ホーム>工房日誌>2008年6月

2008年6月

生徒さん作品、蓋物

おお、今日は晴れです。

一気に家の中に風を通したい気分です。

入れるところがあって出るところがないと

空気は抜けないけど

我が家は玄関付近が抜けなくていけないす。

玄関を開ければ抜けますが、そうする決心もつかず。。。。

昔はどの家もノビノビと玄関を開けてたもんだけど~~。

案外泥棒は玄関から入らないんだそうで、

しかし、強盗は玄関からでも大丈夫~^^;

どっちが良いかと言えばまだ泥棒の方がいいな~。

生徒さんの中で泥棒用にいつも10万円くらい用意してるという方がいて

ほほう~と思って聞くのですけど

強盗だったら10万円も盗って更に命も取っていきそうなので

それならお金を用意してなくてもいいんじゃないか。。などとも思ったりします。

生徒さん作品、紹介です。

Hさん作、蓋物^^。

Img_2361

なんというか、らっきょう型と言いましょうか、、、

面白い形をした蓋物です。

木目の関係で木口取りにしましたが、

これが不幸の始まり^^;なんたって木口を彫るのは並大抵なもんじゃいけないす。

大変なのなんのって。。。。

身も彫って蓋も彫らなきゃならないので

二重の苦労に。。。

木を横にとったのと時間は倍どころじゃないでしょうね。

いや、、ご苦労さまというか、申し訳ないというか、、、なんと申しましょうか。。

よくぞここまで。。という感じです。

勿論木目が繋がってるということは

一本の木をらっきょ型にしてそれから真ん中から切ったんです。

中の印籠部分の1.5cmくらいは短くなるんですが、

その分木目が合わないのは当然のことでして。

彫り上がってからもものすごくサンドペーパーをかけてもらいました。

とにかくピカピカになるまで。

ちょっと気を抜くと漆を塗ってからすぐにでてくるので(そこだけ黒く仕上がる^^;)

いくらでもやり直してもらって構わないのですが、

その辺りはどの辺で妥協するかご本人にお任せしています。

今からでもやり直しは充分にききます^^;

というように細かく見ればいくらでもアラは出てくるのですが、

最初の作品ということで失敗もまた良い思い出。。ということなら

このままで充分にOKです。

(勿論、とても良く出来ていてアラというほどのところはありません。)

両手に入れてコロコロとするととても良い手触りで感激です。

しいて言えば、蓋が開け辛いかな。。ツルツルで。

持つ時に手に汗をかかせてからヒョイと持つと取れます^^あは~。

とにかく木目は心穏やかになる気持ちの良いもので

それを充分に生かした形になってるので

とても良いお宝になったんじゃないかと思います~。

バンザ~い^^。

CD

雨が降りますねー。

この間、要らなくなった猫のトイレを

わざわざ洗って、綺麗な部分だけプラスチックのゴミに出したら

残された^^;

なんでやーーー、プラスチックじゃ~~ん。。

と思ったけど、まあ引き上げてきました。

プラスチックのゴミは食品などが入ってるプラスチック容器やビニール類なんですよね。

一昨日妹と近所を歩いてたら我が町内のゴミ集積所に

なんと総入れ歯がゴミから脱落してるんですわ。

これにはゲンナリしました。

ゲンナリ感を分かち合おうと妹に教えてやったら

妹はそんなのを一々人に見せるな。気持ち悪い。。!と言ったんです。

私は少しでも自分の不快感を分け合おうと思っただけなのにィ~。

ゴミからそういうものが転げ落ちるようじゃ、

やはり町内も年を取ったんだなーーと思わざるを得ないです。

今日も近所のご主人が夕方ゴミをがさごそさせてるので

どうしたのかな?と思ったら

プラスチックのゴミの日と間違えたので置いて行かれた^^;と言ってました。

ゴミの日ってのは年を取ると解りづらくなるんですよね。

今日が何日だったか、

今日は何のゴミの日だったか。。。

というのが良く解らないんです。

だからしょっちゅう違うゴミが置いてあって

それを残されてしまってるんだなあ~~。

別れ際に水枕は何のゴミ?と聞くので

中身がグニャグニャが入ってるやつ?と聞いたらそうだというので

生ゴミですよ。。と教えてさしあげたす。

生ゴミではないんですけど、

燃えるゴミと燃えないゴミは横浜市では同じ日で

どんなゴミも燃せる焼却炉を持ってるから燃えなくても燃えるゴミなんですよ。

プラスチックじゃないから生ゴミなんだわよ。

むっつかしーーべーーーー。

私が独りで仕事してる時にはCDを聞いてることが多いのですけど、

Img_2388

最近はこの人のCDを聞いてるんです。

アンドレアボッチェリ。。

イタリア人の盲目の歌手でとても声が良いんです~。

声も音域も広いんだけど嫌味がなくて疲れない。

私はいつからか、歌のCDを聞くようになって

それはなぜかと言うと一緒にハモるんですな。

私の場合、仕事をしてるので歌詞だとか曲名だとかにはまったく興味もなく

ただヅラヅラと仕事がはかどるように聞くだけなので

そのままCDを入れっぱなしにしてず~~っと聞くんです。

だから耳タコくらい聞いてもなんていう曲なのかも知らない。

しかし耳の方はばっちり覚えています。

この人と私は音域が似てるんす(うっそこけ~~^^;)

私は楽器がよろしくないので

せめて歌でも。。。。と密やかに思っていたのですけど

そういう機会もなく過ぎてきましたが、

5年ほど前に一回デュエットをする機会がありまして

歌の巧い人に熱心にレッスンをしてもらったんです。

声には相性ってのがあってその人と私は相性が良かったそうで

ハモると綺麗なんですよ。

私はかなりの音域が出せるんですけど

どちらかというと高音の方は鈴のような綺麗な声は出ないんす。

なんというか宝塚の男役の声に良く似ています。

当然アルトになるわけで

アルトの歌となるとお経のような感じなんすわ。。。。。。

だから一人で歌ってるとどうにも歌のようには聞こえず、

やはり綺麗なソプラノの人にひっついてないと歌にはならないんですね。。

その感動が忘れられず、、、

その後CDを買っては誰にも聞かれないことを良いことに

一緒に歌ってるわけなんです。

ま、もう声は出ません。ひどいものですけど、一緒に歌えて嬉しいです。

このCDの中には何人かの女の人とデュエットがあって

これがまた美しい~~んです。

が、その中にサラ・ブライトマンって人とデュエットしてるタイム・トゥ・セイ・グッバイ

という有名な曲があるんですが、

これは何回聞いててもあまり良くない。(と私は思う、、、)

なんというか、意気があってないというのかなあ、、、

そりゃ巧いんだけど急がしし過ぎて合わせる時間がなかったというか(そこまで読むな^^;)

それぞれが自分を出して相手のことを思ってないというかなあ~

以前からそう思っていたのですけど

今回他にデュエットが何曲かあるので

他のを聞いてみると素晴らしく良い。

ああ、デュエットとはこういうものか。。と思うほど美しい。

だから有名だから良いとは限りませんね。

有名先行型ってのかな。

ま、そんなことを考えながら聞いてるんですけど

そのうち素晴らしい声の人にレッスンを受けて

一発感動的なデュエットを歌ってみたいものだ。。。ということを

人知れずこっそりと思ってる私なんすけどね。。。。。。

生徒さん作品、鉢

毎日雨ですね。

ついでに妙に寒い~。

蒸し暑いのも嫌ですが、寒いのも辛いです。

私だけかい、まだ靴下三枚も履いてるの^^;

雨が降ると、雨水を溜めておけば草木にやる分くらい水道使わなくてもなんとかなるね。

という考えはあるんですけど、

近所の家に樋から直接タンクに繋がってる雨水タンクを二か所に設置してる家があるんです。

あれいいな~~~。

昨日の新聞にも出ていたっす。

これを奨励してる区があるんですね、墨田区。偉いっ!

これは大変お邪魔だった生ゴミのコンポストよりもずっと良いんじゃないですかい?

雨なんてものはドヒャーっと降れば皆一気に海に流れちゃうんだから

家にこっそり貯め込んでいても良いですよ。

すごい人がいて

飲料以外、庭の水やり、池、洗車、トイレ、風呂、洗濯、、と全部雨水で賄ってる人もいるそうな。

洗濯と風呂ってのはどうかなーー??って思うんですけど

蛇口からドジョウが出てくるところもあるくらいだから大丈夫かな^^

うちにはもう土地がないので設置できるかどうかわからないんですけど

なんとかつけてみたいもんです~。

そしてせめて花の水やりだけは年間通して雨水にしたいなあ。。

あれって結構使うんですよね。ホースでやったりすると。。

生徒さん作品の紹介です~。

Iさん作、鉢。です。

Img_2360

これは家族の皆さんが集まった時にお寿司などを入れてドカンと食卓の真ん中に出す

鉢なんです。勿論江戸前じゃないです。散らしみたいな五目みたいなお寿司ですね。

だから大きいんです。40cmくらいあるかな。

これがねーーー、、、^^

元々お城見学かなんかに行った時に古い捏ね鉢を見てきて

それを作りたい。。ということだったのですけど

捏ね鉢ってのは円なんです。

円に木を取るとうちの場合かなり小さくなる。ってわけで

楕円にしてみたんです。

円ができれば円の方が形は良いですが。。。(残念)その分木地の値段は異常に上がります^^;

だから頭の中には古い捏ね鉢ってことがあるんです。

それが出来上がって見事古そうな雰囲気がでてるから笑える^^

なにか縄文時代の出土品みたいです~~。

とっても良い味わいなんですワ。

私としてはもう少し綺麗に仕上げたらどうかな?と思ったのですけど

これは間違いでした。

漆を塗ってみるとキチンと手が決まってるんだな。。ということが解りました。

肌が同じように乱れなく乱れている^^;

これも当然芸のうちですよ。

下手な人だと乱れたところとそうでないのがいっしょくたになってるので

汚い。要するに見苦しい。

けど、汚いなら汚い肌で全部揃えてあるとそれはそれなりに綺麗なんですね。

乱れ肌といいますか。

乱反射が素敵です。

おばあちゃんの代から使ってるのよ。。と言ってもおかしくない。

が、、、、、

そこに私がヒョウキンな絵をつけてしまったんです。

これは申し訳ない失敗でした。

下の方に柄があるんですけど(この写真だとほぼ見えない。。)

なんつーか、木とか葉とかの連続柄にすれば良かったのに

お孫さんがいるから、、などと思って魚だとか鳥だとか色々な絵を入れてしまったもんですから、

全体の雰囲気と合わない。

これはかなり申し訳ないことをしてしまったです。。

せめてお孫さんに喜んでいただけると助かりますが。。。。

というわけで、皆さんでお寿司を楽しむ図が想像できますね。

お寿司は汚い色合いを避けて紅ショウガなどを入れて明るめに飾ってください^^;

三人官女、完成^^

月曜の雨でんがな。

今週もやるぞ~~って気持ちにはなります。

月曜から晴れてるとなんとなく惜しい気持ちがしてねー^^;

三人官女ができあがりまして、

Img_2364

これだけ飾るということはないでしょうけど

これだけ飾ってもそれなりに可愛いというか

悪くないかな?という気もします。

それぞれ多少顔立ちも違い、背丈も違い

個性を生かした^^つもりになっています。

が、着るものが別々だと貧乏臭いので同じにしました。

制服みたいなもんですもんね。。。

袴の赤は(この感じでは赤には見えませんが、、)

色々な色があり、朱から茶まで好きな色を塗ることができますが、

お雛さまが地味めなので三人たちも地味な袴にしました。

せめてもの杯と髪を結く紐の部分を朱にしてみました。

顔は地味ではありませんが、派手でもありません。

なんというか、豆子粒な顔です^^

続けて五人囃子に入ることになりました。

季節はずれもよいところですが、

こういう時期の方がのんびり出来て良いです。

年に一組くらいの雛人形をこんな時期に作ると良いものが出来そう~。な予感が。。

理想的な形です。

が、雛人形ばかりやってるわけではなく

合い間に額も作っています。

最近、我が家はお手間のかかった母が亡くなり

気になる龍之介も死に、、、

というわけで

私は仕事を存分にしろよ。。。ということか、、と解釈しております。

あーーーあ、

なんだかんだと言っても

長く仕事をすることは自分の努力だけでなく

周りの環境とか運にも近いものがあって

コンスタントに仕事ができるってことは感謝しなければいけないことなんだということが

よーーーく解るのであります。

が、いつもいつも嬉しく思ってるわけではないですが、

振り返ってみるとずっと仕事してこれたのはやはり嬉しい。

私の仕事の場合、残りますので

なんとなく他のことでは大したことをしてないからにして

何かが残るってのは嬉しいことではあります。

現在の心境は丁寧な誠実な仕事をしたいなーーってことです。

多作乱作の時期もあったのかもしれませんが、

そういうことも体力的にできなくなってきたし、

興味もなくなってきたので

一品一品喜ばれるものを作りたいなあ。。と思うんです。

しみじみ・・・・・・