ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、かぐや姫
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、かぐや姫

入院手術だったミロちゃんを土曜日に迎えに行って

たった一泊なのに迎えに行く時のウキウキ嬉しさよ~っ^^

ミロちゃんは愛想が良いので病院の皆さんに可愛がられて

そのまま置いてって貰っても良いって言われましたが~^^

獣医さんに麻酔かける時に自分からお腹見せて寝た。んだそうでとても褒められました~^^

ついでに手術したことに気づいてないらしいそうで

これは良いことだあ~。

なるほどそうやって見てるとまったく気づいてないようです。

痛くないってことですかね。

傷がつれない、、、ってこともあるのかな。

手術が上手ってこともあるんでしょうね。

その後、化膿止めの薬を飲んでますが、

やはり飲ませる時に薬飲んだ。。ってことも気づいてないです。

口の辺りを触られたって程度しか気づいてないみたい^^

鈍感なのも良いものですねえー^^;人間もあやかりたいですっ。

手術に気づいてないと

傷にも気づいてないようで

当然傷を舐めたりもしないんです。。

とすると首に輪みたいなエリザベスって傷舐め避けみたいのを付けなくて済むので

お互い楽だと思います。

Img_0235

見えますかね。

犬のお腹みたいにクルリと毛を剃られてその真ん中に大きめの5cmくらいの

針金付き^^;の傷痕が見えるんですが~。

これでアーウ~は治まったんですが、

なんだか素っ気ないネコになりそうで寂しいかも。。

呼んでももう来てくれないかも・・・・などと考えたりしてます。

やたら愛想が良い時が懐かしい^^後のお祭り~~

生徒さん作品ご紹介。

Hさん作、かぐや姫。

Img_0209

^^、可愛いかぐや姫さまです。

私も昔からかぐや姫を作ってみたいな。。と思ってましたが、、

さあて、竹をどうするか。。でハタと止まってしまうんですよね。

元々この竹も本物を使うつもり。。だったようですが、

やはり本物の竹よりは彫った方が馴染みが良いのじゃないかってことで

作って貰いました。

あっという間に竹を彫られてきて驚きましたっ^^

巧いこと彫ってあるから~。

やや四角いんですけど、ま、ご愛敬ということで

四角い木から竹を彫り出すのは大変ですよ。

中空洞ですから。

節の部分も作ってほとんどがゴミになったということですね。

椅子作るよりも大変だったかも。

というわけで竹と姫とは別々に作って、、

お姫様はこちらもそれなりに難しかったようで

特に顔と着物の柄についてお悩みのようでした。

けど、上手いこと出来てます~。

姫さまも最初は顔が白塗りでしたけど

こちらの方が似合うというのでそれも削って木肌にしました。

竹の中も白木の塗料を塗って木肌のままにしました。

人形ってその他の部品に随分助けられたりしますね。

部品が可愛かったり、良くできていると

お人形も引き立ちます。

よくやったなーーと思われる大変だったろう作品ですが、

良い感じに出来あがってばんざ~いでしょうね^^

次は親指姫さまです^^。

こちらも楽しみですね。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1234

コメントする