ホーム>工房日誌>アート・文化>さむっ!
アート・文化

さむっ!

寒くないですか!

寒すぎですっ。

昨日今日とうちでは18度くらいまで下がって

もう暖房をつけてしまいました~。

順番から言って普段は小さなストーブから始まるはずなのですが。。。

エアコンつけてしまいました。

Img_0761

はて、この眉毛のないおばさんは何をやってるところでしょう。

誰もいない寒い日曜日の夜。

そうこういう時は白髪染めが良いのです。

ということで染めてる最中です^^

私はへナで染めてるので染めてから暫く、そう1時間から3時間くらい

そのまま蒸らして放置しないといけないのですが、

その間暇なので夕食をくうてるところです。

ところがトリが普段は頭には登らないというか登れないのですが、

タオルがあるお陰で肩から徐々に登ってとうとうてっぺんに到着したんですね。

かなり景色と気分が良くて味しめたかも^^;

昔、小学校の頃にディズニーの番組がありまして、

その中で猛禽類を頭に乗せて歩く少年がいましてねえ。。。

あれがすごくやってみたくて、

とうとう鶏を飼って頭に乗せて歩いてみたのですが、

鶏の足の裏は多少猛禽類よりも肉が多くて滑るんですよね。

滑るまいとする気持ちが足を踏ん張らせるものですから

私もあっちぐらぐらこっちぐらぐらとまだ小さいですから重さに耐えかねて

首がヘニョヘニョするわけです。

どうにも猛禽類を乗せてる少年のカッコよさはありませんでしたねえ~。

その後大人になってからオカメインコって可愛いインコを飼ってたんですが、

これも家族に秘密で毛の生えてない雛を買ってきて育てていたんです。

ばっちり手乗りにしてパッと手をあげると指に留まる。。というようにしたいと思ってましたが、

段々羽が生えてきて飛べるようになってくると

勝手に飛びやがる。。

とうとう家族にトリを飼ってることがみつかりまして、、、、、

公開したのですが、

その時、一気に飛んだトリは一目散に父の頭に留まったんですな。

ところが父の頭には毛がほとんどない^^;

あわてたトリは滑るまいとして足も踏ん張る、嘴も立てる、、

というわけですヮ。

ついでにかろうじてある毛を逆毛にしごいてなんとか足場を作ろうとする。。

まあ、周りのものは見て見ぬ振りするしかないです。

とうとう、このトリを取ってくれ。。。と言われた私ですが、、

取ろうとすると更に爪を出して頑張って取られまいとするトリ。

いやあ、、参りましたなあ^^;

トリが頭に留まると思い出すんですよねー。毛をしごいてる図を。。。

Img_0797

これはなんてことないペット用のボールですが、、

Img_0796

ポンと弾むと青だとか赤だとかの光が出るんです~。

Img_0773

それで10秒くらい光って消えるんですが、

弾むとまた光ります^^

結構楽しい。

お祭りの子供の腕輪とかクリスマスの飾りみたいな楽しさですかねっ^^

犬やネコは喜んではいるんですが、光に対してじゃないみたい。

弾むボールが好きなんですね。

Img_0750_2

久しぶりに鎌倉に行って頼まれ漆を買ってきましたっ^^

雨だったので自転車は危ないから、歩きで行きました~(普通は電車でしょ^^;)

生徒さんも段々突っ込んでこられて

黒漆を買うようになりました。

黒中。と言って黒、中塗り漆。ってことですね。

黒には中塗りの漆と上塗りの漆がありますが、

値段は違います^^

生漆(きうるし)と同じように使うということで値段が安い黒中を買いましたが、

普通はそういうことはしません。

生漆の方が安いですから~。

でも色合いが渋くあがるんだそうでお気に召したようです。

そういうのもいいじゃ~~~ん。

人と違う使い方をすると段々個性的なものが出来あがってくるので楽しみです。

もっと良い漆を分けてあげるよーとよく言われるんですが、

ラップに包まれて貰っても困るんですよね。

素人にはこのチューブ入りが結構便利なような気がします。

プロにはチューブは人気ありません。

毎日使う人とたまに使う人の差ですかねえ。

これからは漆もかぶれない時期に入るので良いです。

ただし、気温が下がると漆の乾きも今一悪くなりまする。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1239

コメントする