ホーム>工房日誌>2010年2月

2010年2月

生徒さん作品ご紹介、スプーン

先週生徒さんのところのニャンちゃんが腎臓が悪くて透析をしなければならない、、とかで

暗い表情だったのですが、

ニャンちゃんはお医者の治療フードはあまり食べずジッと我慢の子だそうで

見かねてマグロをやったら我慢した分を取り返すように食べた^^とのことでした。

ネコは無理してまで食べないので食べれる物があったらそれを食べるのが良いと私は思うす。

医療や治療に気を取られて本来の楽しいニャン生を忘れちゃったらいけないですよ。

ミロちゃんは今日違う会社の缶詰を食べて、、

それはマグロの切り身が大きめに入ってるものでしたが、

それをどうやら鵜飲みにしたようで

ゲッと吐きだしてありました~^^。

噛むことを知らんのですがな。。。

どーーして??って思うけど

食べ物を舐めて暮らしてきたので噛むってことは考えてないようです。

こういうのは誰が教えるん?

Img_1728

誰が教えなくても

好きな縫いぐるみを

夜中にせっせとロフトから運んでくるミロちゃんよ。

 

最初は右端のような

お口サイズだったのに

今はちょっと大きめになったです。

最終的には

どれくらいのサイズのものまで持ってこれるのかな?

ここまでたどり着くのに梯子と階段があるんですが~。

100以上あるような縫いぐるみの中でどうやって選ぶのかな?って思うんだけど

好みってのがネコにもあるんですかね^^

生徒さん作品、ご紹介、小規模編、

Iさん作、スプーン

Img_1831

クス材で彫ってクルミオイルを塗ったんだそうです。

使い勝手は良さそうです。

飾りはちょいと彫ってある上にアクリル絵の具を塗ってるようですが、

食器にアクリル絵の具はどうかな??という気分はありますね。

逆に絵を付けない方が良かったんじゃないか。。と思いますが~^^;

しかし邪魔になるほどの絵ではないですが、色ですかね。。

黄緑、赤というような色は木に持ってくるには微妙な難しさがあるように思います。

その点、茶系などをもってくれば無難ではあるんですが。。

ま、彫って塗ってあるので後のお祭り^^でしゃ~~ないす^^;

食品を扱うものの場合は呉々も安全性の高い塗料を使うようにお勧めしたいっす。

オイル仕上げですが、、

お好きな方がいらっしゃいますが、

どうも塗りすぎ?か、ベトベト感がなんとも気持ち悪いので

もう少し、少しづつ摺り込むようにしたら良いんじゃないかって思うんですけど

どうざましょ。

昔のヒノキの床板でもさ、

ぬか袋で根気よくやるんであって

油をまいて後で拭きとる、、なんてやり方はしないです。

少量を摺り込むように時間かけてやると良い色になるんじゃないかと思うんですけどね~~。

時間かけるって1時間もやったー。という意味じゃないです。

週に一度とか、月に一度とか、年に数回とか、そういう意味の時間かける。。です^^。

今日の仕事っす。

Img_1827

きゃ~~、セクシーなバラバラ事件。。みたいな

雰囲気ですが、、^^

最近指先がサラサラになっちて

小さいものを取り落とすようになったざんす。年ですねえ。

前は、持っただけで指先はピタッとくっついたのにさ。。

Img_1828

片足中。

Img_1829

両足中。

ここまではなんとか行くんですが、これからが問題です^^;

Img_1830 この接着部分のピッタリ度がね~。

私にとっては難しい^^

これから時間くいます。

Img_1832 Img_1833

手でやんす。

ちっせ~~の。

片方はお膝の上へ、片方は椅子の縁に。。って考えてますが、

巧くつくかな^^。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

節分

今日は節分ですね。

豆まきの声は聞こえてきますか?

恵方巻きの方は繁盛してるようですねっ。

ま、イワシの頭よりは良いですが、可笑しな風習っすねえ。。

家族揃って同じ方へ向いてノリ巻きを丸かじりしてる図を想像すると笑っちゃいます^^

Img_1815

一昨年だかに結婚された生徒さんのご主人が画家さんなんだそうで、、

早速ハガキを持ってきてくださったのです。

あ、懐かしい雰囲気の可愛い絵なので見ていただくことにしました~。

なんか、ほのぼのとしてて、、ああ、あるある。。みたいな景色ですし。

ちゃんと横には崑ちゃんのオロナミンCドリンクも描いてあるし~~^^;

原田泰治さんの絵にちょっと似た雰囲気ですけど

ほんわりしててとても良いんです。

こういう景色を探すのも近頃では大変なんだそうですが。。

ご主人のお名前は須飼秀和さんとおっしゃいます。応援しちゃいます^^

今日漢方薬やさんに行ったんですが、

心臓の薬は普通科学薬ですが、私は病院には行かないし

科学薬も飲めない性質なので漢方薬へ行くんです。

漢方でも心臓の薬はあるんですが、、、

ニトログリセリンと同じ効用なのが牛黄(ごおう)というものだそうです。

それは何で出来てるのか、、、というと

牛の胆石なんですと^^;

おいおい、どこの誰がそういうのが薬になるって試したの??って思っちゃいましたよ。

胆嚢なら牛に必ずあるけど

胆石はあるとは限らないじゃないですか、、だから高いんだって。。

へへ~~~。

私に処方された薬には阿膠。。というものが書いてありました。

ニカワってのは読めるけど阿はなんだろうと思って聞いたら

ロバなんですと^^;

ロバの皮下のゼラチン質ってことだそうです。

へっへ~~~。

薬ってまったく面白いもので出来てるんですねえ。。

いやあ、人間は怖いなああ。何でも食っちゃって、、なんでも薬にもなっちゃって^^;

Img_1820_2

三人寄れば、、、、、^^

ミロちゃんの毛艶がやたら良くなったでしょう?

食事を変えただけでこうも違うの?と言うくらいです。悪くなりました^^;性格が。。

ワンパクっていうのかな、、、いたずらが多くなりました~。

尻尾も太くなってきましたし、、

肉もしっかりとしてきました。

目もギラリと金色ばっちり^^

今日の仕事です。

Img_1823

顔は大きめでも良いっかな。。と

体と同じくらいの木を持ってきました。

Img_1824

なにせ、大昔に作った人形なので

流行らないよ~~みたいな雰囲気がありますが、

ま、また流行るかもしれないということで

昔風のヘアスタイルにします^^

Img_1825

あれ、大分女の子らしくなってきて。。。

Img_1826 そこに大根のような

足が付きます^^

今、一本目です。

これは椅子に付けちゃってもいいかなと思ってますが。。

取りあえずまだどこに付けるか決めてません。

手も付きますが、こちらもどこに付けようか考え中です~。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

雪積り、、

雪もせっせと積もりましたが、

朝にはもう道路の上に雪はありませんでした^^めでたし。

雪が残って凍ると怖いですからねえ。

適当にベランダ辺りに残る分には楽しいですね。

なぜか上が黒くなるまで残ることがありますが、どうして溶けないんだー?

Img_1810

いつだったか、本屋さんに行った時に気になった本なんですが、、

買おうか買うまいか迷ったんですが、止めたんです。

けど家に帰ってどうもチラと読んでみたくなってアマゾンで買ったでやんす。

写真を見ても分かるように微妙に興味を引かれる絵でございましょ?

お兄さんたちの髪型とかもみあげから言ってもかなり古い時代のもののようですしィ。

というわけで読んでみて驚きましたね。

素晴らしいお話でしたっ。

題名のライオンのクリスチャンというのは

キリスト教関係か?と思わせるんですけど

何も関係ない、クリスチャンという名前のライオンという意味なんですヮ。

当時ロンドンのハロッズで売ってたんだそうです^^;

それを買った二人の青年なんですが、

当然すぐに飼いきれなくなる。。。

それを動物園とかサーカスにやっちゃうんじゃなくて、祖国アフリカに返そうという

お話ですが、

まったくもって2青年が動いたとは思えないほど大きな話になっていって

このライオンのクリスチャン君にとってこれ以上の幸せはないという

ま、このクリスチャン君が持って生まれたライオン格か(人格)、、とも言えるんですけど、

良い人に飼ってもらって良かったね^^みたいな話です。

いやあ、、この二人の青年の見た感じと違った愛情の細やかさには驚いてしまいます。

プロカメラマンが撮ったという写真たちも可愛いですよお。

昨日かの朝日新聞に鷹匠の女の子の話が出ていましたっ。

若干15歳くらいでした。立派に鷹を操ってハトで困ってるところに行って働いてくれるんだそうです。

前にスペインだったかのサッカー場で

定期的に鷹を飼ってる人がきて

サッカー場に鷹を放すとハトが自然といなくなってフン害に悩まされなくなったというのを

見たことがあったのですが、

猛禽類が来るとカラスとかハトはチリヂリにいなくなっちゃうそうです。

いいですねえ、殺しなしですよ^^

うちのルルちゃんだってテレビで鷹を見るだけで大騒ぎですからね。

鷹ってのは怖いんですよ。

トンビはカラスにやられてることが多いですが^^;

(なぜにトンビだけ格下げなのか。。。)

前にマンションにいた時も困りました。ハトには。

とにかくホッホーみたいな鳴き声を出すし、朝ベランダにはべっちょりとしたフンだらけ。

ダニもいるんだから誰が掃除するのよ。。みたいなね。

これが一度居付くとなかなかどいてくれない。

網を張ろうが何しようがダメで困りました。

女の子でも鷹匠が出来るんですね。。

自力で勉強して身に付けたんだそうです。

弟子だと女の子は取ってくれなそうではあります。

女の子だってどんなことも出来る!

毎日ひよこを餌にしてるんだそうですが、

そんな話を聞いてきゃ~~~なんて言ってない。

偉いっ。

独学も偉いっ。

すばらしっ!!

今日の仕事でっす。

Img_1814

お顔かえてみましたん。

髪の毛も少し減らしてみました。

良くなってるわけではないんですが^^;

Img_1816 それぞれをドリルで埋め込みます。

ハスのシベの上には天女さまと光背が乗るので

わりとギッチリです。

ピッタリに納まってくれればよいんですけど。。

Img_1817 Img_1818

巧いこと光背が付いたと思ったのに

天女をくっつけて見ると左にいざってる~~^^;

がっくし。。

ということで光背の穴を埋め直してもう一度右に穴を移動しました~。

てなことで彫り上がりっと。

塗る前に小さな人形を一つ作りまっす。

 

Img_1819_2 Img_1822

椅子と胴体です^^

次は頭ですね。

明日っす。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

雛人形完成

雪ですな^^;

もう積もってます。(夜8時)

Img_1799

雛人形できましたっ^^

小さいけど予算の関係で柄が凝ってます~^^;あはは~。

同じパターンの人形ばかり作りたくないんですが、

注文だとどうしても見本のものがあってそれは大体同じものが人気があるので

結果同じようなものばかり作ってることになりまする。

木の雛人形は飾るのにとても気が楽ですよ。(木の雛人形の宣伝です。)

お顔どうなってるかな??みたいな心配は要らないです~。

とは言え、あまり湿度が高い家ではカビが生えることもありますが。。。

普通の雛人形の髪の毛が崩れるんじゃないか、、

虫がついてないか、、などという心配は皆無です~。

私のところでは色をかなり重ねるので色あせはないと思います。

一回塗りだとどうしても退色するんですけど、何回も重ねてペーパーかけて落としてるので

大丈夫です~。

よく顔に紙をクルクルと巻いて保存してる方がいらっしゃいますが、

そういうことも必要ありません。

拭いたりする必要もないですし、

ケースに入れなくても大丈夫でっす。

とにかく楽ちんです。

どんな姿、どんな顔、色合い、柄、

オーダーですのでどんなご要望にもお答えしとります。

(以上、木の雛人形の宣伝でしたっ。)

Img_1750

戦うルルちゃん^^

飛んで行って倒して足で踏んづけてテーブルから落として更に飛んでいって足で押さえて

噛みついて、、と日夜頑張っております。

今日の仕事っす~。

Img_1811 机の上が大分整理されて

寂しいくらいすっきりしちゃってます。

久しぶりに天女彫ります。

Img_1812 なんてことない

あっという間に彫れるんじゃん。

て思ったりもしますが、

他のものが気になってると

彫れないんですねえ。

Img_1813

てなことで天女の顔が少し暗めだったので

違う顔にしてみました。(見えませんが~^^;)

光背がやたら黒いですが、塗るので問題ないす。

明日は埋め込み作業でもして

塗り前に違う人形を彫ろうかと思うとります。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村