ホーム>工房日誌>2010年1月

2010年1月

生徒さん作品ご紹介、ワタリガニ

Img_1783

紅梅も白梅も良い具合なんですねえ。

最近外に出なかったのか気がつきませんでした。

今日で一月も終わり。

ついこの間お正月だったような気もするし、遠い昔だったような気にもなるし。。

明日から二月なんですねえ、、二月はもっと速いぞっと。

昔、母はいつも陽の当たる場所にお尻を突き出して本や新聞を読んでいたものですが、

私も今日は陽の当たるガラス越しに背中を向けて雛人形の点検をしてました。

日差しって熱いっすねえ^^

背中がカチカチ山になりました。

こういう風にしてのんび~りするのも良いもんだなあと思いながら。

出来あがったお雛さまが

同じ寸法から取ってるにもかかわらず、

なぜか女の方がちょっと大きくて、

更に男の方は大人しく下を向いてるのに女の方は多少上向きで

目の位置が高い!

やばっ、、、

というわけで背中が焦げるのも気にせず、せっせとお直しをしてたのでございました。

なんとか目を少しづつ降ろしてきて^^;

同じような顔になったんですが、その写真はありません^^

違ってた時の写真はあります。(後日^^)

ついでに毛描きを忘れてたことに気が付き^^;

何かしら忘れるんですが~、最近。

それも足しておきましたっ。

完成しても点検の為に1日か2日取って置くのが良いですね、余裕を持って。っと。

生徒さん作品ご紹介です。

Hさん作、ワタリガニ。

Img_1760 Img_1762

いやあ、見事です。

まったくカニそのもの。

多少光りすぎって感じもするんですが、

Hさんは釣りをされるので

なんでも疑似バリを作る時に使うものを塗っておられるようです。

だからテラテラに光っちゃうんですね。

まあ、それはともかく、

細部をご覧ください。

Img_1764

Img_1763

面白いことに、

彩色で行き詰って嫌になってきたので

すべてハートで絵を描いたんだそうです^^

よーく見るとなるほどハートになってます。

ともあれ、すげ。。。の一言です。

カニは結構彫るのが面倒なんですよね。足多いし。。

カニの爪あたりのトゲトゲだって全部植えてあるんですよ。

いやはやはや、恐れ入りました。

お見事です。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

生徒さん作品ご紹介、雛人形

Img_1774

今日の河津桜の咲き具合す^^

綺麗ですなあ~。桜って。。

生徒さん作品ご紹介、Sさん作雛人形

Img_1738

去年のと良く似てるんですが、多少違います^^

絵も違います。

今年は松に藤ですね。(去年も松に藤があったかも)

藤が一房ってのがどうかな?と思いますが、

かといって三つ下がってるとしつこいか、、ということもなり

まさか二つ下がるわけにもいかず。。。というところですっ^^;

男の子も庶民的なお顔立ちで

冠烏帽子というよりは多少ヘルメット風ではありますが^^

金色ということで丸く収めていただいて^^;

白木に絵の具で絵を描いてあるんですが、

白木に絵を描くって結構緊張するし、

白木の方も綺麗にしておかねばいけないので気を使います。

プロのように素早く仕上げる人は良いのですが、

コネコネと触ってるうちにどうしても黒ずんできてしまいます。

しかし、白木に絵が描いてあるのもよいもんですねえ~。

とっても可愛いお雛様です。

女の子の髪の毛の部分は苦労されてると思います。

彫りぬいてありますから。。。

こういうのがあるのと無いのとでは違いがでますね、、やはり。

今日の仕事っす。

Img_1770 生え際を描きました。

すごく描きました^^

生え際が綺麗な子ってのがいまして、

なにかホッとするものがあるんですよね。

人形も生え際は結構大事な感じがしますの。

人形の場合、やたら多い髪の毛よりも薄い髪を丁寧に梳ったような髪型が好きです。

今回もおでこが広いので思う存分生え際の毛を描きました^^;

Img_1771

男の子の方も描いとりますっ。

口も入れます。

口は小さく入れてますが、それでも機嫌が悪そうになったり

笑ってたり、曲がってたりします。

男の子の方が憮然とした顔になりましたぁ。

Img_1772

Img_1775

女の子の冠に金を塗ります。

他にあまり金を塗るところが無かったので着物の中にチラホラと

入れましてん。

Img_1777

細かいところなので早速鯛の牙で磨いてみました。

普通は筆のようにちゃんと竹の持つところがついてるようです。

が~~、

私は歯茎です^^;

釣り好きの生徒さんが70センチほどの鯛を釣ってきてくれて

歯茎付きの歯だけ総入れ歯状態で頂きました~^^;

70センチほどになると20年以上生きてるんですと。

お陰で歯も多少歯槽膿漏風で、歯茎も汚ったないんですヮ。

身は生徒さんがお召し上がりになったそうですが、長生きしてる身はパサパサしてて

美味しくないんだそうですっ。だろうな~~と思いました^^

Img_1778

裏を濡れタオルで拭きます。

こういう時に漆を塗っておくと便利なんです。

絵の具で塗ると濡れタオルでは拭けませんねえ。。

一緒に取れちゃいますしィ。

Img_1780 Img_1781 部品を埋める穴が絵の具で多少狭くなってるので

ほじくってから

接着剤を入れて部品つけます。

男の方は

見本の雛人形に

松の緑がオアシスになってたので

こちらもオアシスに松をちょこっと入れてみましたっ。

桜と松じゃ可笑しいんですけんど。。。

桜だけじゃちょっと物足りないんだなあ~わたしゃ。。

というところで出来あがりっす。

お粗末でしたっ^^

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

生徒さん作品ご紹介、鹿蓋物

缶詰ってあまり食べませんが、

ペットの缶詰はあけます。

パッカンです。

が、パッカンの中を洗おうなどと考えるだけでゾゾゾゾ・・・と戦慄が走ります^^

普通のパッカンもそうだと思いますが、

今時はカンの中を洗ってゴミに出さないといけないですよね。

ドックフードの長い缶詰はどうやって洗うんですか?

以前、あの中に手を突っ込んでグルリ~とやってしまった人を見たことがありますが、

もうパックリですよ。。

思い出してもやはりゾゾゾゾっときてしまいます。

怖いですよねえ、、どうにかならないのかな。

Img_1757

家の中でも上手いこと桜が咲いてきました。

いやあ、、以前に花屋さんで桜を買ったことがありますが、

色も白っぽくて小さな花で

こんな風に賑やかではなかったです。

河津桜ってのは少しピンクが濃いのか家の中では賑やかです^^

明日も写真撮ってみよう~っと。

Img_1734 Img_1735_2

生徒さん作品ご紹介、

Sさん作、鹿蓋物。

以前にシカが完成した時にご紹介しましたが、

その後蓋物になったのでまたご紹介します^^

この間のネコもそうでしたが、

蓋物になると妙に愛着というか、親しみを覚えてしまうのは私だけ?

ただの置物よりもずっと触る率が高いでしょうし、

ついでに入れ物なんだから便利に使えるので良いですよね。

彫りものの場合、漆を塗るとアラがでてきて

小汚いものになりやすいんですが、

その点、巧いこと塗られてるというのか、中々工夫があるような感じです。

触り心地もとても良いし、中々いいなあ~。

今日の仕事っす。

Img_1759 ちょっと杉みたいな松です~。

もっと明るい色にしようかな。と思ってます。

 

着物がコテコテで行き詰ったので顔に移ります。

Img_1767着物がコテコテでも顔がさっぱりしてればそれはそれなりに良いですが、

顔も着物もコテコテだといけないですねえ。

要するに似合う、似合わないってことになるんですが、

人形のくせに襟元の何色が似合わないなんてこともあります。

生意気だ。

目を描くと生え際も描き、

そうなると毛も塗らないと

同じ色にならないので

どこから始めるのが良いか。って

ことになるんですが、

とりあえずやはり目ですかね。。その後に生え際を描いて毛を塗るのが良いですかあ。

毛を塗ってから生え際描くと後で描いたってバレる線が出るんですう。

墨は毎回色が違うので明日やれば別の色になっちまいます。

・・・それにしてもデコ広いな。

目は三回くらいに分けて描くことにしてます。続きは明日の朝が良いすね^^

Img_1768

毛は絵の具の黒を数回塗りましたが、

絵の具の黒は真っ黒で味気ないので

仕上げは墨の黒にしています。

墨をすって数滴胡粉を溶いたものを入れると

無駄な光が納まって良い感じになります。

Img_1769 男の後ろ側にはなが~いひきずるものがありますが、

長いと困るので雛人形の場合

ランドセルみたいに纏めています。

私もそこそこそんな風にまとめています。

両端と最後の部分は黒く塗ります。

もうすぐ出来あがりだの。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

生徒さん作品ご紹介、段飾り

今日は穏やかなお天気でした。

それとは関係なく朝から救心買いに行ってきました^^;

昨日生徒さんに初めて救心見せて貰ったんですが、

あまりの瓶の小ささにおったまげたのでありました。

テレビのコマーシャルで瓶の形やらきゅ~しんきゅうしんという歌などは知ってましたが、

瓶は普通の3センチくらいの高さかと思ってました。

しかし、ネコも真っつぁお、、、1センチくらいしかないんですねえ~~。

いやあ、それでも中身は高価な動物性漢方薬麝香(じゃこう)とか、動物性じゃないですが真珠とか

入ってるんですねえ。だから高いんだわ。。。

と思った次第です。

小田原にウイロウという胃薬があります。

これも仁丹みたいな銀色の丸ですが、

一般には年に一度葉書で売ってくれるだけだそうです。

お店まで行く人はもう少しは売ってくれるようですが。。。

生薬の植物だけじゃない薬は手に入り難くなってるんですねえ。

私は動物性の漢方薬でなくて植物性で充分です^^;

昔、伊勢佐木町に行くとヘビやさんがあって

漢方薬やさんだと思いますが、

店先にヘビがうねうねと動いてまして、

店の中はトカゲみたいなものの干し物が沢山ありました。

こういう店は今はあまり見かけませんが、

まだトカゲを煎じないとダメだと言う方もいらっしゃるんでしょうか。

ミミズを煎じるとか、ナメクジを飲むとかいうのもありましたよね。

うーーーむ。。。

最近はあまりやらなくなったんじゃないですかねえ。。ホホホ・・・

うちの干物たちもご覧ください^^

Img_1745

生徒さん作品ご紹介です。

Sさん作、段飾り。

毎年数個頼まれていらっしゃるそうで、見た目は同じものですが、

段々良いものになってるんです~。

Img_1736

毎度見ても素晴らしい人形です~。

手前のお二人はまだ顔を描いてませんが、

明日、顔を描いたのを載せる予定です。

今回この段飾りを写真では見ていたけど、実際には初めてと言う方が

えええ??こんなに小さいの~?と驚いていらっしゃいました。

前の写真はどアップだったのでものすごい大きな段飾りのように見えましたが、

そうなんです。とっても小さいんです。

人形一個が3センチくらいでして、

下の桃が描いてある箱が20センチ角くらいかなあ、、、、

その中に段と人形共々納まってしまうという、

なんという素晴らしさ。

これからはこうでなくっちゃ~~~。です。

だから顔なんて5mmくらいですからねえ。

そこに高い鼻を作って目口を描くんですから大変ですよ。

顔ったって15個あるんですから。

顔は一個描くだけでも大変です。

というわけで、飽きないのかな?と思う気持ちもありますが、

毎回見事な作品を見せていただいて

一足お先に春~でありました。

今日は大して仕事しなかったです。

そろそろ顔を作りたいのですが、

顔は一日時間がある時にやりたいのでそれまでブ~ラブラです。

Img_1754

襟元を塗り始めました。

ボテボテ塗ってるように見えますが、

塗ってます^^;

これからペーパーをかけて更に少し柄を入れます。

Img_1755 Img_1756

こちらピンボケです。

なんというかあ。。

手~入れ過ぎ^^;

どこか抜かないと

気が滅入りますな。

と言って顔を手を抜く~^^などと。。

顔は大きくて白いですから、顔が乗ると案外すっきりとしたりするんですが。。

ちょっとどこかつぶさないとなあ~ということばかり考えながらまたもや絵を足す私かな^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加中ですので押してくださるとありがたいと思うとります。ポチッ。

生徒さん作品ご紹介、皿

Img_1741

生徒さんが春を持ってきてくださいました~^^(去年と同じ飾り付け^^)

小さく見えますが、大っきい~~んです。

横幅1m30cmくらいです^^他に桜もありましたが、

花瓶がないですな^^;

壺が一個ありまして、その中にペットボトルを入れまして

そんな具合です^^。

Img_1742

入らなかった桜は河津桜だそうで

部屋の中なのでもう蕾が赤くなってきましたっ。

お隣の敷地から失敬してきた。ってところが

毎年でも嬉しいですね^^

わたしゃそういうの好きでっす。

ありがとうございました。

生徒さん作品ご紹介、Sさん作、皿。

Img_1732 Img_1733

すいませんっ!レコードじゃないですっ。

柄をばっちり写そうとして単なる丸になってしまいました^^;

薄いうすいおしゃれな皿です。

薄く彫った桂材の皿に漆を塗ってます。

色の部分も漆です。

赤い漆と白い漆です。

漆の場合、白というと白に漆色が入るのでほとんど黄土色って感じです。

中々良い色合いです~。

触らないと良く分からないんですけど、、、

普通漆器をやる人の感覚とはちょっと違っていて

もう少し欧米風ですな^^;

ちょいとハイカラでカッコよいんです。

新しい世界が開けて行くようで嬉しいですねえ~。

今日生徒さんがいらした時に

心臓はいかがですか?と聞かれたので

あ、心臓悪いのかな?なんて思ったらやっぱりそうなんだそうですよ。

そしたら次の人も心臓が悪いという話になって、、、、

ええ~?みんな心臓悪いの??って。

救心も持ってると言うので見せてもらいました~^^;

みんな心臓悪いんだあ。。。。。驚き。

妙に連帯感が出来て、ちょっと具合良くなったりして^^

いやあ、、驚きました。

痔とかね、、胃とかね、悪いなら分かるんですが、

皆さん心臓も悪いのねェ。。

今日の仕事です。

Img_1729 後ろ側も絵を描きました。

Img_1730

桜の間にも桜を描きました。

Img_1731 Img_1739

襟の部分も絵を入れました。

コテコテと描いてると

描きすぎることも多いので

しつこいなと思ったら

消し始めます^^;

それが楽しいすよ。

足したり引いたり。。

とりあえずはまだ足します。コテコテ^^

Img_1740

前の垂れの部分を鳳凰にしようかと思ってます。

いつもは桐を描いてたんですけど、

この前、「なんでこんなとこに桐?」って言われたので

急遽久しぶりに鳳凰にしたんですが^^;

鳳凰だと鶏みたいになるんですよね~~。

ま、取りあえず鳳凰の下描きしましたっ。

男も桜の花びらを散らしました。しつこいかなっ??^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

1月も

一月もあっという間に終わりに近づいちゃって、、、

来週はもう2月ですヮ。

土曜日にチンタラしてて夕方になってから運動不足だからと

3キロばかり歩いていたら

梅がかなり咲いてる木があって

あれ、、もうそんな季節なんかあ~と思って感激したざんす。

夜見る梅もよし。。

香りもあり、月夜にほんのりと白く映る花は妙に美しいものでした。

うちのおとーちゃんは夜外に出てはいけない。。という躾だったので

私はあまり夜外に出ないんですが、

どうして出ないかというとオバケが怖いすな。

どうやらおとーちゃんもそうだったようです^^;

そんなのいるかい?と言われても

なにやら物陰からオバケが出るような気ィするんですヮ。

こういうのって子供ばかりじゃないんですかねえ~。

その点同じ躾をされてながら妹は夜外へ良く出ます。

お陰でその子も夜中心の暮らしです^^;

良いのか悪いのか、、、あまり良いとは言えないんですが、

自分が良いのかと言えばそうでもないので

それぞれ。ってことですかね^^

Img_1721

ネコがいようが、私の膝の上であろうが

ひっくり返って自分の尻尾持ってユラユラさせてる余裕のルルちゃん^^

今日も私は心臓がバクバクしたのですが、

うつ病の薬は効かなかったので

いよいよ、姪に昼ご飯の時、

おばちゃんにもしものことがあったら

ルルちゃんは四国のヤマドリさんちに持って行って欲しい。。と

遺言したんです。

四国のヤマドリさんは、ブログにコメントしてくれる方で

ルルちゃんのファンだというので

きっと四国ならるるちゃんのバカ声も隣近所にご迷惑にならないんじゃないか。と思うわけです。

(四国を何だと思ってるーーー!?)

えーーーー、そんなに悪いの??と聞かれたですが、

さあ~、一寸先は闇だからね。。ということで

お願いしておくことはしておかないとね^^

以前に近所の歯医者さんがオウムを飼っていて

オウムはインコと違って50年くらい生きるので

自分が死んだ後のことが気になってしょうがない。

なんとか貰い先を決めておかないと。。と思ってたんです。

そこで私がご指名されたんですが、、

死んだ後というのに決まったならすぐに。。。とせっかちな話で

あっという間に持ってきてうちの庭の梅の木に籠ごとぶる下がってるではないですか。

で~っかい緑のオウムでした。

なんたっておやつにきゅうりを一本あっという間に食べてしまうんですから。。

梅の木に下がっていても声はものすごくうるさい。

1時間もしないうちに母がうるさいから返してこい。。と言ってあっけなくお戻りになったのでありました。

そういう風に長生きする動物の場合、自分の死後誰が面倒を見てくれるかということは大問題でして、

ルルちゃんも今のところ貰い手はありまへん。

家人は私が死んだら売ってたペットショップに引き取ってもらう。。と言ってました。

中々難しいですね。イヌネコと違って。。

というわけでまだ死なないようにしないと。。。

 

今日の仕事っす。

なんとなく面白くなってきました。

Img_1718

何回塗ってても

隅っこはホジホジしないと綺麗に絵の具がのりません。

Img_1720

桜を描くんですが、

鉛筆で下絵を描くと

絵の具が厚みがあるので

そのちょっとした陰のところの

鉛筆の線が消えないんですヮ。

ので鉛筆を使わないんですが、

これは縁取りになるので先に描いちゃうことにしました。

金茶の薄いもので描きました。

Img_1722

薄いピンクをのせます。

ピンクの絵の具を使わないで

胡粉に赤い絵の具を一滴くらい入れたものです。

その方が胡粉の盛り上がり効果があって良いっす。

Img_1723

臙脂でシベを入れます。

Img_1724 こちらは赤い地に白(クリーム)の桜を描くので

外枠はつけません。

ぽってりと小さめな桜をそのまま描くというより

塗っちゃいます。。みたいな感じです。

Img_1725 こちらも同じ絵の具でやってしまいます。

桜はピンクと思ってると

とんでもないケバイものになるので

ピンクが合わなそうなところは白よりはこういうクリームみたいな

色の方が落ち着きます。

多少の色の違いで驚くほど雰囲気が違います。

Img_1726

らしくなってきましたがな^^

この楽しい時間に

足元でイヌネコトリがバタバタしてなければもっと良いんですが^^;

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

54歳

54歳になったらしいがです。

昨日の夜にやたら心臓がパクパクしちゃって

具合が悪くなってきて、こりゃ53歳で全うしちゃうのかと思ったんですが、

うつ病の薬を飲んだら治ったです^^;

私はどうも不安神経症のところがありまして、

ちょこっとどこかが悪いような感じがするとじ~~と考えて

それらしい雰囲気になってしまうんですな。

こういう時にどど~っと落ち込むので

うつ病の薬を用意してあって一発飲むと元気が回復します^^

とはいえ、今日は大人しめに半分寝た暮らしをしてましたが、

後半は寝るのも飽きたので仕事してしまいましたっ^^

昨日、注文してた焼印がきたんですが、

その包みを見て驚きました^^

Img_1706

このお習字に焼印が包まってたのでした~^^

墨の匂いも清々し、

あれ、表装しろということか^^などと考えて、、、

こういうのって昔は結構ありました。

お習字をすると書いた半紙が沢山出るんですけど

捨てるには紙が良いのでもったいないですね。

それでお菓子などを包んでくれたり、パッキン代わりにしてくれたりするんですが、

これは楽しみなものです。

しかし、こんな大きなサイズに巻かれたのは見たことが無かったので楽しかったです~。

アハハ^^

Img_1714

久々の3ショットです。

特別仲が良くないものたちが近くに集まってそれぞれ勝手なことをしてるんですけど、

将来的には犬かネコの上に鳥が乗る。。という図を撮ってみたいと思ってはいます^^

Img_1709

こちらは汚い机の上で目つきも悪くトリを狙ってるネコすね。

だからと言ってどうってことはありません。

トリの方が全然強いです^^;トリの暢気な白い縁取りが可笑しいす。

今日は日曜日なので

天女の仕事をしました~。

Img_1713

すごく簡単な図柄にしたんですけど

結構彫りにくいっす。

けど、先は見えてきました~。

Img_1715 刳り抜いたので

カーブをつけます。

こんな風になる予定です。

やはり天女はこういう布がないと寂しいですね。

やっと全部揃ってホッとしましたっ^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

生徒さん作品ご紹介、ケヤキの鉢

震災があったハイチに豪華客船が予定通り入ってきて

船客たちが豪遊してるんだそうで

物議をかもしてるという話だそうですが、、、

船が入るとハイチにお金も入るということで

遊んでいても良いことらしいすね。

けど、船客の気持ちはどうなんでしょう。

震災にあった方々を思って船を降りない人もいるそうで

そういうこととは関係なしに大いに遊べる人はある意味ではすごいですねえ。

こういうことはそれぞれの言い分があるのでどちらが良い悪いとは言えないんでしょうけど

人として考えると遊べないですよね。。

生徒さん作品ご紹介。

Iさん作、ケヤキの鉢。

Img_1673

いよいよ、材木屋さんにケヤキを持ってきてもらったんです。

ケヤキが好きな方は多いでしょう?

私はとても彫れないと思ってますが、

力のある人はケヤキが好きです。

やはり、ちょっと雰囲気違いますね。

叩きノミで仕上げて漆を塗ってます。

便利そうな鉢です。

長さが25センチくらいあるので

食べ物だけじゃなく、ペンとかキーとかを入れる鉢としても使えます。

一度こんなのを作ったら病みつきになりますよ~。

ケヤキ材入れましたのでどんどん作ってくださいね^^

Img_1696

まあ、あまり見られたくないお姿ですが^^;ホホ

今日の仕事っす~。

Img_1698 お嫁さんみたいな姿になってますが^^;

袖の部分(これがお雛様の着物のほとんどですが。。)

をクリーム色にしようと試みております。

けど、

白っぽかったり、黄土色っぽくなったり。。

です。

Img_1699 この汚い色は色と違って名前は豪華な

金茶という色です。

襟の部分に良く使っています。

ここに綺麗な色を持ってくると

全体がものすご~くチャラチャラした感じになるので

ここで渋く押さえておくと他がチャラチャラしてても収まるんですう。。(と思ってるだけかも。)

Img_1700 Img_1702

赤い部分を塗ります。

赤は色々あって

考えちゃうんですけど

考える度に塗ってみるという

手もあるので

どんどん塗ります。

日本人形の場合赤というと朱だと思いますが、

俗にいう赤はあまり使いません。浮きます。

やはりどちらかというと朱色に近い赤を使った方が無難な感じっすね。

Img_1703 男の方はこうじゃないのに

こんな風にしちまいましたっ。

結構良いみたいなのでこれで進めてみようかと思っとりま。

Img_1704 私は絵の具を綺麗に溶かないので

拡大してみると

ブツブツが多いんですが、

ブツブツはペーパーをかけると

すぐに落ちます^^;

絵の場合はそういうわけにはいかないですね。ペーパーかけませんから^^

前の部分は赤が重なるので多少とも色を変えたいんですが、

どんな色がお似合いか、、、と苦心します。

人形でも似合わね~~ってのが沢山ありまする。。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

スプーン

暖か~い数日に全然慣れなくて

このポワンとした気分はなんだろう、、、と思ったりして

ただ暖かいんだよ。。ということだったのに

明日はすごく寒いんですってね。

もうちっと長く暖かくいてくれないとわたしゃ、慣れないんですよ環境に^^;

寒いのに慣れるまでまた時間かかっちゃう~。

Img_1689

生徒さんが作ってこられたスプーンですが、

ちょっと綺麗に手入れしたら使いやすそうなものになったので

写真撮りましたっ^^

楠です。

たっぷりめの材料から取ったので横からのカーブが使いやすそう~。

何に良いかな?と考えますが、、

はて、、、

サイズ的にはカレーですけど

カレーにはちょっと使いにくそう~。

雑炊は良さそう。シチューもいいですねえ。きっと。

とまあ、スプーン一つでも何に使うかで形や厚さが違ってきますう。

プレゼントにも良いですよ、これ^^。

今日の仕事でっす。

Img_1684

絵の具を塗って数年経ってくると年輪が出てくるんです。

これが良いという人もいるかもしれないですが、

妙に貧乏くさいっすな。

それで私は年輪がなるべく出ないようにしたいんですが、

それでも出ちゃうことはあります。

こういう時は絵の具だけじゃなくて胡粉を使います。

胡粉は厚みが出るのである程度埋めることが出来るんですが、

埋まりすぎると博多人形になるので気をつけないと^^。

Img_1686 Img_1687

こんな風に胡粉で埋めてます。

 

Img_1688 適当に塗ったら

タマにペーパーをかけてまだ木地が出るかどうかを試してみます。

まだ木地が出ます^^;

Img_1690 このモヤモヤは叩き筆というので

やってますが、

隅っこから始めないで漠然と増やしていくと

いつ筆を置いても良い状態になるので

結構良いんですが、

でたらめに筆を置くというのが中々分かりにくいらしくて

ついつい隅っこから丁寧にやってしまう方が多いんです^^;

Img_1691

ついでに余った胡粉で髪の毛の部分にも叩いて置きます。

Img_1693 Img_1694

筆を洗う水が汚れたところで^^;

黒い絵の具で髪の毛を塗ります。

黒は剥げるとみっともないので数回塗ります。

けど、最後には墨を塗りまする。

Img_1692 こちらも水が汚れついでに藍色を塗ります。

セコイ話ですけど、

水が綺麗な時に黒や紺を洗いたくないんですよね~~^^;ぉホホ。

 

というところで

Img_1695 たまにゃあ、彫りものも。。やっとります^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

景気が悪い

この間、材木やさんが来た時に

私のような仕事をしてる人は作品が全然売れないので

作っても置き場所もなく、段々作らなくなっている。。という話をしていた。

ほほぉ、、

私だけじゃないんだあ^^;

な~んて妙にお仲間が出来て嬉しい気分になったりしたんだけど。。

まだ、お稽古をしてる人は良い方で

作品一本でやってる人はものすごく苦しいんだそうだ。

フーーム、そうかあ。。

そこで皆ネットに手を出そうとするらし。

ネット出店をしようかという話になるようだ。

けど、ネットも売れないんじゃない?

ネットで出店しませんかー?という業者は儲かるでしょうけど

出店しても売れませんや。。

と私は思います^^;

どちらも景気が悪いんです。

自分だけじゃないとすれば、

ま、腰据えてこの不景気を楽しく乗り越すしかないわけで

こういう時ほど良い仕事をすると運よく買ってくれた人にはラッキーと思われたいなあ^^

という程度です。ショボン。

ま、私は先のことをほとんど考えないので

毎日毎日をコツコツと。。というだけですが。。。

一日を丁寧に生きたいです。

それだけで良いです。(消極的^^;)

Img_1676

こうやって生きるんじゃい。

とミロちゃんも

言ってます^^。

ネコはいいねえ、、

気持ちよさそっ。

今日の仕事でっす。

今日からは着物です~^^

Img_1680

これと同じのを、、という以前作ったものの写真からの注文なので

男は紺、女はクリーム地に桜という図柄です。

まずは下地をバッチリと。

といっても薄めの絵の具を重ねるだけですが。

厚めの絵の具を重ねると案外剥離することもあるので

薄めを重ねるのが良いと思います。

薄めだと木に吸い込まれますしね。

ペーパーをかけても木地が出ないというくらいで止めたいです。

まあ、ペーパーの番手によっても違うんですが。

木の風合いを損ねないように、、かといってあまり薄めだと貧弱だし、

数年で退色したなんてのは嫌なので

気に入るまで重ねるのであります。

Img_1681

全体に白木の部分がないように

とにかく色を入れます。

何回か塗ったりペーパーかけたりしてるうちに良い色がでたら

そこで止めます^^

だから最初は良い色にしないんです。

まだ全体が薄い頃に良い色にしてもそのまま仕上げることは出来ないし、

泣く泣く上から違う色を乗せるのも寂しいので

最初は系統としてこういう色。。という程度にしてます。

Img_1683 黒に近いような藍ですが、

この上にクリーム色の桜を散らします。

紺類は色が落ちやすいので

上にクリームを乗せ辛いんす。(クリームと紺が混ざってしまう~)

今日くらい暖かいと膠の具合も楽です。

暫くは寒波来てほしくないなあ~~。

塗ってる間に隅のところを年中刀で掃除するんす。

細いヤスリでも掃除します。

彫りと彫りの谷間のところは絵の具が乗ると更に毛羽立って汚くなるので

この汚さを放っておくと

妙に汚い作品になります。

ここを巧く綺麗にしておくと、他の部分はそうでもなくてもシャンとしたものに見えます。

ということで

せっせと小さな小刀でほじくるんすよお。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村