ホーム>工房日誌>アート・文化>何を作りたいか、、
アート・文化

何を作りたいか、、

今日は久々に少し肌寒い感じで

これが本来の気温?ということか^^

ちょいと毛布を引っ張り出して、、、、という雰囲気だ。

先日夜中のテレビをつらつらと見ていたら

久し振り~に伊丹十三監督のことをやってる番組があった。

眉毛を阿修羅像みたいに複雑な形にしながら喋る姿が懐かしい^^

昔、私が高校生だった頃、

暇な私がよく見ていた昼間の番組、アフタヌーンショーってのがあって

当時まだ伊丹十三監督はまだ監督業はやってなく

なんとなく暇そうな雰囲気で人生相談をやっていたのだった^^;

けど、どんな相談にも同じように真剣にあの眉毛をチルダ型にして

真面目にお答になってたのを思い出すなあ~。

今回若い頃からの監督の映像を見てて

元々妙に真摯な人だったんだな。。と改めて気がついた。

その中で言ってたことに、、

(寝ぼけてる上にボケてるので大分変ってるかと思うけど^^;)

自分を解るというか、理解するというか解決するのにものすごく時間がかかった。。

風なことを言ってたのだ。

私なぞも思うのだけど

自分で自分を納得するのには50年くらいじゃわからないね~~ということだ。

自分を上手く納得して上手に扱えば案外世の中は悪くないんだろけど

自分自身を上手く扱えないので人の面倒見てる場合じゃないし、

どこもここもうまくはいかない。。という状況の人は多いのじゃないか。

前にも誰かが言ってたけど

子供を持つなんて考えられない。自分が子供みたいだし

その内面での大変さが落ち着くのに50年くらいかかってしまった。。

ということだった。

あ~~~~、そうなんだあ。。。って思って聞いてたんだけど。

人はそうなんだあ。。という気持ちじゃなく

人もそうなんだー。。という感じかな^^;

色々と煩い事が多くてそんなこと考えてないよーという人も多いだろうけど

それはただ蓋をしてるだけで解決してるわけではないので

生きる。ということをすっきりと無になってこなしていくってのとは違う~。

な~んてね、、思ったりしたんだけど。。。

青年は終わらない^^;アヘ。

その続きで

自分は何を掘りたいのか、、、、タケノコ。。。じゃない、、^^;

彫りたいのか。

タマに原点に戻るのもよいじゃないか。

行き詰った時は原点に戻る。

私は夜中にボウ~っと思う彫り物があるんだけど未だ形になっていない。

自分の心が正直に現れないんだ。

いつも何か、人の目みたいなものを気にしていて

こんなものを作ったらおかしいじゃないか。。などという否定的な邪魔が入るんだ。

こういう心の邪魔がなければもっと良いストレートな人生になってたと思ふ^^

特にもっともセコいと思うところは

こういうものは売れないんじゃないか。。ってことだ^^;

我ながらいやになるねーー。

売れると思っても売れないんだから売れないと思うものを作っても良いんだわよ。

こういう風に開き直る肝っ玉がないんだなあ~。

もう亡くなったんだけど西出大三という人間国宝の方の文章に

この母君はいつも250年先(正しくは何年だったか忘れた^^;)にももつような物を作れ。。とずっと言ってた。。

というようなことが書いてあった。

私もこういうお母さんが欲しかった^^

こういう一言ってのは色々な付属の意味があって

人として生きるのにものすごい大きな柱となるわけで

生きる目的そのものなんだなあ~。

人間はこういう一言によって支えられて生きることができるものなんだ。

ということをつらつらと考えながら

新しい図案を考えている途中なので

とにかく自分の考えてることがストレートに形になるよう、、、

まだ悩んでる中年なのよね。。。(老年にさしかかってるが。。^^;)

090327

(もう一度載せましたか?^^;)

何も考えないやつ^^。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1165

コメントする