ホーム>工房日誌>2008年8月

2008年8月

長雨

よく降ります。

それでも四国では水不足のところがあるそうで。。

ままならぬものです。

我が家のわんこも散歩にいけなくなってから一週間ほどか。

うちの犬は散歩にものすごーく行ってもへばることがない。

なのに全然行かなくても平気^^;

散歩の時間になっても要求するということはまったくなく、、

ややおかしな犬なんだけど

さすがに一週間ほど外に出れないと多少は散歩というか運動がしたくなるらしい。

どうしてそう思うかというと

ボールをこっそりとくわえて持ってくるのだ^^

ボールをくわえながらこっちを見て尻尾を振る。

じゃあ、投げてやろう。。とするとどういうわけだか逃げるんだなあ~。

アッホ~~!

どうやらボールを取られてしまうと思うらしい。

投げて欲しいけど、取られるのは厭。ってことらしい。

というわけで自分で勝手に投げて遊ぶことになる。

人間ならもっと遠くに投げてあげるのにね。。って言ってもダメなんだなあ~。

けど、人間のギラリとした意思がない時、

寝てる時などにはこっそりと手の上にボールを乗せてある^^。

やっぱり取られないで投げて欲しいんだーーー^^

こういうのって飼い主がだましたりしたから悪いんですよね。

可哀そうに。。。。。。

Img_2978

トリだってクル病になるといけないから日光浴しないといけないす。

が、このトリが日光浴がお嫌いのようで^^;

水浴びが嫌い、、日光浴が嫌い、、、と小難しい。。。

そこで日光浴をしてる間にリンゴを与えると

まあいいか。。。という感じでこちらに背を向けて猫背でリンゴを食べるのでした^^。

いつも左足で持ってお行儀よく食べます。

インコは遊び道具がないといけないそうで

色々気ィ使って鈴をつけた遊びものをジャラジャラと下げています。

力が結構あるのであっという間に壊すんだけど

壊すことを怒ってはいけないのだそうな^^;

どんだけ気~使うかねーーー。

新しく出したアマゾンツノガエルの小太郎君があっという間に売れちゃって、、、

これは嬉しいことですが、

なんつーーか、、、

一遍に二人の人が欲しいと言ってくれて^^;

残念やの~~~~~。

売れない時は全然売れないんだけど

売れる時は数時間差で売れたりして、、おかしなものです。

こういうことが何回かありまして、、

とりあえず、高値をつけてくれた人の方に^^

などと言いたいところだけど

早く買う。と言ってくれた人の方に行くのであります。

小太郎三重県に行く^^;です。

小太郎愛媛県に行くかも。だったです^^

どちらも遠くやのーーー。

小太郎旅をする~~だな~~~。

今度のたけし監督の映画、アキレスと亀。ってのを

ちょっと見てみたいっす。

面白いかな?

最近樋口可南子って女優さん好きです。

肩から力が抜けてどんな色にもなる良い役者さんになったな~と思うんですけど。

昔はなんとなくギトギトした感じだったけど

人は変わりますね。

良く変わるのは良いことだけど

悪く変わることだってあるので難しい。

仕事にも波があってそれを無理せず自然に受け止めると

良い仕事ができる~なんてことを書いてありましたっけ。

確かにヤキモキしてもどうしようもないです。

暇な時は暇を楽しんで、忙しい時はゆったりと構えて。。

な~んて生きれれば、キリキリしないで済みますが。

とはいっても凝り性のひとや貧乏性のひとには難しいことなんですけど。^^

材木

いや~、人間にも夏毛冬毛ってのがあるのかどうかわかりませんが、

夏になると髪の毛が薄くなりますね(私だけか^^;)

左半分が薄くなってきたのが気になっていて

自分で床屋さんをする私は毛が少ないところは短く切るのです。

少ないほど長くする人は邪道でしょ^^;(おじさん^^)

そうだ、、久しぶりに養毛剤でもつけてみるかっ、と思い

早速つけてみたが、

はたして、頭にポンと一嫡垂らしたそれがあっという間に頭を滑って顔に流れ

あげくは目の中に・・・・・・

あーーーーーー、

なんてこった。

以前はこんなことはなかった。

山の地滑りに似てるなーーーー。

毛がないから水が滑る。眉毛もまつげもないから目に入る。。

あ~あ、なんてこったよ。

目に入ったのの痛いのなんのって。。。泣く・・・・

痛いで繋がるんですが。。

プールで貰った水虫ですが。。。

(私はおじさんかい。。。ハゲと水虫か^^;)

昨日のタケシの病気の番組でも(見ようと思っててすっかり忘れて終わりのところだけ)

ネットで調べたのと同じ、足ふきマットがいけないという~。

早速、我が家でも足ふきマットは廃止した^^。

何で足を拭くかと言うと各自脱いだTシャツを敷いて拭くんだ^^;

今では薬で完全に治る。ということだそうだけど

なんと片足で薬二本必要だという~。

両足があるから4本は使うわけだ。

炎症がでてないところにもまんべんなく塗るのが治るコツだそうな。

ということで売り出しをやってた水虫の薬をつけていたが

どうも芳しくない。

そこへ、ピロエースってのを良いということでつけてみたら

これが有り得ないほど痛い~~~~。

ぎゃ~~~~~!と叫ぶほど滲みる。

青虫に殺虫剤をかけた時のように転げてしまった^^;

がーーーーー、

次の日、こちらは結構効いたような感じがする。

傷口さえ治れば飛び上がるような痛みはないだろうから、暫く続けてみようかと思う。

最低2か月、4本使わなければ治らないんだよ。

くっそーーーー。

プールの足ふきマット。。

足ふきマットを乗らないでは先には進めない。

えーーーん。

この度、

私が一番大事にしてた持ってる中では一番高級な木を使うことになった。しんみり^^

Img_2953

独り言の方でも同じような写真を載せていますが、、、

これは元々8年くらい前に雅楽面を作るという生徒さんがいて

雅楽の面は顔の面につける能面とは違い

耳まで覆うように付けるものが多いので材料にも幅は必要になってくるんです。

当時、その生徒さんはご主人が宮内庁の楽師をされてるという本格派で

雅楽面も自由に貸し借りできるという特権付き^^

このような好条件の中での制作だったので

清水の舞台から飛び降りるつもりでこの大きなヒノキを買ったのだったー。

ヒノキって材木は植林で育ったものなので(天然もあるんでしょうけど、、)

サイズがちょっと大きくなるとぐっと手薄になり

価格はものすごーく高くなる。。ということになります。

ある程度、(幅の話ですが)20cmを超える辺りから高くなり始め、

25cmを超えるとあれ~~と言うほど高いんですな。

ま、他の木だって理屈は同じですが。。

我が家の場合は柾目を貰ってるので

柾目ってのは板目と違って芯材を外すのでサイズ的には木の直径の半分になるわけです。

ついでに外側の皮だとかその内側のシラタなどを外すので

25cmの材料を買うには元々の木は直径60cmくらいになっちゃう。

直径60cmの木ったらもう少ないですよねー。

というわけで座布団の上におわします材木は貴重品であるわけです。

それでカメを作るとは思わなかったなーー^^;

そうなんです。カメを作るんです~。

雅楽面はどこ行ったー?

ま、カメでも良いんですが、、、なんとなくもったいないような気ィもしますが

注文された方の熱いご要望ですから良いとして、、

のこぎりを入れる時は多少震え。。というか

あ、切ってもいいの???みたいな怖さがありました。

勿論、その後もず~っと、あ~あ切っちゃった。。というのと

本当に切っても良かったのか?という気持ちがゴニョゴニョとあるわけで

どこまでも気が弱いっすかね。。

良いカメになることを願って^^

雨が続きます。

散歩道で枯れ始めた草木は元気になるか、、と思ってたら

もう枯れてしまったので効果がないようでした。残念。

もちっと早く降ってくれてたらねえ。。。。

思うようにはいかないもので

今度は水害でしょうかね。。。。。

うちの近所、数軒先にイタチ川というのがありまして、

そうそう大きな川ではないですが、どぶ川ではないです。

これは区の中心を流れてるというか、象徴といいましょうか、、

なにかしら区が大切にしてる川なんです。

キャラクターのタッチー君だっているくらいです^^;

昨日はこのイタチ川のコイタチ橋のところで筏大会がありました。

筏に乗ってる子供たちは嬉しそうではありましたが、

水に入って筏を押してるオジサンたちは楽しそうではありませんでした^^;

Img_2952_4

とにかく川に親しんでもらおうという気持ちが満ち溢れたこの川は

いろんなところから川へ降りられるようになっており、

飛び石なども用意して子供たちが遊べるようになっております。

筏大会よりもずっと感激したのは

川のふちの手すりのところにイタチ川で見られる小動物の写真が

ずら~~っと200枚ほど展示してあることでした。

ちょっと前ですと、

ザリガニだとか鯉だとかで喜んでいたのですけど

最近ではそういうことでは喜べません。

もっと高度になってるわけです。

おーーーー、こんなものもいるの?と思ったトップは玉虫でした。

私は生きた玉虫を生まれてこの方見たことがありません。

近くにいるんだ~~~という驚きがありました^^

昔教科書に出てた玉虫の厨子なんてのがありましたっけ。。

玉虫の一番外側の羽を重ねて貼ってあるんですよね^^

さぞかし玉虫色で綺麗なものだったんでしょう。

とすると昔から貴重品だったか?

魚のことは詳しくないのですが、

はやだとかおいかわ、などという見た目普通の魚とか、

トンボなども羽の黒いやつとか^^;

なんだか嬉しくなるような見たことない動物昆虫類が沢山増えているんです。

これらをなかなか良い写真で見せてくれてます。

パウチッコして雨にも強し(予算高そう~)

Img_2948_3

Img_2949_3

我が栄区がどんなに川の浄化に力を入れてるかーーっていうことなんですが、

更に美しい水に思える鎌倉の川の方が水は汚いです^^(横浜市の自慢か^^)

見た目には解りませんが、

中にいる生物でわかります。

鎌倉の川には鯉とあめんぼうしかいませんよーーー

(鯉はかなり汚くても住めるんですよね^^)

うちの方では魚がいて、鳥がきて、昆虫やら海老やら(カニはさすがにいなそう)

もう大賑わいです。

将来の夢は、やはり鮎とか鮭でしょうね。

多摩川にも鮭はのぼるそうですから、夢とは言えないかもしれません。

とすると、あまごとかヤマメなどはどうか^^;(無理です・・・)

このイタチ川は変わった名前ですが、

イタチが沢山いた、、ともいわれてますが、出で立ち川というのが語源だとか。

とは言っても私が小学校の頃は何回かイタチが走るのを見たことがありますっ。

蛇行した普通のどぶ川でしたが、

これをまっすぐに護岸して、

更にその中で蛇行させてるんですよ^^

どんだけ血税を使ってるんでしょう~。

その上、水の中を歩いてもらおうと思っていたら爆弾がでたとかで

急遽底にブロック状のものを全部敷き詰めました。

ついでに巨大な石を入れて川のこっちからあっちへ歩けるようにしています。

あーーーあ^^;

以前イギリスの番組を見てて

川は柳で作られる。。みたいなことを言ってたのを思い出すのですが、

なるほど

イタチ川も最初に芽を出したのは柳でした。

柳は大水にもあまり倒れることがないです。

柳が大きくなり始めてからケヤキ、山桜、クワ、もみじ、野ばら、などなど

いろんな木が水辺に生えてきました。

結局のところ私が中学だった頃の川とさして変わらない姿になるわけですが、

以前は深みがあったからか、死亡事故などもあったりしましたが、

今はごく浅いので問題ないっす。

川のまわりは遊歩道になっているので車は入れません。

空気は多少良いようだし、気持ちも良いです。

お弁当を広げる人もいれば、お年寄りの話にも花が咲いてるようです。

自転車で通って行くのも気持ちが良いです。

これで鮭があがってくれば大喜びですねっ^^。

期待できるかも~。

肝油

昨日は雷が散々なったワリにはやはり雨は少し降った程度で、、、

他の土地では結構な雷雨だったそうな、、、

でも急に冷たい風が吹き出したと思ったら

おお涼し・・・・・・

当然薄めの布団を用意して

ばっちりとくるまって数日ぶりに気持ちよくコロコロと寝たのであった^^

気持ちよく寝たにも関わらず起きがけに強盗に襲われた夢を見て、、^^;

あ、通帳とカードとハンコが一緒のところにあるのは良くないな・・・

と今更ながら思うのであった。。

早速起きて、それぞれを違う場所に設置したがーー

これが覚えてられないんだなあ~。情けなや。。。

泥棒や強盗がきて探すところはどこか。。。という視線で

見つからないというか見つけ辛いところを探して隠すのは良いんだけど

自分でも見つからなくなっちゃうのだ。。

あーーーあ、、、

母が数年前にやってたことと同じじゃん。

母は通帳や沢山ある財布などを隠すのが巧くて

刻々と場所を変えるので小さな部屋であっても探すのは大変だった。

というか見つからないことも多々あったものだ。

私もそうなるんかあ~~~~。

ついでに暗証番号ってのが苦手で

書類に暗証番号を書いて。。。と最初に言われて書いたのを

家に帰り着くまで覚えてた試しがない。。

そんなわけで暗証番号はいつも一緒やん。

これじゃあいけないと思ってはいるんだけど

他のにすると思い出せない^^;

泣く・・・・・・・

先日、薬を買いに行った時に

なにかしらおまけをくれたようだったので

帰ってから早速のぞいてみたら

懐かしいや、、肝油ドロップってのが数個入っていた^^

懐かしいといっても私は飲んだ(食べた?)ことはない。

けど、昔は肝油ってのが結構ありましたよね。

外国の小説などを読んでても肝油のことがちょこっと書いてあったりして、

ああ、どの国でも肝油は飲んでるんだあ~~と思った記憶あり。

肝油とは魚の油であって

今で言うとDHAとかEPAとか、、頭にも良く、ビタミンAだとかDだとかが入ってるんだから

歯とか目にも良いんだって。

しかし、臭いというのかまずいというのか

昔はスプーンでその液体を流し込んだようで

そのまずさには閉口したらしいっす。

目の調子が良くないので

早速試供品をなめてみたところ、、、

あれま、、、目が晴れるじゃないですかあ。。

ついでに噛みづらかった歯もなんとなく動きが良いような。。。

早速、薬屋さんに行ってそれ

http://www.kawai-kanyu.co.jp/

 

を買ってきた^^(良いお客さんだわー)

数日飲んだところ、目と歯は良いんだけど

なんといっても薬に弱い私はすでに胃の方がよろしくなくなってきて、、

そこで断念。

薬の素材というか、コーティングなんかにも

私はものすごく敏感で、すぐに胃が変になってくるので

やたらなものは飲めないのであったーー。

というわけなんだけど

肝油にやたら未練があるので

ネットで調べてみると、、、、、

あれ、、上の肝油ドロップはすでに科学的なビタミンAとDを原料にして作られてるそうな。

(私の胃は正解じゃ^^)

これじゃあ納得できん。

私の素朴な思想として

本来自然にあるものの成分をビタミンAとかに決めて

科学的なそれを持ってきても同じ効能があるわけがない。。

と思っているので

どこまでも天然のものを選びたいのだ。。

が、、、、、

天然のものなら何でも良いということではない。

今時は環境も悪いんだから選ばれた天然のものでないといけない。。

と強くこだわってるわけではないのだけど、、

これは自然ですよーーーと言っても

宣伝方法やその内容、薬のコーティングに何を使ってるか、、

瓶の状態など総合して本当に良いものを作ってるんだろうか。。。と怪しげに疑ってかかる性格なので

これにパスせねばいけない。

こんな小難しいことを考えなくても

飲めばすぐに胃が反応するので解りやすい^^;

じゃあ天然の肝油はないのか、、、、と調べたところ、あるんじゃんねーーー。

タラから採ってるんだわ、、

昔はクジラなんかも頭の中にたーくさんあったそうな。。。

マッコウクジラなんて頭が大きいからいっぱい入ってたんでしょうね。

今はサメなんかも人気ですが、、、、

ま、タラも普通ですね。

Img_2946

 

ということで早速手にしたのはこの古典的なメガネ肝油球Aだす。

すばらしいネーミングだ^^

見た目だけでもすでに怪しい^^;

ついでに錠剤を出してみてさらに怪しい^^;;

はたして飲めるだろうか^^(これは私だけです。。。)

普通の人は何ごともなく飲んでますが^^

こうやって買った薬は数知れず、、、、

こういう健康食品的な薬は大体が高値のことが多く(これは安いけど^^;)

一粒飲んでは他の人にあげてしまうことがほとんどで

私が続けて飲むってことがないんですがーー

これは完全にオタクっすね。。。。

はたして目と歯に効くか?

書道が

最近部活で書道が流行ってるんだそうで、(今日の朝刊にでてました^^;)

一時書道なんてものはすたれていて

字なんて読めればよい。。みたいな

丸っこいのや四角っぽい字が普通に書かれてる時代だと思ってましたが、

そういう流れがあるんですね^^

それも、皆さん床に紙を置く大きな字のようで

あれはカッコ良いですね^^

運動だけではなく

書道でも音楽でも中学生や高校生の頃にばっちりと身につけておくと

その精神というか、心持まで将来に大きく影響するのではないか。。。と

期待してしまいます。

写経なども流行ってるみたいですが、

塗り絵共々、上からなぞるだけのものが主流のようで

ちとサビシイ・・・・・

やはり隣に手本を置いて自分で書く。。という形にしていただきたいところですけど

これだとお客さんも離れてしまう~ってことなんでしょう。

せめて結婚式や葬式に名前を書く時に億劫な気持にならない程度に

頑張ってみたいものです。

そういう意味でも部活で書道に燃えた人たちは

やはり字にしっかりと自信がある立派な人になってくれるんじゃないか。。と

思ったりしますが。

日本の字ってのは美しいです。

これを知らん顔するってのももったいないことです。

美しいものを美しく書く。。

いいじゃあありませんか^^;

お人柄がしのばれるようなリンとした字。。。

字も絵ごころですかね。。。

どうやってもうまく書けない人も結構います。

バランスの問題だと思いますがーーー

下手なのにバランスの良い字を書く人もいます。(絵のような字^^)

逆に上手いのにどうも味気ない人もいますね。。

字は人なり。。

字を見ただけでどういう性格なのか見えてくるのですから怖いものです。。

日本ではもっと書道を大切にしても良いような気がします。

宝の持ち腐れってところでしょうか。

奥が深くて美しくて誰にでも出来て、、

ってものなのにあまり興味を持たれてません。。。

もったいないなーーーー。

どんどん部活で流行って

いろいろ突飛な書道家にも出てもらって

ここは一発、書道はカッコイイ。。と思われることが大切かも^^;

Img_2939

まったく関係ないですが、好物のリンゴを食べるルルちゃん。

リンゴを食べる時はなぜか後ろを向いて誰にも見られたくない状態で食べるのですが、

今回は大きな切り身をやったので思わず下に落としてしまい

あわてて取りに行ったところで重いから半分に割ってあげたんす。

安心して片手で持って食べれました~。

ちなみにじ~っと見てるとリンゴを食べるんじゃなくて嘴で押さえておいて

舌で押してジュースにして飲んでるようです^^。

アマゾンツノガエル

やっとこ連休も終わり、今日から平常の日々になる。ほっ。

わたしゃあ、貧乏性のせいか、仕事してないとどうも落ち着かない。

結局のところ休み後半からショボショボと仕事し始めてしまって

すっきりと休みを謳歌するということがない。

これじゃあ豪華客船に乗って世界一周は無理だ^^;

本当のセレブってのは

何もしないでいる時間が長くてもなんともない人なんだ。

これは結構庶民にとっては苦痛です。

日光浴をしながら本を読んだり、

ずっと水平線を見ていたり。。。。

こういう暮らしには私はついていけないっすー。

ついでに言うと

家庭に他人が入っても平気。。というのも優雅に生きる基本だそうね。

人に細かいところを見られたり掃除されたりするのは厭という人は多いように思うけど

こういうのは貧乏人だぜ。

掃除だけじゃなく

自分の世話まで人がやってくれても大丈夫ってのが出の良い人なんだそうだ。

更に

昔でいうと

トイレでしたものまで人の手を煩わせるのが

高貴な方なんだわ。。。

人が見てると止まっちゃうなんてのはいかん。

普通の人っす。。。

という貧乏人の私は夜中まで今日は何のゴミの日だったか、、

ということで夢を見たりするんだから情けない。

紙のゴミの日は早く来るのよねーーーとかを午前3時頃にガバッと起きて

思うあたり、まったく寂しい限りです。。

Img_2920

完成~

キモいと言えばそうなんですが、

手に乗せて写真を撮ってみました。リアル^^

今流行りらしいす。

アマゾンツノガエルっていう種類なんです。多少キャラ風に作ってあります。

愛嬌のある姿で可愛いけど

お値段は高めで1円玉くらいのサイズで一万円くらいするらし。

ついでに最初の飼い始めが難しいらしく

ウンチが出たとか出ないとか皆さん苦しんでるようだ。

そんなら作りゃあいいじゃん、、てなもので

本物でこのサイズだったら100万円でしょ^^

カエルなんて触ればヌメヌメしてて気持ちわりいですが

こちらは木ですからサラッとしたもんです^^

お邪魔にならないサイズで

昔作ったヒキガエルの存在感から言うと

このくらいなら我慢できる^^;という大きさになっています。

私は爬虫類や両生類が好きってわけではないんですが、

どうも彫ってしまう~。

見るのも厭な人もいますからなんとも言えませんが、

私は見るのは厭ではありません。

触るのとか飼うのはちょっとねーーーー。

ということですっげ可愛くできたアマゾンツノガエルでした^^

詳細は後日、HPでーーーー^^

お盆

お盆ですね。

皆さん帰省されて田舎でのんびーりでしょうか。

私はあまり仕事もせず、今週の初めは海三昧(聞こえが良いが^^;)しましたが、

驚いたことに海で浮輪に乗ってたら酔いましてん。

気持ちわる~くなりました。

ブランコで酔うのと同じです。よわっ。

その後、二日続きの海でバテたのか、具合が悪くなりました。

食欲も落ちて、おそ~~めんしか食べられない。。。。という気分になりましたが、

今日はプールに行って回復しました。

私は元々夏だからと言って食欲が落ちるということがなく

きゅうりやソーメンしか食べられない人を珍しい目で見てしまいますが、

タマにはそういうこともあるのね^^;

クラゲに刺されるかと思って半分期待してたのですが、

とうとう刺されませんでした。

がーーーーーー

なんとプールで水虫になってしまいましたっ。

汚ねーーーーーーー!!

生まれてこの方、水虫などにはなったことがないのに

足の指の間にカサブタみたいなものが、、、、、、、

あーーーー、これこそ水虫か。

おじさんたちのがうつったんだと思うと気分もクサクサ。。。。

これから長い間患うかと思うと気が重いし

指の間が妙にかゆいです~。(泣く)

私は自慢じゃないですが、痒みに強いです。

蚊に刺されてもあまり痒く感じないですし、

漆にかぶれてもかゆいと言って騒ぎません。

めっぽう痒みには強いタイプだと思います。

こういう私も子供の頃は虫刺されがひどくて

毎年腕は包帯だらけでした。

刺された痕がみな化膿してしまうという症状でしたが、

今では免疫ができたのかするっと治ってしまいます。

 

昨日今日はやたら暑いですね。

仕事をしてないのでエアコンもつけずに生きてますが、

部屋の中でも32度くらいでトイレの戸まで開けて外の風を入れています。

それでも敏感な私の体はもう秋を感じてるらしくて

肩が凝り始めています。

暑さの中にも冷えが多少出てきてるんだと思います。

足の関節などが痛い人も感じてるんでしょうねえ~~。

うちの金魚たちは最近波乱に満ちています。

腫瘍ができて安楽死をさせてしまった黒ちゃんの後に

プラチナ色の鯉を買いましたが、

その日に元からいる赤ちゃんが食べ過ぎで逆立ちしてしまいました。

その赤ちゃんを白ちゃんが優しく介抱するようにに見えましたが、

驚いたことに

赤ちゃんのヒレを食べていたのでした;;;;;

こらーーっ、、、ってなもんで

即もう一個の水槽を出してきて赤ちゃんを入院させましたが、

綺麗な尾びれが半分食べられたのでした。

(うちの金魚はどこまでピラニアか。。。)

さあ、ヒレってのは回復するんだろうか。

ヒレは身か、、、、、

驚いたことに食べられてみて

ヒレには血管が通ってることが解りました^^

ものすごーく細く血が通ってるんです。

痛々しい。。。

ところが次の日になるともう早速ヒレが修復を始めてるではないですか。

えらいっ。

切れたままのヒレで一生を過ごすのかと思ってましたが、

この分だとかなり早く回復しそうです。

あーーー良かった。。。。。

今3日目くらいですが、ヒレの先端がみな四角い感じ(おかっぱみたいに)に

なってきてだんだん治っていくらしいです。

がーーーーーーー

驚いたことに

今度はこの赤ちゃんの目が出っ張ってきました。

出目金になるらしいです。

えーーーーーーー、、、

うちにきてほぼ一年。

出目金になろうとしてるとは知りませんでした。

金魚ってのはどこまでも変化する奴なんだなあ~~~。

驚かされることが多い魚類でした^^;

Img_28391

暑い中さすがに水浴びをしたがるるるちゃん。

いつもは頭だけだけどとても暑くて全身浴してしまいました~。

額 黒いドレスの女

お盆ですね。

ナスやきゅうりに足をつけてご先祖様をお迎えをしてるお宅を数軒みました。

懐かしい匂いがします。

やったことがないのですが、妙に懐かしい空気です。

車もぐっと少なく、人もあまりいない。。

という数日です^^

どこからでも道が渡れますーーー。

 

Img_2893

額装依頼してた作品が出来上がってきました^^

額の良し悪しで結構雰囲気が変わります。

中身が悪い場合は額を良く^^;

とも言いたいところですが、

中身と額がバランスが取れたのが良いかなーーー^^

ま、なんつーこともない

女の人の横姿ですが、、、、

昔からこういう構図は絵でいえば一枚は大抵の画家が描いてる図です。

一度は描いたり彫ってみたいものですよね。

厚みが1、5cmくらいの板を切り抜いて彫りました。

彫りはどうってこともないのですが、

塗りの方はかなり難航しました。

黒いドレス、黄色い髪ってのはもともと決めていたのですが、

肌の色はなかなか難しいものです。

黒っぽくなったり白っぽくなったり、、と

なかなか丁度よいところで止まってくれないものです。

ちょっと入れる色が台無しになったりします。

何回か重ねて色を変えてみました。

目も思ったものと違って段々パッチリと大きな目になっていきましたが、

とうとう全部消してしまって

白っぽい目にしてみました。

眉毛も立派だったんですが、とうとう無くなりました。

表面的なことはそんなところですが、

内面的なものはどうでしょう。

そんなものはあるかな^^;?

孤高。。。みたいなものは好きなんです。

凛とした空気みたいのが好きです。

そういう目でみるとまだまだですが、

でもこれを起点にもう少し横顔を作ってみたい気もします。

私は元々顔を描いたり、彫ったりするのが好きなんですが、

最近ではすっきりとシンプルなものが好みです。

仏像の顔を黒っぽく塗ってマスクみたいにした額も良いんじゃないか。。などとも

ずっと考えています。

額の枠はタモ材で柿渋仕上げです。

最初はワイン色の額で仕上がってきてましたが、

それとまた全然違った趣でこういう木そのものみたいな額は細くても印象的で

ある意味では軽く、(軽々しいという意味ではなく)

重苦しい雰囲気をとってくれるので

昔の額の彫刻に金の彩色の額縁などとは違って

とっても気軽に飾ることができると思っています。

詳しくは数日後にHPにて掲載しますので

そちらも読んでくださいね^^

額装

昨日は東京湾花火だったそうで

遠路はるばる姪も行ったのであった。

というのも浴衣が余ってしょうがない。(聞こえ良い^^;)

一日体験着付け教室などでもらったり、

親に買ってもらったりしてるのが数枚袖を通さずにある。

今時浴衣は花火くらいにしか着ないもんねーー。

花火に行くしかないじゃん。。ということで着付けをすることになった。

先日ぼーっとテレビを見てた時に市田ひろみ先生の浴衣の着付け。って番組があったので

見ておいといてよかった^^。

すらすらと着つけられる予定だった。

念には念をいれ、、

ネットでも帯結びを調べて

いざ。。。。ということなんだけど

やはりめったに扱わないものなので右だったかな、、左だったかな、、、と戸惑う。

ついでに着ないうちに若いなりに年をとるんだなあ、、、

柄が似合わなくなったりしている。

とりあえず、大人風に着つけることにして、帯を白、クリーム両面の帯にしてみた。

が、これは着付け教室でもらったという100%ポリエステルで

弾性包帯みたいなものなのだ。

縛る時には楽なんだけど、縛った後解けてくるのよね。

おいおい。。

これじゃあ着崩れするよ。

ということで

針金を持ち出し、縛った上からぐるぐる巻きにしてやった^^;

これで着崩れなしだし、脱ごうたって脱げないよーーー。

 

 

 

Img_2830_4

というわけで一件落着。ドーーーっと汗が。。。

夜まで同じ姿だったようで

花火に行くと浴衣が乱れ切った女の子がいたりして

悩ましいを通り越して山猿みたいな状況なんだけど

胸元と裾のはだけたのはみっともないので

どうにか無事に帰ってきてけろ。。。という気持ちだったので良かった^^

額装を頼んでいたのが二個来た。

一個は作品で後日紹介ということで

もう一個はるるちゃんだ。

Img_2833

まるで遺影みたいですが、まだ死んでません。元気です^^;

小さな写真に見えるけどわりに大きくて横幅30cmくらいはあります。

若くて綺麗なうちに一枚を。。。と思ってたので良かった^^。

というのも

数日前に爪が肩に刺さって痛いので

爪を切ったのだけど、一本深爪をしてしまって

血がポタポタ。。。。

ここまでは良くあることなので気にもしてなかったのだが、、

その血が中々止まらない。

ついでに普通に頭を掻いたり、かご内を動き回ったりするので

方々が血だらけになってきた。

頭に血が付くと本人も気になるらしく、首を振る。

するとまた違うところに血が飛び散る。。ということで大掃除。

とうとうるるちゃんは悲惨な顔にーーーーーー。

こういうことがあるので綺麗な時に写真を撮っておくのは良いんだわよね^^

額やさんはとても腕が良くて嬉しいんだけど

なにせお年寄りだそうで、どうもアウンの呼吸にならない。

私も銀座のこととて顔を出すというわけにもいかないので

ついつい電話やファックスで済ませてしまうもんだから

行き違いが多い。

そんなことをものともせず、いつも懲りずに送り返したり

やり直してもらったりしているのだ^^;

今回も作品の方の額が自分が思ってるのと違ったので送り返して

やり直してもらってたところ

ついでに入ったこちらのるるちゃん額も一緒の額になってきたのでめっけもの。

写真額は既製品を頼んでるのでもうちょっとちゃっちい。

けど、今回はタモ材で作ってくれたようでありがたい^^

ついでにあちらはあちらで苦労してくれてるらしく、

ハンズに行って柿渋を買ってきて塗った^^などと私がやるようなことをやっている。

その上に多少ニスみたいな保護塗料も塗ったという。

うんうん。。。

塗料の見本塗りも送ってきてくれたけど

それよりは更に濃い色になっていて

見本と違う!と言いたいところだったけど

用心してもう一回塗ったんだということで、まあ良しとするか。。^^

ということでついでに出来上がった額です。^^

鳥本人が多少ケバい色彩なので

全体が広告みたいに仕上がっていますが、

こちらはしょうがない。本当にケバいから^^;

若かりし頃の記念の一枚。。。。ということになるんでしょうか。

この時期の動物たち

先日、龍之介の仏前(?)に。。とお供物を持ってきてくださった方がいて、、、、(涙)

いや~~~~、猫も人間ですかねえ。。

ありがとうございます。涙がチロリでした。

龍之介は土葬にしちゃったですが、、、(初めての経験)

なにかしらそっちの方角に行くのが怖かったです。

しかし、上にユズの木を植えちゃったので

それがこの暑さで枯れるんじゃないか。。ということで

最近は毎日水をやりに行ってます。

お陰で気味悪さも去っていきました。

龍之介は痩せに痩せて死んだのでエキスも出ないだろうから

ユズの実が豊作になる可能性は少ないと思っていますが、

なぜか30cmくらいの小さな苗なのにものすごい数の花が咲きました。

鈴なりと言いますか、、、枝にぎっしりと花なんです。

おーーーーーーー、、、という感じでした。

それが全部小さな実になって、、、、この暑さでポトポトと落ちてきてます。

落ちるんかい。。。という気持ちもあるけど

落ちて良かった。。。という気持ちもあります^^;こわ~~~。

ネコお盆^^;

ワンチも元気でいます。

うちの動物は夏は元気です。

奥ゆかしいことに舌などを出してハアハアいうことはありません。

どこまでも寒がりらしいです。

Img_2785

こうやってお稽古のない日は私の足元で魚の開き状態になって寝ています。

最近こういう姿で寝る犬が多いですが、やっぱり多少は涼しいんでしょうかね^^;

体がやらかいっていうか・・・・・

前に住んでたマンション(うちの50mほど後ろ)に住んでる犬のカンタが去年の末に

まだ11歳くらいで死んじゃって、、、

その後カンタのおじさんはめっきり年をとってしまって

髪の毛も髭も真っ白になりました。

痛々しくて声をかけられないんですが、、、、

最近続けて二度ほど道端でお会いしたのですが、

やはり犬友達は避けてる風なのでそのままこんにちわ、、くらいしか言わないんですけど

妙に寂しそうなのでずっと気になっています。

近所の犬のおじさんたちも犬が死ぬと皆病気になります。

結構入院するほど悪くなります。

カンタは姿性格ともにすばらしい犬だったので

あれ以上のものが飼えるとは思えません。

おじさんが心配なんだあーーーー、すんごく。

とりのるるちゃんは異常に元気です。

段々家に慣れてくるにつれてるるちゃんの個性というのか癖というのか

変なところが色々出てきました。

第一に野菜を一切食べません。

おいおい。。。。

トリでも野菜嫌いがいるんですかねえ。。

果物は食べます。

餌はドライフードですが、自然のものにしようと思って

あわ、ひえ、麻の実、ひまわりなどが入った総合飼料を与えると

ひまわりだけ食べて全部残します^^;

お菓子類にはものすごく敏感で

驚くほどの速さで奪い取ります。

お菓子は体に悪いと思ってやらないように、更に速く私の口へ放り込むと

くれなかった悔しさからか、私の口の中にすごい力で汚い嘴を突っ込んで

探すのです。

歯を磨いてからこいっ!。。。。。

酒も好きです。

炊き立てご飯も好きです。。

リンゴが好物だとペットショップから伝言されてきたのですが、

今時リンゴが高いですし、、私はリンゴがあまり好きじゃないので

買ってませんでしたら、

なんとるるちゃん用にお中元が来ました^^;リンゴをわざわざ届けてくださった方がいて、、、

それを毎日少しづつスライスしてやってますが、、

なるほど好きなんだなーーーと思う熱心な食べ方です。

あっちむいて食べています。(おいしいものは見せたくない。。という気持ちでしょうね。。)

Img_2770

るるちゃんは水浴びもお好きではないようです^^;

水浴びの好きなトリはとても上手に少しの水でも全身に上手くかけて水浴びしますが、

るるちゃんは形だけです。

頭と鼻の辺りに水を当てて鼻から水が入るともう気分は水浴びでしょう~。

プシュプシュと溺れたような音をたてて

頭の先が少し濡れた程度で終わりです^^;

おかげで上の写真のように鼻の少し上の羽だけが濡れています^^

動物たちも生まれ持った個性はいろいろで

これは躾でどうこうなるものでもないのですねえ。。

人間の子も同じですね。

親が強制しようとしても無理なんだなあ、、というのが最近になってよく解りました^^。

ガンガン怒鳴るだけじゃいけないのね。。。。(自戒)