ホーム>工房日誌>2009年11月

2009年11月

11月30日

11月ももう終わりですねえ。。

明日からは師走ですがな。

ドラマに作品を貸し出してほしいという話は

監督の了解を得てからということになってたのですが、

その了解を得たのか、貸し出すことになりました。

なのに誰が出るどんなドラマなのか聞くのを忘れてもた^^;

怪しいドラマじゃなければ良いが。。。。

こういう貸し出しも面白いと思ってるうちが花で、傷んで返ってきたりすると

もう貸し出さないだろうな~とは思っています。

一応保険かけてくれるんだそうで、

品物が消滅してお金だけが入る。。ってのはどんなもんだろ、と悪い方も考えておく必要もあります。

たまに宅配便で壊れることがあって

保険に入ってるお陰で多少なりの修理賃を頂いたりして^^

その金でドカンとバーベキューなどをして、、、、(ウソ^^)

中々ドカンと食べれない私で、振り込まれた先でそのまま手付かずになって忘れてしまうわけですが、、

運搬途中の車が事故にあって大破したらどうなるだろうか、、などと考えちゃうんですよね。

ま、運を天に任せるか。。。

というのもほとんどの作品を貸してほしいっツーもんですから^^;ヤバいっすよね。

Img_1207

床暖にしてから新しい戦いが生まれました。

トリが床まで降りるようになって、更に私が木屑よけとして掛けてる布の中に入り込むように

なったです。

そして布がごそごそ動くもんだから犬が来て穴ぐらの中を覗こうとする。

と、、秘密の部屋を覗かれたトリは怒るのなんのって。。。。

これはすごいっす。

羽ばたきしながらものすごいスピードで走って犬を追いかけるんですな。

鶏はこういうことをよくやってましたね。

多分自分を大きく見せるのか翼を開いたまま走るんですヮ。

それで追いついちゃうんですから、怖いですねえ。

首っ玉に噛みついて更に食い下がるんです。。

こりゃあ死闘ですわあ。。

犬だってその場では負けるんですが、根性ワルなもんですから

相手の隙を見て仕返しするわけです。

こりゃたまりまへん。

顔付き合わせてる間中この戦いでギャーだビーだと大騒ぎです。

しまいには間違って私に噛みついたりして^^;

段々エスカレートしています。

ウーーーム。。

ネコだってそれを見て目をマン丸にして驚いてますヮ。。。

さて、本日の仕事です。

昨日からの華仏さま、、、

これは、はなぼとけさまと読むつもりでしたが、

先日、かぶつ。。。と言われて何か分かりませんでした^^;

なるほど、かぶつ、、かもね。

Img_1201 多少お椀状になったハスの花を鋸で分けます。

私は分けやすく8等分にします。

鋸はいっぺんに希望のところまで入れると案外曲がるのです。

それぞれの大きさの違う花弁になりますとみっともないですから

とりあえずは目印程度に入れます。

Img_1202 Img_1203

一枚の花弁の中央を

ツンと尖らすとハスですね。

丸めるとチューリップですヮ。

一枚の花弁の中央から見て左右が違ってると

おかしいです。

大カッコみたいな形ですけど、何回も何回も手直しして左右の形を揃えます。(終わりないほど何回も直すんです。)

Img_1204

らしくなってきました。

この状態になるのに結構時間くいます。

中は平にするんですが、1cmくらいの仏さまがお座りになる台座を

入れますので

それが入って、更に仏さまが多少花に潜ってる、、というような感じになるくらいの深さにします。

 

Img_1210 というところで

こちらもキリの良い所にして置かないと

ちょっと間が出来ると嫌になっちゃうので

人だけは彫りあげておこう~っと。。

ということにしました。

顔を毎日手、入れてますが、これでも少しづつ変わっています。

顔が良くないと売れません^^;(商売人の一言^^;)

11月29日分

昨日は日曜日だったけど

朝から帳簿つけたり仕事したりと忙しく働きまくっていて

最後に月末のけじめとして毛でも染めるかね。。ということで

毛染めしながら更に仕事もしたのであった。

そしたらブログ書くのを忘れてしもた。。。

というのも

丸善の展示会で華仏さまを見に行ってくださったお客様が

結局のところ実際に見ることが出来なかったというので(売れちゃってて、、もう無かった。)

ご自分で作ってみたい。。というメールを頂いたのでした。

私も丁度追加注文があって昨日から華仏さまを彫らないといけなかったので

じゃあブログに細かく出せばご一緒に彫れるんじゃないか。ということで

さっそく彫り始めたのに初日にしてブログを書くのを忘れたのだった^^;

ということで最初がないといけないので

追加で今日、昨日分を書きます^^;

Img_1195

Img_1196

Img_1197

華仏さまってのはどんなんかというと

これ↓

Img_0323 ちっさいというところが可愛らしいと思われる

仏さんで

人気があったようでした。

がーーー、一つしか作らないので

大ぜいの人が欲しいと言っても悲しいかな一個で完売す。

けどどうしても欲しいという方があらわれて今回作ることになったんですが、

まーー、一番苦手な二つ目^^;

さあ、自分で作ったものとは言え、すでに忘れとる。

寸法は計ってない^^;

と毎度のことなのでヤバいっすけど

そういう点を心得ていらっしゃる中間の会社の方が巧いこと了解を取って頂いたので

私も案外気楽作れます。勿論なるべく同じものを作るように努力いたします。

Img_1198ということで

この仏さまはハスの花から作ります。

仏さんの方が添えなんです^^

ハスの花の方がとっても手間かかるんです。

もっと大きい方が楽だと思いますが、

小さいから可愛いということがあるので侮れません。

花の高さはまだちょっと高いかも。。。と思っています。

とりあえずお椀みたいに中も彫って外も彫って昨日はお終いっす。

11月27日

クリスマスが近づいてきて

クリスマスツリーを飾るのですが、、

ツリーのオーナメントというのはどうやら年代によって好みが違うようなんですね。

私なんぞは綿の雪をふんだんに乗せた時代ですが、

今時はそういうものはとんと見かけません。

ライトとか玉などが多いですね。

手作りで木で彫ったようなもので飾りたいな~と思うんですけど

中々自分ちのものに時間をかけるってことは出来ないです。

うちのツリーはやや大きいので色々なものを飾ってみても

どうも松の盆栽みたいになっちゃって、、足りないんですよね。

毎年何を足すかが問題になるんですが。。

Img_1111

今年はこれ^^。

結構豪華で受けましたっ。大きいですしね。迫力あります。

お値段も高めで600円台だそうですので数買えないですが、

とりあえず3つぶる下げたら全体が賑やかになって良いです~^^

もうクリスマスが楽しい年ではないので

ツリーは出すのも片付けるのもめんどー臭いすよね。。

孫でもいないとやってらんない^^;

さて、本日の仕事でございます。

Img_1140 Img_1141

Img_1142 今日は顔をいじくりながら着物をどうしたもんかな、、と考えていたんです。

というのも、本来は楽器演奏者なもんですから、仏さまじゃないです。

仏さまにしちゃおう。。と思ったんですけど

着物が違うんですな~。

あっちゃ、、、ということでどうしたもんか。。と考えあぐねているわけです。

同じ着物ながらより高貴?に見えるようにするにはどうしたらよいか。。などとも考えています。

ま、仏さまはほとんど裸ですよね^^;

高貴な服もなにもないようなもんですが、、やはりあるんですねえ。。

とするとヘアスタイルもあるじゃん?と思ったんですが、

頭の上に丸二つは双髻(そうけい)といってありますね^^有名なのが。。弥勒菩薩。

でも裸ですねえ。。

迷う迷う。。

ということで自分の浅はかな知恵では良い考えは出ませんので

そういう時は見本と同じものにするのが無難。。ってことで同じにします。

より仏像らしく見えるように胸の辺の開き具合を仏像風にしてみる。って程度の工夫をします^^:

無い知恵絞ってるなあ~^^

生徒さん作品ご紹介、鹿

今日は11月最後のお稽古日でしたが

キャンセル続きでどなたもおいでにならず、、、、

それでも最後の日なので急にやりくりして来られる方がいらっしゃるのではないか。。とお昼まで思ってたけど

そういうこともなく^^;

ずっと一人で寂しく仕事をしたのでありましたが、、、

久しぶりにテレビ局から電話がかかってきて

ドラマ出演^^(勿論私じゃないっ^^;)ということでまだ決まってはいないけども

貸し出してくれるかどうかの打診。。という内容だった。

あ、いいすよ。。。と言っておいたけど、、

正直言って話題を提供して貰う程度で他に良いことはまるでないっす^^。

ま、クイズ番組じゃなくドラマらしいのでまだマシかと。。

次に電話があって

今度は東京でやってる展示会が新聞広告を出したんだそうで

急に人気が出ちゃったということで、その商品についての話だった。

こちらも出品作全部我が家にお帰りになるのも哀しいので

一つくらいでも売れてくれて良かった~とホッと安堵したのでありました。

一人寂しく仕事をしてたのでその二つの電話で少し元気がでましたよん^^。

生徒さん作品が続きますが、、

Sさん作、鹿。

09243

ほほ、可愛い鹿^^なんとなく良い雰囲気じゃないですか。

最初立派な角付きの鹿のはずだったんですが、

段々優しげなメスに代わって、、そのうち子鹿みたいになってきて

という感じです。

流動的に矛先を変えるのも良し^^

更に4本足でしたが、それも要らないということで切ってしまい^^;

更に更に急遽蓋物になってしまったのでした~。

Img_1122

これも又良し^^

結局目鼻も作らずとも雰囲気は出てるとして

そういう細工もありませぬ。

これから時間をかけて色を付ける予定ではあるそうですが、

いつになるやら、、ということで取りあえず白木の時点で完成ということになります。

けど、予定としては中は金箔^^外は渋い漆。。ということで

期待できますなあ~。(というのも私もそういう塗りが良いと思ってたので。。)

いやあ、才能のある人は勝手に才能ありますね。

そうは言っても、思うような雰囲気になるまで3年を要した。。というお言葉でしたので

才能があっても隠れたまま。ということはあるわけで

それを磨くってのも難しいものかと思いました。

磨いてるぞーということはなく、結局は自分が思い描いてるものをトコトンこだわって突き進むしかないわけで

妥協しないということなんでしょうかね。。

良い味わいが出てきて、しみじみと感心するのでありました。

さて凡才のわたくしめの今日の仕事でありますが、、

Img_1133

とりあえず琵琶との境目を上からと左からと右からとで貫通したので

じゃ、顔もある程度まとめないといけないね。ということで

今日は顔を彫りやした。

Img_1134_2 Img_1135_2

Img_1137 顔を彫り始めて、あ、顔小せーーと思いました。

拡大鏡で彫っとります。

間のびした顔にしてみようかと思ってますが、

すでに間のびしています^^

私は顔彫りが好きなのでニコニコしちゃいますが、最初はいつも自分にそっくりでやんなっちゃいますね^^;アハ。

Img_1138

 

Img_1139

これは模写ではないので

部分的には全然オリジナルで作ってますが、

東京の展示会で見てて

自分のものはチマチマしてるな~って

思ったんです。

以前はどんなものでも出来る。。と思ってましたが、

最近はどう作っても自分なりにしか出来ないんじゃないか。と思い始めています。

それが個性かもしれん。

自分の顔が嫌だ。。というのと同じように

自分の手なりも嫌だーと思うこともあるわけですが、

それはそれなりに開き直るというか、こんなもんかな。。と思っちゃうのも手でありまして、

人には真似出来ない。。ものとしてコソコソした気分にならなくても良いか。。と思うわけです。

ということで今自分が作りたいものを作りゃ良いわけで

人気があろうと無かろうと進むしかないです。

私は10代から顔が好きで、顔を描きたいと思ったり、彫りたいと思ってきたので

今自分が必要としてる顔。。というのを常に追い求めています。

顔と言ってももう造作ではないです。表情というか、中から湧き出すものですけど

自分の心の鏡とも言えます。

癒される(という言葉はあまり好きじゃないんですが、)顔を作りたいんですよね。。

ということで外見は法隆寺金堂の天人ですが、

内容はオリジナルです^^(のつもりです^^;)

生徒さん作品ご紹介、立ち雛

市橋容疑者が食事を摂ったということで

そこの担当のお弁当やさんが喜んでおられたが。。。

メニューも色々工夫したそうで。。。

不思議な現象だなと思いつつもご飯食べてくれて良かった^^なんて思ってる私^^;

先週、久しぶりに絵の具やさんに行って、、

そう、、何年に一度しか行かないのだけど、行くと楽しい。

関内の絵の具や三吉っていう店なんですけど。

所狭しと絵の具が並んでいて、計ってもらって買うんです。

どうしてそういうことになってるのかは知らないけど、絵の具の単位は両目というもので

私は1両目買いまする。絵を描く人だとこれじゃあ足りないと思いますが。

両目は絵の具の種類によって量が違う。

やったらたっぷりあるのもあるが、少ないのもある。

値段もそれぞれ違っていて、私は日本画絵の具の中の水干絵の具ってのを買うのだけど

普通は岩絵の具ってのが中心ですかね。

天然と人工とありまする。

天然岩絵の具は値段が高いです。

けど、木で彫ったものに塗るにはちょっと難しい。

というのは砂みたいな粒子なので絵のように平で人が触らないものには良いけど

彫ったものは丸い面もあるし、人も結構触るので粒子が落ちる可能性は大。

ということでそういう粒子のない水干絵の具を買ってます。値段は安いです~^^。

Img_1097_2

ちょっと行かない間に趣味の画家さんたちが多くなってるようなんですが、

年配のそういう方々は案外横柄なんですな。

店員の人にも偉そう~に命令してる^^;

こりゃ驚き。

すっかり気分は画家さまなんだわ。。

買った絵の具の色合いを見ると多分上手くないんだろうな~と察するが。。。^^;

生徒さん作品ご紹介、Iさん作、立ち雛。

Img_1125

こちらの立ち雛はIさんのご主人がお世話になった方にお贈りするものだそうで、

それなりに気を使って制作したものです^^。

知らない方のところに行くにあたっては

やはりこんなものは好きじゃないんじゃないか、、とかこんな色はどうだろか。。

などと考えるもので中々手が進みまへん。

こんなものをくれた。。。と憮然とされるならご主人の顔にも泥を塗るようなものでして、、、

と私までが色々気を使ったんざんす^^。

ともあれ期日までに間に合いめでたし^^であります。

人の趣味ってのは本当にそれぞれ違うので、やや無難な線を行くわけですが、

自分の好みでもない普通の選択をしなければいけないというところには面白みはないですね^^;

Iさんもそういう思いで作られたと思いますが、

可愛くて一般受けが良いものが出来たと思っています。

いかったいかった^^

さて、今日の私の仕事ですが、、

Img_1128 Img_1129

琵琶の頭のところを彫りました。

普通ネジネジが付いてるところですね。

琵琶の場合、ググッと後ろ側に反っています。

本物よりもぐっと短めに出来ていますのですぐに左手になるんですが、、

その左手の具合が難しいっす^^。

全体としてはこんな感じです。

Img_1130 ほほ、面白い姿。

まだ頭部は全然触ってませんが、

心配なのは肩と腕の付け根の形なので

そこらを彫るにはやはり両手の位置を決めないといけないかと

いうことで手を彫ってるのです。

がーー、

手を彫ると琵琶も彫る、、と琵琶は薄いので

琵琶とお腹の間に隙間ができる。。ということになって

琵琶とお腹の間の隙間をほじくってる一日なのでした~。

Img_1131_2

Img_1132

ドリルで方々に穴を開けましたが、

ドリルはとかく行きすぎるというか

失敗することも多いので

後でドリルの穴が残らない為にも

少し浅めに遠慮がちに開けたのであまり効果はないのでございました。

結局は細い溝を手でほじくるしかないっか。。。と捗らない一日でしたヮ。。。

●●

生徒さん作品ご紹介、盆、小皿

しっかりと冬ですねえ。

枯れ葉を踏みながら歩くのも楽しい今日この頃。。。

生徒さん作品ご紹介。

Sさん作、盆、小皿。

Img_1117

実際にはもっと渋い色なんですが、こんなに明るく写しちゃってすみません。。

なんというかあ~~、素晴らしいです。

デザイン、色合い、持った感じ、もろもろ。

そして他では見ない独特の図案だし。

漆塗りなんですが、漆の扱いもご自分にぴったりの形を探し、工夫して

どんどん良いものになっているんです。

すばらしいなあ~~。

Img_1119

こちらは小皿ですが、これまた良いです。

キッチリしてるようなそうでないような雰囲気があり、

ロクロで引いたものとは違う、手なりの良さが出ています。

一個づつ違うデザインも良いですねえ。

こんなおしゃれな食器を使うにはどんな所が似合うんでしょうか^^

都会的なデザインなのに、ただそれだけではなく

ちょっと素朴な良さもあるんですよねー。

こういうセンスってのは教えられて育つものじゃなく、元々持ったもので

それを大切に育んだ。。ということなんでしょうねえ。。。

すばらし。

私の仕事です。

新しいものを作るのに昨日一日ああでもないこうでもないと考えて

図書館などにも行って練りましたが、

今日から作ります。

Img_1114

Img_1115 Img_1116

さて、また仏像みたいなものですが、

天女が琵琶を弾いている法隆寺金堂の天蓋の飾り部分の彫りものがとっても気に入ったので

その部分をわたし的に彫ろうかと思います。

要するに面倒なところは省略って意味です^^;

Img_1124

Img_1127

私は楽器を持ってる人ってのが

構図的に好きです。

琵琶なんて最高ですね^^

笛も中々良いです。

今のところ小さな人ですが、

付属品が付くので大きくなる予定です。

こういうアラ彫りの時期はどうにでも自由になるので楽しいですね。気楽に作れます。

今日は生徒さんの作品も沢山出来あがり、、めでたしめでたし^^みたいな気分になりました。

完成品が出来て、それを愛着を持って大事にされたりして、、ってのは嬉しいです。

さっきも話してたんですが、

たき火とか暖炉とかに火付けとして放り込まれないようなものを作らないといけませんね。

ヒノキは火付きが良いですから、尚更ですヮ。。。

●●

展、、、

お江戸旅から帰ってきやした^^;

いやあ、寒いのなんのって。。

ついでに雨なんかも降ってきちゃって。。

自転車の部品も落としてきちゃったりして^^;

耳が冷て~~~ェ。

途中桜木町に登山のスポーツ店・カモシカってところがあったので手袋やネックウォーマーなどを買いましたが、

やはり登山のものは厳重に出来てて良いっすね^^

さて、

昨日はまず、広尾にある山種美術館に速水御舟展を見にいきました。

Img_1098

Img_1088

山種美術館とか根津美術館とか

ちょっと行ってみたい美術館でしたが、

まあ~狭い敷地にギッチリのビルで驚きやした。

私はどちらかと言うと日本画家の展覧会が好きなので

結構満足しましたが、、

なにせ人が多くて^^;

おばさま方の頭しか見えませんわよ。。

いやあ、会期が長いのでもっと空いてるかと思いましたが、甘かったす。(10月1日から11月29日まで)

「炎舞」という絵が見れたので良かったかな~^^。

実に丁寧に繊細に描いてありました~。

(繊細というのは絵じゃなくて絵具の置き方です^^)

今はああいう描き方をする人はいないんじゃないか。って思うんですけど、どうなんでしょう。

近くのおばさまが蛾の粉が飛びそうね。。と言ってましたが、

まあ、それが正しいとも言えるし、つまらんことを言うな、、という気分でもあるし^^;

私は個人的にはもう少し明るいめの照明でも良いんじゃないかって思いましたっ。

真っ暗で見えねーー^^;

山種美術館を見た延長で東京駅まで自転車漕ぎ漕ぎしまして、

私も声かけしていただいた恒例になりつつある仏像展を覗き見しに行ってきました。

Img_1099

Img_1092_2

東京駅隣の丸善丸の内本店4階でやってる仏像展ですが、

ほんのネコの額ほどの広さのところで展示即売会です。

文具売り場ですが、周りが高級品なのでまあ良いですよぉ。

なにせ東京駅なんて何十年ぶりだろ^^;

東京駅近くにお立ち寄りの節はどうぞ足を延ばしてくださいませ^^

こちらの会期は11月20日から11月29日までです。

Img_1090

ちょっとマンハッタンみたいな皇居側からみた東京駅近辺。

東京駅ってのもなんとなくしっとりした雰囲気になっていて

駅舎も残って良い感じですね。

それに比べて渋谷はよ~~~。

通過するのも疲れるっつーか。。苦手ですよぉ。。。。

生徒さん作品ご紹介、ヤマネコ

今日も寒かったですね~~。

生徒さんが分厚いダウンコートでいらしたので

へえ、、そんなに寒いんだ、、、と驚いた次第です。

いやですねえ、、冬はよ。。。

生徒さん作品ご紹介、Iさん作、ヤマネコ。

Img_1075

あはははははは^^。

これ良いです^^。

先に言っておきますが、、

元になったのは小学生が持つ動物図鑑の一枚の絵なんですが、

その絵はヘタです。

どこがヘタかと言うとヤマネコと書いてあるけど太ったノラネコに見えるわけです。

それが木の上で昼寝をしてるようなポーズなのに顔は威嚇してるんですな。

ということを踏まえて、見ると良く出来てるんです~。

とにかく笑っちゃうんですけど、可愛い^^

不思議の国のアリスに出てくるシマシマのネコみたいです。

耳なども普通の耳でしたが、威嚇してる時は伏せた耳になるので作り直しています。

色がちょっと違って写っちゃったんですけど、本物はお汁粉みたいな色で

お汁粉とアイスクリームが縞になってるような色合いで

これも珍しくて良いです。

太ったヤマネコだけど、どこから見ても微妙に良く^^

今日は見た人皆で大笑いしたのでした。

いや~~良く出来てる^^と言って笑ったのでした。

なんかあ、、、

私が思うのと違う世界が広がっててとても楽しいです^^

今日の仕事です。

Img_1082 今日はチマチマしたことをやったですが、

襟をそのままにしちゃったもんですから、さて困ったですよ。

一か所ちょっと考えが浮かばなくてそのままにしておいて

偶然ずっとそのままにしてあったりすると

いざ仕上げってことになった時、さてどうしようかと迷うことがあります。

まんべんなく仕上げていかないとそういうことになります。

ここで黒い襟元だったので喪服みたいな感じになったのでした。

顔を置いてみるとそういう感じになるのが分かりました。妙に陰気なのです。

黒の上に柄を入れようとは思ってたんですが、細かい柄が良いと思うのですが、

今時膠で細かい絵など描けませんのよ。

固まっちゃってね~。うちが寒いってことなんですけどね。

とにかく絵画よりもずっと膠が濃いのでボテボテしてるんです。

ということで結局は点で柄を描くんですが、これをやると庶民の着ものになっちまうことが多くて

最後に来て、あ、絣じゃん?なんてことになるわけです。

と言いながらも絣になっちまったです~。

あわてて金を足して絣から脱出したんですが、あまり効果はないようでした^^;

Img_1084 言い訳が長くなりましたが、、、、

こういう金の縁のところが汚くなったりするんですが、

こういうところを綺麗にするのがミソですね^^。

一応綺麗にしてからこうやって煤でぼかします。

ぼかした部分を綺麗に拭き取る方がいらっしゃいますが、

ぼかしはぼかしで置いといてくださいね^^;アラ出ますから^^

Img_1085

部品をボンドでくっつけます。

部品と言っても首なんですけど^^;

私が思うに、人形を買って首を思いっきり引っこ抜く人はあまりいないと思うので

ブキューとボンドがはみ出るほど付けなくても大丈夫だと思います。

けど一応用心ですから、しっかりととめないといけないですが、

左右に動くようになることはあるのでやっぱりちゃんとくっつけておきます。

Img_1086

後ろは帯をくっつけてから髪の毛をくっつけた頭を

突っ込んで、皆揃って押さえつけて乾いてもらうんです。

大体首がぴったりと真っ直ぐってことがあまりなく、

前から見ると少しどちらかに傾いて、後ろから見るとまたどちらかに傾いて、、なんてことが多いです。

当然前から直しますが、後ろからも直して中間地点で妥協しますけど

ドリルが真っ直ぐに開いてないってことでして、難しいですよね。

ドリルの穴をちょっと中の方で広げて置いて多少ボンドをつけてからも自由が利くようにして

乾かしてしまいます。

私はきっちりした性格でないのでこういうところがいつも巧くいかないんす。

というところで今日出来るとは思ってなかったんですけど

出来てしまいました~^^;

Img_1087

足が輪に見えるのは下が鏡だからでっす^^。

目はまだ直す必要があるかも~。

というかちょっと冷たい顔してるんですよね。

そうなりたいのかもしれないけど、、、

ま、無理して直すこともないかとも思いますが。

着物は昭和初期のお嫁さんの振袖みたいな感じです。

ということで明日はめったにない絵具屋さんに行ってこようかと思ってるので仕事休みます。

続けて3日留守します。

絵具やさんは土日祭が休みなのでめったに行くことができないんですが、

ネットでも買えるようになったので良かったです。

けど、行ってきます^^;

11月18日

横浜や逗子の川に鮭が上ってくるんだそうだ。

うちの近くのイタチ川にも是非上ってきてほしい^^

中学の頃に初めて川に錦鯉を放流して感激したものだが、

今では真っ黒な真鯉がほとんどになってしまった。

色の綺麗な鯉は鳥から狙われやすいんだそうだ。

カワセミを初めて見た時も感激した。

今では普通に見られるようになったが。。

かもめが群れなしてきた時も感激したが、フンはすっごい^^;

鵜が水の中を潜水する速さにも感激した。

後は鮭が上ればな~と思ってたら近くの川には上ってくるんだそうで、うちの川にももうすぐか^^;(そういうわけにはいかないか。)

江の島のところに出る境川の10キロくらい上流に鮭が上ったんだそうだけど

何十年くらいか前に放流したんだそうだ。

イタチ川も放流しないと上って来ないんだね。

逗子にはウミガメも産卵に来るそうで、

少しづつ自然は戻ってるのかなあ~^^嬉しい傾向だあ。

今日はお稽古の時間までに金を塗ってまお。。と思って

朝からせっせと仕事した^^。

Img_1070

まずは目と口をざっと場所決め程度につけます。

目ってのはまっこと左右同じにはならんです。

目頭の位置が違ったり、角度が違ったり

上下のふくらみが違ったり、、と見事に揃わないのだけど

妙に揃うってのも違和感があったりして、多少違うけど味わいがある。。程度になるのが良いかと。

Img_1071 朝の目の良いうちに(私の)

毛描きです。

毛描きも色々あるんですけど、、

その人形に合わせて毛描きしてます。

今回は細く丁寧に数多く描くことにしましたっ。

ま、普通に考えて普通の人が毛が生えてるように描くのが良いかと思いますが、

なぜにか、あらぬ方向へ描く人がいます^^;

髪をアップにしてるなら上向きに、おすべらかしにするなら放射状に。。描くのが綺麗かと。

Img_1072_2 Img_1073 私の場合顔は数回にわけて描きます。

一回だと巧く決まらないので^^;

明日見るとまた新ただし。。。

というところで金を塗ります。

私は金箔は使わないというか

あまり使ったことがないので一応苦手です。何回かは使ったことがありますが、

これで良いのか悪いのかが良くわからん。。

私が使ってるのは純金泥と言ってまあ金の絵具ですかね。

純金を粉にしたものです。

それを膠に溶いて絵具と同様に塗ります。

値段が高いので塗る場所が多いとビビります。

この前テレビの絵画講座では他の絵具に混ぜて使ってました~~。

ああ、日本画の絵具は値段が高いですから金を入れても問題ないのかなあ~~と思いましたが、、

普通の絵具に金を入れるとラメが入ってるように光るわけですが、

純金をそんな風に使う決心は私には出来ませんねえ^^;(貧乏人^^)

ということで私は金は金である。というように使います^^ツタンカーメンのように。

これは純金ですよ。というと無垢だと思う人がいますが、

無垢ではあるんですが、絵具だから表面だけよ^^

中身まで無垢なら延べ棒じゃんけ^^。

金は重いので沈みますので年中ひっかきまわして塗らないといけないのがめんどいです。

全部塗ったらすっかり疲れてしまったので今日後半はヘナヘナと小規模なところを色入れたり

直したりして勢力を使い果たしたのでございました。(やたら金に弱い女。。。)

金は塗った後磨かないと光らないんす。

磨くのは硬いもので磨くのが良いそうで、鯛の牙。。を使うなんて仏像講座には書いてありますよ。

しかし磨きに使えるほど大きな牙の鯛には中々お目にかかれません。

ということで私はガラス棒で代用してますが、問題ありません。

硬くて先が丸ければ良いんじゃないですかね。。

とにかく、突然キラリ^^と光り始めるのはさすが純金^^

11月17日

今日は寒いし雨で陰気ですねえ。。

仕事終わってから近くのスーパーで火曜日は雑貨が1割引きの日なので

濡れるのを覚悟で紙類を買いに行ったんでやんす。

せっかく行ったのにお目当てのトイレットペーパーとティッシュペーパーはどちらも売り出し品だそうで

火曜日の割引部外品という張り紙でした。

がっくし。。。

無理して雨の中濡れながら出てこなくてもよかったな~とチェッ。。って気分でしたが、

レジは高校生アルバイトの愛想良くないマスクの女の子でした。

けど部外品を知らないらしく^^

一割引にしてくれてるじゃあないですか^^;

あや~~~、高校生はいいねっ。

濡れただけのことはあるなっ^^

とまあ、ご機嫌で帰ってきたざんす。

まだ若いので(私がだが。。)

それ割引じゃないですよ^^って言えないんだなあ~~^^ガハ~~。

昨日から仕事場が床暖房ですが、

今日はやたら実感しました^^

しかし弱々に入れてるので大して温かいという感じではなく

冷たくない。。という程度なんです。

温かくすると寝ちゃうでしょ^^;

仕事して丁度良いと思う程度の温かさが良いですよ。エコだしよ。

生徒さんが開口一番、床暖だ!と言ったんですが、

その後どこが床暖だよ。。って思ったかもしれません。アヒー。

しかし、電源入れてないと今時床に直には座れませんよ。

座れるのは温かいからです~~(な~んてね^^)

もっと熱くしよう~。(ケチケチしとる私^^;)

夜にHPを手直ししてるお陰で今日は目が曇ってるではないですか。

段々細かい作業になってくるというのにヤバいっす。

拡大鏡を使いながらの今日の仕事でっす。

なにせお尻が温かいと動かないですね。

こりゃ太るかも。。

仕事場から出たくないもん。。。

Img_1044_2

犬を墨で描こうと思ったのですが、

もう地肌がツルツルなので墨が乗らないの。

ツルツルしながらどうにか置いてみたんですが、

重なって行くうちに定着してくれるとよいです。

Img_1046

男の雛さんは手を広げてるだけあって

絵を描くところが二つ余ってしまいました~。

何を描いたもんだか、、と考えて

結局ジジイの感覚で鶴と亀にしたんです。

これは後ろから見た図ですが、右が鶴で左下に亀ざんす。

Img_1047

豪華と言えばそうなんですが、

くどいとも言えるので

邪魔だな~と思ったら後で消すことにしてっと。

取りあえずはゴテゴテと埋めております。

 

Img_1048_2

襟の辺りを渋く塗り替えてみます。

黒も絵具の黒を使ってましたが、

そろそろ墨の黒にしたいと思います。

やはり墨の黒が綺麗だな~って思うんですよね。

絵具の黒は純粋に真っ黒で味気ない。

墨の黒は自由がききますし、塗りやすいです。

取れにくいってのもあると思いますが、

両方重ねちゃうので分からないか。

墨は良い墨の方が綺麗です。

安い墨は油みたいにギラッとすれたところとすれないところが分かれたりしますが、

高い墨はそういうことがないです。

幾ら位からが高いのか微妙ですが、

私が以前聞いたのは万円を出すと良い墨だ。。と言うことでした^^

だから私も万円出してます^^

ついでに寝かせると良いとも言われたので寝かしてもあります。

墨は毎回磨るので(これが する と言う字なんだなあ。。。)

色が違うんですよね。

だから最終的に一気にすって絵皿に溜めます。

そこに胡粉液を数滴(好きなだけ)垂らすと艶が消えてムラも出来にくくなりまする。

数滴は1滴とか3滴くらいです。10滴は要らないと思います。

これで一気に塗らないと最初と最後でも色が違ってくるので墨は厄介です。

ちょっと剥げたから、、と言って後日補修したりするとそこだけ色が変わるので

そういう時は泣く泣くもう一度墨をすって一気に塗るざんすね。

本当なら目鼻と生え際の毛描きもしておくのですが、

今回はまだやってなかった^^;

生え際の色と毛の色が変わっちゃうんですよね。まずいっすが。。

Img_1050

頭はコロコロしますので

乾かすのが難しいですが、

本体に刺して置いておけばどこにも付かずに乾きます^^

雛人形やさんは藁の束ねたのに刺してますね。

あれは便利ですが、私などはそうそう頭を作らないので前は使ってましたが、今は使ってません。

お陰で転がって顔が黒くなってしまいました。

そういうことがないように注意しましょう~。ハイ。

Img_1052 Img_1053

墨も乾いたので

ペーパーをかけます。

ツヤツヤして綺麗どす。

ペーパーかけた後

多少でも拭かないとそこらじゅうが真っ黒になります。

もちろん手も真っ黒ですから洗って次に行った方が良いです。

特に顔に黒いのをくっつけないようにします。

ということでそろそろ金を塗らないと黄色い人形になってしまいそうなので

明日は金と顔も一応描いてみて、、その様子からまた着物を塗り替えていきまする。