ホーム>工房日誌>アート・文化>アマゾンツノガエル
アート・文化

アマゾンツノガエル

やっとこ連休も終わり、今日から平常の日々になる。ほっ。

わたしゃあ、貧乏性のせいか、仕事してないとどうも落ち着かない。

結局のところ休み後半からショボショボと仕事し始めてしまって

すっきりと休みを謳歌するということがない。

これじゃあ豪華客船に乗って世界一周は無理だ^^;

本当のセレブってのは

何もしないでいる時間が長くてもなんともない人なんだ。

これは結構庶民にとっては苦痛です。

日光浴をしながら本を読んだり、

ずっと水平線を見ていたり。。。。

こういう暮らしには私はついていけないっすー。

ついでに言うと

家庭に他人が入っても平気。。というのも優雅に生きる基本だそうね。

人に細かいところを見られたり掃除されたりするのは厭という人は多いように思うけど

こういうのは貧乏人だぜ。

掃除だけじゃなく

自分の世話まで人がやってくれても大丈夫ってのが出の良い人なんだそうだ。

更に

昔でいうと

トイレでしたものまで人の手を煩わせるのが

高貴な方なんだわ。。。

人が見てると止まっちゃうなんてのはいかん。

普通の人っす。。。

という貧乏人の私は夜中まで今日は何のゴミの日だったか、、

ということで夢を見たりするんだから情けない。

紙のゴミの日は早く来るのよねーーーとかを午前3時頃にガバッと起きて

思うあたり、まったく寂しい限りです。。

Img_2920

完成~

キモいと言えばそうなんですが、

手に乗せて写真を撮ってみました。リアル^^

今流行りらしいす。

アマゾンツノガエルっていう種類なんです。多少キャラ風に作ってあります。

愛嬌のある姿で可愛いけど

お値段は高めで1円玉くらいのサイズで一万円くらいするらし。

ついでに最初の飼い始めが難しいらしく

ウンチが出たとか出ないとか皆さん苦しんでるようだ。

そんなら作りゃあいいじゃん、、てなもので

本物でこのサイズだったら100万円でしょ^^

カエルなんて触ればヌメヌメしてて気持ちわりいですが

こちらは木ですからサラッとしたもんです^^

お邪魔にならないサイズで

昔作ったヒキガエルの存在感から言うと

このくらいなら我慢できる^^;という大きさになっています。

私は爬虫類や両生類が好きってわけではないんですが、

どうも彫ってしまう~。

見るのも厭な人もいますからなんとも言えませんが、

私は見るのは厭ではありません。

触るのとか飼うのはちょっとねーーーー。

ということですっげ可愛くできたアマゾンツノガエルでした^^

詳細は後日、HPでーーーー^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1059

コメントする