ホーム>工房日誌>2008年12月

2008年12月

たくわん

昨日は多少風邪気味だったか

動こうという気分にならなかったので

おとなしく年賀状と箱書きなどをした。

年賀状はこんなに早く始めたことがないけんど

結局は終わるのが31日頃になる予定で着くのは正月明けて数日経ってからという

毎度の間の悪さ。。

というか、クリスマスの頃におめでとーーと書きたくねーーェ。

Img_4348

箱書きの方は箱の幅が80センチもあるもんで

箱書きしても間が長ーいの。

最近は桐箱に入れるようなものをあまり作ってないし、

箱は要らないという人も多いので

雛人形と仏像の時くらいしか作らないのだけど(作るといっても私が作るわけじゃなく桐箱屋さんに注文するという意味っす)

箱がないと箱書きはできないので

題名などが書けない場合も多い。

題名あったんだけどな~~~^^;みたいなことも多々ある。

でも作品を年中飾ったままにしてる人には箱は邪魔なだけだもん。

というわけでご希望を聞いてから作るようにしてますが。。

でも気分が引き締まるって感じはあるのだ。

昔、京都にいた頃の師匠は箱書きの時はやたら緊張した空気を醸し出して

書いていたものだった。

落款なども定規を当てて押してたっけ。

次に勤めたところでは

朝飯前に箱書きをしてたなあ~。

その頃の師匠は箱書き代をン万円ほど取ってたので

朝飯前に10万円くらいは稼いでたんだわあ~。

ま、稼ぐくらいだからこちらは特別緊張感もなく

あっという間に書いていたが。。

私は稼がないけど緊張感もなく、パソコンの上の不安定なところに置いて

鳥かごをまたいで書いても大丈夫。

ただし、もっと筆が良いといいな~~とは思う^^;

筆は先が命なんだけど

その命がないのよね~~^^

命がなくても使えるのだけどどうも筆の入りの時にキラリと光るものがないっすね。

セコ~~~~い話だにゃあ^^;

突然話は変わって

この季節になると干した沢庵用の大根が出回ってきて

それを見ると母がよく漬けてたな~~なんて感傷に浸るのだが、

ま、もっとも

最後の数年は私がつけてたにもかかわらず、

自分でつけたと言い張り、他人に私が漬けたんだから美味しいわよ~~などと

嘯いてる様子をみて内心クソババア・・・・と思ったりしたものですが^^

うちの母はやたら歯の良い人で

死ぬまで入れ歯がなかった。

ヒネヒネに漬けた沢庵などもまったく問題なく

あのバリンという音が好きなのか一本出せば全部食べてしまうという

豪快と言えばそうだけど野獣的な性格であった。

私だけじゃないと思うけど最近ではあまり漬物は食べなくなった。

ぬか漬けなども食べたいと思うこともあるのだけど

あれば全部食べてしまうという、こういう所は親に似てるのか、

全部食べたら塩が多いでしょ。ってことで

結局は食べない。

けど、

おにぎりを作った時には沢庵の一切れふ二切れは欲しいものだ。

そう、、、年に沢庵が一本あれば足りるくらいなの。

だが、買ってくる漬物類ってのはなんとまあ添加物の多いことよ。

漬物は日本人独特の食べ物なのにあんなに疎かで良いのか。

もっと良いものを作れよ~~って言いたい。

じゃあ自分で作るしかないジャン。ってことなんだけど

沢庵大根ってのは20本くらいが束になってるんだなあ。。

一、二本で良いすけど~~~。

ということで閃いた。

自分で大根を干せばいいんじゃん^^

Img_4353

早速二本買ってまいりました~~~^^。

どうなることでしょうかあ~。

無事に沢庵になるんでしょか。。アハ~~。楽しみなんだ~^^

Img_4326

先日の残りの海苔巻を食べるルルちゃん。。

酢飯でも大丈夫なんだなあ~。ご飯が好きなトリだねえ~~。

嫌いな野菜は手に取る?口に取ることはないんだけど

万が一間違って口に取った場合はものすごい勢いで近所にぶん撒くからたまらん。

私の顔などにひっつくのだ^^;

好きなものと嫌いなものとがやたらはっきりしてて

好きなもの、、チョコレートなどだと袋の音で遠くからでも察知して大騒ぎになる。

もしも無視してやらないと

口の中を無理やり点検して探り出すという根性の悪さ。。。

鳥は強い!ものすごく。。。。^^;

表紙の写真

近所にブナの木を一本植えている家がある。

ブナなんてものはとても綺麗な空気のところじゃないとすぐに枯れる。。なんて

よく山の自然を訴える番組なんかで言ってるから

八甲田山だとかここらでいうと丹沢あたりしか育たないと思っていた。

それでも枯れ始めてきてる。ってことなので

当然住宅地で育つわけはないと思っていたのだけど。

かれこれ植えてから10年くらい経つのかと思うのだけど

かなり大きくなってきて

これがやはり人気があるのが判るな~~というような風格があるんですな。

幹も段々白くなってくるし、

葉もケヤキと似てるけどやはり違う~。

全体の樹形がまた良いね。

ゆったりとした男性的な三角形ってのかな。

Img_4214

夜目にも木肌が白く浮き出てて綺麗なんだわ。

白いからと言って白樺の白さとは違うなあ~。

ああいう風に浮いたような白さではない。

植えた頃にブナなんじゃないのけ?と思って通っていたが

とうとう確信したのは

ブナ。という木札を下げてくれたからであった^^;(なら誰でも確信するわいな^^)

通る人が家の人に聞くんだね。

なんとか枯れないで育ってほしいものなんだけど

今のところは弱ってる風はない。堂々としてます。すごっ。

最近うちの食卓は以前にもまして貧相なもので

ほとんど食い物がない。ってことが多くなってきて・・・

昔母が生きてた頃はどんなにか食ってたんだな~~と思う今日この頃。

食べたい時に食べ物がないとそれほどお腹が空かなくなってくる。

餓死するほどではないものの

段々細身になってきたような~~??

というか、年取ると作ると残るのよねーー。

残ると永遠に同じものを食べ続けなければならなくて

やはり2日目からは飽きてしまう~。

結局は捨てるんだけど

捨てるに対しても一応心にチクリとしたものを感じるんだし。。

こういう時に大きな犬でもいればなーと思うわけだけど

じゃあご飯がない時はどうよ。。ってことにもなる^^;

先日姪が秦野方面に広大な屋敷を持ってるという同級生から

野菜などを頂いてきて^^;

色々あったけど長ネギもやたら多かったので

どうやって食べようか。。ということになり

思い出したのが

昔の知り合いでネギだけをいためて食ってる奴。

その時はギョエーと思って見てたのだけど

今思い出してみると案外美味しそうに思える。

その人は確か長ネギをバターと塩で炒めて食べていたと思う。

私はバターが嫌いなので

オリーブオイルで炒めて醤油味に。。。

とこれがうっめーーのなんのって。。。

おひょーーーと思うほどの味であった。

が、美味しいと思って食べると次の日も更に作って出てくるじゃんけ。

ああ、、、、、そんなにはいただけません。。。。とは言えずに

まだまだネギの炒め物が続く~のだった。。。

昨日は久々に姪と二人の夕食だったので

二人で協力して何を作ろうか。。という話題になり、

人には言えない我が家の決定版、海苔巻をつくることにした^^;

いつだったかは、にぎりを作ろうってことになり

姪が握ってみせたのだけど初めてのわりには案外巧くできてて

これならお寿司やは要らないね、などというやはり他人には聞かせられない満足度で

大感激したのであった。

私が以前、、そう、、20代の頃に握ったにぎりはひとだま型をしていて

固くておいしくなかった。

にぎりは難しいと一発で思ってしまったが

姪のはそうでもない。

小さなお口サイズでふんわりと良く出来ていた。

なるべく多くの料理を覚えさせてせめて料理の巧い人になってもらおう。。と

一応は努力してるのだけど私自身にレパートリーがないもんだから

もう大変よ。。

でもって久しぶりに懲りもせず海苔巻に挑戦したけど

まあ前回と同じかな^^

特別な進歩はないけど

味は(普段餓えてるせいで)もう感激~~~!

あっという間の完食^^

Img_4316

別に写真を載せるほどのことではないのだけど、、

最近名前のついてる料理の時は写真撮影会みたいになってしまう~。

もう少し丸は丸に、、四角っぽくてもよいけど

三角はまずいかな^^;

握り方が弱いせいか全体がグサグサしたような感じで

着物で言うなら数歩歩いて脱げてしまうような状態ではあるんだけど

まあ長い目でみて上手になると良いなーーーくらいなもんでしゅ。

そそ、、いよいよ本題。

HPの表紙の上の方の写真。

これが一応表紙ってことになるのかもしれないけど。。

ここの写真の左右の余白が気になるってことで

どうやって左右を消すかなーー?と無い知恵を絞って考える。

私はHPをビルダーで作ってるのだけど

うんと細かい細工。たとえば数ミリ動かしたい。。みたいな時に

巧く思うように動いてくれないんだなあ~。

ビルダー上では巧く出来ててもそれがネットで見ると

巧く反映されていないことも多い。

結局は撮り直すのが一番楽ということで

犬を持って色々な場所で撮ってみるんだけど

採光の具合が難しく、

今回は横長ーーーの写真を撮りたかった為にちと苦労しました。

Img_4306

そこでとうとうベランダにでて一回塗りで完成してない汚いベランダの板の上で

撮ったら案外良いんじゃん。

なんというかあ、、

冬枯れの避暑地のカサコソとしたような雰囲気が出てて^^

実際冬枯れの観光地は雪なんだろうけど、

ま、カサコソって雰囲気は我が家でも十分味わえるので^^;

これを上の方を思い切ってカットして使ってみたのだけど

どうかな。。。。と思うんす。。。。

とにかくパソコンはそれぞれのパソコンで表示具合が違うので

私のところでキチンとしてても他のパソコンから見て正しいとは限らないから

暫く様子を見て修正していくつもりです~。

なんでもそうだけど奥が深いやねえ。。。。。(苦渋^^;)

ホームページ

我がホームページもいよいよカウントが20万になる^^。

他のホームページはともかく、

こういう地味~な商売で20万を超すのは大変なことだ(涙^^)

久しぶりに20万めのカウントを踏んだ方に

ケータイストラップでも作ろうっかな~~^^;なんて考えてますっ。

もしも自分が20万人目だと思う方は住所とかをお問い合わせフォームから

教えてください^^

ご希望に合わせてお作りしますので

何が欲しいかも書いてくださいねっ!

ご希望を聞いてからなので少し時間もくださ~い。

もちろん一月以内には送りまっす。

Img_4219

どうだんつつじも燃えるような赤で美しい~~~。

どうだんって満天星って書くけど

どう読んでも満天星をどうだんとは読めないですよねー。

植物の名前は当て字みたいのが多いけど

そのまま鵜呑みにして覚えるしかない。

どうだんつつじを見てまんてんぼしだ。。と思えば良いわけで^^

昨日はお稽古が終わった後すぐに

HPの作り方についての個人講座(全3回^^;)を受けた。

なんでもそうだけど

自分で四苦八苦してやってきても

やはり他人の目で見てもらわないとどうにも行き詰ってしまうものだ。

色々な解析方法があって

それを元にどこがいけないか、どこを直せば良いか。。などを

教えてくれるのだけど

やってみればどうってこともない、、

ああ、人には厳しく指摘しちゃったりしてるよなーーーみたいなことが多い。

たとえば、ここの行を揃えて。。とか

この空白が気になるとか。

内心面倒になって、ま、いいや、、、、みたいな気持ちになったところを

直されるわけだ。

画像もそう。

ここが今一だな~~、ま、いっかな。。

と言うところをキチンと指摘される。

やはり手を抜いちゃいけないんだわね~~。

Img_4263

昨日生徒さんのSさんが作ってこられた小皿。

写真写りが今一で申し訳ないんですが、、、、

けどこのSさんの感覚ってのはいつも感動するんだなあ~~。

キチンと自分の狙いが生きてるの。

ざくざくした木の肌ざわりと無骨なようで計算されてる形。。みたいのがあって

偶然できたわけではないんすよね。

願わくば、漆の扱いがもう少しすっきりしてくると

グンと良くなっちゃうわけです。

皿の底部分に貼った麻布(あざぶじゃないっす^^;)が

新鮮。

漆の製品には紙を貼ったり布を貼ったりしたものも多いんですけど

こういう雰囲気は珍しい。

どんどん応用して幅が広がっていきそー。

次々出来る作品を見せてもらうのを楽しみにしてるんです~~^^

立ち雛段飾り完成~^^

ここ数日はほんわりとしたお日和で

寒い~~というほどでもなく、まあそこそここのくらいの時期にはぴったりの

気温じゃあないですかあ~?

わたくし、今年目いっぱいかかった立ち雛の段飾りがいよいよ完成したのでしたー(涙)

ああ、長かったなーーー。

こんなに長くかかると思わなかったんですが、

とにかくひな人形はお手間がかかります^^;

芸術性ってのは特別ないんですが、

工芸風っていうのかな。

そういうお手間がかかります。

とにかく完成して良かったよかった^^。

この開放感ったら~~~。

海へ行って大声でばんざ~~いを言いたいくらいの気持ちです。

Img_4239

いや~、ほんの少し前まで出来上がっていなかったので

今初めてこうやって並べてみたのですが、

ちと寂しげな感じがする分は毛氈(もうせん)を敷くと問題ないかと思います~。

立ち雛が段飾りになるとは思わなかったんですが、

やはり背丈が高い分、台の方を低くしてます。

しかし、内裏様は遠くの方~~って感じもします^^;

こちらのお雛様は地味なのがお好きなのでやや渋めに作ってありますが、

お雛様の場合きらびやかなのも良いですし、

結構地味めのしっとりしたのも良いものです。

こちらは段飾りにしても良し、内裏様だけ飾ってももちろん良いです。

段が面倒になったら内裏様だけ飾るのが良いですね。。

Img_4248

なんといってもコンパクトに収まるというのが私のひそやかな目標なんですが、

さすがにこう大きいとコンパクトになったといっても大きいです^^;

一応押入れのサイズにはなってるんですが、

重くて一人では出せないかも。。

しかし、これを更にコンパクトにすると組み立てた時には

もっと大きなものになってしまうという結果になります。

紙で言えばのりしろ。。みたいなところが増えるので重量も面積も

増えてしまうんです~。(解りにくい説明ですが)

とにかく全員が箱に入ってさらにその箱が大箱に入って収まるという

形なのでどこかに無くなってしまった。ということがない。つもりなんですがー^^。

品物が欠けたり、部品が壊れたりするということは

案外致命的なのでそういうことがないように努力してます。

しかし、こういうのを作ってもらえるお嬢ちゃまは幸せですねー^^。

良い人生を送ってほしいものです~。

それにしてもお疲れさんでしたっ。

自分から自分へ労い^^ほーーっ、フ~~~。