

細かさです。

こちらの方は身長が10センチ以下

ってところかなあ。。

出来上がるのを

ついつい楽しみにしてしまいます。

Img_2602

こちらはHさんの

お箸箱です。

下の部分が彫れて

上の蓋をいざ彫らん、、って

とこです。

きっちりと出来過ぎてて

手で作ってるのでもう少し崩れてても良いくらいです。

機械で彫るのと同じに作ると損ですよね。。

良いものが出来あがりそう~です。

というところで私の仕事です。

昨日作った仏さまがどーもそれだけ飾るには貧相な感じがするので

思い切って作り直すことにしましたっ。

と言ってもそれを捨てるわけじゃなくて

昨日作ったのは台座を付けて別に仕上げることにして

今日は仏さま一人でも安定感が良いように

もう少し肉付けて大きめにしようかと思います。

Img_2597 Img_2598

Img_2603

あ、やはり作り直して良かった。。と

思いました。

台座がないと多少勝手が違うので

迷ったですけど、

こちらの方が絶対良いと思ふ。

Img_2604 Img_2605

 

今までのより

少し太った仏さまにして

みました。

これだと後ろ側にコロンとならないような感じです。

台座が付く場合はこれくらいだとちょっと暑苦しい感じです。

微妙ですね。

Img_2606 陰険なトリの顔みたいですけど^^;

クリスマスツリーも

大分形になってきて

ホーーッ^^

ここまでくれば後は楽勝だ。(まだ早いか^^;)

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

爪磨き

昨日夜に外に出たら嫌な北風が吹いていたので

今日は寒いのかも~と思ってたらやはり寒かったのですね。

しかし明日は妙に暑いんだそうじゃないですか。

体がついていけない。。とか思いながらもしっかりついて行ってますね^^。慣れかいね。

Img_2582

生徒さんが

こういうものをプレゼント

してくれたのです^^

爪を磨くものなんですって。

少しは爪を綺麗にしたら~って

ことでしょうか^^;へへ。

ネコの部分がなんとなく200番くらいの荒さで裏側が400番くらいで立ちあがりの所、頭の方が1000番くらいで

体の方が10000番みたいな感じです(テキトーです^^;)

爪なんて光ってなくても良いのですが、

爪を磨くと減るじゃないですか?

昔サンドペーパーを指に絡めて使ってた時に爪が減っちゃって

ひどく痛い思いをしたことがあるので爪が減るのは好きじゃないです。

爪の厚さってのは人によって違うのかなあ。。。

姪はネイルサロンで磨いて貰ったら水が滲みて痛かった。。と言ってました。

私もそう思います。

私は歯も磨くとすぐに表面が滲みるようになります。

だから電動歯ブラシなどはとんでもないです。

研磨剤が入った歯磨きも使えません。

ただカルシウムが足りない家なのかもしれません。

というわけでこのネコちゃんを仕事に使えるんじゃないか。。と思い始めています。

仏さまの顔を磨いてみようか、、などと考え中です^^;

ゴメンね、爪磨きで磨いちゃって。。と言わないといけないです。

先日急遽急ぎの仏ちゃんを作らないといけないことになったので

今日は彫ります。

Img_2583 Img_2584

大切な息子さんが亡くなったと

いうことで身代わりに

納骨までにお宅にお納めする予定です。

頑張ってお母様をお慰めしてほしいと思っています。

Img_2585 ここのところ作ってる同じ形ですが、

台座が要らないということで

座った仏さまだけにします。

小さなひ弱な仏さまは台座によって

守られてるところがありまして、

両手で持ってる蕾のハスも本当に細いので折れやすいと思うのですが、

台座が囲ってることによって物が触れないでいられるという作りになっています。

花が折れてもすぐに直せるのですけど、

頭を取らないと花が入れられないという難点がありますので

ひょいと簡単に直してもらえないわけです。

(勿論うちでは簡単に直しますが。。。)

Img_2586 Img_2587

頭と胴体が妙にバランスが悪い割合になってるところが

ミソであります。

頭の方が大きいんです。

台座に座ってる場合は不安定な体を台座に留めちゃってるので

倒れないということがあるので

こちらは少しお尻を大きくして安定させます。

Img_2588 Img_2589

材料の時に良いバランスと

思っても

彫っていくと

身長がまだ高い。。ということに

なることが多いので

年中頭を乗せてバランスを見ます。

Img_2590

 

Img_2591

手に持つ花を

なるべく体に寄せた方が

折れる確率は低くなるので

そうやってみることにしました。

手の平を体に近づけるように彫ります。

Img_2592 脇のところにドリルで穴をあけます。

ここのところが一番面倒かな^^;

Img_2593

ダイヤのヤスリで

ゴリゴリモゴモゴと

削ります。

というところで時間切れです^^

クリスマスツリーも頑張ります。

少しづつですが、削っております。三角形なので持ちにくい~^^;

Img_2594

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

また三渓園

この土日はすばらしいお天気で

もう一週間早かったらどんなにか人出が多かったことでしょう~。

しかし、桜が終わればすぐにすばらしい新緑です。

Img_2558

うちの近所のいたち川

多少上流でも

もうこんなに綺麗^^

桜が無くたって平気だいっ。という

感じです。

三渓園も綺麗だわよ。。と教えられて

花が盛りを過ぎたことを気にせずに行ってまいりやした。

Img_2557

まずはおにぎりですね。

肉体労働の時は

サンドウイッチとか

市販の食べ物は帰りがヘバるので

いけません。おにぎりが一番どすなぁ。。。

中身は梅干しがなんと言っても一番美味しく感じます。

家で食べる場合は酸っぱいだけですが、

汗をかくと梅干しは癒されます~^^ネ。

他に鮭とたらこで作りました^^(どーでも良いことですが^^)

後は残り物のおかずを詰め込んで、、それと果物と

甘いものです。

なぜか私は暖かくなって運動するとハイチューが食べたくなるんです。

チューハイじゃないっすよ^^;

Img_2559

お正月に三渓園に

行きましたが、

その時は知りませんでしたが

どうやら裏口から入ったようです。

裏口入学^^;

今度は表口から入ることにしましたが、

表口は本牧通りってところから入るのですが、

この本牧通りの桜は素晴らしい~~。もう一週間早く来たかった^^;

本牧通りから右に折れて三渓園にいくまでも桜並木でした。

良い所ですっ。

Img_2561

ちょいと上の写真と

この写真は逆光ぽいので

色がばっちり出てませんが、

どちらにしてもすばらしい^^

桜も多いですが、

なにせ広いので

桜が無くても全然問題ないというか

いつの季節でも完璧な状態みたいです。

人も多いんですけど、こちらも広いのであまり苦になりませんでした。

この池にカモカモがいるんですが、

それは白黒の素敵なカモで家に帰って調べてみるとキンクロハジロ

という名前のカモでした。

面白い名前ですが、漢字で書くとアホかいっ、、という名前ですわ。

金黒羽白。

そのものじゃんけ。。。。赤白青緑とほとんど変わらん。

目が金で全体が黒くて羽が白いんだと。分かるがなそんなもん、、、、

Img_2562 こちらの写真は

昨日一番の傑作です^^

この島が二つあるんですが、

どちらもカメさまが

満員でございました。

なんとも気持ち悪く

思わず笑ってしまったので

ありました。

首にダニでもわくのか

皆さん首をなご~して

おられます。それが更にキモい^^;

Img_2564

枝垂れはこれからですね。

この間新聞で

私の好きな村上豊という

画家の挿絵を見た時に

桜は案外黄色の花でも

引き立てられるんだなあと

思ったのですが、

なるほど周りが黄色と

墨の色とでも良い具合ですねえ。

Img_2568

私はこの山吹って花が好きです。

八重じゃなくて一重が好きです。

山吹などというと

大判小判などのお金を

思い出す人もいるかと思いますが、

私は純粋に山吹が良いと

いうことです^^;(深い意味なし。)

ちょっと廃れゆく花であまり見なくなりましたねえ。。。

Img_2569

モミジの赤ちゃんも

可愛いです~^^

モミジはこの時期に

花も咲いてしまいますゥ。

風流ですけど

そういえば我が家の玄関の

ところにも

隣のモミジが覆いかぶさっていて

花が咲くとアブラムシもとっついて、、うちにパラパラと降ってきて

枝を切れや。。。と言いたいけど言えないで一年中モミジには悩まされるのだった。。。(まあ関係ない

話ですが。。。。^^;)

Img_2567

あっ、写真が右に

傾いてしまいました。

というのも

デジカメを落としてはいけないと

思いポケットから紐で

繋いだらちょっと短かったので

右に引っ張られたわけです。

お年寄りやの^^;

ま、綺麗だけどこの前見たのと変わらないので建物の方は省略します。

この前行った時は手前の芝生にもぐらの穴が沢山あって感動しましたが。。

最近もぐら見てないですから。。。

帰りは本牧をウロウロする予定でしたが、石油コンビナートのところに出ちゃって

その後は火力発電所やらなんやらと色気のない物騒なものばかりだったので

そのまま磯子の海に出ました。

磯子の海釣り施設ってのがあるようで

永遠に埋立地を突っ切っていきました。

Img_2571

懐かしい

京浜工業地帯、、

っていうような景色です。

Img_2576

 

こんなところに

幅3メートル、長さ500メートルの

釣り場があるんです。

釣りをやる人は500円なんですヮ。

わたしゃ釣りをやらない人なのですが

ちょっと見てみたいな~と

思ったので

見学100円というのを払って入ったのですが、、、、

Img_2574

海面から二階、三階建てくらいの

高さがあるというのに、、

床が網なんですよーー!!!

怖くて立ってられないですよ。

足からゾワゾワ~ってのが来ちゃって

動けないの。

慣れてる子供は走ってるんですけど。^^;

100円も払って

こんな怖いところに入らなきゃ良かったと

後悔しましたが、

入っちゃったんだから100円分は見てくるか。。ということで突端まで行きましたが^^(どケチ^^;)

寒いしさあ、、、皆さんの釣った魚見てもたかだか15センチくらいのメバルみたいな

魚ですヮ。。。

何が面白いかなあ~。。。という感じです。

とにかく寒いっ。海は深い。。。。景色は悪い^^;

網は怖い。。。。と4重苦でした。。。げっそり。

というわけで三渓園は我が家からは多分15キロくらいかな~と思うんですが、

暖かいのは良いけど、暑いくらいだったので日焼けしました。

日焼けするとバテます。

今日は鍼に行って病人です^^;

お尻も痛いし。。。。

なんとかお尻をクリアしないと20キロ以上走る場合の自転車は苦痛になってしまいます。

いてーよ~~。

てなことで面白かったです^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

4月9日

ペットの遺体を捨ててた悪い業者がいましたが、

ペットの火葬の料金というのはあってないようなもので

相手を見て値段を決めたりするんだそうな。

割り切った表情を浮かべてる人には3万円で

少し涙を浮かべてる人には5万円

大泣きしてると7万円、、、と言う風に請求するんですと。

ほほぉ。。。

大泣きしたくてもぐっとこらえて割り切った顔しないといけないですね。

私個人としては人間が死ぬよりもペットが死ぬ方が悲しみは大きいです。

親が死んでも涙は出ないんですが、ペットが死ぬと泣きっぱなしですもんね~。

どういう風に解釈すれば良いのか自分でもわからないですが、、

ヤバいっすよね。。

しかし、そうなんだからしょーがない。

思うに、問題は口がきけるかどうかにあるんじゃないかと思うわけです。

人間も口利かないで目で物を言ってたら多分もっと悲しみが深くなるような気ィもするんだけど^^;

Img_2539

二人で花見中^^(ちょっと目線がずれてるか^^;。。。)

今日の仕事です。

Img_2535 今日はハスの線を描きました。

ハスの線は色々考えるんですが、

方法としては何種類かの線を彫るというやり方が

あります。

それもいいんだなあ~。

たとえば単純に線を彫る。。

三角刀みたいなもので線を彫ったり、小さな丸刀で彫ったりできます。

他にも丸刀で彫って畔道状に線を残すって方法もあります。

これもいいんだなあ~。

絵で線を描くという方法もあります。

これもまたいいんだなあ~。

というわけで迷っちゃいます^^

Img_2536 迷うわりにはいつも絵で線を描く。。にしています^^;

線入れないことも多いです。

他の邪魔になることも多いからです。

Img_2543 あれ、案外綺麗だよお。

(だからと言って仏像に合うとは

限らない^^;)

白っぽいところは

線を描いてるんですけんど

黒っぽいところは

削って白い部分を出してるんだよ~ん。

Img_2542 こちらは中側の花びらですが、

これも削って線を描きます。

小学校の時に

クレヨンでまず色を塗って

その上から黒で全部塗って

それから何か固い針金みたいなもので削って絵にした。。ってのを

やった覚えがありますが、あれと同じっす。

独特の綺麗さがありますねえ~。

この場合一番下に白を塗ってないとこういう風にはならないす。

というところで

そろそろ終盤なので行き詰っています^^;

最後の決めっ。。ってのがすっきりいきませぬ。

自分がイライラすると動物もイライラして

犬はぉシッコを漏らす。。。。2度も3度も漏らす。。。。。悪循環^^;

くっそ~~~(シッコだけんど~~^^)

Img_2551

ネコパンチ直前の図^^

さあ~、明日は休みだーーィ^^

今週もごくろーさんでしたっ。それなりによー働いた^^

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

クレマチスが

もう花やさんにはアジサイの鉢が売られている。

早ければ良いというものじゃないよ。と思いながらも

もうアジサイかあ~~とも思う。

クレマチスもそろそろだ。

去年ベランダの西側にクレマチスを這わせて一気に白い花を咲かせようと思い

植えたクレマチスの枝が伸びると自力では巻きにくい幅のフェンスなので一々ネジネジで

とめて一面に咲く計画を立てていたのだった。

クレマチス類は鉄線なんて名前にもあるように

茎がやたら針金みたいだ。

葉が無ければ枯れてると思ってしまう~。

冬の間に家人が掃除がてら綺麗にクレマチスを切って捨ててくれた、、、、、おいっ!

泣く~~~~~。

もうすぐ西側一面にクレマチスが咲く。。。。予定だったけど

今年もコツコツと伸びた枝をフェンスにネジネジで留める作業をするんだヮ。

来年こそは。。と思うけど・・・・・・

最近私は、フォークってものを使わない。

ケーキとか果物とはをすべて箸で食べる。

昨日はカンからナッツを箸で食べてたら妹が、おとーさんみたい、、、と言った。

そう。

おとーさんはピーナツを箸で食べていた^^;

甘納豆も箸で食べていた。

段々私はジイサン化してる。

ケーキを箸で食べるとすごく食べやすいですよ。

もう我が家ではケーキを買うと買ってきた箱のまま箸で食べる形が定着しとる。

懐かしいケーキ皿とフォークはどこへやら~~。

ケーキには台紙がついてるじゃん。。。

お皿を洗うのは面倒だ。

ついでに食後とかおやつとかの時間で

食事のお皿を洗う時間とずれる。

また洗わないといけないのにそれほど汚れてない。。ということで

別に皿が無くてもよいじゃん。。とどんどん簡略化しています。

小さな粒のものを箸で食べると妙にリハビリっぽくて好きなんだ。

確実につかめて確実にお口に運べると変に嬉しい。

手で摘まんで食べて指先に塩とか砂糖とか油が付いてその手でパソコンなどをやる方が

きたにゃい。

などと思ふんだけど。

Img_2496

Img_2497 にゃあちゃんも

暖かくなってきたらしく

久しぶりに

大胆なお姿で寝ている。

乱れ放題^^;

ついでに目を開けて

寝ている。

目を開けてるんだから

起きてるのかと思うけど

良く見ると目が寄ってるので眠ってるんだということが分かる^^。

かなり気持ち悪いです^^;

今日はめったにないお稽古が大人数で

私が座る場所は無かった^^;

だからあまり仕事してないんですけど

終わってから数時間頑張りました^^

ところがお稽古の間待たされてる動物たちはストレスがたまってるのか

暴れ放題。

私は真剣に仕事に打ち込もう~としてるのに^^

Img_2528

私はずっと仕上げ塗りのやり方は

能面師の時のやり方でやっている。

簡単に言うと

傷をつけて汚してまた直すの。

だからやたら細かい仕事になって写真では分かりにくいんですけど。

Img_2529

昔は勿論裸眼でやってましたが、

今は老眼鏡と拡大鏡とを使ってやってます。

拡大してみると

当然ムラが沢山ある。

ムラも楽しいムラと不愉快なムラがある。

楽しい方はそのままにしますが、

不愉快な方を楽しいムラに直す作業をずっとするわけです。

そうすると手間かかってるだけほっこりした良い雰囲気のお肌になるわけです。

Img_2530

ここにもう少しこういう色を足したいとか

ここはもう少し濃くしたいとか

そういうのを少しづつ直すのが面白いですね。

そうやって手を入れてるんだけど

出来あがると自然とそうなってる。。みたいに出来あがるのが良いなあ~。

キッチリとした仕事をするとそういう手間をかける必要がないので

逆におもろくない。

人だってすくすくと何も問題なく育った人よりも

一ひねりも二ひねりもしてる人の方が面白いのと同じっす。

だから失敗も大歓迎です。

失敗すると直す手間がかかるので良くなる可能性がある。。と思うんだけどなあ~。

Img_2531

おへその辺りだって

大切にしています。

タダの点にはしてまへん。

こういうところもやたらセクシーになったり、逆にタダの丸になっちゃったりと

いくらでも変わるんですよね。

仏さまがセクシーなへそを持ってたりするのはマズイでしょう。

それでもこのくらいの時期になってくると

この辺りはもっと丁寧に彫っておけばよかったな~なんて思います。

木地の時は分からないんですよね。

塗るとアラが出てくる^^;

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村