ホーム>工房日誌>アート・文化>桜五分咲き・・・
アート・文化

桜五分咲き・・・

Img_2392

昨日の写真ですが、今日はもう少し咲いたかな。でも天気悪いし気温も低いので

パアッとは咲かないですね。

来週までもってくれるかな~~^^

Img_2382

ルルちゃんも寒いと人恋しい~。

こうやって体の力抜いて手の平に納まるとお互いに暖かいです。

特にお尻の所をマッサージしてやると喜びます^^

お尻も凝るのかな?

あ、お尻と言えば、ルルちゃんを飼って初めて気がつきましたが、

フンをする時にところてんみたいに体の中から棒が出てフンを押し出していますっ。

これは今までトリを何回か飼ったけど気がつきませんでした。

合理的に見えるけど、その割にはお尻汚れるなあ~^^;

Img_2384

かなり怒って睨んでる

ネコです^^;

今日は寒いので

床に座って新聞を読もうとすると

こうやって集まってきて

喧嘩ですヮ^^

手前の毛乱れてるのは私じゃなくて犬です^^

Img_2385

戦い始めましたっ。

まあ、一日に数回やってますが。

人がいるとかなり活気あります。

見てないと知らん顔してます。

見られたいのか^^;

Img_2389 私の膝に肘付くネコと

ちゃっかり私に乗っかって

尻もちつく犬と^^

新聞はどこへ~~やら。

違う場所でやってくれ~。

面白いことに

ネコは犬の首に噛み付きますョ^^

思いっきり噛んで殺せーっ!と

応援しますが^^(どこまでもネコの味方^^エコヒイキおばやん・・)

今日は木のボタンを作りましたっ。

というのもどうせ出来あがらないと思ってこっそりと作ってた毛糸のベストが

出来あがってしまったのでした~^^;

中学の時に家庭科でマフラーを作って2を貰って以来

そういうことは苦手でやってきたので

作ったことがなかったんす。

生徒さんの中で素敵なセーターを着てる方がいらっしゃるのですが、

聞くと

案外適当に作るのだそうです。

柄も毛糸も手当たり次第揃えずに好きなようにやってるので右左で柄が違うんだそう。

けど好みがはっきりしてるので違う柄でも違ってみえない。

測りもしなれば計算もしないで適当に作る。。ということ。

そういうことならば私も出来るかも^^;と思って。

製図や目数を数えるというのはちょっと苦手なのでテキトーをモットーにやっていこうかと

思ったのでした。

Img_2396 ←あまり見せられない出来の作品です^^;

木のボタンを買っておいてあって

さあ付けてみるとあれよ、、、そのままでも外れてしまう~。

そう。穴が大きすぎるんですな。

ありゃま。。ということで穴を小さくするよりはボタンを大きくした方が楽じゃないかということで

早速ネットでボタンを探し始めましたが、木のボタンって良いのがないです。

革のボタンなら良いのがありました。

けど、革のボタンは洗う度に外すんだと!

あちょー、これは耐えられん。

私はボタンつけも嫌いですがな。

ということで作るしかないね。。とまあ、そういうことです^^

Img_2399 この間、光背に使おうと思って切ってしまった皿があったので

それを利用します。

まずは、糸を通す穴を開けます。

成形してから穴開けて失敗するとくやしーですから^^

これは桂の木で柔らかいんですけど、

本当はもっと堅い木が良いですね。

そういえば、以前木のボタンを作るために遠方から習いにいらしてた方がいらっしゃいました。

月謝払って電車賃かけてボタンを作るんじゃ、もったいないな~と思ったのでしたが。。。

Img_2400 機械を持ってる方は

キッチリとしたものがすぐに出来ると思いますが、

私のように手作業の場合は

キチンとした丸よりは乱れてる方が

らしくて、良いです。

Img_2401

穴は二つ開けましたが、(まあ4つだと大変かと思います。)

穴と穴の間が幅広い方が失敗ないです。

けどあまり広いと縫い付ける時に厄介かも。。

Img_2402

穴の中もやすり掛けして

裏は丸く表は多少反った形に

したのですが、

裏の方が可愛くなったので

裏を表にすることにしました。

Img_2403

まあ、贅沢ではあるんですが、

桂の木は軟弱ですので漆を塗って固めることにしました。

洗濯にも耐えられるし。

ま、1回か2回しか塗りませんが。。^^;

なにせ付けるベストがソコソコのものなのであまり豪華なボタンにしてもね~。

母はよく毛糸物を作ってくれたんですが、

編み目が硬くて重いし肩が凝るんですよね。

そういうことがあるので私としては柔らか~いものを理想として作ったのは良いのですが、

柔らかすぎ?か、、多分洗ったら倍くらいの大きさに伸びちゃうんじゃないかと心配しています。

ま、始めての時からそうそう成功はしないと思うので

次にはもっと巧くなろう。。

その時はボタンを外して次のに付けよう。。。

てなわけでボタン作りの一日でした。

セーターなんかでも手作りの大きなボタンを胸元に一つ付ける。なんてのも良いですねっ^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1372

コメントする