ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、雛人形
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、雛人形

雨がよく降ります。

雨が降っても春は進んでいて、

もう色々な桜(ソメイヨシノ以外^^)が咲き始めてるんですねえ。。。

最近目白押しに生徒さん作品が出来上がりまして、、

特に雛祭りに近いこともあって雛人形が3名様出来上がりました。

順にご紹介しますので是非ご覧になってください^^

Img_5371

Tさん作、雛人形^^

毎度可愛らしい作品を作られるTさんです。

今度初めてのお孫さんが誕生されて初節句です^^

雛人形はお嫁さんのご実家からプレゼントされるのが普通だそうで

Tさんのところは息子さんなので残念ながら、、、、ということですが、

その隅っこにでも、、と手作りの雛人形を作られることになったのですが、

これは試作品。本番はもっと大きいんです。

試作品はご自分のところに飾られるそうです^^。

こけしみたい、、ってよく言われてますが、

こけしみたいですね^^

Tさんは独自の世界がおありなので

なにをかいわん、、何にも言わん^^;

ってなことでマイペースで進んでもらってます。

色合いがちょっとねーーという感じがありますが、

これはTさんのせいというよりは絵の具の種類のせいで

次回からは違う絵の具を購入して頂いて違う雰囲気になってもらおうかと思ってますが、

それでも手で触れてみるとがっちりと絵の具が安定してて

何度も何度も塗ってはペーパーをかけ、、、というのを繰り返して

苦労したんだな。。。と思わせるものなんです。

手に絵の具が付く、、なんてことはまったくなく

ツルツルになっています。

後ろのつい立ても角のところが一ひねりした彫りものになっていて

脚は豪華金色ですし、

ま、ピンクじゃなくてもよかったかな~という気持ちもしますが、

これはこれで濃いめのお雛様に優しい色のつい立てでしっくりしています。

やはり雛人形には下に敷く板とか金屏風などがあるとぐっと引き立ちますね。

細かい部品の接着部分が多少弱いということがあるんですが、、

小さなものを接着するのは難しいです。

接着剤だけで留めるわけではなく、必ず棒を作って植え込むようにして

接着剤を使うようにしてるので角度によってはなかなか巧くはいかないんですが、

そういうことを事前に想定して設計すると穴をあける苦労をしなくても

良いかも^^。

雛人形の場合、ほとんど髪の毛は黒なので

どうしても重くなりがちなんですけど、、

たっぷりの髪だと更に塗ってからモッサリとした感じになりますので

やや少なめに彫っても良いかもしれません。

私は女の子の扇が可愛いと思いまっすー。

どちらの冠も中々いいんじゃないでしょうか~。

いつもながらついつい笑ってしまう可愛らしさで嬉しくなります。

次回、本番作も楽しみです^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1134

コメントする