ホーム>工房日誌>アート・文化>書道が
アート・文化

書道が

最近部活で書道が流行ってるんだそうで、(今日の朝刊にでてました^^;)

一時書道なんてものはすたれていて

字なんて読めればよい。。みたいな

丸っこいのや四角っぽい字が普通に書かれてる時代だと思ってましたが、

そういう流れがあるんですね^^

それも、皆さん床に紙を置く大きな字のようで

あれはカッコ良いですね^^

運動だけではなく

書道でも音楽でも中学生や高校生の頃にばっちりと身につけておくと

その精神というか、心持まで将来に大きく影響するのではないか。。。と

期待してしまいます。

写経なども流行ってるみたいですが、

塗り絵共々、上からなぞるだけのものが主流のようで

ちとサビシイ・・・・・

やはり隣に手本を置いて自分で書く。。という形にしていただきたいところですけど

これだとお客さんも離れてしまう~ってことなんでしょう。

せめて結婚式や葬式に名前を書く時に億劫な気持にならない程度に

頑張ってみたいものです。

そういう意味でも部活で書道に燃えた人たちは

やはり字にしっかりと自信がある立派な人になってくれるんじゃないか。。と

思ったりしますが。

日本の字ってのは美しいです。

これを知らん顔するってのももったいないことです。

美しいものを美しく書く。。

いいじゃあありませんか^^;

お人柄がしのばれるようなリンとした字。。。

字も絵ごころですかね。。。

どうやってもうまく書けない人も結構います。

バランスの問題だと思いますがーーー

下手なのにバランスの良い字を書く人もいます。(絵のような字^^)

逆に上手いのにどうも味気ない人もいますね。。

字は人なり。。

字を見ただけでどういう性格なのか見えてくるのですから怖いものです。。

日本ではもっと書道を大切にしても良いような気がします。

宝の持ち腐れってところでしょうか。

奥が深くて美しくて誰にでも出来て、、

ってものなのにあまり興味を持たれてません。。。

もったいないなーーーー。

どんどん部活で流行って

いろいろ突飛な書道家にも出てもらって

ここは一発、書道はカッコイイ。。と思われることが大切かも^^;

Img_2939

まったく関係ないですが、好物のリンゴを食べるルルちゃん。

リンゴを食べる時はなぜか後ろを向いて誰にも見られたくない状態で食べるのですが、

今回は大きな切り身をやったので思わず下に落としてしまい

あわてて取りに行ったところで重いから半分に割ってあげたんす。

安心して片手で持って食べれました~。

ちなみにじ~っと見てるとリンゴを食べるんじゃなくて嘴で押さえておいて

舌で押してジュースにして飲んでるようです^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1058

コメントする