ホーム>工房日誌>アート・文化>絵の具や筆
アート・文化

絵の具や筆

暖かいですね~。

このまま暑くなるんじゃないか、、と錯覚してしまうほど

暖かいです。

虫たちも動き出しそう~。モゾモゾ^^

最近、お稽古の中で木に彩色するもの、、、ってのに

興味をもたれる方が多くなってきて、、

何を塗ったら簡単かつ、、木らしくて美しいか。。。

ということなんですが。

雛人形を作られてる方は

元々色々探しておられて

現在使ってるのはターナーのアクリルガッシュ、ジャパネスクカラー

というものだそうで、、

これが中々良い色なんですわあ~。

私が苦労してニカワと絵の具で彩色してるのは何なんだ!と思うような

色彩で彩色されるんです。

アクリル絵の具の特徴の艶が抑えてあって

色合いは和風、、ひな人形にはぴったりです。

多少ざらつき感まであって日本画の絵の具にそっくり^^

私は使わないと思うんですけど

簡単に塗りたい方には是非使っていただきたいように思います。

そこで当然もう一つ突き当ってくるのが筆。

そこらの文房具やさんで買ってくると

あっという間に先が二つに分かれたり、皆それぞれの方向に行ったきり

戻ってこない。。などということがあって

使いづらいものですが。。。。

私は以前は関内にある絵具屋さん、絵の具や三吉

行って購入しておりましたが、

筆だけネットで買ったりもします。。(年中じゃないんですけど^^;)

丸山雄進堂。大阪のお店です。

筆は関西に限るな~~(と私は思っている~)

ものすごい種類があるのでどれを買ってよいのか迷っちゃいますけど^^。

特に小さな顔の目鼻を描く時はさすがに良い筆が欲しいと思ってしまいます。

このお店で一番小さいサイズの筆の安めなのを数本買ってみたりします。

良い店であれば安い筆でも悪くないですから~~。

何本かあると当たり外れもあるので使いやすいものから使うのが良いですし、

外れの時は違う場所に使うと良いっすよね。

と言っても良い筆やさんで買うと外れはあまりないですが。。。

先日そこらの小さな画材やさんで買った筆2本は

一本は当たりでしたが、、もう一本は右側に長い毛が出てて

使いにくいったらないの~~~。

というわけで専門店の方が良いですね、きっと。

5~600円で買えるので安いんじゃないですか?

しかしアクリル絵の具と相性が悪いってのもあるんですね^^;

よく説明を読んで買わないといけないです。。

私は墨用と絵の具用と分けています。

墨はいくら洗っても黒く残る場合が多いので。

私の場合は、良いものから悪いものまで色々使っています。

なにせ紙に描くわけではないので

ザラザラの木に描く場合などは筆が減ってしょうがないので

捨てるような筆でも良い場合もありますし、

案外使えるな、、と思って使ってるのは油絵の具の筆です。

木に吸い込ませるように塗りたい時には腰があるのでバッチリです。

書に使ってた筆も使用しています。

こちらはヘニャヘニャしてますけど、全体にたっぷりと絵の具を含ませて

塗りたい時などは使えます。

書道の筆は最後に筆の毛が元に戻ってくれるので塗りやすいです。

筆が開きっぱなしになるものはすごく不便ですよね~~。

最後にオイル系の塗料などを塗って捨てるわけですが、

それでも捨てないねっ。ケチっ。

漆には刷毛ってのがありますが、

漆用の筆ってのもあります。

蒔絵なんかをする筆で、他のことには使いにくいというか使えない^^;

ヘニョヘニョです。

他にも線を引くのが得意な筆とか、

色々な用途別にあるんですが、、

素人だと短くて細いのが使いやすいかも。

腕がぶれない人なら細くても長いと水持ちが良いので

長く切れないで線が引けますが。。。

広い面積を塗る場合は平筆が便利です。

これも数種類のサイズを持ってると結構いけます^^

絵と違ってハケみたいな筆は使えないかも。

というわけで、

何事にもいえますが、一発で大当たり。。ってのは無理な話で

色々買ってみて自分と作品に合ったものを探し出すのが楽しいというか

必要ですよね。。

Img_5198

中華街のパンダマン^^ゆーうつ~な顔してますが、

中身はアンコかと思ったらチョコレートみたいなんだけど

どちらか判らないという私の舌はどんなもん?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1139

コメントする