ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品、三人官女
アート・文化

生徒さん作品、三人官女

あーーあ、

今日は朝思いがけず11時から生徒さんがみえて

朝食も昼食も食べ損ねて普通のお稽古に続いてしまい、、

終わったところでハリの予約時間になったので

自転車ですっとんで行って終わったのが夜8時過ぎ。

それからスーパーへ駈け込んでやっとこご飯を作ってありついたのが

9時というかなし~~い一日だった^^;

春頃から作ってるようなひな人形の段飾りの箱を注文するために

見積もりを頼んだのだけど、、

見積もりが来たら見てびっくり、、、9万円近くなのだ~~~。

あひょーーー。

ま、人形の総額が80万円か90万円くらいになるので

その一割ってことか。。

家だって外回りに家にかかった分の1割っていうからそんなものなのかなあ~。

私はきっちりとした定規を使うような仕事は苦手なので

箱の設計は結構つらい。

が、欲と道連れで

コンパクトにまとまる。。

開けて段飾りに出来る。

将来とも出すのが億劫にならない。

という三点を基本としてない頭を絞っている。

これが難しい~んだな~~。

なるべく小さくするにはきっちりとした採寸をして箱もきっちりと収まるように

考えなければいけないのだけど、どうも余白が出てしまう。

かといって人形をバラバラに収めるわけにもいかず。

やはり5人囃子はその仲間たちで一緒の箱に入れたいしーー。

うーーむ、、悩む。。。

小さめの箱に全部が収まっていて

飾る時はその箱を利用して段飾りにできて

(そうすると飾ってる間無駄な空き箱がでない^^)

終わるとまたその箱に戻す。。

転勤などで引っ越す場合もきっちりとした一つの箱に収まってる。。ということで

無くしものが出ない。

な~んていうのは良いんじゃないかな~?と思ってるのだけど。。

 

生徒さん作品、三人官女のご紹介です。

Img_3888

Iさん作、三人官女です。

以前に内裏様を作ってお孫さんにプレゼントされたのですが、

どうしてうちのお雛様には三人官女と五人囃子がいないの?という

質問に即行動開始。

今回の三人官女となりました。

只今五人囃子も製作中です。

それでもまだ三人官女は良いのですが、

五人囃子はつらいものがありますよーーー。

なにせ五人ですから。

三人の後に五人ですからすっげ疲れます。というか

厭になります~~~。

これはつらいものがありますねーーーー。

更に下のお嬢さんのためにも立ち雛を制作中なので

本職みたいな大変さ^^;

それでも誰かのために作って大事にされるってのは冥利ですよね。

大概は、本人が死ぬとそのまま捨てられちゃう運命が多いのですから

こうやって子孫に大事にされるってことはとっても嬉しいことなんです^^

そういうものがひな人形しかない。。というのも寂しいんですけどね~。

ともあれひな人形ってのは大事にされます。

やはりン十年経った時に

おばあちゃんが作ってくれたんだよ。。って残るのは良いことです。

飽きたでしょうけど、頑張ってください^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1081

コメントする