ホーム>工房日誌>アート・文化>さむ、、、
アート・文化

さむ、、、

今日は久々に寒いです。

このくらいが今の時期にぴったりなのかなあ~。

我が家から藤沢方面に行く途中で、、そう、、3キロくらい先になるのかなあ、

武田製薬の大きな工場があるのだけど

今度そこにいや~~なものが建つらしい。

P3施設というそうだけど

全然知らないものだったけど

非常に危険な病原性の高いものを扱う研究所だそうで

欧米ではその施設の周り5キロは無人でないといけないそうな。

厭だニャア。。

ついでにうちの南側1キロくらいのところの地下に高速道路が通るんだけど

丁度良いところに排気口ができるそうで

それがフワフワと我が家の方に流れてくる。。っと

おいおい。。。。

がっかりするようなことが重なっていやじゃあありませんか。

空気の汚染は目に見えないのでいけませんやね。

そのうちゴホゴホと咳をするようになりますから。。

その時は被害を受けてるんだなと思ってくださいまし。(涙)

昨日は今年中ほとんどかかったと言っても過言ではない

立ち雛段飾りをご家族揃って受取りに来てくれたのでしたっ^^

Img_4462

この毛皮に半袖の注文主さまは

内裏様をご購入になられた時はほんの生まれたての赤ちゃんでしたが、

もうこんなに大きくなって^^

そしてこういうものが好きみたい。

扱いが普通の子供にあるような、、

あっ、触っちゃだめよ!

みたいな雰囲気じゃあないんですよ。

飾り方も心得たもので

それはこっちじゃなきゃいけない。。とか色々頭の中で組み立てがあるようなんです。

つくづく感心しました。

こうやって見ると親の影響というのか

ま、本人の生まれ持ったものというのもあるかもしれないですが、

宅なんざあ、、粗野なものでしたなあ。。

ガキはプラスチックで良い。。というような扱いでしたが、

実はそれはいけないんですね。

子供こそ良いものに触れさせるのが良いんですよね。

この年頃ってのは一生記憶と知識にばっちり入り込みますから。

宅の若人もぼわ~っと寝ながらテレビを見るような生活で

人生それでよいのか!!と言いたいけど言ってもしょうがないような暮らしぶりなんですが、

考えてみると

ジジがこの若人の小さい頃、膝に乗せて炬燵に入ってテレビを見てたっけなあ~。

ということでキチンと記憶にある生活をしてるってことでしょうな。(がつかり。。)

膝に乗せて本を読むような生活をしてくれてれば

今頃本の虫でしょう。

あ~~あ、人間幼少の頃の生活が大事です。

この注文主さまのご家族は

ゆっくりとお嬢様の行動を容認し、理解してるし

人形も可愛がって大切にしてくれるので

勿論私はありがたいのですが、

お嬢様の行く末を思って嬉しい気持ちになるのでありました。

仕事も

こだわりのある人の注文を受けるというのは冥利に尽きるような

楽しく嬉しいもので

是非、何なりとこだわりをお聞かせいただいて

そのご希望に合うように苦心惨憺したいものだ。。と常々考えております^^

こだわりのある人ってのは昔からいると思いますが、

最近は個性尊重の時代ですから

益々こだわってる人が多くなってると思うわけです。

わたしゃあ、、こだわりが好きだし、

個性的、気難しい、などというのは大好きであります。

なんでも良い。などというのは受け付けません。

自分の意思をはっきり持って生きてもらいたい。。

とグワグワと心の底から思うわけです。

Img_4444

というところで毎日懲りもせずに黙々と闘ってるいぬとねこ^^;

ネコも大きくなって犬とほぼ同じサイズ。

遊びなのか闘いなのかよく分からないほど加熱しておりますが、

これをものすごいスピードで一日数回、あとは寝るだけです^^

Img_4447

Img_4446

かなり面白いんす。

これを見るようになって闘牛などを楽しむ人の気持ちが少しわかるようになってきました。

思わず、首に噛みつけっ、

殺せ!などと叫ぶ私がいるのでありました^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1113

コメントする