ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、お地蔵さま
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、お地蔵さま

オバマ大統領がノーベル賞を貰ったんですねえ。

まだ、大統領になったばっかりじゃん?

ノーベル賞って結果に対してじゃないんですかね。

いや、別にオバマ大統領が嫌いとかそういう意味じゃなくてえ、

まだスタートしたばかりなのになんで貰うの?って素朴な疑問っす^^;

いやいや、それだけ期待できる働きをしてくれるってことかなあ~~。

私は印鑑みたいなものが好きでして、

絵だと印鑑でも良いんですけど、木彫りになるとそういうものは使えないので

焼印を作って貰うんです。

牛のお尻にギューってやるやつです。(こりゃ昔だわ、、)

私の名前の漢字ってのはやたら印鑑向きの字なもんで(入り組んでる。。)

自分で彫ると大変なんですが、焼印にすると見栄えがするというかあ~。楽というかあ、、

何年か前に作ったんですが、

その後我が家はガスを引かなくなっちゃって

ガスじゃないと焼印は焼けないんですなあ。

電気が通る焼印もあるんですが、

カステラとか卵焼きなんかには良いんですけど、木にはちょっと弱い感じかな。。

それで使わなくなってたんですけど

久々に焼印を見て、、やっぱりなんとかして使おう。。と思ったんです。

そしたら、カセットコンロがあるんじゃんね。。

なんで気がつかなかったかなあ。

そんな話をしてたら数人の方が欲しいとおっしゃるので

早速久々に注文したわけです。

なんていう所にお願いしたか思い出せなかったんですが、

確か兵庫県だったような~~。(なぜか県だけはいつも覚えてる^^;)

で、兵庫県、焼印で検索したら、、出てきた出てきた^^

見覚えのある名前。。

早速デザインを書いてファックスしたんです。

私はこういうのは好きなもんだから、自分で字体辞典をみいみい

書くんですが、まったくそのまま出来あがってくるんです^^

これで見積もりしてもらうんですが、、

四角い枠に入った1字で13000円でした。

枠なしだと10000円ということでした。他に消費税送料。

ダントツに安いんじゃないかなあ。。。

他ではもうこんなお値段では作ってもらえないみたいです。

そしたら、驚いたことに数年前に一度しかお願いしてないのに覚えていてくれて

木に細く深く焼きたいんですよね?と書かれてありました。

驚きだなあ~~。

そうなんです。細く深く焼きたいんですよ。。

ゆっくりやると焦げて炭になりますが、

真っ赤に焼いて一気に力を入れて押すと細く深く焼けるんす。

これが良いんだなあ~。

匂いもまた良いんだな~~~^^

おら、焼印好きだなあ^^なんだかワクワクするんですよね。。

ついでに卵焼きやどら焼きなどにも押せますよ^^

砂糖がついても焼いちゃうんだから問題ないす。

革にも押せるんですけど紙は無理です^^(当たり前か)

生徒さん作品ご紹介です。

Sさん作、お地蔵さま

Img_0562

もう6個目になるのかな。

一応一区切りのお地蔵さまだそうです。

Sさんは巧く彫るというタイプの方じゃないんですけど

今回頭がクリクリに綺麗に彫れてきたのをみて

お上手になられたんだな~~と感心してしまいました。

丸ってのは案外難しく、

人が見て気持ちの良い丸を作るのって大変なんですよね。

こういう愛嬌のあるお地蔵さんは

頭が綺麗な形をしてるのが嬉しいんですけど

ついでにピカッと光ってくるともっと良いです。

彫刻刀が切れると切り口は光るんですが、

白くなる。。という方は切れない彫刻刀でちぎったような形になってるんですね。

毛羽立つっていうのかな。

段々光るようになってくると良いですね~^^

お数珠のところが難しいそうで

一個一個が取れちゃったりするんです^^;

取れたのをすぐに拾ってボンドでくっつけるんです。

すぐに拾うというのが大事なことで

一瞬でも遅くなるともうカケラはどこにあるのか見えなくなります^^

見失った場合は、穴をあけて別の木で埋めて作るんすね。。

ちなみにこのお地蔵さんたちも大分の数、ボンドがついてますが、

それでも今回はちゃんと丸になってるので

いいんじゃないですか~?

第一、優しい顔してるし~~。

これが一番です。

差し上げても喜ばれるんじゃないでしょうか。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1246

コメントする