ホーム>工房日誌>アート・文化>建築家ヴォーリズ
アート・文化

建築家ヴォーリズ

今日は暑かったです。

昼間に外に出たら夜まで日焼けした顔や腕が火照ってました。

近くの大船の花屋さんに(最近は花屋さんめぐりばかり^^)行きましたが、

大船って町はなんというか、、ベトナムみたいな雰囲気があるところで^^;

やたら庶民的と言いましょうか~~。

安くて物がゴタゴタとた~くさんある商店街なんですヮ。。

その外れに目的の花屋さんがあるんですけど、、

なにやら、殺虫剤を持ったオジサンが店を出たり入ったり、、

特別気にも留めなかったですけど、、

捕れたとれた!と言ってるので何が捕れたんかな?と思いきや

ビニール袋に入ったものを見せてくれましたあ~。

お店に入ってきた大きな蛇だって^^。

アオダイショウなんですが、本当にやたら大きいの^^;

太いところで直径が5cmくらいはある~~。

グルグルになって袋に入ってるから分からないけど、1mは超えてると思います。。

まあ、お店にあんなのが入ってきたら大騒ぎになるのもわかりますが、、

大船ってところは私の見た限りでは下水道がキチンとしてないような~。

昔風のドブみたいな側溝がやたら臭いし^^

そういうところからお店に入ってきたんでしょうけど、、

商店街に出ちゃった日にゃあ、、見逃してもらえないかなあ。。

ヘビって本当に可哀そうな動物ですよ。

アオダイショウなんてさ、、毒もなくて大人しい蛇で

大船のネズミなんかを食べてくれてるんだと思うけど

多分殺虫剤を大量にかけられて殺されちゃうんですかね。。

益動物だよね。。(タマには卵なんて盗っちゃうけど、、、)

遠くに放してくれるとよいんだけど~~~。

その点、うちの方ではヘビ見たって殺さないですよ。

ホイホイと言って追って終わりだい^^

それでいーーじゃんねーーー。

先ほど、久し振りにNHKの日曜美術館をみました。。

久し振りなんだな~~って思うのは

司会者が代ってる^^;

大抵司会者が厭で見ないんですけど、、

あ、姜尚中さんが司会になってる!

美しいお姿と柔らかな物腰、話しぶり^^

イイですねえ。。。

建築家のウィリアム・メレル・ヴォーリズさんという方のご紹介番組でしたが、

この建築がやたら良いんです~。

なんというのかな、、暖かく柔らかい建築なんですね。

アメリカ人で明治38年にキリスト教伝道の為に日本にきて亡くなるまで

アマチュアの建築士として多くの建築物が残っている「日本で最も愛される洋館」を

作った方だそうです。

家族の健康を守り、人が集い、憩うための優しい住宅。という

基本姿勢でもって作られた家々はどれも隅々まで気配りがあって

その気配りに優しさを感じるんです。

その雰囲気と気品と優しさみたいなもののせいか

皆さんずっとそのまま維持して使い繋げてるところが多くて

今でもすぐに当時と同じものを見ることができる。。ってことなんですね。

良いものは長く大切にされる。。という見本かなあ。

神戸女学院なんかも素敵な建物でした。

校舎は勿論、講堂や図書館、その椅子やテーブルに至るまで

綺麗にその当時のまま使いこんでいるんです。

違う小学校では取り壊しの計画があったところを

卒業生たちの反対運動で撤回したということでしたが、、

階段の手すりにウサギとカメが付いてるんですヮ。

ウサギとカメの競争を見せてるんですけど

最初の出発点からウサギが走っていって、、

カメが歩いていって、、、

二階に行くとウサギが寝ていて、、

カメが歩いていて、、

最上階に行くとカメが誇らしげにいる。。って寸法で、、

小学生の記憶にばっちり残る、人としての生き方を巧く形にしてあって

なんともすばらしい教育なんですねえ。。

感動しました。

建築に優しさを感じるか。。なんてことを考えたことがなかったけど

こうやってキチンと真理と精神を伝えることはできるんだなあ~。

愛着のわく家具なんかでもそうですけど

丁寧に作ったものは捨てがたいし、作った人の心意気みたいなものは

時代を経ても感じることができますね。

そういうものに出会いたいし、

そういうものを作る人間でもありたいものです。

ただつら~っと生きてるんじゃなく、、

自分の思ってること、、生き様、信念みたいなものを持って

それが自分の作るものに吹き込まれて次世代に伝える。。ってことが大事なんですねえ~。

それってどんな小さなものにでも言えますよね。

毎日の料理一つでも言えると思います。

ウーーム。。

考えさせられちゃったですゥ。

多少余談になるんですけど、、

昔からうちにはメンソレータムっていう火傷なんかに使う塗り薬があるんですけど

これは昔は近江兄弟社ってところで作ってたんですよね。

変わった名前の会社だな。。と思ってましたが、

これがこのヴォーリズさんの作った会社の一つだそうです。

いつだったか近江兄弟社は倒産しちゃって

メンソレータムって名前の薬は今はロート製薬が販売してますが、

その後近江兄弟社が復活して出してるのはメンタームなんて名前の

同じようなものなんですけど、、

なんとなくロート製薬に名前取られちゃったようで

ちょっと嫌なものを感じるので

私は毎度メンタムだったかメンタームだったか覚えられないけど近江兄弟社のものを買っていますっ。

小さな良い会社応援団^^;です。

まあ、そうそう年中買う薬じゃないですけど。。

年を取ってきて、、

自分はどういう風に生きるべきか。。。みたいなものが

段々焦点があってきて、、、

小規模ながら自分らしく付和雷同しないで生きたいな。。って思う気持ちに

更に背中押されたような良い建築家でした^^

「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ  恵みの居場所をつくる」

 

 

パナソニック電工汐留ミュージアム 4月4日~6月21日

 

0905311

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1173

コメントする