ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品、・・・・・・・・
アート・文化

生徒さん作品、・・・・・・・・

前から欲しかったけど買うほどではないので

何かのポイント交換で貰おう、、と思ってたものが来ました^^。

Img_5305

ケシポン^^

配達された封書などの宛名の部分にポンと押すと

宛名が黒くなって見えなくなるんですよね。

宛名のところだけ切り取ってシュレッダーにかけるとか、、、

(私はしませんが^^;)

面倒なことはやめてこれをポンと押しておけば良いわけで

1万回使えるんですと。その後インクを足せば良いらしいですが、

その頃にはきっと飽きるでしょう~^^

というか個人情報といってやたら神経質になってる人もいますが、

私は正直なところあまり気にしてません。

ゴミの中にだって名前をばっちし捨ててますが。。。

うちのゴミなんてネコやイヌのトイレシートとかが入ってて汚いもんね~~。

開けた人が損だわ~~~。

ま、しかし、

カラスによってゴミが散乱してその中に名前のものがあったりすると

みっともないしーー。

ということもありますか^^;

沈丁花が咲く季節となりました。

ちんちょうげ、、となにやら下品な響きで呼ぶ人も多いですが、

チンと書いてもジンですわいな。

じんちょうげ。。。です。

沈香のじん。。。などと言いますね、、、おくふか~~~。

10歳くらい若い私の美しい友達に

好きな花は沈丁花です。。。。という人がいます。

たまに沈丁花が大好きだと言う人がいます。

なにやら奥ゆかしい雰囲気が漂いますが~

私は葉の分厚いものが好きじゃないので

沈丁花などはもってのほか。。。

葉も花も分厚いですし、花の赤が臙脂色で暗い感じがするように思います。

ついでに香りが地味~~。と思うんだけど。。

しかし、沈丁花が好きな人、、、ってのは好きですよ。

私、バラが好き~~などという

味気ないものと違ってて個性的。

美しい人ってのは顔立ちだけじゃないですな。

花の好みだってやはりその人なりを感じさせるものが良いです。

もしもカーネーションが好き。という人がいたら殺したろか^^;

(いないと思いますが。。。)

同じ親のなでしこが好きというのと違って

こういう人工副産物を好きと言うヤツは許せん。。色気なし。

そこここに沈丁花が咲いてくると

その人の顔を思い浮かべる、、、、という

こういう優雅さってのも幸せじゃないですか。

 

是非に月並みではないお好みの花をお持ちくださいませ。

そしてそっと教えてください、、

私の好きな花は花筏(ハナイカダ)よ。。。とかね~~~。

いいな~~~^^

生徒さん作品と呼んでよいのか分からない第2段。

Tさん作、、、なんというのかなあ~題名不明^^;

Img_5201

これはなんだ、、、と言いますと

以前中国で購入されたというタンスなどの戸の取っ手でしょうかね。

面白くて好きなんだけど、だから何?みたいな

使いようがなかったものだったので

それを木に埋め込んでインテリアにしよう、、というお考えです。

戸として開けることはできなくなったのですが、、

これだけ飾っておいても中々良いですね。

ちょっと見た目にはただ板の上に貼っただけじゃん。。とお思いでしょうが、

実はどっこい、、

きっちりとはめ込んであるんです。

回りをよく見ていただくと { みたいのがぐるりにばっちりついてるのですが、

この形ぴったりに合わせて5ミリほど金具が入るように彫ってあるんですよー。

こりゃ大変ですよ。

同じ深さに広い範囲彫るってのは大変ですが、

5ミリくらいを彫るのも結構大変なんです。

1cmには1cmの大変さが、、、、

3mmには3mmの大変さがあります。

縁も見事にぴったりで感動的。

あまりに見事だとなんでもないものに見えてしまうという

ええええええ?みたいなところがあるんですが、

いやはや知らない間に技術が身についてしまったんですね。。。

さすがです。

しまっておいた骨董品が日の目を見て良かったです~^^。

前回雛人形段飾りをご紹介しましたが、Sさん作と入れるのを

忘れてしまいました。ごめんなさい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1137

コメントする