ホーム>工房日誌>アート・文化>修理の雛人形
アート・文化

修理の雛人形

やや恒例の月曜雨の日です。

朝っぱらから雷などもなったりして。。。

今朝ひょいと外を見ると狭い庭のスイレン鉢に紅白の花が二輪^^

Img_2477

とってつけたような花ですが、

購入した去年は咲かなかったので

今年一つ、二つと突然咲くと妙に嬉しく感じたのですけど

今回初めて赤白と揃ったので驚き^^

スイレンは二日間咲いて沈没しますけど

一日でも午後はほとんど閉じちゃってるので

ほんのちょっとの間です~。

雨でもったいない気分もあるけど、雨だから美しいとも言えるかな^^

先日来、頼まれていた古い雛人形の修理ですが、

これが結構悩みまくって、、

なら引き受けなければいいじゃん。。。ってなところなんですけど

やはりやってみたい。

しかし、どうやって良いかわからん。。。

の繰り返しで。。。。

結局、めびなの方はコツコツと刀をよく研いで一枚薄く削ってみたのですけど

薄く剥くくらいじゃまったく変化がないことが解り

目の細かいサンドペーパーでこすってみることにしました。

が、良く見るととても細かい彫刻刀の痕がびっしりですごく綺麗なんですよね。

ペーパーをかけるとこの目が消えちゃうのでもったいない。

しかし、それ以外にやりようがない。。

そこで白木漂白はどうだろ?ということにもなるんですが、

はたして年代物を真っ白にして良いものか?

白さは気持ちの良い白さだろうか。。。

という悩みもでてくる。

Img_2461

結局変な言い方ですけど、愛情かな。

尊敬と愛情。。。クサいですが、そういうことになりますか。

とにかく先人の素晴らしい腕前を壊さないように、、、

更に古さも大事に、、、

表情も崩さずに。。。。

ということを考えるとあまり手が出ないんですな。。

それで見ては磨いてみたり、カビを塗れた布で取ってみたり、

はたまた刀で削ってみたり、、

またペーパーをかけてみたり、、、また磨いてみたり。。。

と毎日毎日やってましてん。

箱も出来上がってきて、そろそろ更にどうしたら良いか解らなくなってきたので

台座もつけて箱に入れてみたら、、

ちら見の家人が、よくあそこまでにしましたね^^と一声かけたので

あっそうかあ~~~

毎日見てるものには解らないけどタマに見るものにとっては

変化があったのね^^;

ということで決心がついて画像を注文主に送ってみたところ

涙がでそうなくらい良くなっている。。と返事がきて、、、、、、

あーーーーーーーーーー、

良かった~~~!

というわけでした。

とても重ーい仕事だったのでその一言がどんなに慰めになるか(涙)

まだ送ってないので両手を挙げて喜ぶには早いけど

とりあえず送ることができるようになった。。ということに喜びを感じる次第でありますっ。

ああ、ばんざーーい。

素晴らしいけど、なにやらとても大変な仕事だったわーーい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1030

コメントする