ホーム>工房日誌>アート・文化>江ノ島
アート・文化

江ノ島

しょっちゅうある三連休~^^;

今日は雨。。仕事日和っす。

昨日一昨日と天気も良く鎌倉方面はものすごーーい人でした。

北鎌倉の駅近くにきて遠くの道が頭、頭で真っ黒に見えるんですよ。

初詣の時みたいです。

いや~~あそこに突入しなければいけないのかと思うと二の足踏んじゃいますっ。

普段開けない臨時の出口なんかも開いてたりするんですから~。

ともかくやっとの思いで通りぬけて海へ。。

今回は長年興味がないながら一度は行きたかった江の島へ。

そう。小学校3年の時に行った以来です~。

ヨットハーバーには数回行ったことがありますが、

上の灯台のところとか弁天様のところなどには本当に久しぶりです。

Img_4138

言いたくはないですが、

私が遠足で行ったころは江ノ島に行く橋は木だったですよお。

江ノ島って緑の島にポコンと灯台がある姿の写真がほとんどですが、

ちょっと裏手を藤沢側から見ると岩場が見えるような気がするんです。

どんな風になってるのか一度見てみたい。。と長年思ってました。

確か遠足の時は灯台のところまで行ったように思います。

そうそう、クラスメートのふくちゃんがベンチのところで緑色のゲロ吐いてね。。

なんで緑なんだろう・・・・ってそれだけが江ノ島の印象ですヮ。

とりあえず、江ノ島を楽しむというよりは

性格的に全島を点検する。という目的でせっせと動きました。

まずはヨットハーバーから。

ヨットハーバーの先端にはものすごーく良いものがありました。

Img_4141

こういう風にベンチがついてる長ーい展望台(というのか?)は

相模湾一望のものすごく開放感があるところで

自転車を持ち込んでチューハイ飲みながらベンチで本などをゆっくり読むという

多分定番の休日の過ごし方をしてるんじゃないかとお見受けする常連さんらしきが多々いました。

なんといっても障害物なしの水平線で気持ちいい~~~~ったらないの!

しかし、今回はもっと雑多な雰囲気の弁天様の方に行ってみないことには

裏側には抜けられないようなので

人ごみとサザエを焼く匂いを我慢して中央の石段に急ぐのであります。

とにかく人が多いし、お土産やは昔から何ら変わらない風情で

まったく色気がないんですが、

まああれはあれで観光地らしくて良いのかな・・・

石段を登ったり降りたり登ったり降りたり、

案外江ノ島が広いことを実感しました~。

とにかく全部石段。

とうとう念願の裏側へ。。

Img_4142

裏側はこんな風になってるんだ~~~。

というわけで岩肌の水辺にはやどかりも魚もなにも見当たらないという寂しさと

やはりどこまでもケバい手すりのついた観光地~~という雰囲気が

面白くもなんともなくガッカリしたものの

とりあえずは裏側がどんな風になってるかをこの目でしっかり確認したので

ある意味では満足というか、、^^;

行った以上は帰って来なければならないという宿命で

帰りも石段石段^^

小さな島と侮ったのが悪かった。。。

とてつもない運動量っす。

もう来ないぞ。。と。

我が家から江ノ島までは鎌倉経由で12キロくらいなのかなあ~。

帰りは直線コースで西鎌倉を通ってこちらは7キロくらいかなあ~~。

自転車だとち丁度良い距離かも。

やはり遠くても海沿いを走る方が気持ち良いです。

こうやってみると私だけかもしれないけど

近くなのに知らない所って多いっす。

せめて遠くにいけないなら近くを知らなきゃ損ね。。。

と思った一日でしたっ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1096

コメントする