ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、袋オオカミ
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、袋オオカミ

Img_0301

Img_0303

これ、すっごい綺麗なものでしたよ~~。

唐草とか幾何学文様だけを彫っておられるTさんが

チベットやアフリカで集めてこられた嗅ぎタバコの入れ物だそうです。

宝石が入ってたり、細工がしてあったりでなんとも美しいものなんです。

丁度香水の入れ物みたいなところに蓋に棒が付いてて

それで中身を取って鼻にスイッて吸い込むのですと。

大きさはまちまちなんですけど、4,5cmってところですか。

これらがジャラジャラとそこらにしまってあったんですけど

もったいないので木の板に半身潜るように彫り込んではめて作ったんだそうです。

裏側も同じ作りになってるので

接着はしないでポコンとはめてあるだけですが、

中々大変だったんじゃないかと思うんですけど、巧いこときっちりと嵌っています。

いやあ、男の人が持つんだそうですけど

かなりおしゃれなんですね。。

嬉しいですね、小物で手の込んだものを見るのは^^

いやーー、びっくりした。あまりに綺麗なので。

良いものを見せて頂きました~~^^。

生徒さん作品ご紹介、

Iさん作、袋オオカミ。

Img_0243_2

これ、中々可笑しいです^^。

そういう言い方は失礼ですけど、、、

なんとも愛嬌があって大好きです。。

第一に、袋オオカミってのは絶滅した動物で

誰も知らないから何も言われないと思って選んだんだそうです^^;

偉いっ。

こういう考え方は好きですねえ、、、わたしゃ。

全長が結構大きくて50センチくらいあるんですが、

好きなところを好きなようにつぎはぎで作ってあります^^

尻尾も足も別に作って植え込んであるんですが、

筋肉が違うという場合もすぐにやり直して違う木がくっついています^^;

こういうやり方も良いじゃないですかあ。

とにかく表現出来れば良い。。ってことです^^

アルマジロじゃなくて、ハリネズミみたいなものに威嚇してるところですが、

舌なんて微妙ですばらしいですよ。

こちらはなんと舌も歯も牙も皆入れ歯です^^;総入れ歯。

舌は途中で折って固めてるんだそうで、中々雰囲気出ています。

歯も舌も無い頃は

下を向いておう吐するオオカミというような姿だったんですが、

さすが歯や舌が入るとこうも変わるのか、、と思うような立派さよ。

色もこういう感じのものらしいですが、

なにせ絶滅したんだから誰も知らないや^^;

とにかく剥ぎめがあまり目立たないような色合いにして

塗り方も大胆に。。。というやり方で継ぎ接ぎって感じしないですよ。

やっぱり動物は動きとか迫力ですよね~~。

人形とは違う。

人形が継ぎ接ぎじゃマズイっすけど

動物は自由にやって思いっきり野生を出してくださいっ。

いやーー、良いですね、これっ^^

あはは~~^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1230

コメントする