ホーム>工房日誌>アート・文化>1月も
アート・文化

1月も

一月もあっという間に終わりに近づいちゃって、、、

来週はもう2月ですヮ。

土曜日にチンタラしてて夕方になってから運動不足だからと

3キロばかり歩いていたら

梅がかなり咲いてる木があって

あれ、、もうそんな季節なんかあ~と思って感激したざんす。

夜見る梅もよし。。

香りもあり、月夜にほんのりと白く映る花は妙に美しいものでした。

うちのおとーちゃんは夜外に出てはいけない。。という躾だったので

私はあまり夜外に出ないんですが、

どうして出ないかというとオバケが怖いすな。

どうやらおとーちゃんもそうだったようです^^;

そんなのいるかい?と言われても

なにやら物陰からオバケが出るような気ィするんですヮ。

こういうのって子供ばかりじゃないんですかねえ~。

その点同じ躾をされてながら妹は夜外へ良く出ます。

お陰でその子も夜中心の暮らしです^^;

良いのか悪いのか、、、あまり良いとは言えないんですが、

自分が良いのかと言えばそうでもないので

それぞれ。ってことですかね^^

Img_1721

ネコがいようが、私の膝の上であろうが

ひっくり返って自分の尻尾持ってユラユラさせてる余裕のルルちゃん^^

今日も私は心臓がバクバクしたのですが、

うつ病の薬は効かなかったので

いよいよ、姪に昼ご飯の時、

おばちゃんにもしものことがあったら

ルルちゃんは四国のヤマドリさんちに持って行って欲しい。。と

遺言したんです。

四国のヤマドリさんは、ブログにコメントしてくれる方で

ルルちゃんのファンだというので

きっと四国ならるるちゃんのバカ声も隣近所にご迷惑にならないんじゃないか。と思うわけです。

(四国を何だと思ってるーーー!?)

えーーーー、そんなに悪いの??と聞かれたですが、

さあ~、一寸先は闇だからね。。ということで

お願いしておくことはしておかないとね^^

以前に近所の歯医者さんがオウムを飼っていて

オウムはインコと違って50年くらい生きるので

自分が死んだ後のことが気になってしょうがない。

なんとか貰い先を決めておかないと。。と思ってたんです。

そこで私がご指名されたんですが、、

死んだ後というのに決まったならすぐに。。。とせっかちな話で

あっという間に持ってきてうちの庭の梅の木に籠ごとぶる下がってるではないですか。

で~っかい緑のオウムでした。

なんたっておやつにきゅうりを一本あっという間に食べてしまうんですから。。

梅の木に下がっていても声はものすごくうるさい。

1時間もしないうちに母がうるさいから返してこい。。と言ってあっけなくお戻りになったのでありました。

そういう風に長生きする動物の場合、自分の死後誰が面倒を見てくれるかということは大問題でして、

ルルちゃんも今のところ貰い手はありまへん。

家人は私が死んだら売ってたペットショップに引き取ってもらう。。と言ってました。

中々難しいですね。イヌネコと違って。。

というわけでまだ死なないようにしないと。。。

 

今日の仕事っす。

なんとなく面白くなってきました。

Img_1718

何回塗ってても

隅っこはホジホジしないと綺麗に絵の具がのりません。

Img_1720

桜を描くんですが、

鉛筆で下絵を描くと

絵の具が厚みがあるので

そのちょっとした陰のところの

鉛筆の線が消えないんですヮ。

ので鉛筆を使わないんですが、

これは縁取りになるので先に描いちゃうことにしました。

金茶の薄いもので描きました。

Img_1722

薄いピンクをのせます。

ピンクの絵の具を使わないで

胡粉に赤い絵の具を一滴くらい入れたものです。

その方が胡粉の盛り上がり効果があって良いっす。

Img_1723

臙脂でシベを入れます。

Img_1724 こちらは赤い地に白(クリーム)の桜を描くので

外枠はつけません。

ぽってりと小さめな桜をそのまま描くというより

塗っちゃいます。。みたいな感じです。

Img_1725 こちらも同じ絵の具でやってしまいます。

桜はピンクと思ってると

とんでもないケバイものになるので

ピンクが合わなそうなところは白よりはこういうクリームみたいな

色の方が落ち着きます。

多少の色の違いで驚くほど雰囲気が違います。

Img_1726

らしくなってきましたがな^^

この楽しい時間に

足元でイヌネコトリがバタバタしてなければもっと良いんですが^^;

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1303

コメントする